水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

長野県塩尻市 市水道事業部
ペットボトルウォーターの販売を始めるそうだ。

『塩尻の水道水』と言う名称らしい。

分水嶺に囲まれた塩尻は、
源流の町と言う事をアピールして行きたいようだ。
上西条浄水場の水道水を使い、塩素を抜き加熱殺菌し、
安全な環境下でボトリングしたとの事。
水源は旧国鉄塩嶺トンネル建設工事以降、
出水し続けている地下水で、
市内7つの水源の中でもミネラル分が一番多かったとの事。
一番ミネラル分を多く含む水を選んだ理由がわからないが、
きっと選定段階で美味しさを感じたんだろうなぁ。

1本120円で8月から販売するらしいが、
私も当然手に入れなければならないと考えている。
120円の為に塩尻まではきついが、
他の用事を無理矢理作って、訪れるだろう。
片道200キロちょっとか、大した距離ではないな。
経費計算すると恐ろしくなるけど・・・

この塩尻市のように、
水道局・自治体がペットボトルウォーターを販売する例が
全国で沢山あるから、住んでいる所、もしくは近くで、
製品を出している自治体をチェックし、手に入れ、
味を比べて楽しんでみてはどうかと思う。
“やっぱり地元のが一番だ!”
“ん?!○○の水も侮れないな”なーんて。

ソース:中日新聞

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/1558-74a24de8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック