水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

From AQUAを初めて手に入れたのは、
確か長野県松本の駅だった。
2007年8月と当事の日記にも書いてあるが、
もう2年も経ったのかぁ・・・

いつもは1泊で慌しい行程になる旅を、
珍しく2泊にしたものの、慌しさは変わらず、
1日目:東京→月夜野→松本(宿泊)
2日目:松本駅→松本城→蕎麦の里で食事→
安曇野→上田城→上田宿泊
3日目:川中島→善光寺→帰京
こんな感じで移動しっぱなしだったなぁ。
この頃は旅に出かけると新種が2桁手に入り、
道々の店を絨毯爆撃で捜索したもんだ。

そのFrom AQUAがかなり売れているようだとニュースになっていた。

勿論From AQUAになる前の大清水源水も知っている。
手に入れたのは御徒町の駅だったのも記憶にある。
まだ自販機や近所の店でも新種が手に入った頃だ。

ボトルデザイン・ボトルの柄 全てが洗練され、
何だか別物が急に出てきた感じがしたけど、
今はもうそれが当たり前になっているから、
過去の製品を知るものも段々いなくなり、
その記憶も薄れて行ってしまうのでは無いだろうか。
少し寂しいがそんなもんだからなぁ。

最近他の会社とコラボレーションしたりして、
ボトルの柄を変えたりする試みがあったけど、
JR東日本敷地内で売られる事を考えると、
費用対効果は大きいのでは無いだろうか。
少なくとも知名度だけはアップするだろうし。

JRってのは水を売り易い企業だと思う。
東日本に限らず、他のJRもね。
何しろ電車に乗る時って必ずと言っていい位飲み物を買うし、
それがオリジナルであれば楽しいし。
敷地内でビシビシ売れるしアピールできるからね。

これからも色々な試みをし、旅客を楽しませて欲しい。

リニューアル製品も手に入れなくては!

詳しくはJR東日本ウォータービジネスのHPで。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/1536-2590b613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック