水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2014/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312015/02

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットで求人サイトを見、
検索欄に【ミネラルウォーター】と入れると、
何件かの募集が表示される。

そう言う所までチェックしていると、
なにやら変態レベルまで到達してしまっている気がするが、
人員を募集していると言う事は、
少なくとも稼動している訳だし、
時給から計算する賃金を払うことが出来る体力があるという事。
そう言う事を簡単に知る目安となるから、
定期的なチェックをしている。

そうやってチェックしていると、
土日だけなら通えるんじゃないか?と思えるような場所で
募集をかけている企業があったりする。

働きたくなってしまう。

いつでも活動資金不足に悩んではいるものの、
お金が欲しくてバイトがしたいと言っている訳ではない。

現場を体験したいのだ。

製造側の視点でミネラルウォーターを見てみたい。

いつか実現できたらいいな。

いや、バイトじゃなくてもいい。
土日の2日位だったら体験・無給でもかまわない。
フォークリフトの免許もあるし、
大型・大型特殊の免許もある。
いつかどこかで実現できたら最高だなぁ。

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近始めたSNS tsū(スー)で、
意識的にミネラルウォーターの情報を流しているし、
せっせとハッシュタグもつけている。

だが、今日気づいた。

私以外にMinerarlwaterのハッシュタグ(#)を付けている人がいないのだ

tsū(スー)はまだ日本語に対応していないけど、
日本人の利用者が結構増えていると言う情報はあるのに、
私以外にいないのは残念だなぁ。

文中でミネラルウォーターには触れているけど、
ハッシュタグをつけていないだけかな?

いつも思うけど、
情報の拡散は無料で出来る事から始めるのが一番。
SNSやブログは必須だと考えている。
メジャーなTwitterやFacebookが優先されるのはわかるけど、
少しでも多くの情報を流し、知名度を上げていけるよう、
努力していく事も重要だと思うんだよなぁ。

私は商売でミネラルウォーターをやっている訳ではないけど、
1人でも多くの人が水に興味を持ち、
将来的には資源としての水を考えてもらえるよう、
私なりのペースで彼方此方に、
ミネラルウォーターの情報を書いていくしかないな。

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

第15回入善ラーメンまつり(北日本新聞社共催)が、
2月21、22の両日に入善町で開かれる。
当日はメーン会場となるうるおい館前特設会場に
全国の有名店が集結する予定で、
主管する町商工会青年部(廣川範樹部長)が準備を進めている。

ソース:北日本新聞

入善と言えば水!
入善と言えばミネラルウォーター!
数多くの製品が世に出ている。

こう言うイベントの時には、
外から来る人も多いだろうから、
是非地元のミネラルウォーターをさりげなく売ったり、
提供したりして“水の入善”をアピールして欲しいな。

私にとって入善は聖地の一つ。
実際に訪れた経験もある。

訪れた時は急ぎ足で回っただけだったから、
次に行った時はしっかり水関連を見て回り、
楽しみたいと考えている。

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

前橋の天然水 アカギノメグミ



名称:前橋の天然水 アカギノメグミ
採水国:日本
採水地:群馬県前橋市金丸
硬度・PH:36・7.6
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:5.4mg
カリウム:1.4mg
カルシウム:11.7mg
マグネシウム:1.4mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:群馬県卸酒販

製造者:記述無し

監修:前橋市水道局

味の感想【yooo】
前橋市水道局が管理する、
赤城山中腹にある金丸2号水源の地下200メートルから
原水をくみ上げ、衛生管理の厳しい工場にて、
1本1本丁寧にボトリングされて出来たのが本製品。

前橋市には何度も訪れた事があるけど、
採水地である赤城山付近には行ったことがないから、
雪の無い季節に訪れ、どのような所か見てこよう。

硬度が低めだから活躍の場は広い。
そのまま飲んだり、調理に使ったり、
お茶やコーヒーを淹れたり、
お酒の割り水に使うのもいいだろう。
赤ちゃんのミルクや離乳食、ペットにも問題ないと思う。

前橋市民はこのような質の高い水があることを、
誇りに思っていいと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

前橋の天然水 アカギノメグミ 20161113

2016年11月 再入手したから載せておく。
ラベル・成分共に変わった点は無い。

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

FOODEX JAPANとは、
毎年3月1週目の火曜日~金曜日に、
幕張メッセにて開催される大きな食の展示会である。

今回はFOODEX JAPANの注意事項を書いてみる。
今年に限った事ではなく、
毎年の事だから覚えておくといいかもしれない。

服装は商談の場である事を忘れずに

業界によって様々ではあるが、
スーツ縛りではないが、カジュアルすぎるのはNGだと思う。
基本的には商談の場であるから。

ただ、会場では普段着の人も見かける。
(その人たちはビジターかも)

春が近いとは言え、まだ3月の初旬だから、
結構な厚着をしてくる人も多いだろう。
だがしかし会場は暑い。
上着を脱いだら軽めの服装と言うのが理想かも。

靴は履きやすい物で

会場は馬鹿でかい。
気合を入れて全て見てやる!!と言う人は、
なるべく歩き易い靴を履いてきた方がいいと思う。

特定のブースのみ訪れ、
直ぐに帰ると言う人はその限りではない。

名刺を用意する事

何度も書いている通り、基本的には商談の場である。
サンプルを頂くのに名刺がないと失礼になるし、
そもそも会場入りする時に2枚必ず必要になるから、
名刺を持っていない人は何でもいいから用意する事。

例えば個人の料理研究科でも何でも構わない。

帰る時は閉会ギリギリは避ける

当然の事だが、会場は混雑している。
海浜幕張駅は大きな駅ではあるが、
閉会直後はかなり混雑する。
早めに帰る事も快適にFOODEXを楽しむコツになる。

御礼は忘れずに

サンプルを頂いた後は、
礼儀としてお礼のメールを入れた方がいいと思う。
今後その会社の人と交流をしたいのであれば絶対に。
商品の感想を添えると尚良いだろう。

サンプルを沢山頂こうと考えている人は大きなかばんを

気合を入れてサンプルを求めれば、
結構な数が手に入る。
会場で袋を配っているから、それに入れればいいのだが、
持ち帰る時にきついと思う。
会場から宅配で送れるサービスもあるが、
持って帰りたいと言う人は、
持ちやすいバッグを持参するのがいいだろう。

以上かな。

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

FOODEX JAPANとは、
毎年3月1週目の火曜日~金曜日に、
幕張メッセにて開催される大きな食の展示会である。
http://www3.jma.or.jp/foodex/ja/index.html

国内企業・自治体は勿論、
海外からも多数の企業や国が参加する。

様々な食材・製品が並び、
サンプルを貰おうと思えば沢山貰えるから人気だけども、
食品関係に携わる企業の商談会場の意味合いもあるから、
基本的には一般人NG。
しかし例外として5000円払えばビジターとして参加は可能。
(招待券を持っていないと入れない)

私もミネラルウォーターを求めて毎年参加していたけど、
最近は水業界の勢いがあまり感じられず、
いつも同じ製品しか出展して来ないから、
昨年はわざわざ半休を取って行く価値を見出せず、
ついに連続参加が途切れてしまった。

今年も興味はあるものの、
参加しよう!と言う強い意志は生まれてきていない。
ただ、仕事で上手い具合に空き時間が作れれば、
行く可能性が全く無い訳ではない。

続く

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

ミネラルウォーターはこんなに種類があって、
滅茶苦茶魅力的で、
水にはとんでもない価値があるんだよ!

って事を皆に伝えたくて、
ブログを中心に色々体験した事を書いてきた私。

水の為なら時間・体力・気力・お金を使う事など
何でもないと思っている。
それをやっていて自分が一番楽しんでいるのだけど。

私のブログやSNSの書き込みをみて、
1人でも多くの人が今よりも水に興味を持ち、
将来的には日本の水(資源としての価値)を考えてくれるといいなと、
本気で考えている。

だからもっともっと伝えたいのだ。

ブログは基本活動だから、
このままのスタイルで続けていくとして、
その他に何を使って伝えるかが課題になっている。

ブログ以外は効率も考えたいから。

SNSはTwitter・Facebook・tsūを中心に、
Instagram・Google+も軽く使っている。
youtubeも。

Twittetは文字制限が辛いから、
それ程激しくは活用していない。

今一番書き込んでいるのはFacebookで、
次は新興勢力のtsū(スー)かな。

フォロワーの数ばかりふやしてもしょうがないけど、
あまりにも少ないと見てもらえる可能性がなくなるから、
やはりある程度は増やしていかなければならない。
その為の努力が意外とキツイのだが、
そこは乗り越えないとどうにもならない。

ブログと違ってSNSはすぐに反応が返って来たりするし、
こちらもそれに対応し易いから、
やはり今の所情報を拡散するには一番なのかもね。
質問や疑問を聞かれると、すぐに返答できるから。

これからも自分が体験した事、
気になる事をどんどん書いていきつつ、
活動を通じて私自身も活きた情報を得、
更に高めていけたらいいなと考えている。

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加


大地の天茶水



名称:大地の天茶水
採水国:日本
採水地:北海道亀田郡七飯町
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:10.8mg
カリウム:1mg
カルシウム:5.8mg
マグネシウム:2.4mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
北海道 七飯町の横津岳に降った雪や雨が、
ゆっくりゆっくり時間をかけて大地に浸透する内に磨かれ、
清らかな水になって湧き出す。
その原水を衛生管理が行き届いた工場で、
丁寧にボトリングしたのがこの製品である。

実は採水地の七飯町は、それ程降水量が多くない。
だが安定した水が採れる なぜか?
豊かな自然が存在し、広葉樹・針葉樹が沢山あり、
降った雨を無駄なく地に送りこんでいるからだ。
豊かな自然が豊かな水を生んでいるのである。

北海道にはかなりの回数訪れた経験があるのだが、
その殆どがミネラルウォーターに興味が出る前だったから、
採水地付近にも訪れた経験があるものの、
水関連の場所を回った訳ではないから、
いつかまたじっくり時間をかけて楽しみたいと考えている。

硬度が記されていなかったから計算してみよう。
5.8×2.5+2.4×4.1=24.34となる。

サッパリしていてとても飲み易い。
クセがないから誰にでも愛されるだろう。
硬度が高くないから活躍の場は広いと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
[大地の天茶水]の続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

そらり



名称:そらり
採水国:日本
採水地:岡山県総社市
硬度・PH:21・6.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:5.2mg
カリウム:0.32mg
カルシウム:6.6mg
マグネシウム:1.9mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
高梁川(高梁~総社)沿線の水域で採れた地下水を、
衛生管理の厳しい工場にてフィルターで濾過し、
非加熱でボトリングしたのがこの製品である。

高梁市は1度訪れた経験があるのだが、
その頃はミネラルウォーターに興味がなかった時期だから、
観光だけをして帰って来てしまった。
次に訪れた時はしっかり水関係のエリアを見て回りたい。

余り見ない珍しい形のボトル。
ペコペコ柔らかく、強く握ると水がこぼれる可能性もある。

ラベルの字がかなり小さい。
ラベルの文字は読んで貰うためにあると思うのだが、
これでは視力的に読む事ができない人もいるだろう。

舌触りが優しくとても飲み易い水。
クセがないから誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう。
どんな場面でも活躍できる水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

何度か同じような話題で書いた事があるが、
とても重要な事だと考えている為、また書いてみる。

このブログを読んで下さっている方は意外と多い。
ミネラルウォーターの製品に関心があり、
調べた結果たどり着くようだ。
ありがたい事だと心から思う。

何しろ私の願いと言うか望みは壮大で、
このブログを読んでくださった方が、
今より少しでも水に関心を持ち、
将来的には日本の水資源の事を考えてくれるような
人間になって欲しいと思っている。

だから私は情報を拡散したい。
もっともっと多くの人に関心を持ってもらいたい。

勿論それは私のブログでなくてもいいのだが、
私は私で頑張って行きたいのだ。
誰に頼まれた訳でもないのだけど。

ブログの他に力を入れて行きたいのがSNSだ。
Twitter Facebookは既に年単位で続けている。
最近はFacebookの方に随分投稿をしている。
Twitteは140文字の制限が私には短すぎるのだ。
他にもInstagramGoogle+も使っている。

あとは最近報酬が得られるSNSとして、
会員数を伸ばしている tsū スー に注目し、
早速アカウントを取り、活用している。

成熟したTwitterやFacebookと違い、
これから会員数が爆発的に伸びる可能性もあるから、
日本語バージョンの無い今から使い方や
フォロワー等を増やしておけば使えるかなと考えた。

英語バージョンのみだが、
登録や使用方法は直ぐにおぼえられる。

それらSNSに日常の話題も書きつつ、
さり気なくミネラルウォーターの情報を流し、
少しずつ関心を持ってくれる方々を見つけている。

とにかく大手製品以外は知名度が無い。
中小製品でもメジャー化しつつあるものもあるが、
失礼ながら大半は殆どの人が知らないものばかり。
その知名度アップに貢献できたらいいなと考えている。

毎日のように投稿をし続ける事が重要で、
大変な面もあるけど、書くこと自体は苦にはならないから、
これからもSNSを活用しつつ、
水業界・資源としての水への関心を高めていきたい。

ちなみに私、本業は全く水業界と関係ない。
水への関心が高まっても1円にもならないが、
このような活動はお金ではないのだ。
より一層激しく続けていくつもりだ。

おしまい

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

激 激烈炭酸 高圧炭酸水



名称:激 激烈炭酸 高圧炭酸水
製造国:日本
製造地:広島県福山市
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸有り
成分(/1000mL)
ナトリウム:0mg

製造者:齋藤飲料工業株式会社

販売者:記述無し

味の感想【yooo】
大失態!炭酸が抜けていくのを恐れるあまり、
静止画の撮影を忘れてしまった。
飲んだ後の撮影で申し訳ない。

前から1度飲んでみたかった製品。
製造している福山市ではないが、
広島県内でキッチリ手に入れてきた。

ラベルの【激】と言う文字が、
炭酸の強さを物語っているようで、
飲む前からワクワクしていた。
この製品のように何かに特化するのは面白いと思う。

ひとえに炭酸水と言っても種類がある。
ザックリと分けて説明してみよう。
天然の炭酸水
天然水+炭酸の添加
純水+炭酸の添加
優劣は別に無いと思うから、好みに応じて購入すればいい。
この製品は純水+炭酸の添加製品になる。

炭酸水はやはりビンだと思う。
ペットボトルだとどうしても抜けていくからね。

栓を開けた瞬間、プシュっと言う音と共に、
激しい勢いで水が飛び出してきた。
流石【激】と名付けるだけある。

炭酸は確かにかなり強い。
グイっと飲むとその刺激がビリビリきつい。
だがそれがいい。
それが楽しい。
気に入った!今度ケースで買おうかな。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

激 激烈炭酸 高圧炭酸水 20161223

2016年12月 再入手したから載せておく。
ラベル・成分の変化は無い。

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
[激 激烈炭酸 高圧炭酸水]の続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

star select Sparkling Water 佐賀県天山山系天然水使用



名称:star select Sparkling Water 佐賀県天山山系天然水使用
採水国:日本
採水地:佐賀県小城市小城町
硬度・PH:約35・記述無し
炭酸の有無:炭酸有り
成分(/1000mL)
ナトリウム:8~14mg
カルシウム:5~15mg
マグネシウム:1~5mg
その他特筆すべき成分:特に無し

製造者:株式会社友桝飲料 小城工場

味の感想【yooo】
原水は環境省選定の名水百選にも選ばれている
清水川の水である。
地域住民の暮らしを昔から支えてきた名水で、
5月下旬から6月にかけて蛍の乱舞が見られる。

天然水に炭酸を添加しただけ。
最近このような製品が増えている。

ひとえに炭酸水と言っても種類がある。
ザックリと分けて説明してみよう。
天然の炭酸水
天然水+炭酸の添加
純水+炭酸の添加
優劣は別に無いと思うから、好みに応じて購入すればいい。

採水地である小城市にはまだ行った事が無くて、
いつか行ってみたいとは思っているものの、
佐賀県自体に行く機会がナカナカない。
鳥栖は高速を走っていると通り過ぎるが、
他の地域はそれすらないから、
いつか計画をきちんと立てて楽しみたい。

炭酸は意外と強くてピリピリした刺激が心地良い。
後味がスッキリしていてクセがなく、
炭酸水ファンにはたまらない一品。
そのまま飲んでも良し、何かを割るのに使っても良し。
使い勝手がいい製品だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
[star select Sparkling Water 佐賀県天山山系天然水使用]の続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

花水輝 はなみずき1

花水輝 はなみずき2



名称:花水輝 はなみずき
採水国:日本
採水地:広島県庄原市
硬度・PH:56・8.1
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:10mg
カリウム:10mg
カルシウム:20mg
マグネシウム:2mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
中国山地に降った雪や雨が、
ゆっくりと地に浸透していく内に磨かれ、
清らかで質の高い水に生まれ変わる。
その原水を衛生管理の厳しい工場にて、
1本1本丁寧に愛情こめてボトリングしたのがこの製品。

庄原市に実際訪れて手に入れてきた。
庄原には3度ほど訪れているが、
ゆったりとした雰囲気が心地良かった。
特に駅と駅前の雰囲気が好き。

障害者就労みず幸場の商品で、
売上げの一部は障害者の給料に、
また【地域還元金】として、
里山再生のために活用される。
募金箱や振込みだと敷居が高いけど、
このような形で寄付できるのはいいと思う。

スッキリした印象の味。
クセが無く飲み易く、一般的な日本人が好きな水だと思う。
広く活躍できるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
[花水輝 はなみずき]の続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

耳納連山 筑後川の恵み うきはの天然水



名称:耳納連山 筑後川の恵み うきはの天然水
採水国:日本
採水地:福岡県うきは市浮羽町
硬度・PH:約51・7.1
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:8.7mg
カリウム:3.3mg
カルシウム:14mg
マグネシウム:3.9mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
フルーツの郷浮羽町は飲料水の全てを地下水で賄う、
全国でも珍しい町である。
人々の生活と地域産業を支える命の水は、
環境省により日本名水百選に選ばれた【清水湧水】がある。

この製品を手に入れたのは道の駅うきは。
道の駅うきはは非常に素晴らしい施設で、
地元の水がシッカリと売られている。
この先も同じ状況であり続けるのかどうかは、
私にはわからないが、そうあって欲しいとは思う。

採水地のうきは市には10度位は訪れている。
いつも 道の駅うきは と 清水湧水 を訪れる。
道の駅うきはには地元の水がシッカリ売られていて、
その他の物産も充実しているから大好きだ。

サッパリしていてとても飲み易い。
クセがないから誰からも愛されるだろう。
広く活躍できる水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

耳納連山 筑後川の恵み うきはの天然水20167

2016年7月 何と東京の激安自販機で手に入れた。
今までは福岡県うきは市にある、
道の駅うきはまで行って購入していたのに。
まぁ、東京で買う事が出来てもうきは市に行くけどね。
成分ラベルに変わった点はない。

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
[耳納連山 筑後川の恵み うきはの天然水]の続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

美ウォーター 北霧島が育んだ天然水



名称:美ウォーター 北霧島が育んだ天然水
採水国:日本
採水地:宮崎県小林市
硬度・PH:134.9(計算値)・記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:18mg
カリウム:5.7mg
カルシウム:31mg
マグネシウム:14mg
炭酸水素イオン:170mg
シリカ:97mg
バナジウム:34μg
サルフェート:30mg

味の感想【yooo】
霧島連山の安山岩層でゆっくりゆっくりと濾過され、
自然に磨き上げられた水は、
多様なミネラルを含んで湧き出す。
その原水を厳しい衛生管理の工場にて、
1本1本丁寧にボトリングしたのがこの製品。

何度か行くチャンスはあったものの、
まだ採水地の宮崎県小林市を訪れた事はない。
既に有名採水地として知られるその地へ
いつか必ず行こうと心に誓っている。

美容成分であるサルフェート・バナジウム・シリカを含有。
勿論1本飲んだだけでは何も起こらないが、
長い間飲み続ければ効果が出るかもしれない。
しかし、その効能を過信するのは良くない。
効けばいいな程度の期待で導入するのが正解だと思う。
例え目立った効果が全く得られなくても、
水をこまめに飲み続ける事が身体には良いから、
結果的に+になるだろう。

色々な成分が入っていて飲み易いから、
毎日飲むにしても楽しく続けられると思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
[美ウォーター 北霧島が育んだ天然水]の続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年になりました。
皆様あけましておめでとうございます。

昨日新種の投稿をしてしまった為、
挨拶が後になってしまいました。

もう6日ですので、
皆様も仕事が始まり、忙しい日常が戻ってきている事でしょう。
私自身も5日から仕事で、既に気持ちからも休み気分が消え、
いつも通りになっています。

今年も去年と変わりなく、
いや、去年よりも激しく日本中を動き回り、
自分なりに納得できる活動をしたいです。

製品紹介数をのばす事を第一に考えず、
(勿論それはとても大事で基本的な活動ですが)
現場主義を更に徹底したいと考えています。

工場見学や採水地見学のチャンスがあれば行き、
ミネラルウォーターの関係者や愛好家と
情報交換やお話ができたらいいなとも思っています。

そうそう、今年は動画編集にも取り組みたいです。
撮りっ放しで撮影した動画を投稿するだけではなく、
編集して、より詳しい情報を詰め込んだ動画を
アップできたらいいなと、前から考えていましたから。

本業があり、時間の無い中時間を作り、
続けている事ですから、
なかなか100%思い通りにはいきませんが、
2015年も伊藤らしくやっていきます!

もしどこかで絡む機会がありましたら、
その時はよろしくお願いします。

伊藤善久

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

OTOUSAN WATER お父さんウォーター SoftBank ソフトバンク



名称:OTOUSAN WATER お父さんウォーター SoftBank ソフトバンク
採水国:日本
採水地:大分県日田市中ノ島町
硬度・PH:記述なし・8.3
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:22mg
カリウム:8.4mg
カルシウム:9.6mg
マグネシウム:1.9mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この製品は同級生の協力で手に入れる事ができた。
非売品だからとても助かるし嬉しかった。
基本的に自分で日本各地を旅し、
現地調達を一番に考えてはいるけども、
自分の努力でどうにもならないものは、
友人・知り合いの力を借りることもある。

ラベルにはSoftBank ソフトバンクの看板である、
お父さんがドーンと描かれていて目立つ。
ソフトバンクのショップで売ったら売れる気がする。
実際人に見せると“可愛い”と言われる事が多いし。

中身は日田天領水。
なぜ大分県産の日田天領水を選んだのだろうか。
製造ロット・仕入れ価格・デザインの自由度や、
担当者のこだわり・日田天領水側からの営業等、
様々理由があるのだろうが、それを知りたいなぁ。

採水地の大分県日田市は実際に訪れた経験がある。
日田天領水の工場前まで行って来た。
工場見学自体はしていないけど、
その一体がどのような雰囲気なのか、
自ら体験する事はとても大事だと常々考えているから、
これからそのこだわりは貫いていきたい。

日田天領水と言えば、有名な製品で、
企業とのコラボレーションも多く、
様々な場面で目にする事が多い。
既に大手と言っても間違いではない位、
誰もが知っている製品になった。

販売者はソフトバンク本体ではなく、
ソフトバンクテレコムでもなく、
福岡ソフトバンクホークス(株)なのが意外だった。

スッキリサッパリ飲み易い。
クセがないから全世代に受け入れられるだろう。
ソフトバンク系列の社員が羨ましいが、
中身は日田天領水だから、
誰もが中身の水自体は楽しむ事ができる。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
[OTOUSAN WATER お父さんウォーター SoftBank ソフトバンク]の続きを読む