水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

このエントリーをはてなブックマークに追加

清冽、日枝の霊水

名称:清冽、日枝の霊水
採水国:日本
採水地:滋賀県大津市石山平津町
硬度・PH:12・7
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:6.4mg
カリウム:0.8mg
カルシウム:3.3mg
マグネシウム:0.9mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:記述無し

製造者:株式会社岩深水

味の感想【yooo】
この製品は日枝神社のオリジナルミネラルウォーター。
東京都港区赤坂でも買う事が出来るが、
私は馴染み深い東京都中央区日本橋茅場町にある、
日枝神社日本橋摂社にて購入した。

中身は滋賀県大津市にある、
株式会社岩深水が製造する岩深水。
工場見学をした事がある。
長石と言う石の鉱山の地下深くから、
ピューっと噴出す原水も実際に見てきた。

元旦に汲んだ若水には特別な霊力が宿り、
飲めば一年を無病息災で過ごせる、
あるいは変若水(おちみず)と言う若返りの水
であると信じられていたように、
古くから日本人じゃ生命の根源である水に、
様々な効能を見出してきた。
このせいひんは比叡山を遥かに望む、
滋賀県大津の二千尺の地下から湧き出す、
大自然の恵み豊かな清水だとラベルには書かれている。

クセの無い味で、グイグイ飲む事ができる。
スススっと身体に入っていくような感じで、
誰もが楽しめる水だと思う。
お参りした記念や、お土産にもなるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

逃げない水素水36 HYDOROGEN WATER

名称:逃げない水素水36 HYDOROGEN WATER
採水国:日本
採水地:岐阜県関市洞戸
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
記述無し

販売者:記述無し

製造者:奥長良川名水株式会社

味の感想【yooo】
この製品は岐阜県関市洞戸で採水された原水に、
水素を添加して製造したものである。
原水は高賀の森水として売られている。

採水地の関市までは行った事があるのだが、
水スポットを見て回った事はない。
いつかまた訪れて思う存分水を楽しんで来たい。

ラベルには書かれていないが、HPにこう書いてある。
水に水素ガスを溶けさせるのではなく、
世界で唯一の特許技術を用いて、
水素に殻をまとわせるような形で水中に存在しているため、
フタを何度開け閉めしても水素が逃げることがない。
はっきり言って私にはよくわからないが、
ふたを開けても水素が逃げないのは嬉しい。
グラスに注いで飲む派の私には良い製品かもしれない。

水素水の効能はあるのか?
正直な話、私は効能を信じて購入した事がない。
効能なんてどうでもいいとすら考えている。
効く効かないは個人差があるし、
どれ位の期間飲み続けなければならないか、
示されている訳でもないから、
効けばいいな程度の期待値で導入する方がいいだろう。
例え効かなくても、水を飲む事自体が身体にはいいから、
結果的に+になると思う。

2014年モンドセレクション金賞受賞。
モンドセレクションの価値も下がってしまった気がするが、
全く駄目な製品が金賞などとれる訳がないから、
一定の評価基準にはなると考えている。

滑らかな舌触りで、スルスルっと口の中を駆け巡る。
クセが無いから誰にでも愛されるだろう味。
水素水の効能が例えなくても、飲みたくなる魅力がある。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最後の清流 四万十川源流 天然水

名称:日本最後の清流 四万十川源流 天然水
採水国:日本
採水地:高知県高岡郡(四万十川源流)
硬度・PH:13.4・6.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:4.3mg
カリウム:0.4mg
カルシウム:3.9mg
マグネシウム:0.9mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:記述無し

製造者:ウエルネス四万十

味の感想【yooo】
同じような名の製品を過去に紹介した事もあり、
この製品を新種として紹介するか迷ったが、
製品名毎に紹介すると決めた為、採用する事にした。

日本最後の清流として名高い四万十川。
旅番組・旅行雑誌等でも紹介される事が多く、
誰もがその美しさを知っているだろう。
その源流域で湧き出た自然の恵みを
安全な環境下でボトリングしたのがこの製品。

高知県には何度か訪れた事がある私だが、
まだ採水地の高岡郡には行った事がない。
いつか必ず行きたい場所である事は間違いない。

現地まで行って採水地の雰囲気を知る事は、
その水への理解度や愛情度を上げる為に重要だと考えている。
例え工場見学ができなくても、
周囲の雰囲気を自ら知るだけで構わないのだ。

サラサラ感が強く、とても飲み易い。
クセが無いから誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう。
水に興味がある人ない人を問わず、
広く愛される水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

FUJI PREMIUM SPARKLING WATER 富士ミネラルウォーター

名称:FUJI PREMIUM SPARKLING WATER
    富士ミネラルウォーター 炭酸水
採水国:日本
採水地:山梨県富士吉田市
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸有り
成分(/1000mL)
記述無し

販売者:富士ミネラルウォーター株式会社

製造者:記述無し

味の感想【yooo】
富士ミネラルウォーターから炭酸水が販売される!
とのニュースを知ったのは2015年の10月。
新発売から間もない頃に購入し、飲み、記事も書いた。
しかしそれを下書き状態のまま忘れていた。
今日までに何度も楽しんでいるのだが、
改めて購入し更新する事にした。

ミネラルウォーターのパイオニアとも言える、
富士ミネラルウォーターが、
富士山から湧き出る清らかで質の高い水に、
炭酸を添加し世に送り出したのがこの製品。

富士ミネラルウォーターと言えば、
サミット等の卓上水に採用されるレベルであり、
長く売られ続けている事もあって知名度は抜群。
品質は保証されているようなもので、
安心して飲む事が出来る。

残念なのは成分の記述が無い事。
ラベルのスペース的な問題があるのだろうが、
昨今水に関心を持つ人は多くなっているから、
せめて主要ミネラル量は書いておいて欲しかった。
バナジウムが含まれていると書かれてはいるが、
それがどれ位の量なのかわからないのが悲しい。

ボトル形状が秀逸。
特に底部に向かってすぼまっているデザインは、
持ってみるとわかるが、手にすっぽり収まる。
全体でみても滑らかな優しいデザインに見える。

ラベルに切り取り線が無い為、
剥がす時に少し苦労した。

最近は炭酸水をそのまま飲む事も定着し、
様々な製品が売り場に並ぶようになった。
かなり前から炭酸水をそのまま飲んでいる身としては、
製品を売り場で選ぶ楽しみがあるのが嬉しい。

炭酸は結構強く、口の中に入れた瞬間バチバチ来る。
しかしそれがスッと引くように無くなり、
後には心地良さが残るだけ。
水分補給やお酒・果汁の割水としては勿論、
気分転換の為に飲むのもいいだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
私はあまり自分を褒める人間ではないのだが、
ミネラルウォーター大全を運営していく上で、
いくつか“自分頑張っているなぁ”と思える事がある。

勿論長きに渡って日本全国をウロウロし、
新種を探し続けている事もそうなのだが、
それは基本中の基本活動であり、
それができないならやる意味は無いと言うレベルの物。
私にとっては特別な事ではない。

では何に対して自画自賛しているかと言うと、
既にブログで紹介した製品を、
時を経て再び手に入れ、
情報の変化や外観の変化を追っていく活動である。

全く変化せずに売られ続ける製品もあるが、
小さな変化は結構多いのだ。

【成分の違い】
基本的には自然のものであるから、
計測する度に違う数値が出るもの。
定期的な計測値をラベルに反映する製品もあれば、
10年以上そのままと言うものもある。

【ラベルデザインの違い】
お世辞にも素敵だとは言えないようなデザインだった物が、
いつの間にか洗練された物に変わる事がある。
デザインにお金を使える位売り上げが上がったのか、
製造・販売者が本腰を入れたのか、
製造・販売者が変わったのか、
どこからか出資を受けたりしたのか、
色々な状況が想像できる。

【販売者・製造者の違い】
同じ製品名でも、製造者や販売者が変わる事がある。
事業譲渡や買収等が考えられる。
ラベルデザイン等が一気に変わる場合もあれば、
ただ製造・販売者名が変わるだけの事もある。

基本的な変化は上記3点。
変化しないものも勿論載せる。

製品の変化だけではなく、
背景の変化や、カメラの変化も個人的には楽しめる。
何度か引越しをしているから、
“あぁ この製品はあの頃に飲んだのか”とか、
“最近はipad撮影だけど 以前デジカメだったな”などと、
過去の更新方法を思い出したりもする。

新着としてはSNS等で更新告知もしていないから、
ひっそりと、地味に活動を続けるだけなのだが、
そういう目立たない事の方が大切と考えているから、
これからも無理をしない程度に続けていくつもりだ。

中には何度も何度も購入して更新している製品もあり、
その製品紹介ページは、かなり縦長になってしまっている。
もう少しスマートに紹介できたらいいなとは思うものの、
一人でやっているから、そこまで手が回らない。

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

三国連峰 群馬県のマスコット ぐんまちゃん ミネラルウォーター

名称:三国連峰 群馬県のマスコット ぐんまちゃん ミネラルウォーター
採水国:日本
採水地:群馬県利根郡みなかみ町
硬度・PH:55・6.7
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
記述無し

販売者:株式会社モック

製造者:記述無し

味の感想【yooo】
群馬県のマスコット ぐんまちゃんオリジナルミネラルウォーター。
ボトル形状がぐんまちゃんになっていて、
ファンは勿論、ファンでない方も楽しめるだろう。
飲んだ後にまた水や他の飲み物を入れて使うのも楽しい。

製造者はこの手の変り種ボトルを作るのが大得意の、
株式会社モックで、他にも沢山の製品が売られている。
私がミネラルウォーターを始めた頃は、
物珍しさもあったのだが、
最近は多く出過ぎて新鮮さは失われた。

東京銀座、歌舞伎座の対面に、
ぐんま総合情報センター(通称:ぐんまちゃん家)がある。
群馬県のアンテナショップで、
群馬県各地の産物や情報が手に入るから、
東京でのぐんまちゃん知名度は高い気がする。

採水地のみなかみ町は何度か訪れた経験があるけど、
しっかり水関連のスポットを回ってはいないから、
近い内に出かけ、見てこようと考えている。

滑らかな舌触りで、スルスルっと身体に入っていく感じ。
クセが無くて誰もが抵抗無く飲む事ができると思う。
ミネラルウォーター目当てではなく、
キャラクター目当てで買った人も楽しめる水だろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

ひょうご 加東の名水 鴨川清水

名称:ひょうご 加東の名水 鴨川清水
採水国:日本
採水地:兵庫県加東市上鴨川 やしろ鴨川の郷
硬度・PH:69・8.5
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:10.8mg
カリウム:0.56mg
カルシウム:27mg
マグネシウム:0.44mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:一般社団法人加東市観光協会

製造者:鈴木鉱泉株式会社

味の感想【yooo】
この製品は兵庫県の加東市にある、
道の駅とうじょうまで実際に行って購入してきた。
なるべく現地まで行って手に入れるという事が、
このブログを始めた頃からの信念であるから、
これからもチャンスがあればどんどん現地訪問するつもりだ。

採水地の兵庫県加東市上鴨川から、
製造者である鈴木鉱泉がある三重県桑名市までは、
約200kmの距離がある。
ボトリング工場が近くで見つからなかったのだろうが、
ナカナカ大変だなと思う。

加東市は山田錦の産地としても知られる。
良い水と良い米があって良いお酒が生まれる。
全てが揃っているのは素晴らしい。

ラベルには加東市のキャラクターである、
加東伝の助(かとうでんのすけ)が描かれている。
髪型が加東市の か になっている。

口当たりが軽く、スッと後味が引いていく感じ。
サッパリしていて大変飲み易い。
クセが無いから誰からも愛されるだろう。
加東市の皆様はこのような水がある事を誇っていいと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

ITO EN 伊藤園 磨かれて、澄みきった 日本の炭酸水

名称:ITO EN 伊藤園 磨かれて、澄みきった 日本の炭酸水
採水国:日本
採水地:福岡県朝倉市柿原
硬度・PH:約50・記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:0~40mg
カリウム:0~5mg
カルシウム:10~30mg
マグネシウム:0~4mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:株式会社伊藤園

製造者:株式会社ふくれん(甘木工場)

味の感想【yooo】
磨かれて、澄みきった炭酸水と言う製品が存在し、
この製品を新種として扱うかどうか迷ったが、
製品名毎に載せていくルールだから、
新種としてカウントする事にした。

採水地の福岡県朝倉市は何度か通った事があるけど、
この製品の製造工場には行った事がない。
福岡県に行く機会は多いから、
今度どんな場所に工場があるのかだけでも、
自分の目で見てこようと思う。
見学でも出来ないのに工場前に行くの?
そんな風に思う人がいるかもしれないが、
実際どのような環境に工場があるのか、
見てくるだけでも勉強になるのだ。

原水は国土交通省認定 水の郷百選にも選ばれている。
その原水を多層フィルターで磨き、
炭酸を添加してボトリングしている。

最近は炭酸水をそのまま飲む文化が根付いた気がする。
私は以前からそのまま飲むのが好きだった。
最近は多くのメーカーから様々な製品が世に出、
選ぶ楽しみが出来たのも嬉しい。

飲んだ瞬間、心地よい刺激が口の中を駆け巡る。
水分補給だけではなく、気分転換にも良い。
後味がさらっとしていて、スッと引く感じ。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
週刊文春が、食べログで有名なレビュアーだった
うどんが主食さんが店から接待を受け、
レビューを良く書いていたのでは?との疑惑を記事にした。

いわゆる文春砲である。

私はそのレビューを読んだ事は無いのだが、
これまで積み重ねて来た全てが、一瞬で消え去る形になり、
これから先ネットからの攻撃に耐えなくてはならなくなった。

Twitterも鍵をかけ、一般の人は見られなくなっている。

きっと本名や家族構成なども突き止められ、
晒される事になってしまうのだろう。

東洋水産とのコラボで、
マルちゃんから【うどんが主食 讃岐風うどん】が販売されているけど、
そちらの方にも容赦ない低評価がつけられている。

経緯が はちま起稿 に書かれているから、
興味がある人はチェック!

読む方の立場で意見を言わせて貰うと、
はっきり言って私は味に対するレビューなど全く信じない。
なぜなら味覚はそれぞれだからだ。
誰かが世界で一番美味しいと思っても、
私にとっては世界で一番不味いかもしれない。

だから私のブログを読んで頂けるとわかると思うが、
味のレビューには全く力が入っていない。
以前から何度も書いているが、
正直味を本文中に書くようになった事自体を後悔している。
鋭い味覚がある訳でもないし、1種類ずつ飲んでいると、
飲み易い・美味しい・サラサラしている・スッキリしている、
透明感がある位の表現しか思いつかないのだ。

今後も味に関して力を入れて書いていくつもりは無いし、
オススメの水を聞かれても
“わかりません”としか言わないだろう。
思い出に残る水・印象に残る水はあっても、
人にすすめられるような水は、
好みも体質もわからないから、
すすめられるわけが無いと考えているからである。

うどんが主食と言う方がこのようになった事で、
他のレビュアーに向けられる視線も厳しくなるだろう。
妙な誤解を読者に受けない為にも、
真面目に、初心を忘れず活動していった方がいいと思う。

そりゃ誰だってお金が欲しいし、
認められたいと言う気持ちがあったりはするだろうけど、
1つの間違いで全てを失う事だってあるのだから、
そこをしっかり考えた方がいい。
こつこつ積み上げてきた実績が、
ガラガラガラガラと崩れるのは一瞬だから。

そして、失った信用を元に戻すのは容易じゃない。
多少戻ったとしても、以前通りには行かないだろう。
アンチが増えてしまっているだろうし、
何をやっても疑惑の目を向けられる事を避けられないだろうから。

私は私のペースでこれからも続けていく。
何せ12年もスタイルを変えずにやっているのだから、
今更変える事なんてできないしね。

でもさ、工場見学させて頂いた所とか、
親切にして頂いた所の製品は、
レビューが甘くなる事はないけど、
SNSに度々登場させたりしてしまうよなぁ。
金銭は一切動かなくても、気持ち的にね。
それはしょうがないでしょ、人間だもの。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

KITANO SELECTION バナジウム天然水 富士山の恵み

名称:KITANO SELECTION バナジウム天然水 富士山の恵み
採水国:日本
採水地:山梨県南都留郡山中湖村
硬度・PH:32・7.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:4.8mg
カリウム:1.2mg
カルシウム:8.4mg
マグネシウム:3mg
その他特筆すべき成分:バナジウム65μg

販売者:株式会社エース

製造者:株式会社ミツウロコビバレッジ

味の感想【yooo】
この製品は北野エースを運営する、
株式会社エースのオリジナルミネラルウォーター。

世界文化遺産登録で海外からも注目を集める富士山。
その玄武岩層で濾過され、磨かれた水を、
現地でボトリングしている。

バナジウムは高血圧や糖尿に良いとされるが、
効果を過信するのは禁物。
効けばいいな程度の気持ちで導入するのがベストだろう。
例え全く効果が無かったとしても、
水を定期的に飲み続けることが身体にいいから、
結果的にプラスになるだろう。

ボトルの形を見た瞬間、
ミツウロコさんの製品だとわかった。

採水地の山中湖村には何十回も行った事がある。
富士山の存在を近くに感じられる場所で、
ここなら良い水が出て当たり前と思わせる雰囲気がある。

サッパリしていてとても飲み易い。
水にこだわりがない人からも愛されるだろう。
クセが無くどのような場面でも活躍できるに違いない。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

WOX Delivery Liquid 高濃度酸素リキッド

名称:WOX Delivery Liquid 高濃度酸素リキッド
採水国:日本
採水地:記述無し
硬度・PH:0・6.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:0mg
カリウム:0mg
カルシウム:0mg
マグネシウム:0mg
その他特筆すべき成分:溶存酸素濃度40ppm(mg/L)以上

販売者:メディサイエンス・エスポア株式会社

製造者:記述無し

味の感想【yooo】
この製品には採水地が書かれていなかった。
原産国が日本と書かれていたのは、
日本で製造されたと言う意味だけで、
天然水を使っていないのかもしれない。

酸素水、いわゆる機能水の効能を信じて飲んだ事がない。
だか詳しく期待される効能についてや、
酸素水にする為の技術については記さない。

値段がべらぼうに高かった。
600円(税別)である。
この値段だと飲み続けられる人は限られてくる。
毎日1本飲んだとしても、30日で18000円、
1年で216000円も必要になるからだ。
そこまでお金を出して何も効果が出なかったら、
庶民は涙を流さざるを得ない。

赤ラベルに金の文字。
文字が小さい事もあるがとても読みづらい。

色々ネガティブな事を書いてしまったが、
さらさら感が強く、後味がスッと引くような感じで、
クセが無く、実に美味しい水だと言う事だけは書いておく。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
詳しく調べた訳ではないが、
私が運営するこのブログ ミネラルウォーター大全は、
ミネラルウォーター・水製品の紹介数として、
個人レベルでは日本TOPクラスだと思う。
自ら書くのはちょっと妙な感じがするけど・・・

正直2000種類を超えるなんて考えてもいなかったし、
ここまで続くとも思っていなかった。

最初の壁は300種から400種に向かう頃で、
“あぁそろそろ限界かなぁ”などと周囲に言っていた。
ミネラルウォーターが好きで始めたブログではなかったから、
やめる事についても特に抵抗がなかった。

ただ、結果的にやめてはいない。
何度かブログやSNSで書いているけど、
ちょうどその頃から関係者や読者との交流が始まり、
メディアの方から出演の依頼がくるようになり、
製造現場を訪れる機会が飛躍的に増え、
行動範囲が大きく広がった。
関東近辺でうろうろしていただけだったのだが、
それこそ北海道から九州までになった。
同じ地域に繰り返し訪れ、徹底的な捜索もするようになった。

その後は順調そのもの。

本当にありがたい。

そして楽しい。
かなり楽しい。
激しく楽しい。

恐らくだけど、今から私と同じような活動を始めても、
私よりも多く製品を集め、紹介する事は難しいと思う。
自分で0からやり直したとしても無理だろう。
1000種はいけると思うけど・・・
私は始めた時期が良かったと思う。

最早数字は全く気にしておらず、
ただ楽しんで活動を続けているだけの状態だけども、
今後も活動を続け、3000種に到達できれば、
きっとその数字を破る人は出てこないと思う。
団体でがむしゃらに長期間続ければ可能かもしれないけど。

さて、前置きがかなり長くなったけど、
ミネラルウォーター関連の活動をしようと考え、
やるからには一番を目指している人もいるだろう。

そんな人にアドバイス。

一番を取るのは簡単。
定期的に、長く、執拗な活動さえすればいい。
同じ事をずーっと続けるだけで人の上に行く事ができる。

例えば1つの製品を毎日毎日飲み続け、
その感想を書くのだって、簡単なようでなかなかできない。
感想は同じようになってしまうし、
載せる画像も変化がない訳だから、
飽きとの戦いになってくると思う。

ブログやSNSは無料で簡単に始められる。
最初の頃は多く投稿したり、継続的な投稿もできる。
しかしそれが1年続く人はかなり少ない。
それ以上続く人はごく少数なのではないだろうか。

それを乗り越えれば、メーカーから連絡が来るかもしれない。
メディアの方に注目されるかもしれない。
読者の人から反響があるかもしれない。

それらを期待して活動すると、
こなかった時に落胆するだろうけど、
来た時は急に展開が変わるかもしれないからね。

繰り返すようだけども、
継続・定期的・執拗さをキーワードにするといい。
そして大いに活動を楽しんでほしい。

おしまい

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

KIRIN キリン 白樺がくれた天然水 晴れと水 Hare to Mizu

名称:KIRIN キリン 白樺がくれた天然水 晴れと水 Hare to Mizu
採水国:日本
採水地:静岡県駿東郡小山町
硬度・PH:36・7.8
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:8.6mg
カリウム:1.2mg
カルシウム:9.9mg
マグネシウム:2.8mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:キリンビバレッジ株式会社

製造者:丸善食品工業株式会社

味の感想【yooo】
2017年 KIRIN キリンの新作ミネラルウォーター。
5月30日に発売開始。
関東近県のみの地域限定販売らしい。
関東の都県に加え、長野県・山梨県・静岡県・新潟県がエリア。

白樺がくれた天然水とラベルに書いてあるから、
最初白樺の樹液が入っているのかと思ったら、
(白樺樹液ドリンクと言うものが存在する)
白樺の活性炭で濾過した水だそうだ。

製品名の由来は、ミネラルウォータがくれる、
晴れやかな気分をストレートに表現したとの事。
フォントが優しげで気持ちが軽くなる。

ボトルは大容量の550ml入り。
ロングネックで特徴的なフォルムは売り場で目立つ。
水の流れをイメージした曲線の模様も面白い。
気になるのはこの形状で自動販売機に入るのかと言う事。

ボトルの底には【KBC】のロゴ。
キリンビバレッジカンパニーの略。

採水地の静岡県駿東郡小山町は何度も訪れている。
良い水が出るのが当たり前と思える場所も多く、
このような素敵な水が製品として生まれるのは必然と言える。

まだこの製品の製造工場前までは行った事がないから、
今度どんな所か見て来ようと思う。

優しい口当たりと滑らかな舌触りで飲み易い。
クセが無いから誰にでも愛されるだろう。
水に興味が無い人がコンビニやスーパーで購入しても、
大いに楽しめる水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから