水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

自分が見たりしてきた事を直ぐに書くと言う事は
とてもとても大事な事だと思っている。

だから私は工場見学や展示会などに行った後、
どんなに疲れていても、どんなに眠くても、
その日の内に書き上げたり、
最悪下書き状態にまでは持っていく。

なぜなら1日で記憶と言うものは薄れていくし、
感動も小さくなっていくからである。
感動したその時に、画像を撮ったその時に、
大体どの様な事を書くかを決めておいて、
後の記事書きに役立てるのだ。
メモを取るのも有効である。
一度寝てしまうと、なんだか冷静になってしまい、
感動した事は記憶しているものの、
その感動を伝える文章に力が伝わらなくなるからだ。
まるでドキドキしながら好きな子に思い切って告白し、
OKを貰って激しく喜んだのに、
次の日になったら嬉しさは残っているものの、
それ程ドキドキしなくなってしまうのと同じ
・・・ではないか。ははは

気持ち的な問題ではなく、
現実的な事を考えても記事は早く書くべきだ。
例えばFOODEXのような期間限定の展示会は、
開催前の少し、開催中、開催後の少しだけに
検索からのアクセスが集中すると考えられるからだ。
(勿論ずっと続く事だってあるが)
人と言うのは旬を過ぎると直ぐにそっぽを向くから、
新鮮なネタであるうちに読者を呼び込み、
次に繋げなければならない。

特にブログを持っている会社の人は
そうしなければならないと思う。
何でも鮮度が大事と言う事だ。

知名度を上げたいと心から願っているのに、
出来る事をしないで客の逃すのは惜しい。
少しの頑張りで得られる事があるのなら、
少しだけ頑張って、後で沢山手を抜けばいいのだ。
忙しい忙しいと言っている人でも、
ブログの記事を1つ書く位は時間があると思うからね。

偉そうな事を書いているだけに、
自分が怠けてしまっては絶対にダメだ。
その事をしっかりと胸に刻み、
これからも体験した事を直ぐに記事にしたいと思っている。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/1757-385838bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック