水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2200種以上の市販水製品の実飲レポート

2010/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/01

この挨拶をもって、2010年の更新はおしまいです。
素人が好き勝手書いているブログに
多くの方が今年も来て下って本当に嬉しかったです。

メールをを頂いたり、直接お会いできたり、
ここから始まる交流の多さに自分自身驚き、
これからの可能性に胸を躍らせています。

夏にはテレビ出演してしまいましたし、
(厳密には2度目なのですが)
新たな経験が沢山出来て最高でした。

来年は今までと同じように新種を集め、
それを飲んで記事を書くと言う基本的な事に加え、
更に色々な方との交流や、新しい事に挑戦していきたいです。
勿論工場見学・採水地訪問等もできる限り行きます。

今年は1441種まで紹介数を伸ばせたので、
来年は楽々1500種も達成できそうですし、
まだまだ激しく突っ走りますよ。

素人が出来る事をどんどんやる事で、
ミネラルウォーター業界を消費者の立場から
どんどん盛り上げていければと考えています。
同じく素人の立場の皆さんも色々工夫して
業界を一緒に盛り上げていきましょう。
売る立場の人達だけでは成り立ちません。
買う側がいてこそ業界は成り立つので、
私達の動き・考えを書いていく事はとても大切な事なのです。
文章が下手だから書くのは・・・などと思わずに、
思っている事を素直に伝えて行きましょう。

それでは皆さん良いお年を!!

ちなみに私は大晦日から元旦にかけては京都へ、
元旦から3日までは広島に滞在し、
4日はゆっくりと休み、5日から仕事と言う感じです。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン

玉鳴号 たまなるごう

名称:玉鳴号 たまなるごう
採水国:日本
採水地:宮城県大崎市鳴子温泉
硬度・PH:10・8.8
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:43mg
カリウム:0.7mg
カルシウム:3.9mg
マグネシウム:0.1mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
玉鳴号の故郷は出湯とこけしの里、宮城県鳴子温泉郷である。
紅葉で有名な鳴子峡の上流、地下1000mから湧き出た
天然の温泉(泉質は弱アルカリ単純泉)を原料に、
超清浄なクリーンルームでボトリングしている。

私はこのボトルを見た瞬間、
“鳴子温泉の水だ!”と気づいた。
他にもいくつか製品があるのだが、
特徴的なボトルだから直ぐにわかるのだ。

玉鳴号 たまなるごうとは不思議な名前だが、その由来は、
鳴子は温泉だけではなく、古くから馬産地としても名高く、
この製品を製造している遊佐家の先祖が、
大正天皇に献上した名馬 玉鳴号にちなんだ、との事である。

サラッとしていて清涼感があり、
後味がスッキリしていて飲み易い味。
クセが無く誰からも愛されるだろう。
有名な温泉水と言うだけで何か特別な感じがする。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン

ミネラルウォーターの話題からは離れるが、
ブログに関する事だから書こうと思う。

このブログは個人でやっている割には
検索順位が上位で、そこから来て下さる方も多い。
『ミネラルウォーター』と言うワードで検索すると、
googleではずっと1ページ目に表示されている。
しかしYAHOO!では何ページ目かわからない位
検索表示順位は低く、その差に驚いてしまう程だった。

以前何かの記事でYAHOO!がgoogleの検索を
どうたらこうたらするというのを読んだ事があり、
もしgoogleの検索結果がYAHOO!にも反映されるなら、
私にとってはありがたいなと思っていた。

それが実現した。

解析を何気なくチェックしていたら、
YAHOO!を使い『ミネラルウォーター』で入ってくる人が増えていて、
もしやと思ったが、その通りだった。

12月の末までにYAHOO!のgoogle化が終了したのだ。

何とgoogle・YAHOO!両方にて
ミネラルウォーターでの検索順位が1ページ目である。

今までYAHOO!での検索順位が良く、
googleではイマイチだった方々にはきつく、
逆の人には嬉しい結果となった。

正直私は商売でこのブログをやっている訳でも無いから、
アクセス数が増えても減ってもそれ程影響は無く、
ただ単に好きな事を今まで通りここに書いていくのみである。
それでも読んで下さる方が少ないよりは多い方が良いから、
現状には満足しているという感じかな。

今は真冬で人々の関心はミネラルウォーターから離れているが、
春先から夏にかけて改正の結果が如実に現れるのかも。

商売でやっている人はSEO対策とか大変だろうけど、
検索結果と言うものを侮ると痛い目を見るから、
自分で出来る事はやっておいた方が良いと思う。
個人でブログを書いている方々でアクセス数を増やしたい方も
しっかりと対策をすべきだと思う。

かく言う私は特に対策をしている訳ではなく、
定期的にきちんとした記事をアップし続ける事、
それだけを心がけている。

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン

霧島・生駒高原の水 霧島の水

名称:霧島・生駒高原の水 霧島の水
採水国:日本
採水地:宮崎県小林市南西方字生駒
硬度・PH:160・6.7
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:17mg
カリウム:5.2mg
カルシウム:32mg
マグネシウム:20mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
霧島の水は、シラス層・火山灰土壌に浸透し、
長い年月をかけて自然濾過され、磨かれ、
霧島山脈の地下深くに蓄えられた貴重な天然水である。
ミネラル分と炭酸ガスを適度に含んでいて、
広く愛飲してもらえるような水となっている。

非加熱にこだわって製造されている為、
より自然に近い味を楽しむ事が出来る。

ボトル中央部に凹みをつくり、
持ち易いように工夫されているが、
その凹みが小さ過ぎるような気がする。
試しに少し水滴がついた状態で持ってみたが、
それ程効果を発揮していなかった感じだ。

滑らかな口当たりで、スルスル飲める。
日本の水としては硬度が高めだが、
特にクセを感じる事はない。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

霧島・生駒高原の水 霧島の水

2012年7月 再入手したから載せておく。
硬度が激変しているのが気になった。
採水井戸が変わったのかな?
変わった成分を記しておこう。

硬度・PH:57・6.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:6.2mg
カリウム:2.4mg
カルシウム:14mg
マグネシウム:5.2mg
その他特筆すべき成分:特に無し

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

ミネラルウォーター大全で紹介した製品で
通信販売が可能な製品を紹介するブログ
ミネラルウォーター大全で紹介した製品通販はこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全

サントリーが天然水シリーズのペットボトルを
2011年3月から軽量ボトルにすると報道されていた。

現在市場に出回っている天然水シリーズのボトル重量は、
南アルプス25g 阿蘇・奥大山が21.4gだが、
13.5gで統一されるとの事。
軽量化される事によってボトルを潰す事も容易になり、
消費者のリサイクルへの関心を高める。
PETボトルのPetと、ecoを組み合わせ、
P-ecot(ペコッと)ボトルと名付けた。

そして嬉しい事に容量は500mlから550mlに増量される。
50mlってのは大した量ではないと思うだろうが、
1割もアップすると考えればお得感があるだろう。
容量が1割アップして値段が据え置きと言うのは、
運送の事など考えたりすると凄い事だと思う。

ただ、男にとってはお得と思う増量も、
女性にとっては重くなってしまうという
デメリットに感じられる可能性もある。
そこら辺の評価がどうなるのか注目したい所だ。

ライバルとも言えるだろう、コカコーラのいろはすだが、
ボトルは12g 容量は520mlである。
そちらとの評判の比較も興味があるな。

サントリーは環境配慮型のラベルやボトル開発に
かなり積極的で、その姿勢が伝わってくる。
山梨県近くに住んでいる方は是非一度工場見学をると、
企業の取り組みについてより一層深く学べ、
製品に対する愛情が増すと思う。

記事ソース:産経新聞

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン

富士山のバナジウム天然水

名称:富士山のバナジウム天然水
採水国:日本
採水地:山梨県富士吉田市上吉田字立石4960
硬度・PH:36・7.5
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:4.7mg
カリウム:1.3mg
カルシウム:8.8mg
マグネシウム:3.5mg
フッ素:0.32mg
バナジウム:58μg
亜鉛:34μg

味の感想【yooo】
富士山周辺採水の水は、似たような名称のものが多いが、
シッカリとチェックし、紛れもなく新種である事を確認している。
サーフビバレッジの製品なのだが、
サーフと言えば山梨県甲州市塩山竹森のイメージが強いが、
富士吉田市にも工場があったとは知らなかった。
多分協力工場か、提携工場の製品だろうけど。

富士山には川がなく、降った雨や雪は、
富士山の主な溶岩である玄武岩層に
長い年月をかけて濾過され磨き上げられる。
その過程で有用微量ミネラル30種程が
溶け込んでいると考えられると言うから凄い。
ラベルに記述がなくても、含まれているミネラルは多いのだ。

バナジウムは高血圧や糖尿に良いとされ、
その効果を過信する事は禁物だが、
効けばいいな程度の期待で続けるのは有りだと思う。
水を飲む習慣は身体に良いから。

富士山のバナジウム天然水

ボトルに空気が入っていない。
入っていたからと言ってどうと言う事は無いのだが、
少しでも劣化スピードを遅らせようとする努力は
消費者にとって嬉しい。

スッキリしていてグイグイ飲める味。
クセが無く誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう。
安価で売られているケースが多いし、
バナジウムは加熱してもOKと言う事だから、
料理等にもビシビシ使う事ができる。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

富士山のバナジウム天然水

2012年5月 再入手したから載せておく。
成分が微妙に違っているから記しておこう。

硬度・PH:35・7.5
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:4.5mg
カリウム:1.3mg
カルシウム:8.9mg
マグネシウム:3.2mg
フッ素:0.33mg
バナジウム:59μg
亜鉛:0.02mg

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

ミネラルウォーター大全で紹介した製品で
通信販売が可能な製品を紹介するブログ
ミネラルウォーター大全で紹介した製品通販はこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全

PART2はこちらから

日田天領水の工場がどんなものなのか確認し、
地図を見ながら次に行く所はどこにするか迷った挙句、
道の駅が狭いエリアに固まって存在する事に気付き、
道の駅巡りでもするかと言う事で、
まずは水辺の郷おおやまに向かった。

日田天領水の工場がある地はそれ程でもなかったのだが、
道の駅おおやまに向かっていると、
自然がジワジワ雰囲気を高めてくれた。

新種が発見できそうな店は無いか、
ミネラルウォーター関連の看板はないか、
自販機ではどんなミネラルウォーターが売られているか、
キョロキョロしつつ走っていった。

水辺の郷おおやま

水辺の郷おおやまは、大山川に面した所にあり、
水の存在を強く感じるが、
特に商品展開に水を意識した所は感じられず、
その点がとても残念に思えた。

軽く買い物をした後に向かったのは道の駅うきはである。
この段階で大分県とはさようなら。
初大分県は滞在時間が短すぎて満喫は出来なかったが、
また来れば良いのである。

道の駅うきはは施設がとても綺麗で大きい。
来客数もかなりあって、駐車場が満車に近かった。
ただミネラルウォーターの新種は無く、
その点ではがっかりだったが、
情報センター(チラシや地図が置かれている所)で、
日本名水百選の清水湧水が近い事に気付いた。

そりゃ当然行くでしょ!

清水湧水

清水湧水

道の駅から車で5分程の所に、
落ち着いた雰囲気の臨済宗清水寺が建っていて、
その境内に昔から滾々と水が湧き出ているのだ。
有水量も多く、質も安定していて、勿論味も良く、
私も保全の寄付金をジャラジャラと箱に入れ、
据え置きの柄杓でグイっと飲んでみた。

やっぱり生の水は心にも染みるなぁ。

清水湧水

ペットボトルの水も勿論美味しいのだけど、
大地から湧き出た水をそのまま飲むと言う事は
地球そのものを味わっている気がして感動する。
気のせいなのかもしれないけど、
体の中からエネルギーが湧いてくるのが不思議だ。
“よしやるぞ!!”と言う気になる。
何をやるのかはわからないが・・・

しばらく雰囲気を楽しみ、撮影などしてその地を離れた。

その後は道の駅原鶴 道の駅くるめに寄ったが、
特に収穫は無く、少し早めだったが空港向かい、
港内の店を全てチェックし、機上の人となった。

仕事ではなく、完全プライベートで行きたかったが、
往復の交通費が無料で、一日遊べたのだから、
幸せだと思わなくちゃね。
九州は旅慣れている私にしては手薄なエリアだから、
水の為だけに再訪して、ビシッと充実した時を過ごしたいな。

以上タタタっと書いてきたけど、ここでおしまい。

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン
PART1はこちらから

福岡での一日目を終え、
二日目の土曜日は完全にフリーだったのだが、
いかに土曜日で休みとは言え、
仕事で行くのと遊びで行くのとでは心の余裕が違い、
事前段階でどこに行くか全く決めていなかった。
漠然と大分か佐賀かなと言う感じしかなく、
結局3時半起きの体が先にギブアップしてしまい、
行き先を決める事は先延ばしとなった。

次の日は5時半起床。

私の旅は店が開き始める9時ごろまでに現地に行き、
余裕を持って帰ると言うスタイルだから、
朝は早くなければならないのである。
それでも睡眠時間は6時間半と言う事で、
私にとっては充分過ぎるレベルであった。

特に疲れは残っておらず、
7時から軽く朝御飯を食べて7時15分頃チェックアウトし、
車に乗り込み、そこで大分に行くと決めた。

大分で見ておきたかった所は、
日田天領水の工場周辺の環境である。

日田天領水は今ではメジャーな製品になったが、
私が知る限りでは5~6年前は
ドラッグストア・薬局・健康食品の位にしか
販売している店は無かった気がする。
その後大躍進を遂げ、今の状況になったのは、
水自体の魅力・スタッフの働き・世間の関心の高まり、
全てが合致した結果だろう。

工場の中に入れてくれと言っても無理だろうから、
せめてどんな所にあるのかを知りたかったのだ。

福岡から高速に乗り、鳥栖JCを大分方面に走る。
福岡と大分の県境付近で霧が多くなり、
日田IC付近では白い世界が広がっていた。

ICを降りてからコンビニで状況確認をし、
その後行く所も決め、走り始めた。

日田天領水

中ノ島町と言う場所に会社と工場があるのだが、
地名の通り川の中にある中州のような地で、
その町の半分以上を日田天領水が占めていると言っても
過言ではないと思う。
周囲は特に山深いと言う感じでもないが、
のどかな印象を受けた。

日田天領水

工場の近くには日田天領水の里 元気の駅と言う
地の産物と日田天領水を買う事ができる
道の駅のような大きな施設があり、とても便利である。
清潔感がある空間で、私も思わず衝動買いをしてしまった。
トイレも物凄く綺麗で、素晴らしい施設だと感じた。

工場に入る事も無く、事前調査もせず行った為、
漠然とした印象しか得られなかったのは残念だが、
仕事ではなく、水の為に来る日があれば、
今度は更に突っ込んだレポートをしたいと考えている。

一通り周辺や施設をチェックした後は、
迷った挙句道の駅 水辺の郷おおやまに向かった。

PART3に続く

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン
東京都中央区日本橋 プラザビル2階に、
山梨県がソムリエの田崎真也さんに経営を委託した
『Y-wine』と言う店がオープンするそうだ。

私は余りお酒も飲まないし、オシャレなものを追うよりも、
自らが好きなものを追う人間だから、
このようなニュースには余り反応しないのだが、
“地ビールやミネラルウォーターまで県産にこだわった”
と言う一文にググッと来た。

是非一度行ってみたい。

そして私がする事は1つ。

料理を注文し、飲み物はワインではなくミネラルウォーター。
そこでスタッフに聞くのだ。
このミネラルウォーターはどのような特徴がありますか?と。

その質問に答えられないようだと、
流石にミネラルウォーターにこだわったと言うのは
違うかなと判断せざるを得ないと思う。
スタッフの皆にまでその教育が行き届いているのか、
そこがこだわりの店とそうでは無い店の違いだろう。

水・ミネラルウォーターは全ての源である。
こだわりの店と宣伝していても、
出てくる水に対しての説明が無い所が多い。
だからこそしっかりとしている店を見つけたいのだ。

私は山梨県は大好きだ。
だからこそ期待したいと思う。
さて、誰を誘って行こうかな。

記事ソース:産経新聞

Y-wine

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン
12/17 九州出張があった。

17日が金曜で、土曜日が休みだった為、
その休日を使って色々見てこようと計画をたてた。
17日もチャンスがあれば移動中に
新種を得ようと考えていたのは言うまでも無い。

福岡空港に到着し、レンタカー屋入り、
手続きをしていた時、ふと外を見ると雪が降っていた。
予報では曇りだっただけに驚いて、
“今日は雪予報でしたっけ?”と、
受付のお姉さんに質問してしまったが、
どうやら一時的だったようで、直ぐに止んでホッとした。

福岡ICから久留米IC、久留米ICから長崎ICまで走り、
途中全てのPA・SAに寄り、帰りも当然そうしたが、
新種を得る事は出来なかったのが残念だった。
しかしいつも書いている事だが、
無いと言う事を確かめるのも収穫だと思っているから、
それはそれで楽しかった。
水には力を入れていないなぁと言う印象を
実感してしまったのは悲しい事ではあるが・・・

ちなみに17日だけの行程で、
生涯初めて佐賀県と長崎県に両足をつけた。
これも人生においての大いなる収穫だと思っている。
佐賀は高速道路上のみ、長崎は滞在時間30分程で、
単に行ったと言うだけに過ぎないけど。

水とは関係ないが、たらみというゼリーの名称を、
常々“妙な名前だな どう言う意味なんだろう?”
と言う疑問を持っていたが、
それが多良見と言う地名に由来していると気付いたのも収穫。

18時位には福岡市内に戻るつもりだったけども、
鳥栖辺りから交通量が増え、
福岡県内に入った頃にはかなりの渋滞があり、
結局ホテルにチェックインできたのは8時近かったかな。
冷たい雨が強く降っていて、3時半起きだった疲れも重なり、
そこから動き回る気力もなくなって、
近くでラーメンを食べ、コンビニに寄りオシマイ。

PCをちょこちょこいじって、早めに寝た。

PART2に続く

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン
本業では出張と言うものが殆ど無く、
あっても関東近辺に日帰りと言う感じだが、
珍しく九州方面へ行く事になった。

17日・18日の1泊だけだから慌しいのだが、
18日は土曜と言う事で取引先も休みだし、
自分の会社も休みと言う事で、
飛行機の時間まで自由に使えるのがありがたい。

行き先は福岡県。

1日目は福岡の取引先に行き、ウロチョロする。
その後に長崎まで行かなければならない為、
一般道でスーパーやドラッグストアに寄る余裕は無く、
高速のPA・SAに寄る程度になるだろう。
そこら辺が惜しいが、仕事で行くから仕方ない。

しかし2日目はチャンスだ。
朝から17時台の飛行機に乗るまでフリーだからだ。
大分方面に行くか佐賀方面に行くか迷っているのだが、
日田・別府辺りの雰囲気を感じたいなぁと思っていて、
今の所大分方面が有力になっている。
地元の人にとっては何でもないような店でも、
私にとっては新鮮な宝の在り処となるかもしれないし。

それにしても旅費が安いねぇ。
飛行機往復+駅から近いホテル朝食付き1泊+レンタカー
全て合わせて32000円って・・・
どこでどう利益を取っているんだろうって心配になる。
こんな値段で行けるなら、もっとあちこち行こうかな。

九州はまだあまり訪れた経験が無いから、
(福岡・宮崎に一度ずつ行っただけ)
今回のチャンスに出来る限り新種を求め、
撮影等して来たいと考えている。
本当は鹿児島まで行きたいのだが、今回は無理があるな。

年内最後の大きな移動になるから、
何かを得て帰って来たい。
帰ったらまた記事にするから、読んでみてほしい。

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン
ONEPIECE ワンピース チョッパー

名称:ONEPIECE ワンピース チョッパー
採水国:日本
採水地:群馬県利根郡みなかみ町布施
硬度・PH:69・7
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:9.6mg
カリウム:1.1mg
カルシウム:19mg
マグネシウム:5.3mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この製品をサービスエリアで見た時
“あれまたモックの新作かな?”と思ったけども、
何となく違和感を感じて手にしてみると、
やはり違ってた事が判明した。
同じような事をどこかの企業が始めたのかと、
新種が増えて私としては歓迎なのだが、
消費者の飽きが助長されないか心配である。

このボトルはONEPIECE ワンピースに登場するチョッパーで、
後部までシッカリと作られている。
なぜボトルをピンクにしたのかわからないが、
最初ミネラルウォーターでは無いと勘違いしてしまったから、
透明の方が良いのでは?と思ったりもした。

ボトルの形状を見て買う人も多いだろうが、
中身はしっかりと美味しい水である。
みなかみ町のミネラルウォーターは昨今多く世に出ていて、
安定した質と供給量を誇っている。

スッキリとしていてクセが無く、
誰もが抵抗無く飲める味であると言える。
ワンピース好きでも、特に好きでは無い人でも、
等しく水の味は楽しむ事ができるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン

吹田 いずみの水

名称:吹田 いずみの水
採水国:日本
採水地:大阪府吹田市
硬度・PH:50・7.4
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:19.8mg
カルシウム:14.5mg
マグネシウム:3.5mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
本製品は吹田の地下水及び淀川の表流水を水源として、
泉浄水所でブレンドした後に、
高度浄水処理(オゾン及び・活性炭処理)により
製造された水をボトリングしたもの。

ちなみに製造の工程は以下の通り。

地下水→気曝槽(曝気?)→高速凝集沈殿池
→オゾン接触池→活性炭吸着池→急速濾過池→配水池

淀川表流水→着水井→混和池→フロック形成池→沈殿池
→オゾン接触池→活性炭吸着池→急速濾過池→配水池

ラベルの題字は吹田市長阪口善雄氏によるもので、
イラストは宮本和彦氏によって描かれている。

ラベルには水道部イメージキャラクターである
『すいすいくん』と、楽しげな子供たちが描かれている。

吹田 いずみの水

500mlと350mlの2サイズがあるが、
500mlの方はボトルに空気が入っていない。
入っていたからと言って問題は無いが、
少しでも劣化スピードを遅らせようとする努力は
消費者にとって嬉しい事である。
片方には空気が入っていて、片方には入っていないと言う事は、
両方のボトル充填工場は違うのかもしれない。

スッキリした口当たりで、後味がとても爽やか。
クセが無く誰もが嫌いとは言わない味だろう。
質の高い水を毎日飲む事が出来る吹田市民は
とても幸せだと感じた。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン

つるの水物語 熊太郎の大好物

名称:つるの水物語 熊太郎の大好物
採水国:日本
採水地:山梨県都留市十日市場477
硬度・PH:57.5・7.39
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:8mg
カリウム:1.6mg
カルシウム:14.1mg
マグネシウム:5.4mg
その他特筆すべき成分:バナジウム34μg

味の感想【yooo】
美味しい水を市民及び外部にPRする為、
都留市では平成の名水百選『夏狩・十日市場湧水群』内の
富士山湧水・第一水源(通称 熊太郎水源)の原水を
ペットボトルに充填した本製品を製造している。

都留市は私が黄金の水ラインと勝手に呼んでいる、
大月市→西桂町→富士吉田市のライン上にあり、
美味しい水が出るだろうな、と言う事は予想していた。

平成19年に発売してから22年まで、
順調に売り上げを伸ばしていて、
PR活動も盛んに行われているようだ。

つるの水物語 熊太郎の大好物

この製品を手に入れる為、都留市まで行き、
現地で手に入れてきた。

ラベルに都留市のマスコットキャラクターである
『つるビー』が描かれている。
都留市にはムササビが多く生息していて、
そのムササビをキャラクターとして使ったようだ。
おなかの模様は都留市のマークの簡略化、
額の模様は市の花(梅)、色は市の鳥ウグイスのウグイス色。

つるの水物語 熊太郎の大好物

ボトルに空気が入っていない。
入っていたからと言ってどうと言う事は無いのだが、
劣化スピードを少しでも遅らせようとする企業努力は
消費者にとって嬉しい事である。

舌触りが滑らかで体の中に入って行く時に
とてもスムーズな感じがした。
クセが無く誰が飲んでも嫌いとは言わないだろうし、
生活の中で使う水としては最適だと感じた。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン

延命祈祷水 多摩乃大宮水 大宮八幡宮

名称:延命祈祷水 多摩乃大宮水 大宮八幡宮
採水国:日本
採水地:鹿児島県垂水市
硬度・PH:4・8.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:68mg
カリウム:1.3mg
カルシウム:1.8mg
マグネシウム:0.2mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
杉並区大宮にある大宮八幡宮オリジナルのミネラルウォーター。
私は実際この製品を手に入れる為に現地まで行って来た。

大宮八幡宮は、元境内地から祭祀遺跡が発掘されるなど、
古代よりの聖地で、かつては多摩の大宮と称されていた。
その武蔵野の昔を想望してつくられたのが
“広き野に 霊の清水の あるところ”と言う句である。
(ホトトギスの4Sの一人 阿波野青畝の作品)
今も尚御神水が湧き出し、水と深い関係にある。

世界の根源は水であり、万物は水からつくられるとの、
水によせる古代ギリシャ哲学者タレスの名言通り、
水は生きて行く上で大切なものの一つで、
常に日々感謝の念を持ちたいものだ。

この製品は御神水を希望する多くの人の声に応え、
祈願した延命祈祷水を用意する事になった。
そのように箱には書いてあるのだが、
製品は鹿児島産の温泉水なのだ。
一体なぜ鹿児島産を入れたのか聞いてみたい。
宮司さんが好きだったからか、単に美味しかったからか。

延命祈祷水 多摩乃大宮水 大宮八幡宮

ボトルに空気が入っていない。
入っていたからと言ってどうと言う事は無いが、
少しでも劣化スピードを遅らせようとする企業努力が
消費者にとっては嬉しいのだ。

ボトルの注ぎ口直径が少し大きい。
少しの違いだが、効果は絶大である。
グラスに注ぐ時コポコポなって撥ねないのは嬉しい。

スッキリしていて、舌触りが優しい感じ。
クセが無く誰が飲んでも嫌いとは言わないだろうし、
他の用途にも使い易そうだ。

strong>飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン

外国の方のブログや記録などを読むと、
日本の水は軟水でそのまま安心して飲める。
そう書かれている事が多い。
西洋の方も東洋の方も同じようにそう書いている。
専門で水に関して記述されている本や文章でなくて、
旅や生活についてのものにも、そのような記述が多い。

日本にいると安心して水が飲めると言う事は
当たり前すぎて文章に書く事なんてないけども、
外国の方々から見れば普通じゃない事なのだろう。

と言う事はだ、今更言うまでも無いが、
日本の水は武器になるのだ。
武器と言うと変かもしれないが、
アピールポイントに充分成り得る訳である。

私を含め日本人は、素晴らしい水が豊富に存在し、
使い切れない程あると言う状況が、
外国から見ればすごい事だと気付いていない人が多い。
例えば石油やダイヤモンドや金が無くても人は生きられるが、
安全な水が無ければ人は生きられないのだから。
普通の事と言うのは見逃されがちだから仕方ないが、
積極的に宣伝していくといいだろう。

日本人の関心がもっともっと水に向かえば、
法整備の整っていない現状も流石に変わってくるだろうし、
もしかすると輸出を条件に何かを輸入できたりするかもしれない。
国全体で水を外国に売り出す事になるかもしれない。

そうなってくると、後の事を考えず大量に汲みだし、
水源を駄目にしてしまうケースも増えそうだから、
しっかりとした管理が今以上に必要になってくるが。

話は少し変わる。

以前地方出身の知人に、
“自分の故郷は何も無いから参る”と聞かされた事がある。
そのとき私は言ってやった。
何も無いからこそ手付かずの自然が残っていて、
素晴らしい水があり、美味しい作物が収穫できる訳だから、
逆に何も無い事が特別であり、誇るべきなのだと。

“♪何も無い方が~ 特別なのです~”
松山千春さんの歌にもあるように、
何も無い事は、現代の日本では特別な事なのだ。

吉幾三さんが村にはテレビもラジオも無いと歌っていたが、
何も無いからこそ存在するものがあるのだ。

これからは日本人一人一人が、
安全な水が豊富にあると言う事を改めて認識し、
そのありがたさと価値を理解すべきだと私は思っている。

いつものように纏まりの無い文章になったが、
思った事をダラダラと文字にして並べてみた。

皆さんの故郷はどんな所ですか?
皆さんの故郷には豊かな自然があり、豊富な水がありますか?

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン
EXILE LIVETOUR 2010 FANTASY

名称:EXILE LIVETOUR 2010 FANTASY
採水国:日本
採水地:富山県下新川郡入善町
硬度・PH:27・7.3
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:4.7mg
カリウム:1.4mg
カルシウム:7.7mg
マグネシウム:2mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この水はKUMAさんから送って頂いた製品です。
キャップコレクションでは有名な方で、
綺麗に分類されたコレクションの数々は見ていて飽きません。
是非一度HPブログを訪れてみて下さい。

EXILE LIVE TOUR 2010 "FANTASY"の野外公演にて
会場限定で発売された製品である。
この製品のようにライブ限定で製造されるものが
けっこう存在したりするから油断できない。
特に私はライブに出かける機会が少ない人間だから、
情報収集をこまめにしないといけないなと、改めて思った。

ボトルには首から下げられるようなストラップがついている。
会場のお客さんへの配慮からだろうが、
単価が高くなるから、一般の製品につけるのは難しいだろうな。
自分で手に入れた品じゃないからわからないのだけど、
売価はいくらだったのだろうか。
ただ500ml入った状態で首から下げていたら、
結構な負担になって首が凝る気がするな。

北アルプスに降った雪や雨が、
長い長い時間をかけて地に浸透し、磨かれ、
清冽な水になって湧き出した原水を、
安全な環境下でボトリングしたのがこの製品。
私は実際採水地の入善町に行った事があるが、
そこにいただけで“ここは良い水が出る”と実感できた。
美しい風景が生み出す水は、やはり素晴らしい。

サッパリしていてサラサラ感があり、グイグイ飲める。
クセが無く誰にでも愛される味。
ライブ中に喉が渇いた時、グイっと飲むのに最適だろう。
勿論通常生活の中でも活躍の場が多いだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン

まだ12月の前半と言う事で、
大晦日までに無いがあるかわからないし、
大晦日近くになれば再び書くと思うけど、
2010年に私がアチコチ飛び回って、
現場を見てきた感想でも書こうと思う。

今まで書いてきた事の繰り返しかもしれないが、
気にせず文字を並べていこう。

まず書きたいのは、
観光地に地元の製品を置いてあるケースが少ない事。
私が一番重要視していると言ってもいい、
“地元の水はまず地元で!”と言う事が実践できていないのが、
とても残念で悲しく思う。
勿論しっかり地元産の製品を揃えている所もあるのだが、
揃えていない所の方が目立っている印象だ。
サービスエリア・パーキングエリア・道の駅でさえ、
そのような所が多いのも現実である。

地産地消を謳っていたり、
何よりも地元を愛していると主張している店が、エリアが、
エビアンやボルビックしか置いていないのはなぜ?
その地区にミネラルウォーター製品が無いのなら別だが、
しっかりと存在している場合が多いから尚更腹が立つ。
当然エビアンやボルビックが悪いと言っている訳ではない。
それらを売るならまず地元産を置けと言いたいのだ。

水は全ての基本になる訳で、
美味しい水を宣伝する事は、その土地の評価UPに繋がると思う。
スペースを取ったり、重かったり、利益が薄かったり、
細かい取引先を増やしたくないと言った理由から、
水を売る事に対し積極的になれない気持ちはわからないでもないが、
地元産の牛乳やジュースを売るなら水も・・・
って思っちゃうよなぁ。

少しずつでも改善されていったら嬉しいな。
今後とも私は販売状況を全国でチェックしていくつもり。
来年からはそれをメモにして発表しようとも考えている。

その他でざっと感じた事は、
ミネラルウォーター業界全体に盛り上がりが無い事かな。
細かい事は大晦日近くに書くとして、
展示会や発表会に顔を出してみても、
以前のブームほどの勢いが感じられないどころか、
沈滞ムードが漂っていた気がした。
右肩上がりが止まって停滞から下降に転じた状況下で、
それを覆すには相当なエネルギーが必要になる。
何か起爆剤のようなものを業界全体で考える必要があるけど、
それは企業が単発で行っても難しそうだ。

私も素人なりに色々考えてみるから、
皆さんも是非考えて欲しい。

まだまだ書きたい事が沢山あるけど、
今回はこの辺で終わりにしておこう。

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン
12051.jpg

名称:居酒屋えぐざいる え
採水国:日本
採水地:富山県下新川郡入善町
硬度・PH:27・7.3
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:4.7mg
カリウム:1.4mg
カルシウム:7.7mg
マグネシウム:2mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この水はKUMAさんから送って頂いた製品です。
キャップコレクションでは有名な方で、
綺麗に分類されたコレクションの数々は見ていて飽きません。
是非一度HPブログを訪れてみて下さい。

EXILE LIVE TOUR 2010 "FANTASY"の野外公演にて
会場限定で発売された製品である。
この製品のようにライブ限定で製造されるものが
けっこう存在したりするから油断できない。
特に私はライブに出かける機会が少ない人間だから、
情報収集をこまめにしないといけないなと、改めて思った。

ボトルには首から下げられるようなストラップがついている。
会場のお客さんへの配慮からだろうが、
単価が高くなるから、一般の製品につけるのは難しいだろうな。
自分で手に入れた品じゃないからわからないのだけど、
売価はいくらだったのだろうか。

北アルプスに降った雪や雨が、
長い長い時間をかけて地に浸透し、磨かれ、
清冽な水になって湧き出した原水を、
安全な環境下でボトリングしたのがこの製品。
私は実際採水地の入善町に行った事があるが、
そこにいただけで“ここは良い水が出る”と実感できた。

サッパリしていてスイスイ飲める。
クセが無くダレにでも愛される味。
ライブ中に喉が渇いた時、グイっと飲むのに最適だろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン

Ntural Mineral Water from TATEYAMA

名称:Ntural Mineral Water from TATEYAMA
    立山連峰の天然水
採水国:日本
採水地:富山県中新川郡立山町野村
硬度・PH:97・7
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:9.7mg
カリウム:2.5mg
カルシウム:30mg
マグネシウム:5.9mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
北アルプス立山連峰に降り積もった白雪を源とし、
途方も無い位長い長い年月をかけて、
緑豊かな森と太古の地層に研ぎ澄まされた深層水を
立山山麓の地価150mから汲み上げ、ボトリングした。

私は実際採水地の近くに行った事があるのだが、
北アルプスの存在感をグッと感じる事ができる地で、
立っているだけで“ここは良い水が出るな”とわかった。

Ntural Mineral Water from TATEYAMA

キャップにカバーがある。
なくても全く問題ないものだが、
誰も空けてませんよと言う安心感を強く得られる為、
飲む人にとっては嬉しい。

Ntural Mineral Water from TATEYAMA

ボトルに空気が入っていない。
入っていたからと言って悪い訳ではないが、
少しでも劣化スピードを遅らせようとする企業努力が
消費者にとってありがたい。

滑らかな口当たりでスルスルっと消えて行く感じだった。
クセが無く誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう。
富山の名水を是非全国で皆に楽しんで欲しい。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン

DOLPHIN ミネラルウォーター

名称:DOLPHIN ミネラルウォーター
採水国:日本
採水地:鹿児島県薩摩郡
硬度・PH:53.1・記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:9.4mg
カリウム:1.6mg
カルシウム:17.5mg
マグネシウム:2.3mg
その他特筆べき成分:特に無し

味の感想【yooo】
このような個性的な形のボトルを見ると、
“モックだ!”と思ってしまう位、
色々な製品を世に出している(株)モック。
高くて量が少ないのに売れているのを見ると、
このような販売戦術も正解なのかぁと思う。
最近私は買い過ぎて正直食傷気味だが、
ミネラルウォーターに余り興味が無い人や、
多くの製品を飲むと言う事を目標にしていない人には
きっと新鮮に映るんだろうなと思う。
高速のサービスエリアには専用販売ラックもあるから、
知名度・販売量共に大きくなっているはずだ。

ボトルデザインはイルカが波の上をジャンプしている姿。
なぜこの形を作ったのだろうか?
水族館とのコラボ製品かな?

形だけで選んで買う人も多いのだろうけど、
中身はしっかり美味しい鹿児島産の水。
鹿児島の大地に降った雪や雨が地に染み込み、
余計なものは取り除かれて磨かれ、
湧き出した水をボトリングしたのがこの製品。

滑らかで優しい舌触りの水は、
スルスルスーッと身体に入っていく感じがする。
クセがなく誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう。
形で味ダブルで楽しめる製品と言える。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン
北朝鮮の報道機関は報じていた。
砲撃(11月23日)の後、金正日・金正恩父子が、
平壌近郊にあるガラス工場と
ミネラルウォーター工場を視察(25日)したと。

ソース:産経新聞 記事の載った日:12月1日

内外に余裕をアピールしたかったのだろうが、
私は政治的・軍事的な事よりも、
ミネラルウォーター工場と言う記述に目が行ってしまった。

*北朝鮮のミネラルウォーター工場って、
一体どのような管理体制で動いているのだろうか?

*どのような場所に建っていて、
周辺環境はどうなっているのだろうか?

*北朝鮮産のミネラルウォーター製品は
未だ手に入れた事も無く、勿論飲んだ事も無いが、
どのような成分でどのような味なのだろう?
また、どのようなラベルで、何が書いてあるんだろう?

*北朝鮮産のミネラルウォーターは
どれ位生産されて、輸出はしているのだろうか?

*価格はどれ位で、国内でどれ位流通しているのだろうか?
例えば平壌国際空港で買う事が出来たりするのだろうか?

*原価はどれ位で、売値の平均額はどれ位なんだろう?

こんな疑問が次々と頭に浮かんできて、
知りたい事が沢山になってしまった。

基本的には国産のミネラルウォーターが好きなのだが、
世界の水情勢みたいなものには興味がある。
これからもニュースや本から色々な話題を仕入れ、
自分なりの意見を書いていきたいと思う。

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン