FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート

2012/031234567891011121314151617181920212223242526272829302012/05

私はあまり目立ちたい人間ではないから、
いつもメディアに出させて頂く時は、
終わった後にコソっと報告するんだけど、
今回は前日ギリギリにお知らせしようと思う。

なぜなら友人・知人に
“早く言え!!”と怒られたから。ははは

4月5日 午前10時3分~午前10時23分
・・・多分この時間で合っていると思う。

JOQR ラジオ文化放送 1134
くにまるジャパン パーソナリティー野村邦丸さん
おもしろ人間国宝と言うコーナーに出演するから、
時間の空いている方は是非聴いてくださいな。

ミネラルウォーターの事をやっているから呼ばれたのではなく、
1つの事をやり続けているマニアとしての出演と言う感じ。

テレビ・雑誌に続いてラジオにも出られるなんて、
何だか不思議な気分だけど、
色々な縁を大切にこれからも水に対して行こうと思っている。

どうぞ宜しくお願いします。

毎日のニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全

江戸中期開業 中の茶屋の水

名称:江戸中期開業 中の茶屋の水
採水国:日本
採水地:山梨県南都留郡山中湖村
硬度・PH:50.3・7.8
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:5.6mg
カリウム:1.5mg
カルシウム:12.7mg
マグネシウム:4.5mg
その他特筆すべき成分:バナジウム61μg

味の感想【yooo】
採水地である富士北麓標高971m、地下253mの水脈には、
溶岩の深層を長い年月をかけてくぐり抜けた天然水が、
脈脈と流れ続けている。
溶岩層のミネラルを含んだ恵みの水を、
衛生環境の整った工場にてボトリングしている。

中の茶屋とは江戸時代中期の1706(宝永3)年に創業し、
富士講や登山者に愛され続けている。

前は縦に細長いボトルで、
富士吉田市産の水が入っていた
のだが、
いつの間にか山中湖村の水に変わっていた。

バナジウムは高血圧や糖尿に良いとされ、
それ自体の効果を過信するのは良くないが、
水であるが故に副作用の心配が無い為、
効けばラッキーだなと言うレベルの期待感で、
治療の一環として導入するのは有りだと思う。

さらさら感があってグイグイ飲める。
クセが無く誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう味。
用途広く使う事のできる水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

毎日のニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全