FC2ブログ
2005年8月から活動を始め16年目に突入 水製品及びミネラルウォーターを追い求め日本全国をウロウロしている 2700種類以上の市販水製品の実飲レポート ミネラルウォーターのカタログ データベースとして使っていただければ伊藤はとても嬉しいです

2020/081234567891011121314151617181920212223242526272829302020/10

Hyatt Regency Tokyo Naural Mineral Water

名称:Hyatt Regency Tokyo Naural Mineral Water
採水国:日本
採水地:埼玉県秩父市大滝
硬度・PH:記述無し・7.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:2.6mg
カリウム:0.5mg
カルシウム:16mg
マグネシウム:1.5mg
その他特筆すべき成分

味の感想【yooo】
この製品は友人が買って来てくれたものである。
私の行かないエリアに行く人だし、
いつも水の事を気にしてくれているから本当にありがたい。
このお礼は水で返すしかないだろう。

タイトルの通りハイアットリージェンシー東京のオリジナルである。
私には縁の無いホテルだが、
そう言うホテルが全てオリジナルウォーターを出してくれれば、
私のブログも更にやり易くなるんだけどなぁ、なんて思った。
シンプル過ぎる位シンプルなデザインだが、私は結構好きである。

秩父山系の広葉樹林と石灰岩層に浄化され、
海抜700mの山腹から清い湧水となって湧き出す水。
その水を安全な環境下でボトリングしたのがこの製品である。

埼玉県秩父の水をハイアットリージェンシー東京が
なぜ選択したのかが気になる。
製造会社はここなのだが、世にいくつもの製品を送り出し、
製造会社名を見て発見する度に
“やるなぁ・・・”と感心している。
強烈な売込みがあったのだろうか?
それとも決定権を持つ人が秩父の水を気に入ったからだろうか?

サッパリとしていて透明感があり、
クセが無くスイスイ飲めてしまうのが心地良い。
素敵な部屋に泊まってお風呂上りに飲むのも良いだろう。
わざわざ他の用途に使う人もいないと思うが、
料理やお茶・コーヒー等にも十分使える。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/1244-5511ce5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック