FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

2018年最後の投稿です。

それが何月何日かはまったく記憶に残っていないが、
2018年中には製品紹介数2500種を達成したい!
そんな思いが胸の中に漂っていた。

ただし、それはそれまでの更新ペースを考えると
かなり急がないと難しい数字だった。

ここ数年は週に2回更新×50週で年に100種、
そんな感じで安定した活動をしてきたのだが、
2500種に到達させる為には、
週3回、もしくはそれ以上の更新が必要だったからだ。

週3回以上更新するのは簡単だが、
それを可能にする為には当然新種を用意しなければならない。
それが集まるかどうかが問題だった。
0からのスタートであれば楽勝だが、
既に2400種以上の製品を紹介してしまっている状況での
ペースアップだからだ。

とにかく頑張った。

そして2018年12月も終わろうとしている
12月27日に何とか達成する事ができた。
2400種に達したのが2018年3月19日だから、
9ヶ月で100種類を紹介したことになる。

数字で書くと大した事ないように見えるけど、
これは大変な数字だと思う。
通販を利用したり、人に頼りまくって手に入れるのなら、
もしかしたらそれ程困難ではないかもしれないが、
私の場合通販は全く利用しないし、
人にもなるべく頼らず、
自らあちこち歩き回って製品を手に入れている。

休みの日は仕事に行く日よりも早くに起き、
日本全国あちこちを回りつつ製品を捜索し、
新種だけではなく、今まで買った製品でも購入し、
情報の更新をしたりしているから、
家に帰る頃には10kgの荷物を持って移動
などと言う事も当たり前になっている。
水製品は平均すれば1本200円以下だろうけど、
10本も買えば結構な出費になるし、
交通費も地味に財政を圧迫してくる。
時間もお金も気力も体力もかなり消耗するけど、
それでも続けられるのは心から楽しんでいるからだと思う。
楽しさは始めた頃よりも確実に大きくなっている。

まぁ、楽しくなかったら絶対に続かない。
14年も続くわけがない。
だって誰から頼まれた訳でもないし、
頑張ったからと言って報酬が出る訳でもないからだ。

得たものと言えば、
重いものを持って数時間歩く事ができる筋力・体力と、
水のデータ(実はこれが結構貴重だと思っている)、
製造者・販売者様との人脈、そして達成感かな。

将来的には3000種を目標に設定した。
これからの活動も油断をする事はできない。
先ほども書いたが、
0からのスタートなら500種達成は自信がある。
しかし2500種からの500種はかなり難しいだろう。
可能であれば1年150種のペースで、
4年を目標に到達したら最高だなと考えている。

これからも激しく活動を続けていくしかない。

皆様そんな伊藤ですが2019年も宜しくお願いします。

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
CASTLE ROCK WATER キャッスルロックウォーター

名称:CASTLE ROCK WATER キャッスルロックウォーター
採水国:アメリカ合衆国
採水地:シャスタ水源
硬度・PH:43・7.4
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:8.1mg
カリウム:2.1mg
カルシウム:9.8mg
マグネシウム:4.5mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売元:マウントシャスタアンドシャスティーナ

製造者:キャッスルロックウォーターカンパニー

味の感想【yooo】
2005年の8月に1本目を飲み、
2018年12月27日 遂に製品紹介数2500種に到達した。
最近までは特に本数にこだわってはいなかったけども、
2018年内に2500種に到達させる事、
将来的には3000種に到達させる事を、
これからの目標にする誓いを立てた。

カスケード山脈の南端、
カルフォニア州北部にあるシャスタ水源は、
豊富な水量を誇り、その水質の高さは広く知られている。
その原水をボトリングしたのがこの製品である。

ビン入りの製品はそれだけで質が高く感じられるし、
グラスに注ぐ時の音も楽しむ事が出来る。
そのまま口をつけて飲んでもペットボトルとは明らかに違うし、
変りは無いのかもしれないが美味しく感じる。

この製品で驚いたのがべらぼうに高い価格である。
500mlで確か1000円位だったと思う。
水ばかり買っている私でも一瞬買うのを躊躇ってしまった位だ。
ただ、その値段ゆえ印象に残る故、
2500種目に紹介する水として選ばれたのだ。

驚くほど軽い口当たりと舌触り。
口の中からスッと引いていくような感覚。
硬度的に考えても日本人に合うし、
広く活躍できる水だとは思うが、
いかんせん値段が高すぎて日常使いには向かない。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
チェリオ タンサンスイ 天然水 Sparkling

名称:チェリオ タンサンスイ 天然水 Sparkling
採水国:日本
採水地:2018年12月26日現在不明
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸有り
成分(/1000mL)
食塩相当量:0g
記述無し

販売者:株式会社チェリオジャパン

製造者:記述無し

味の感想【yooo】
この製品はチェリオが販売している炭酸水である。
原材料名が水(鉱水)と書かれているから、
このブログに採用するのは当然なのだが、
採水地が書かれておらず、問い合わせ中である。
返答が無かったら採水地不明のままにしておかざるを得ない。

チェリオは西の方に行くと自動販売機が沢山あるイメージ、
大阪の高槻市に本社がある関係だろうか?
ただし、この製品の販売者はチェリオジャパンで、
東京本社なのだが、東京でこの製品を見た事は無いな。
単に調査不足なだけかもしれないが。
ちなみに私が入手したのは福岡県内の100円ショップ。
2本100円で売られていた。

チェリオ タンサンスイ 天然水 Sparkling 2

ペットボトル底にはCHの文字が。
恐らくと言うか確実にcheerioのchだろう。

結構強めの炭酸。
口の中に入れた瞬間バチバチとした刺激を感じる。
後味はすっきり。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
西郷どんどん! かごんま! 財宝

名称:西郷どんどん! かごんま! 財宝
採水国:日本
採水地:鹿児島県垂水市
硬度・PH:4・8.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:68mg
カリウム:1.3mg
カルシウム:1.8mg
マグネシウム:0.2mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:記述無し

製造者:株式会社財宝

味の感想【yooo】
鹿児島県垂水市の地下1000mから湧き出る、
天然のアルカリ温泉水が原水。
その原水を衛生管理の厳しい工場にて、
1本1本丁寧にボトリングしたのがこの製品。
ちなみに原水は焼酎作りにも活用されている。

私は垂水市に5回ほど訪れた経験がある。
工場見学はしたことがはないが、工場の前まで行き、
そこら辺がどのような雰囲気なのか見てきた。

私がミネラルウォーターを始めた2005年頃は、
財宝と言うメーカーも製品も知らなかったが、
最近は有名企業になり、東京ドームにも大きな看板があるし、
スポーツのユニフォームなどにも社名を見る機会がある。

2018年12月中旬、鹿児島を訪れてきたが、
NHK大河ドラマ【西郷どん】の影響がとても大きいと感じた。
この製品のラベルにも連想させるようなイラストが描かれている。

ボトル注ぎ口の直径が大きめ。
グラスに注ぐ際に跳ねにくいのが嬉しい。

数ある水製品の中でも際立って硬度が低い。

滑らかな舌触りで、すっと身体に入っていく感じがした。
サラサラ感があり、とても飲み易い。
クセが無いからどんな場面でも活躍できるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
昭和大学 富士吉田の天然水

名称:昭和大学 富士吉田の天然水
採水国:日本
採水地:山梨県富士吉田市
硬度・PH:約30・記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:2~13mg(食塩相当量0.005g~0.04g )
カリウム:0.2~2.3mg
カルシウム:3~16mg
マグネシウム:1~6mg
その他特筆すべき成分:バナジウム62μg

販売者:昭友商事株式会社

製造者:アサヒ飲料株式会社

味の感想【yooo】
この製品は昭和大学のオリジナルミネラルウォーター。
私自身は昭和大学江東豊洲病院で手に入れた。
最近は大学オリジナルが沢山売られている。

ボトルを見た瞬間に製造者がわかった。
どこで判断できたかと言うと、
ボトル上部にある水の文字と点字である。
他にはペットボトルの底にAsahiの文字があるから、
ラベルを見る前に気づける人もいるだろう。

採水地の富士吉田市には大袈裟ではなく50回以上訪れている。
ミネラルウォーター好きには聖地みたいなもので、
富士山を近くに感じ、水スポットが沢山ある土地だから、
一日中見て回っても飽きないどころか、
魅力的な場所が多すぎて回りきれない。

600mlの大容量ボトルを採用している。
大容量ボトルの製品は多くなったが、
600mlあるとかなり量の違いがはっきりしていて、
ずしりとした重さもあり、お徳感は増す。
その一方重さを敬遠する人もいるだろう。

バナジウムは高血圧や糖尿に良いとされるが、
薬では無いから、例え効能があるにせよ劇的なものではない。
期待するのであれば長くこまめに飲み続ける事が必要だろう。
例え全くそれを感じられなかったとしても、
水をこまめに飲む習慣自体が身体にいいから、
結果的には+になると思う。

サッパリしていて飲み易い味。
硬度も低めだし、病院で売る水としては最適だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
濃くておいしい水素水 富山の天然水使用

名称:濃くておいしい水素水 富山の天然水使用
採水国:日本
採水地:富山県富山市
硬度・PH:約60・6.8~7.5
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:3.9mg
カリウム:1.4mg
カルシウム:19mg
マグネシウム:2.4mg

含有水素量:1.4ppm~1.6ppm
酸化還元電位:-550mV~-650m.

販売者:記述無し

製造元:株式会社TED

味の感想【yooo】
名水の宝庫と言われる富山常願寺川沿いの清純鉱水に、
独自の技術で水素を溶かしこみ、還元力をアップさせている。

私は機能水の効能については特に気にしていないから、
それが具体的にどのような効果を生むのか、
わからぬまま、知ろうとしないまま飲んでいる。
その効能に期待する人は、
1本飲んだ所で当然何も起こらないから、
長く定期的に飲み続けて経過を見るのが正解だろう。
例え具体的な効能が感じられなかったとしても、
水をこまめに飲む習慣は身体にとって+になるから。

実はこの製造元の前まで行った事がある。
工場見学したわけでは無いが、
この辺りがどんな感じなのか見てきた事は、
決して無駄ではないと考えている。
水に対する理解度と愛情度が飛躍的に高まるからだ。

機能水を飲む時は毎回焦る。
グラスに注いで撮影などしている場合ではない・・・と。

滑らかでやさしい舌触り。
スッと身体に入っていくような感じがした。
クセが無くて誰にでも愛される味だと思った。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
CANDEO HOTELS Mineral Water カンデオホテル

名称:CANDEO HOTELS Mineral Water カンデオホテル
採水国:日本
採水地:岐阜県関市側島
硬度・PH:27・7.3
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:3.4mg
カリウム:0.4mg
カルシウム:8.5mg
マグネシウム:1.5mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:株式会社アクアライン

製造者:株式会社ヴィクトリー

味の感想【yooo】
この製品は株式会社カンデオ・ホスピタリティ・マネジメントが運営する、
カンデオホテルのオリジナルミネラルウォーター。

ペットボトルの形状を見た瞬間にわかる製造者。
背が少し高い特徴的なフォルム。

山々に囲まれ自然に恵まれた、
環境省の名水百選にも選定されている長良川中域。
その地下深くに長い年月をかけて濾過された地下天然水を、
衛生的に非加熱濾過で処理し製造したのがこの製品。

遂にこの製品の製造工場である、
株式会社ビクトリーの工場を2018年に見学し、
スタッフと色々な話をする事ができた。
工場に行くまでの道のり、工場周辺の環境、
色々な物を事を見聞きし製品への思い入れが生まれる。
そして断言できる。
この製品は素晴らしい環境で製造された、
信用の出来る製品だと言う事を。

ペットボトル注ぎ口の直径が少し大きい。
グラスに注ぐ際コポコポ跳ねないのが嬉しい。

キャップの上にカバーが付いている。
ホテルのウェルカムウォーターとして置かれているなら、
“誰も触っていませんよ”と言う証明にもなるカバーは嬉しい。

サッパリしていてとても飲みやすい。
クセがなく、誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう味。
色々な人が利用するホテルの水としては最適とも言える水。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
LDC 自然の恵み 天然水 福岡県うきは市産

名称:LDC 自然の恵み 天然水 福岡県うきは市産
採水国:日本
採水地:福岡県うきは市吉井町
硬度・PH:約72・7.8
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
食塩相当量:0g
カリウム:3mg
カルシウム:17mg
マグネシウム:7.1mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:株式会社ライフドリンクカンパニー

製造者:株式会社LDビバレッジ 耳納工場

味の感想【yooo】
採水地の福岡県うきは市吉井町付近には何度も訪れた経験がある。
工場見学をした訳ではないが、
水の産地を見てくる事は決して無駄なことではない。
その辺りがどのような環境なのか知るだけでも、
水に対する愛情が高まるからだ。

製造工場はライフドリンクカンパニーのグループに属している。
以前はあさみやグループと言っていたが改名した。
各工場の製品は日本全国あちこちで販売されており、
自社製品・OEM・PBでシェアを増やしているように感じられる。
一度関係者の方に話を聞いてみたいな。
水の業界では注目すべき企業だと思う。

LDC ライフドリンクカンパニーの製品は、
一見同じ製品に見えても中身(採水地)が違う事がある。
同じ製品を飲んでいるようで違うものを飲んでいる可能性があるから、
しっかりとデータは見ておいた方がいい。

サラサラ感が強く、後味もさっと引いて爽やか。
クセがないから老若男女に愛されるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
まいにちをもっと健やかにもっと美味しくできちゃう天然水 富士川源流の軟水

名称:まいにちをもっと健やかにもっと美味しくできちゃう天然水 富士川源流の軟水
採水国:日本
採水地:山梨県山梨市下石森
硬度・PH:46・記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:20mg
カリウム:2.5mg
カルシウム:13mg
マグネシウム:3.4mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:株式会社プレナス

製造者:記述無し

味の感想【yooo】
この製品は ほっともっと や やよい軒等を展開する、
株式会社プレナスのオリジナルミネラルウォーター。
お弁当と水の相性はとても良く、
何回かリニューアルしつつ水を売り続けているのは素晴らしい。

採水地の山梨県山梨市には何度も訪れた経験がある。
製造者はラベルに書かれていないが、
私は何度か工場前まで訪れた経験がある。
笛吹川水系の重川がすぐ近くを流れていて、
背景には山が連なって見える。
なるほどこんな所なら良い水が採れるだろうなと、
何となく納得してしまうような場所だった。

正直この製品のような長い製品名には疑問を持っている。
否定しえいる訳ではないが、記憶に残らないような気がするのだ。
勿論私自身の考えであって、他の人はそうではないかもしれないが。
例えばSNS等で書き込む時も面倒だと思われる可能性があるし、
印刷物に載せる時だった文字制限がある場合は、
製品名だけで文字数を取られて困る事もあるだろう。

ラベルに描かれているホンワカした水彩画が素敵だ。

サッパリしていてクセが無く、とても飲み易い。
お弁当の味を邪魔しないから、
お弁当と一緒に売る水としてはとても良いと思う。
その他の用途でも広く活躍できる水である。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

まいにちをもっと健やかにもっと美味しくできちゃう天然水 富士川源流の軟水 20190418

2019年4月 再入手したから載せておく。
成分・デザイン等 変わった点はない。

森のめぐみの天然水 20181212

名称:森のめぐみの天然水
採水国:日本
採水地:山梨県甲州市
硬度・PH:約10・9.1
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:10mg
カリウム:0mg
カルシウム:10mg
マグネシウム:0mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:株式会社ソーケンビバレッジ

製造者:記述無し

味の感想【yooo】
甲州の山に降った雪や雨が地に浸透し、
長い時間をかけて磨かれて湧き出した原水を、
衛生管理の厳しい工場にてボトリングしている。
自然が多く残り良い水が出るのは当たり前と思えるエリアで、
実際甲州市産の水は全国に沢山出回っている。

採水地の山梨県甲州市には何十回も行った事がある。
車・電車・バイクでそれぞれ訪れた事があるが、
何度訪れても飽きがこない良い場所だと思う。

カルシウムの値が1Lあたり10mg、
マグネシウムの値が1Lあたり0mgだと、
どう計算しても硬度約10にはならないと思う。
計算間違いか、それとも何か理由があるのか。

サッパリしていて後味が爽やか。
クセが無いから誰からも愛されるだろう。
硬度が低いからどんな用途にも向く。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらからもりの
長期保存水 DEEP SEA WATER 332 6YEARS 佐渡海洋深層水

名称:佐渡の元気水 佐渡海洋深層水 硬度50
採水国:日本
採水地:新潟県佐渡市多田沖(佐渡海峡)水深332m
硬度・PH:50・6.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:72mg
カリウム:3mg
カルシウム:3mg
マグネシウム:11mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:株式会社ユニーク総合防災

製造者:新潟県佐渡海洋深層水株式会社

味の感想【yooo】
海洋深層水を長期保存用にした製品。
6年の保存期間は数ある保存水の中でも長い方で、
一度購入すれば長い間買わずに済むから楽でいい。
勝った事を忘れてしまう可能性はあるが・・・

災害用だから、ラベルに災害用伝言ダイヤルのやり方が書いてある。
こう言うのがとても大事だと思う。
水を飲んでスッと気持ちを落ち着かせた後に、
冷静になった所でやる事をラベルで知るのはいいと思う。

佐渡島の下側真ん中辺りにある、
多田沖の水深333mから原水を採り、
成分を調整し仕上げボトリングしたのがこの製品。
まだ新潟の海洋深層水については現場に行ったこともないし、
色々調べなければいけない事が多い為、
今後勉強していくつもりである。

海洋深層水と言うと高知の室戸沖や
富山県の富山湾沖 神奈川の三浦沖がメジャーだが、
佐渡もかなり有名な取水地になっている。。
日本は四方を海に囲まれている訳だから
よく考えてみると製造できる資源には恵まれている訳だ。
これからの世界は水を求めて戦争が起きたりするだろう。
海洋深層水を作る技術があれば世界を救えるかもしれない。
大袈裟ではなくそう思う事がある。

硬度を50まで落としているから、
海洋深層水独特のクセは何となく感じつつも、
グイグイ楽しんで飲むことができた。
海洋深層水のクセが苦手な私が大丈夫なのだから、
広く人に愛される水と言ってもいいだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
mango tree マンゴツリー ミネラルウォーター

名称:mango tree マンゴーツリー ミネラルウォーター
採水国:日本
採水地:熊本県上益城郡御船町
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:10.9mg
カリウム:5.3mg
カルシウム:22.1mg
マグネシウム:8.2mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:記述無し

製造者:丸富産業株式会社

味の感想【yooo】
この製品はタイ料理屋 マンゴツリーのオリジナル。
何度か東京 丸ビルの店舗には行った事があるけど、
手に入れたのは広島駅 ekie広島の店舗。

ボトルを見るとどこの製品か直ぐにわかる。
オリジナル製品を沢山世に出している丸富産業製。

世界最大級のカルデラ火山 阿蘇 育まれた、
南阿蘇の伏流水が原水である。
地下150mの深さから汲み上げ、
銀活性炭・マイクロフィルターで濾過後に、
紫外線殺菌を施した後に、
1本1本丁寧にボトリングしている。
非加熱にこだわった製法だから、
自然に近い味が楽しめるのが嬉しい。

シンプルなラベルは高級感を生み出す。
勝手に私はそう考えている。
この製品もそれに当てはまるけど、
字が小さ過ぎて書いてある文字が読みづらい。

正面からはmango treeの文字が反対に見えるが、
裏から見るとボトル越しにきちんとした文字で見える。

容量は300mlで私には足りないが、
常日頃500mlが重いと感じている人には良いだろう。

サッパリしていてとても飲みやすい。
タイ料理を食べた後に1本グイっとのむのもいいだろう。
くせが無いから、日本人は勿論、
タイの皆様にも楽しんでもらえるだろう水。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
WASEDA 早稲田大学 ナチュラルミネラルウォーター

名称:WASEDA 早稲田大学 ナチュラルミネラルウォーター
採水国:日本
採水地:岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神成(龍泉洞)
硬度・PH:96.8・7.6
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:2.3mg(食塩相当量0.006g)
カリウム:0.3mg
カルシウム:35.2mg
マグネシウム:2.2mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:株式会社早稲田大学プロパティマネジメント

製造者:株式会社岩泉産業開発

味の感想【yooo】
この製品は早稲田大学のオリジナルミネラルウォーター。
早稲田大学の学生が半世紀にわたって育てている
【思惟の森】がある龍泉洞に湧き出る水を使用している。

この製品のように、オリジナルの水は根拠があると嬉しい。
なぜこの水源の水を使うのか?
いつもそれを知りたがる私にとって、
ラベルに書いてある事でスッキリした。

長年ミネラルウォーターに関わってきたのに、
有名採水地である下閉伊郡岩泉町を訪れた事はない。
岩手には20回以上訪れた事があるにも関わらずだ。
しかしまだ機会がやってこない。

ラベルには早稲田大学のキャラクターである
ワセダベアはやはり大隈重信のクマから?
字が違うけど。

サッパリしていてとても飲みやすかった。
この水なら水に興味がない学生も楽しめるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
夢の水 東紀州水

名称:夢の水 東紀州水
採水国:日本
採水地:三重県尾鷲市南浦小原野
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
記述無し

販売者:記述無し

製造者:東紀州水製造所

味の感想【yooo】
この製品はかなりレアだと思う。
ネットで調べてもあまり情報は出てこないし、
ホームページをチェックしても、
大々的に売っている気配が無いから、
飲んだ事がある人も限られるのではないだろうか。

採水地の三重県尾鷲市は多雨地帯として知られ、
その地に降った雨が地に浸透する内に磨かれ、
質の高い水となって生まれ変わる。
その原水をアルカリイオン化したのがこの製品。
界面活性力が高まり、クラスター値が小さくなって、
身体の中の悪いものを排出しやすくすると書いてあるが、
そういう効能は長く続けて飲んだ後に、
もしかしたら感じる事ができるようなものだから、
1本2本飲んだだけでは何も起こらない。

製造所はイワナの郷としても知られていて、
昔から周辺の水が清らかで有名だったようだ。
周囲には自然が多く残り、
良い水が出るのも当たり前と言えるような恵まれた環境。

サッパリしていて、後味が爽やか。
クセがないから誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう。
成分が書かれていないのが残念だ。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから