水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2200種以上の市販水製品の実飲レポート

2015/031234567891011121314151617181920212223242526272829302015/05

このエントリーをはてなブックマークに追加

Diseney AEON 富士山の天然水



名称:Diseney AEON 富士山の天然水
    ディズニー イオン 
採水国:日本
採水地:山梨県富士吉田市新屋
硬度・PH:26・8.1
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:4.9mg
カリウム:0.7mg
カルシウム:6.8mg
マグネシウム:2.3mg
その他特筆すべき成分:バナジウム32μg

味の感想【yooo】
この製品はディズニー・イオンのコラボで、
イオン系列スーパーの自動販売機にて売られていた。
TOPVALU トップバリュのミネラルウォーターも、
東日本バージョンは山梨県富士吉田市産。

ボトルの形状を見た瞬間に、
“あ、山梨県の水だ!”と気づく人もいるだろう。

富士吉田市にはもう50回以上訪れた経験がある。
水を知りみずで楽しむにはとても良い場所で、
名水を使った食べ物や、水に関する名所も多い。

バナジウムは高血圧や糖尿に良いとされるが、
効能を信じ過ぎるのは良くないと思う。
薬ではないから劇的な効果が得られる訳ではないし、
個人差もあるから全く聞かない人だって沢山いるだろう。
“効けばいいなぁ”程度の気持ちで、
気軽に長く飲み続けるのが一番だと思う。
水故に副作用が無いし、安価だから続け易いし。

サッパリしていて飲み易い。
スーパーで買い物ついでに購入した人も、
この製品を求めてスーパーに行った人も楽しめる。
硬度が低めだから活躍の場は広いだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
5月の後半に本業での北陸出張がある。
基本的に私の出張はいつも金曜日~土曜日である事が多く、
最終日の土曜日は飛行機の時間まで自由である。

北陸は久し振りだからとても楽しみだ。

大体のコースは以下のような感じになる。



1日目:羽田空港→小松空港→能登地方→高岡市にて宿泊。
2日目:高岡市→富山市→魚津市で宿泊。
3日目:魚津市→黒部市→入善町→富山空港。

私はいつも旅立つ前にかなりの情報収集をする。
道や食事スポットは勿論だが、
ミネラルウォーターの販売場所には特に気を使う。
立ち寄れる場所であれば立ち寄り、
現地で直接購入したいからである。

その為には製造者・販売者への問い合わせが欠かせない。

販売店はどこか?
工場に行ったら直接購入する事ができるのか?
そう言う事を個人情報をしっかりと伝えた上で、
問い合わせメールを入れてみる。

返答が無くても気にしない。
自分で彼方此方動き回ればいいだけだから。

それでもやはり確実な情報を得たいから、
気にはしないが期待はしてしまう。

そして、大概は返答が来る。
テンプレートではなく丁寧な内容で。

感動するね。

そこら辺にいる水が好きと言うだけのオッサンに、
色々調べてくれるのだから。
それが仕事と言ってしまえばそれまでだけど、
やはり嬉しいものだよ。

富山ミネラルウォーター情報も3社に問い合わせたけど、
回答率は100%で、満足度も100%だった。

現地から戻ってからも書くだろうけど、
その3社の事をちょっとだけ宣伝しておこう。

株式会社スマートフォレスト【さらら】

NPO法人黒部まちづくり協議会【黒部そのまま天然水】

五洲薬品株式会社【富山の上質な水】

皆さんも富山に行った際は是非手に入れてみて下さいな。



TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加


PURE WATER ピュアウォーター 山中湖



名称:PURE WATER ピュアウォーター
採水国:日本
採水地:山梨県南都留郡山中湖村
硬度・PH:51・7.4
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:4.2mg
カリウム:1.5mg
カルシウム:13mg
マグネシウム:4.7mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
実は以前アメリカの水を使った、
同じ製品名・ラベルのものを紹介した事がある。
今回紹介するものは山梨県産なのだが、
売り場で製品ラベルを見た時に、
“あれ?山梨県産だったっけな?”と思い、
違和感を頼りに購入し帰宅後チェックしてみたら、
案の定新種だったと言うエピソードがある。
気づいた自分を褒めたい。

富士山の麓山中湖村は、
環境庁は名水百選にも選ばれた清澄な水が豊富な地。
幾層もの溶岩の間を何十年もかけて濾過された水。

採水地の山中湖村には何十回も訪れている。
私の住む東京からは丁度良い距離にあり、
ミネラルウォーター以外でも大いに楽しめる。
富士山の存在をドーンと強く感じる場所で、
何度訪れても飽きる事がない。

ラベルに水事態の説明が無いのは残念。
少しでも水の事を知ってもらいたいのであれば、
数行でもいいから書いて欲しいなぁと思う。
スペース的な制約が厳しいのはわかるけどね。

サッパリしていてとても飲み易い。
クセが無いから誰からも愛されるだろう。
どんな場面でも活躍できる水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
株式会社クリーン・アクア・ビバレッジ 前編はこちらから

株式会社クリーン・アクア・ビバレッジ 中編はこちらから

いよいよ待ち望んでいた日がやって来た。

普段家にいる時よりも早めに眠り、
睡眠時間も長めに取った私は、
気力体力ともに充実した状態で朝を迎えた。

さっと起きて洗顔・髭剃り・歯磨き等を済ませ、
ダラダラする事無くチェックアウト!
ホテルを後にした。

工場見学の待ち合わせ時間は午前9時で、
都城市からクリーン・アクア・ビバレッジの工場までは、
大体1時間ほどかかると言う事で、
出発したのは7時。

早すぎるだろうと思う人もいるだろうが、
直接目的地に行く事が殆どない私は、
彼方此方フラフラ見ながら行く為早く出発するのだ。

とは言う物の、7時に出発してもコンビニ位しか開いておらず、
結局24時間のスーパー1件しか寄る事ができなかった。

工場前に着いたのは8時半頃。

小林駅2

小林駅1

まずは周囲をウロウロ走りながら、
どのような環境なのかをチェック。
余った時間は駅見学にあてた。



工場は駅から歩いても行く事ができる距離で、
車なら3~4分位かな。

9時10分前、工場敷地内に車を入れ、建物内に入ると、
メールのやり取りをしていたOさんが出てきて下さり、
挨拶を交わした後、会議室に案内された。

とても清潔な空間で、
廊下や壁も綺麗で嬉しくなった。
水の工場はこうでなくちゃ!

細野の天然水 会議室

会議室に入った時、1本製品を頂いた。
製造した所で飲む製品・・・なんて贅沢なんだろう。
一人心の中で感動していたよ。

雑談を交えつつ、製品の説明を受けたのだけど、
Oさんは若いながらかなりの知識があって、
こちらからの妙な質問にも丁寧に答えてくれたのが嬉しかった。
的確にアピールポイントを伝える力があって、
しかもソフトな応対が出来ていた。
オッサン感心してしまったよ。

ちなみに(株)クリーン・アクア・ビバレッジは、
元々焼酎製造の会社(本坊酒造)だった。
焼酎造りに使われていた仕込み水を、
飲料水として製品化したものが
オリジナルの【細野の天然水】であり、
ファミリーマートのPB製品として世に出ている、
ファミマの天然水 -霧島-】なのである。

ちなみに、本体である本坊酒造株式会社の他に、
株式会社ファミリーマート
株式会社南九州ファミリーマート
伊藤忠商事株式会社等が出資している。

会議室で話をした後は工場内へ。

白衣・マスク・帽子等でしっかりガード。
手を洗ってアルコール消毒の後、
風でほこりを落とし製造現場の中へ!
当たり前の事だけども、
それすらできていない工場があるからね。

製造現場でもOさんの解説はよどみが無く聞き易かった。
こちらからの質問にもビシッと答えが返ってきて、
楽しい時間を過ごす事ができた。

土曜日と言う事で稼動はしていなかったけど、
他の工場との違いを色々考えつつ、
内部を見て回るのはとても楽しく、時間を忘れた。

途中他のスタッフと顔を合わせる事があったけども、
きっちり挨拶をしてくれたし、
なんて気持ちの良い会社だろうと言う印象を受けた。

そんなこんなで製造現場の見学が終わり、
再び会議室で少し会話をした後、
最後は工場建物外にある井戸を見学した。

クリーン・アクア・ビバレッジ井戸1

昭和52年から自噴し続ける宝の水。
採水地まで行ったりする機会が多い私でも、
なかなか原水を飲む事が出来る機会は少ない。
貴重な体験をさせて下さった事に感謝感謝である。

クリーン・アクア・ビバレッジ井戸2

原水は製品よりも味があって深い感じがしたが、
迂闊にも製品を持ってくるのを忘れ、
比較できなかったのが残念だった。

井戸の見学と試飲で全ての工程が終わり、
一度建物内に戻った後、Oさんと挨拶を交わし工場を後にした。

工場を見学し、とてもいい印象を抱いた私は、
今後自信を持ってオススメできる水の中に、
(株)クリーン・アクア・ビバレッジが製造している製品の
ラインナップを加えるだろう。

チョウザメ刺身

そうそう、雑談の中でOさんにチョウザメの話をしたら、
何と刺身を食べる事のできる情報を教えてくれた。
勿論行って食べてきた。
思ったよりも癖は無く、私には何の問題も無く食べられた。
皮の食感が独特かな。
淡白な感じだから調理したほうが合うかもしれないね。

工場見学とチョウザメの刺身を小林市で堪能した私は、
青島神社で御参りをし、宮崎空港から羽田空港に帰ってきた。

仕事も含めて充実した3日間だったなぁ。

九州に行く機会は年に数回必ずあるから、
また何か企画して楽しもう。

最後に、改めて御礼を。
水好きではあるけど、素人のオッサンを歓迎してくださった、
(株)クリーン・アクア・ビバレッジのOさん、
本当にありがとうございました。

おしまい

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
株式会社クリーン・アクア・ビバレッジ 前編はこちらから

前編から直ぐに工場見学の事を書いても良かったのだけど、
ミネラルウォーターの話題とは少し離れる
中編を挟んでもいいかなと思い書いてみた。

工場見学までの行程は結構きつかった。
自分で工程を決めているから自業自得ではあるのだが、
羽田空港→福岡空港(ここからレンタカー)→うきは市
→久留米市ウロウロ→鹿児島市で宿泊。

朝3時起きで福岡県内でしっかり仕事をした後に、
鹿児島県に向かうのはやはり厳しい。
しかもこの日は天候が安定せず、
途中何度も強い雨に降られてしまったし。

それでも私はPCの前に座っているよりは好きだし、
結局は同じような行程をまた計画してしまうのだろう。

2日目は比較的緩く、
鹿児島市内数ヶ所で仕事をした後、
宿泊地である宮崎県都城市まで行っただけ。

都城市で宿泊するのは初めてだったが、
通るのは初めてではなかった。
前に志布志を訪れた帰りに、
“ちょっと宮崎県に入っておくか”と言う軽い気持ちが生まれ、
ルートを変更して走ったのだ。

私には旅をする時妙なクセがあって、
“この先泊まる事は無いだろう所に泊まりたい”と言う願望がある。
その意味で今回の都城は大都市過ぎた。
もっと小さな都市に泊まればよかったなぁ。
それでも都城に泊まった経験値は増えたし、
ある程度の規模がある都市だからこそ、
スーパー等の店が多いのはありがたかった。

鬼のように店舗を回り、ミネラルウォーターの新種と、
どのような製品が売られているか、
地元で地元の水が売られているかをチェックした。

都城市に入ってスーパー巡りをし思ったのは、
“比較的宮崎県産の製品が売られている”と言う事。
全国を回ってチェックしていると、
地元の水が全く売られていない、
酷い状況に悲しくなる事があるが、
都城市では“いいぞいいぞ”と喜ぶ事が多かった。

ミネラルウォーター探しの他に、
都城市で1つだけやっておきたい事があった。
それは、チョウザメを食べる事である。
出来れば刺身で。

福岡県の取引先を訪れた際、
社長から“都城ではチョウザメの刺身が食べられるみたいだぞ”と言う、
素晴らしい情報が頂けたからだ。

カレー倶楽部ルウ1

ipadで検索してみたが、刺身を食べられる店が見つからず、
結局チキン南蛮ならぬチョウザメ南蛮カレーが食べられる店に行った。

カレー倶楽部ルウ】と言う店。

カレー倶楽部ルウ3

芸能人のサインが所狭しと壁に貼られていたから、
有名店なんだろうね。

カレー倶楽部ルウ2

肝心のチョウザメ南蛮カレーはと言うと、
美味しかった事は美味しかったのだが、
甘酢とタルタルの強い味で、
チョウザメ自体の味が殆どわからなかったのが残念。
身はしっかりしていてクセは全く無かった位かな、
わかった事と言えば。

そんなこんなで2日目は終わり、
ホテルでしっかり休息をとり、
最終日の工場見学に臨んだ。

いよいよだ!

株式会社クリーン・アクア・ビバレッジ 後編はこちらから

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
宮崎県小林市には一度行かなければならないと、
長い間考えていた。
私にとっては聖地の一つとして認定してもいい場所で、
(聖地が多過ぎる感は否めないが)
一体どのような所なのか、雰囲気だけでも確かめたかった。

鹿児島県まで行く機会は何度もあって、
その度、無理矢理にでも小林市を訪れようか考えつつも、
結局は行かずじまいだった。

2015年になってからすぐ、
3月の終わりか4月の頭辺りで九州出張に行く必要があり、
どのようなコースで回るか考えていた時、
“最終日は是が非でも小林に!”と決め、
(いつも最終日は土曜日で自由になる)
2泊3日の行程内2日目の宿泊地を
小林市に近い宮崎県の都城市に設定した。

本当は小林市で泊まりたかったが、
私の利用しているサイトでは泊まれる所がなかったのだ。

小林市に行ける事が、
仕事が忙しい1月から3月の期間での
“乗り切れば小林に”と言う励みになった。

ファミリーマート 【霧島の天然水】 リニューアル

水と花のふるさと 細野の天然水

どうしても見ておきたい所は決まっていた。
株式会社クリーン・アクア・ビバレッジである。
ファミリーマートのオリジナルミネラルウォーターである、
【霧島の天然水】を製造している会社で、
何度もストリートビューで周辺を見てはいたけども、
実際に訪れて雰囲気だけでも味わいたかった。

工場周辺の雰囲気を確かめておきたいと言う事の他に、
私にはやっておきたい事があった。
それは、産地で買うと言う事。

その地で生産された製品をその地で買う。
工場で生産された製品を工場で買う。
そんな贅沢が他にあるだろうか?と思うくらい、
私にとっては素晴らしい事なのだが、
皆さんにとっては???なのかもしれない。

工場で製品を買えるかどうかを問い合わせるには、
直接会社に連絡するしか無い。
お問い合わせのページから思いをぶつけてみた。
勿論こちらの個人情報を全て伝えた上で。

直ぐに返答が送られて来た。
テンプレートではない、丁寧な文章で。
そして何と工場見学に誘って頂けたではないか!!

嬉しかったなぁ。
小林市を訪れるだけでもテンションが上がるのに、
工場見学までできるのだから。

こちらからも御礼を伝えつつ、
宜しくお願いしますと伝えた。

このブログを始めた2005年から数年は、
ミネラルウォーターの新種を買い集め、
書く事だけを我武者羅に続けてきた。

その内段々とそれでは物足りなくなってきた。

元々好きになると一直線になるタイプだから、
現地で手に入れたいとも考えるようになったのだ。

そして更には現地で手に入れるのは当たり前!
可能ならば工場で直接買いたいと言う欲望が強くなった。

勿論、工場見学は簡単にさせてくれる訳がない。
私は水業界にいる人間でも、
マスコミの関係者でもない、
少しだけ水に詳しく、激しく水好きなだけの、
そこら辺のオッサンだからだ。

それでもブログを読んで下さっている方がいたりして、
特別に見せていただける機会がある。
やはりそういう時は“続けて来て良かったなぁ”と思う。

これからも可能な限り時間・体力・気力・お金を使い、
現場主義を貫いていくつもりだ。

中編に続く

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

飛騨のさるぼぼ天然水 3

飛騨のさるぼぼ天然水 2



名称:飛騨のさるぼぼ天然水
採水国:日本
採水地:岐阜県高山市国府町
硬度・PH:47・7.5
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:5.7mg
カリウム:0.7mg
カルシウム:14mg
マグネシウム:3.1mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
北アルプスに降った雪や雨が地に浸透し、
長い年月をかけて磨かれ湧き出した原水を、
衛生環境の整った工場にてボトリングしたのがこの製品。

工場敷地内にある深さ約200mの井戸が水源になっている。
つまり採水した場所で即ボトリングされる。
劣化する可能性が減るため、消費者に新鮮を提供可能。

さるぼぼとは飛騨地方の言葉で猿の赤ちゃんと言う意味である。
災いが去る(猿)、家内円(猿)満になると言われ、
縁起物の人形として昔から作られていて、
今でも勿論土産物屋等で買う事ができる。

製造者は喜多嘉和(株)
本製品以外にも沢山の製品を世に出している。

まだ採水地である高山市周辺は訪れた経験が無いから、
いつか行きたいなぁと考えている。
工場見学や採水井戸が見学できなかったとしても、
採水地を訪問する事で、
水への愛情・理解度が大いに高まるから、
皆にもオススメしたい。

スッキリしていて後味も良く、大変飲み易い。
クセがないから誰からも愛されるだろう。
日常使いに向く水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから