FC2ブログ
2700種超のミネラルウォーター・水製品を紹介

2021/031234567891011121314151617181920212223242526272829302021/05

TAIYO 我が家の常備水 富士山の優しい水 天然バナジウム 山中湖村産ミネラルウォーター

ミネラルウォーター大全 詳細版の記事はこちらから

名称:TAIYO 我が家の常備水 富士山の優しい水 天然バナジウム
採水国:日本
採水地:山梨県南都留郡山中湖村
硬度・PH:72・7.7
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:4.7mg(食塩相当量0.01g)
カリウム:1.8mg
カルシウム:18mg
マグネシウム:6.6mg
その他特筆すべき成分:バナジウム52μg

販売者:記述無し

製造者:株式会社蒼天

味の感想【yooo】
この製品は茨城県神栖市に本社のある、
株式会社タイヨーが運営する、
スーパーマーケット タイヨーのオリジナルミネラルウォーター。
茨城県・千葉県・東京都で店舗を展開している。

採水地の山中湖村には50回以上行った事があり、
この製品の製造工場を見学した経験もある。
富士山の存在がすぐ近くに感じられる場所で、
周辺地域も含め豊かな自然が残り、
良い水が出るのは当然!と思える雰囲気がある。

バナジウムは高血圧や糖尿に良いとされる成分だが、
1本飲んだだけでは当然何も起こらない。
効能を期待する人は長く飲み続ける事が最低条件。
もし全く効能が得られなかったとしても、
水をこまめに飲む習慣をつける事自体が身体に良いから、
結果的にプラスになるだろう。

と手飲みやすい味でグイグイ飲む事ができる。
クセが無いから誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう。
日常使いにおすすめできる。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)




霧島山麓の大自然から生まれた 九州銘水 小林市産ミネラルウォーター

ミネラルウォーター大全 詳細版の記事はこちらから

名称:霧島山麓の大自然から生まれた 九州銘水
採水国:日本
採水地:宮崎県小林市細野
硬度・PH:150・6.6~7.2
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:26mg(食塩相当量0.07g)
カリウム:8mg
カルシウム:30mg
マグネシウム:17mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:JR九州リテール株式会社

製造者:株式会社クリーン・アクア・ビバレッジ

味の感想【yooo】
この製品はJR九州のオリジナルミネラルウォーターで、
JR九州各駅の自動販売機等で販売されている。
私自身は熊本県八代駅のホームで購入した。

ラベルには走る遊園地と言われる、
『あそぼーい!』の画像が使われている。
ラベルの種類は全4種。

特徴的なボトル形状で、
見た瞬間に産地と製造者がわかる。

採水地の宮崎県小林市を訪れた経験があり、
工場見学の経験もある。
豊かな自然が残るエリアで、
良い水が出るのは当然と言った雰囲気があった。
湧き出る水を使ってチョウザメの養殖も行われていて、
私は刺身をいただいてきた。
水が良いからなのか、クセが無くて食べやすかった。

555mlの大容量ボトルを採用。
持った瞬間、500mlじゃないとわかる重量がある。
1本だけだとお得感があまりないが、
ケース単位である24本購入すると1.32Lも余計に得られるから、
すごくお得に感じるだろう。

JR九州管内以外に住む人にとってはお土産にもなるし、
鉄道ファンがコレクションとして購入する事もあると思う。

硬度が150と言う事で、軟水とは明らかに違う感じだが、
舌触りが滑らかでとても飲みやすかった。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)





HYATT REGENCY SERAGAKI ISLAND OKINAWA ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄 ミネラルウォーター

ミネラルウォーター大全 詳細版の記事はこちらから

名称:HYATT REGENCY SERAGAKI ISLAND OKINAWA
採水国:日本
採水地:岐阜県関市側島
硬度・PH:27・7.3
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:3.4mg
カリウム:0.4mg
カルシウム:8.5mg
マグネシウム:1.5mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄

製造者:株式会社ビクトリー

味の感想【yooo】
この製品は沖縄県国頭郡恩納村にある、
ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄の
オリジナルミネラルウォーターである。
恩納村の小さな島(橋が架かっている)がホテルのような感じで、
非日常を味わう事ができる空間とあって評価が高い。

リゾート地として有名な恩納村のホテルが、
なぜ岐阜県の水を選んだのかが知りたい。
勿論岐阜県の水が悪いと言っている訳では無い。
そこに理由やこだわりを感じたかっただけである。

採水地の岐阜県関市には訪れた事がある。
工場見学をした経験もあるのだが、
周辺は豊かな自然が残るエリアで、
良い水が出るのは当然だろうなと言う雰囲気があった。
原水は環境省が選定する日本名水百選に選ばれている。

ホテルのミネラルウォーターと言う事で、
キャップにカバーが付いている。
誰も触っていませんよと言う証明になり、
宿泊客は安心して飲む事が出来る。

ボトル注ぎ口の直径が少し大きい。
小さな事かもしれないが、
グラスに注ぐ際に跳ねづらいのが嬉しい。

サッパリしていて飲み易い。
クセが無いから老若男女人種問わず楽しめるだろう。
ホテルで提供するには最適な水の1つだと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)





CLUB SODA 炭酸水 天然水100%使用

ミネラルウォーター大全 詳細版の記事はこちらから

名称:CLUB SODA 炭酸水 天然水100%使用
採水国:日本
採水地:不明
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸有り
成分(/1000mL)
食塩相当量:0g

販売者:株式会社ニッド

製造者:記述無し

味の感想【yooo】
この製品は採水地が書かれていないのだが、
ラベルに大きく天然水100%使用と書いてあるから、
このブログで採用する事にした。

とにかく情報が少ない製品だ。
ラベルにも水そのものについての情報が書かれていない。

1000mlで50円と言う安さ。
いつもこの価格で売られているのか、
それとも賞味期限か何かによるのか。

私がブログを始めた2005年頃は、
炭酸水の種類はあまり多くなかったが、
最近は売り場で選べるほどになっている。
日本に炭酸水をそのまま飲む文化が根付いたのだろう。
炭酸水好きとしてはとても嬉しい状況である。

口に入れた瞬間のびりびりした刺激が心地良い。
後味もサッパリしていて飲み易く、
お酒・果汁を割るのには勿論、
そのまま飲むのもおすすめ。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)