水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

福の水

福の水

携帯の画像だから少し見づらいかもしれないが、
画像は福山通運オリジナル『福の水』
宮城県は鳴子温泉産の水である。
既に私は手に入れて記事にしているが、
この記事用にわざわざターミナルを訪れ撮影して来た。

運送会社がオリジナルウォーターを売る事は
効率的に考えても良い事だと思う。
私が思っているよりも簡単な事では無いかもしれないが、
トラックの余ったスペースに載せて、
お客様に運んでいく事が可能だろうから。
幸いミネラルウォーターの箱は直方体であるから、
トラックの空いたスペースには入れ易い。
配達のついでに営業が出来る点も有利だ。
いきなり営業に訪れる人よりも、
普段から接している人が営業すれば、
スムーズに買ってくれる事も有り得るし。
少なくとも門前払いは避けられるから。

私が知っている限りではヤマトと福山通運だけが
オリジナルミネラルウォーターを扱っているはずだけども、
運送業だけでは限界を感じている会社は、
起死回生 乾坤一擲 一か八かの気持ちで
参入してみるのもありだとは思う。
当然の事ながら無責任な私の考えだから、
実行する場合は慎重に!

サーバーで有名なクリスタルクララ(ダスキン)も
TOKAI(LPG販売業)も、
本業と言うか元の商売は全く違う分野で、
販売網を生かして展開している訳だもんね。

あともう一つ、通信販売で何かを買う時、
送料がプラスされると異常に高く感じる。
運送会社や者を運ぶ会社がミネラルウォーターを扱えば、
その送料が0にする事も出来そうだから、
そう言う点でも有利であると私は考える。
送料無料の文字だけで人は得した気になるから。
当たり前の事だが水は1Lで1kgあり、圧縮はできない。
だからこそ運んでくれるサービスは有難いのだ。
高齢化社会に突入して久しい日本だが、
更に高齢化社会進んでしまっただろう時に、
配達までしてくれて送料無料の水がどれだけありがたいか、
想像してみるとよいだろう。

以上 勝手な意見を書いてみた。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/1639-c6a80490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック