FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート
いつものよう新しいミネラルウォーターを
お風呂上りに飲み、記事を書いている時、
“あれ1300種って達成しちゃってるんじゃないの?”
そのように思った。
1290種は超えてしまっているし、
家にはいくつか飲んでいない品があったし。

早速数えてみた。
・・・ちょうど8本あった!!
仕入れ段階での1300種達成である。
あとは飲んで記事にすればブログ上でも達成だ。
あ!区切りの時に飲むインパクトの強い製品を
まだ何も考えていないな。

ブログ上で達成した時にも書くだろうけど、
日本には多くの製品があるもんだなぁ。
今現在で何種類あるんだろう?
毎日検索等で情報収集はしているが、
ネット上に出ていない品もあるし、
きっとまだまだ存在すら知らない品があるんだろう。
それを考えるとワクワクするな。
殆どの人が知らない製品なのに、
なぜかミネラルウォーター大全には載っている。
そんなブログを目指したい。

2月を過ぎると展示会等にも出席する機会もあるから、
1300種後の展開は少し速くなるかも。
油断せずこれからも激しく活動して行きたい。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
山華の雫 さんかのしずく 三陸釜石

名称:山華の雫 さんかのしずく 三陸釜石
採水国:日本
採水地:岩手県釜石市橋野町
硬度・PH:45・8
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:3mg
カリウム:0.7mg
カルシウム:16mg
マグネシウム:1mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
義経の北行伝説にも出てくる笛吹峠の麓、
北上山地の霊峰・片葉山を水源とする、
大仁田山の鍾乳洞より湧き出る天然水。
太古海だったとも言われる地であり、
地層には貝や産後類などの石灰質持つ生物が堆積し、
その層を通る事によって素晴らしい水が出来上がる。

ラベルには釜石市のイメージキャラクターである
『かまリン』が描かれている。
左手に市の花であるハマユリ(スカシユリ)、
左手には高炉の火、髪型は魚の形をしている。
ネーミングは釜石のかまとマリンを足したもの。

山華の雫 さんかのしずく 三陸釜石

未開封時ボトルに空気が入っていない。
入っているからどうと言う事も無いが、
空気が入っていない分劣化スピードは遅くなる訳で、
そう言う細かな心遣いが消費者には嬉しい。

スッとしていてサッと飲める感じ。
つまりクセが無く飲み易いと言う事。
硬度的に考えると、どんな用途にも使えるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします