FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート

2019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/01

私は最近良く豆腐を買う。
豆腐屋ではなく、スーパーで。
スーパーで売っている豆腐は当然パッケージがあり、
食べる時にはそれを剥がさなければならない。

色々な豆腐を買ってみてわかったのだが、
中には物凄くそのパッケージがあけにくい製品がある。
逆にススススっと気持ち良く剥がれる製品もある。

そんな事を体験しながら私がした行動は
“剥がれにくいパッケージの製品は買わない”と言う事。
味でも知名度でもなくパッケージのはがし易さで決めたのだ。

何でyoooはいきなり豆腐の話など書いたのか?と
訳がわからない人もいるだろう。

その理由とは・・・

ちょっとした事で製品を買わなくなる人がいるって事は
逆にちょっとした事で買う人もいるという事が言いたかったのだ。


水製品に置き換えてみよう。

私が良いなぁと思ったちょっとした工夫は、
*注ぎ口の直径が通常よりも大きい
*2Lペットボトルの中央部に凹みがあり持ち易くなっている


勿論他にもあるのだが、
上記2点だけでも“お、やるなぁ!”と嬉しくなる。
私みたいに色々な製品を飲み、見比べている人じゃなくても、
便利だなぁと思うに違いない小さな工夫である。
そのような工夫をしている製品は、
買ってくれさえすれば皆が魅力に気づくはず。
そして手放せなくなるはずなのだ。
買わせるまでが大変と言えばそうかもしれないが、
それはラベルに特徴を持たせたり、
他の方法で何とか振り向かせるようにするしかない。

激しい製品数が出回っているこの世の中で、
水製品が生き残っていく為には工夫が必要だろう。
“勝手な事ばかり言うな!こっちは大変なんだ!”
そう思う販売会社の方もいるだろう。
しかし、消費者と言うのは気まぐれである。
その気まぐれさにある程度付き合っていかなければ
そっぽを向かれてしまう可能性があると言う事を
いつも考えていなければ行けないと思う。

価格面で物凄い勝負ができるならその限りではないが。

上から目線で書いてしまって本当に申し訳ないとは思うが、
水戦線は参戦する所も増えて厳しくなる一方だろうと思う。
いかに自社製品を買ってもらえるか
少しでも、ほんの些細な事でも考えるべきだだろう。
考える事を止めてしまっては足踏みか後退するだけだ。
各社の奮闘を期待したいと思う。

勿論私も賞賛すべき製品があれば
微力ながらブログで記事にしていくつもりだ。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://joooyooo.blog28.fc2.com/tb.php/1029-1c10fae4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック