FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート

2010/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/01

ミネラルウォーターの話題からは離れるが、
ブログに関する事だから書こうと思う。

このブログは個人でやっている割には
検索順位が上位で、そこから来て下さる方も多い。
『ミネラルウォーター』と言うワードで検索すると、
googleではずっと1ページ目に表示されている。
しかしYAHOO!では何ページ目かわからない位
検索表示順位は低く、その差に驚いてしまう程だった。

以前何かの記事でYAHOO!がgoogleの検索を
どうたらこうたらするというのを読んだ事があり、
もしgoogleの検索結果がYAHOO!にも反映されるなら、
私にとってはありがたいなと思っていた。

それが実現した。

解析を何気なくチェックしていたら、
YAHOO!を使い『ミネラルウォーター』で入ってくる人が増えていて、
もしやと思ったが、その通りだった。

12月の末までにYAHOO!のgoogle化が終了したのだ。

何とgoogle・YAHOO!両方にて
ミネラルウォーターでの検索順位が1ページ目である。

今までYAHOO!での検索順位が良く、
googleではイマイチだった方々にはきつく、
逆の人には嬉しい結果となった。

正直私は商売でこのブログをやっている訳でも無いから、
アクセス数が増えても減ってもそれ程影響は無く、
ただ単に好きな事を今まで通りここに書いていくのみである。
それでも読んで下さる方が少ないよりは多い方が良いから、
現状には満足しているという感じかな。

今は真冬で人々の関心はミネラルウォーターから離れているが、
春先から夏にかけて改正の結果が如実に現れるのかも。

商売でやっている人はSEO対策とか大変だろうけど、
検索結果と言うものを侮ると痛い目を見るから、
自分で出来る事はやっておいた方が良いと思う。
個人でブログを書いている方々でアクセス数を増やしたい方も
しっかりと対策をすべきだと思う。

かく言う私は特に対策をしている訳ではなく、
定期的にきちんとした記事をアップし続ける事、
それだけを心がけている。

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン

霧島・生駒高原の水 霧島の水

名称:霧島・生駒高原の水 霧島の水
採水国:日本
採水地:宮崎県小林市南西方字生駒
硬度・PH:160・6.7
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:17mg
カリウム:5.2mg
カルシウム:32mg
マグネシウム:20mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
霧島の水は、シラス層・火山灰土壌に浸透し、
長い年月をかけて自然濾過され、磨かれ、
霧島山脈の地下深くに蓄えられた貴重な天然水である。
ミネラル分と炭酸ガスを適度に含んでいて、
広く愛飲してもらえるような水となっている。

非加熱にこだわって製造されている為、
より自然に近い味を楽しむ事が出来る。

ボトル中央部に凹みをつくり、
持ち易いように工夫されているが、
その凹みが小さ過ぎるような気がする。
試しに少し水滴がついた状態で持ってみたが、
それ程効果を発揮していなかった感じだ。

滑らかな口当たりで、スルスル飲める。
日本の水としては硬度が高めだが、
特にクセを感じる事はない。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

霧島・生駒高原の水 霧島の水

2012年7月 再入手したから載せておく。
硬度が激変しているのが気になった。
採水井戸が変わったのかな?
変わった成分を記しておこう。

硬度・PH:57・6.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:6.2mg
カリウム:2.4mg
カルシウム:14mg
マグネシウム:5.2mg
その他特筆すべき成分:特に無し

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

ミネラルウォーター大全で紹介した製品で
通信販売が可能な製品を紹介するブログ
ミネラルウォーター大全で紹介した製品通販はこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全