水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2200種以上の市販水製品の実飲レポート

2016/031234567891011121314151617181920212223242526272829302016/05

2016年4月21日~23日まで、
九州・中国地方を車で回っていたのだが、
熊本地震で食べる物にすら困っていると言う状況を知り、
どうしても水探しをする気になれなかった。

いつもの私であれば、
ぎりぎりまで時間・体力・気力を使って、
スーパー・ドラッグストア・酒屋・ディスカウントショップ等に入り、
売り場を隈なくチェックするのだが・・・

特に福岡県内のスーパー2~3ヶ所に寄った時、
2Lサイズのミネラルウォーターを殆ど見かけず、
これは趣味で楽しんでいるだけの人間が、
買って帰る訳にはいかないと思った。

山口県に渡った後は、
2Lの製品も沢山見かけたのだが、
一度自粛モードに入ってしまうと、
気持ちをしっかりとリセットしない限りは、
なかなか切りかえる事が出来ないから、
ミネラルウォーターの調査・購入は思い切って中止し、
他の趣味である史跡めぐり・駅めぐりや、
食べた事がないものを食べる事に専念した。

東日本大震災後、
東京の金町浄水場で基準値を超える放射性要素が検出され、
水パニックが襲った時に比べれば、
入手困難度は低いと思うけど、
ミネラルウォーターを買うことができない状況は、
私も実際に体験しているので、大変さがよくわかる。

一秒でも早く事態が良くなる事を願っている。
個人で物資を送るのは迷惑になる可能性があるから、
私は募金や熊本の産物を買う事で応援したいと思う。

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
熊本の地震で亡くなられた方々に謹んで哀悼の意を表するとともに、
被災された方々に心からのお見舞いを申し上げます。

私は東京在住で、
東日本大震災時、大きな揺れを体験しているものの、
家族・親戚・知り合いは1人も犠牲にならなかったし、
物的な被害も0だったから、
熊本地震の報道をみていると、
大変だろうなぁと、心が押しつぶされそうになる。

大きな余震の数もかなり多いみたいだから、
心が落ち着く暇もないだろう。

災害は本当にどうにもならない。
突然全てを奪っていくから。

さて、今回書きたかったのは熊本の『水』について。

熊本県は各地で良質な水が出ていて、
蛇口をひねればミネラルウォーターと言う感じの
キャッチフレーズで水質の良さをアピールしているし、
ミネラルウォーターも多くの銘柄が販売されている

Book Bear ブックベアと言うご当地アイドルが
新幹線で熊本へ』と言う歌の中で、
“天然地下水 この町の宝物”と言う歌詞があるくらい、
熊本と水は切っても切れない関係にある。

NHK ブラタモリでも、
熊本と水の切っても切れない関係を取り上げていた

環境省選定の名水百選平成の名水百選にも、
多数選定されている。

そんな名水たちが、今回の地震でどうなるのか、
とても心配である。
にごり位であれば多少の時間を要するだけだろうが、
水が出なくなったりする事だってある。
東日本大震災後にも例があった。
今度各ミネラルウォーターのメーカーも、
慎重にならざるを得ないだろう。

嘉島町のサントリー熊本工場が操業を停止し、
再開には1ヶ月以上かかる見通しと発表があった。

ただ、御船町の丸富産業(株)が、
敷地内で水を自由に汲めるよう開放しているとの情報が、
twitterに書き込まれたりしているから、
それほど悲観する事はないのかなと思っている。

人間生活の基本である水、
飲むだけではなく、農業等にも使用するから、
水質の変化は大きな影響が出る可能性があるのだ。

今後関連ニュースを注意深く見守っていきたい。

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

おいしい魚沼の水 飲む酸素水

名称:おいしい魚沼の水 飲む酸素水
採水国:日本
採水地:新潟県南魚沼郡湯沢町
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:5.6mg
カリウム:0.4mg
カルシウム:4.5mg
マグネシウム:1mg
その他特筆すべき成分:溶存酸素 充填時120ppm

販売者:記述無し

製造者:株式会社ムラオ

味の感想【yooo】
新潟県南魚沼郡湯沢町は雪が多い場所としても知られる。
自然豊かで素敵な環境化の中で生まれた水は、
衛生管理の厳しい工場にて、
1本1本丁寧にボトリングされる。

最近は水素水が大いに流行っているが、
酸素水もまだまだ健在。
このような機能水は長く飲み続けなければ
効能があったとしても簡単に出る訳が無いのだから、
短くても半年以上は一定本数を飲み続けた方がいいだろう。

酸素水や水素水を飲む時は、
グラスに注いだ後、早く飲まなければと緊張してしまう。

サッパリしていてとても飲み易い。
クセが無いからグイグイ飲むことが出来る。
誰が飲んでも嫌いとは言わないだろうし、
成分から計算すると硬度も低いから、
広く活躍できる水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

KUROSAWA BREWING WATER 黒澤 仕込水

名称:KUROSAWA BREWING WATER 黒澤 仕込水
採水国:日本
採水地:長野県南佐久郡佐久穂町穂積
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
記述無し

販売者:記述無し

製造者:黒澤酒造株式会社

味の感想【yooo】
信州北八ヶ岳山麓 千曲川最上流の蔵元が使っている、
仕込み水をビンにボトリングしたのがこの製品。

このような製品を手に入れる時、現地まで行く事が多い私だが、
東京のイタリアンレストランで購入した。
オーナーか担当者になぜこの水を?と聞きたかったが、
スタッフの方々が忙しそうだったので聞きそびれた。

良い酒のある所に良い水あり!
水はお酒の命である。
その命は質が高いものでなければ成り立たない。
であるから、仕込み水であるこの水は高品質を保っている。

ビンのミネラルウォーターはとても少なくなった。
グラスに注ぐ時のトクトクと言う音は、
ペットボトルと比べものにならない位素敵だし、
直接口をつけて飲んだ時の感触は、
これまた素晴らしいと言わざるを得ない。

滑らかな舌触りで、飲み口が軽く感じた。
クセがなく大変飲み易い味で、
誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう。
黒澤酒造で造られたお酒を飲みながら、
和らぎ水として本製品を考えるのが楽しいが、
飲料水としても十分に楽しめる。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

MUSASHINOUNIVERSITY 武蔵野大学 ミネラルウォーター

名称:MUSASHINOUNIVERSITY 武蔵野大学 ミネラルウォーター
採水国:日本
採水地:北海道亀田郡七飯町字大沼町
硬度・PH:26.4・8.2
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:10.8mg
カリウム:1mg
カルシウム:5.8mg
マグネシウム:2.4mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:記述無し

製造者:株式会社ワッズ

味の感想【yooo】
武蔵野大学2016年グローバル学部開設を記念し、
製造されたオリジナルミネラルウォーター。

採水地の七飯町を訪れた経験は無い。
採水地を訪れる事は私にとってとても重要な事で、
工場見学は出来ないまでも、
その地の雰囲気を知っておくと、
水に対する愛情と理解度が高まるのだ。
いつか必ず行く。

なぜ武蔵野大学が北海道の水を選んだのか知りたい。
創始者である高楠順次郎博士は広島出身であるし、
北海道に縁があった事は無いと思うのだが・・・
製造者である(株)ワッズの営業成果なのか、
関係者がこの水を気に入っていたからなのか、
それとも価格等の条件があったからなのか。

サッパリしていてとても飲み易い。
クセが無いからぐいぐい飲めてしまう。
硬度が低いからどんな場面でも活躍できるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

奥伊勢 香肌郷 硬水 心清水 こころきよみず

名称:奥伊勢 香肌郷 硬水 心清水 こころきよみず
採水国:日本
採水地:三重県松坂市飯高町森
硬度・PH:180~340・7.3~8.2
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:4.3~6.5mg
カリウム:1.1~2.1mg
カルシウム:63.6~119.3mg
マグネシウム:5.6~10.5mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:株式会社青葉

製造者:記述無し

味の感想【yooo】
三重県奥伊勢大台山系台高山脈に降った雪や雨が、
大地に浸透していくうちに磨かれ、
清らかな水として生まれ湧き出した原水を、
衛生管理の厳しい工場にて、
1本1本丁寧にこだわりを持ってボトリングしたのがこの製品。

成分表示に幅を持たせているのが良心的だと思う。
季節による変動等、自然のものが一定の数値である訳がないから、
今まで何回か計測した最小と最大を記しているのだろう。

販売店舗がホームページに書かれているのがうれしい。
実店舗で買いたいという私みたいな人間もいるだろうから、
情報を開示してくれると探す苦労が省けて便利だ。

国産製品の中では硬度が高めだが、
普段飲む水に比べ何か入っているな感はあるものの、
クセとは感じず風味として捉えることができ、飲みやすい。
私が硬水を苦にしないタイプだからかもしれないが、
大変美味しくいただく事ができた。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

Hotto Motto ほっともっと 天然水 富山県産

名称:Hotto Motto ほっともっと 天然水 富山県産
採水国:日本
採水地:富山県富山市婦中町千里
硬度・PH:18・7.3
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:10mg
カリウム:1.1mg
カルシウム:4.9mg
マグネシウム:1.5mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:株式会社プレナス

製造者:記述無し

味の感想【yooo】
北アルプスの山々に降った雪や雨が、
地に浸透するうちに磨かれ、
質の高い水として生まれ変わる。
その原水を1本1本丁寧にボトリングしたのがこの製品。

Hotto Mottoは以前大分県産の水を採用し、
続いて山梨県産に変わった。
今回富山県産に変わったのは何か理由があるのだろうか?
まだ日本全国の店舗で富山県産が売られているかどうか、
そこら辺はチェックしていないが、
機会がある毎に店舗を回って調べてみようと思う。

採水地の富山市婦中町千里を訪れた経験がある。
製造者は書かれていないが、その工場前まで行って来た。
自然が残る良い雰囲気で、心地良い場所だった。

お弁当と一緒に飲むには最適の水だと思う。
スッキリしていてクセが無いから、
お弁当の風味を邪魔しない。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

深層水素水 Cellcia セルシア

名称:深層水素水 Cellcia セルシア
採水国:日本
採水地:岡山県和気郡和気町
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:24mg
カリウム:0.2mg
カルシウム:20mg
マグネシウム:0.4mg
溶存水素量:0.7ppm~1.5ppm
酸化還元電位:-500mv~-600mv

販売者:株式会社ウエイク

製造者:記述無し

味の感想【yooo】
中国山地南東部に位置する岡山県和気郡和気町の、
1億年以上前の地層深く(地下1000m)、
大気に触れる事のない無菌の状態で、
長い年月をかけて濾過された天然水を使用している。

その原水に独自の技術で水素を添加している。
4層アルミパウチで長期間水素を逃がさない。



販売者情報は書いてあったが、
製造者情報は書いてなかった。
ストリートビューで住所を調べると自然の多い地域であるから、
もしかすると製造販売が同じ会社なのかも。

前から機能水については思う事を書いているけど、
薬ではないから、1本2本飲んだ所で何も起こらない。
もし効能を期待するなら長期間飲まなければならないだろう。
私自身は効能など気にして飲まないから、
純粋にミネラルウォーターとして楽しむだけ。

水素は逃げ易い。
封を空ける前は逃げないかもしれないが、
空けた瞬間ぱっと消えてしまったりはしないのだろうか?
毎回グラスに注いで飲むから、気が気ではないのだ。

滑らかな舌触りで、すっと身体に入っていく感じ。
クセがなくて誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう。
1本あたりの価格が結構高いから、
飲み続けるには信じる心とある程度のお金が必要である。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから