水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

出発編はこちらから

会津若松駅に無事到着し改札に向かった3人。
(株)ハーベスのSさんの顔を知らず、
すれ違いになってしまうのでは?と心配したが、
そこは有名人の山中さんがいたからね。
アクアストアにはaWa心水が売っていて、
取り引きしている間柄でもあるし、
改札から出て直ぐに無事合流する事ができた。

挨拶を済ませ車へ。

会津若松駅

会津若松駅は和な感じのデザインで、
周辺の構造物にも城を模したデザインが採用されていて、
観光に力を入れているなと言う印象を受けた。
・・・少しくたびれた感じではあったけど。

車に乗り込んだ私達は雑談を交わしながら高速へ。
その入り口でシートベルト取締りに捕まり、
罰則にはならなかったもの、注意を受け、気持ちが引き締まった。
高速道路は後部座席もシートベルト着用!
その事をこれからはしっかりと実践しなければ。

高速を走りながら視界に入って来るのは
見事な田園風景と遠くに見える山。
会津地方は山に囲まれた土地なんだなと実感できた。
途中磐越道で対面通行による規制があり
その待ち時間が15分と知った時に驚いた。
“15分も待つのかぁ・・・”って。

会津板下ICで高速を降り、
国道252号をひたすら走った。

道の駅会津柳津

途中Sさんの好意で道の駅会津柳津に寄って頂き、
水チェックをしたが、大手製品以外は無し。
水に関して地産地消魂は発揮されないらしい。
だがそこで『あわまんじゅう』なる名物を購入。
小池菓子舗と言う店の品だった。
文字通り穀物の粟(あわ)を使った饅頭で、
最初その姿を見た時思わず“黄色いなぁ”
と言ってしまった位黄色い饅頭だった。
2箱買って1箱はその場で開けて皆で楽しんだ。

あわまんじゅう

ベトベトして持ちにくいのだが、
口に入れると溶けるような粟の餅。
しつこくない甘さの餡がとても合っていて、
いつの間にか2つ食べてしまった程。
賞味期限が短い為(2日間しかない)、
皆に買って帰れなかったが、
会津に行ったら是非食べてみて欲しい一品だ。

山中さんがコスモス咲いているねなどと発言したのに対し
コスモスは枯れると寂しいなどと余計な発言をしてしまい、
失笑を買ったが、それもいつもの事。

国道252号線は只見川沿いを走る事が多いのだが、
その川の流れは広く、流れが穏やかで湖のよう。
止まっているかのような水面は、何度見ても不思議な感じだった。
静かな水面である事で地上の景色が写り、
まるで本栖湖・精進湖の逆さ富士のように、
季節の風景を楽しむ事ができるそうだ。

特に渋滞もトラブルもなく、車は順調に進んで行った。

金山町活性化センター こぶし館

工場の方まで行くと店がが少ないと言う事で、
『金山町活性化センター こぶし館』にて食事。
道の駅っぽい造りで、中では土産等も売っていた。
aWa心水も冷蔵庫いっぱいに置いてあって、
“近づいてきたなぁ”と言う実感がわいてきた。

アザキ大根そば ソースカツ丼のセット

4人とも注文したのはアザキ大根そば ソースカツ丼のセット。
両方とも金山町の名物なのだ。
アザキ大根は辛味大根の事で、
野生種を有機栽培しているとの事である。
蕎麦は素朴な感じでコシが強く美味しかった。
アザキ大根にもう少し辛味があっても良いと思ったが、
季節的な味のばらつきもあるから仕方ないだろう。
ソースカツ丼の方は御飯にキャベツとカツを乗せただけで、
正直インパクトが無く、普通と言う感じだった。
衣がサクサクしていて美味しかったけど。

いろはす 白州

そうそう、いつも東京以外の所で『いろはす』がどこの産地か、
調べるのが恒例になっているけども、
福島県は山梨県北杜市白州産だった。
東京が静岡で福島が山梨産ってのがとても不思議。

4人とも充分に金山の味を楽しみ、
満腹になった所でいよいよ工場へ!!
長い道のりだったが、あと少しで到着と言う事もあり、
テンションが上がっていく3人であった。

金山は緑が深い場所で、
そう言う風景を見ているだけでも“美味しい水が出るだろうな”と、
想像できる環境なのが嬉しかった。
旅に出る前の勉強で、文字や画像で知った気になった事でも、
実際行って感じるものは全てが新鮮で刺激的。
視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚を駆使してこそ
その土地を知ったと言う事になるんだろうと改めて思った。

工場見学編に続く

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/1598-87db5ced
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック