水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2009/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312010/01

1年が過ぎるのは早いなぁ・・・

このブログを始めてから既に4年と2ヶ月、
本格的に始めてからは3年と5ヶ月経っているが、
色々な人と知り合う事が出来たり、
色々な場所に行けたりして、
現在に至るまで本当に楽しくやっている。
勿論苦労も多いけど。
水をやっていなかったら有り得ない位の
人と人との広繋がりができたのも嬉しい。

だが、そんな私にも後悔はある。
それは・・・
手に入れた店と、商品が並んでいる所を撮影し、
それぞれの記事に貼れば良かったと言う事。

どこで手に入れたかと言う事を記述しておく事は
意外と重要だと改めて感じた。。
このブログを読んで下さっている方々が
その製品を欲しい場合の参考にもなるし、
過去にどの店に訪れて購入したか、
自ら確認する時にも便利だからだ。
たまにテキストで購入店を書いている場合もあるけど、
やはり画像があると説得力が違うから。

まぁ最初から“水に最大限の情熱を!!”
なーんて具合に熱い想いがあった訳では無いから、
仕方ないと言えば仕方ないのだけど。
過去の事をいつまでも嘆くより、これからだな。
私が生きているのは過去ではなく今なのだから。

2009年はもう直ぐ終わってしまうけども、
2010年も伊藤善久は激しく活動して行きます!
1300種目の紹介も迫ってきているし、
工場見学もドンドン行きたいし、
関係者の方々にもバンバン会って、
新種をグイグイ飲んで、
とにかくやりたい事だらけで書ききれない。
素人の立場からもっともっと鋭く強く深く
水に接して行きたいと考えている。

お知り合いの方、知り合うであろう方、
全く会う予定は無いけど、読んで下さっている方々、
これからもどうぞ宜しくお願いします。

それでは良いお年を。

伊藤善久 いとうよしひさ

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
haya アヤ 世界自然遺産の水 白神山地

名称:haya アヤ 世界自然遺産の水 白神山地
採水国:日本
採水地:秋田県山本郡藤里町
硬度・PH:14・7.1
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:5.6mg
カリウム:1.6mg
カルシウム:3.6mg
マグネシウム:1.4mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
世界最大級のブナ林が広がる白神山地。
そこには貴重な動植物が生息し、
世界的にも極めて価値の高い生態系を有している事から
1993年かに日本で初めて『世界自然遺産』に登録された。

ブナの巨木1本が抱く水量は約8トンと言われ、
ブナの葉や木が育んだ一滴一滴が地中深くしみ込んだ水で
太古からの生命の波動を刻み込んでいる
大自然からの恵みである。

実は haya アヤと言う製品は一度紹介しているが
そちらは青森県産で、こちらは秋田産。
同じ会社が販売しているミネラルウォーターなのに、
ボトルサイズで製造工場が違うのだろう。
同じ店で買って違う人が同時に飲んでも、
その中身は実は違っていると言う、
面白い現象も充分にあり得る訳だ。

非加熱にこだわって製造している。
つまり、より自然に近い味が楽しめると言う事。

売上金の一部が世界自然遺産白神山地の
保全活動資金として活用されている。
購入者は自動的に白神山地を守る事に参加している訳だ。
何だかとても良い事をした気分になれる。

とてもサッパリしていて透明感がある。
アッサリし過ぎの感じすらあるが、
喉が渇いた時グイグイ飲むのには最高だろう。
硬度的には何でも使える水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
神戸ブランド KOBE水素イオンWATER

名称:神戸ブランド KOBE水素イオンWATER
採水国:日本
採水地:神戸市中央区加納町1
硬度・PH:90~100mg・7~8
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:12.1mg
カリウム:0.6mg
カルシウム:27.3mg
マグネシウム:5.7mg
その他特筆すべき成分:硫酸マグネシウム0.02mg

味の感想【yooo】
この水はミッキーさんから送って頂きました。
FOODEXで実際にお会いした事がありますが、
こだわりを持った素晴らしい方です。
最近ではおいしい店や食べ物にも詳しく、
その方面でも活躍されています。
HPブログを是非訪れてみて下さい。

神戸布引山麓の地下深く、
六甲山系の美しい花崗岩で長い歳月・自然に磨かれた
清冽な湧き水に水素イオンを加え、
安全な環境下でボトリングしたのがこの製品。
加熱しても水素イオンがなくならない為、
調理・お茶・コーヒーなどにも使える。

水素イオンは通常の3倍らしい。
2ppm含まれているとの事だが、
何に比べてと言う事は記述されていない為、
少しわかりにくい。

滑らかな舌触りでスルスル身体に入る感じ。
クセもなく誰が飲んでも嫌といわない味。
水素やら酸素が入っている製品は、
フタを空けた瞬間に出て行ってしまう気がして、
撮影している間も気が気じゃなくなるのが、
自分でも可笑しかった。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
名城大学 オリジナルミネラルウォーター

名称:名城大学 オリジナルミネラルウォーター
採水国:日本
採水地:岐阜県関市洞戸
硬度・PH:29・7.4
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:3.7mg
カリウム:0.5mg
カルシウム:10mg
マグネシウム:0.8mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この水はKUMAさんから送って頂いた製品です。
キャップコレクションでは有名な方で、
綺麗に分類されたコレクションの数々は見ていて飽きません。
是非一度HPブログを訪れてみて下さい。

名城大学オリジナルのミネラルウォーター。
愛知県名古屋市にある私立大学で、
有名教授が複数存在し(ノーベル賞候補もいるそうだ)、
飛び級などを実施しているユニークな大学だが、
申し訳ない事に私はその存在を知らなかった。
何となく聞いた事があるかな、程度の認識。
名古屋の大学と言えば名古屋大学・愛知大学・南山大学、
その3つしか知らなかったなぁ。

原水は円空上人ゆかりの『高賀神社』がある
長良川上流奥美濃洞戸高賀渓谷の一億年の地層から
時空を超えて湧き出た天然水である。
その原水を非加熱にこだわり、
安全な環境下でボトリングしたのがこの製品。

最近は学校がオリジナルミネラルウォーターを製作し、
販売すると言うケースも見受けられるが、
キャンパス内に限った事なのかな?
外部でも売ればアピールになると思うけど。

ラベルには大学のロゴであるライオンが描かれている。
なぜにライオンかと言うと、
学歌2番の『獅子の玉座は我にあり』から
体育会がシンボルとしていたものを図案化したとの事。
名城大学公式HP参照)

サッパリとしていて抵抗感なく身体に入る感じ。
クセがなく誰もが楽しめる味。
硬度的には料理・お茶・コーヒー、
何にでも幅広く使えそうだ。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
“え、なぜミネラルウォーターのブログに かに道楽?”
そんな風に思った人もいるだろうが、
しっかりと水の話題を書くから安心して欲しい。

先日38年間生きてきて初めて かに道楽 に行って来た。

かに自体はそれ程好きと言うレベルではなく、
あれば食べる程度だけども、
それなりに鍋やサイドメニューを楽しんで来た私。

最初は軽くお酒など飲んでいたのだが、
メニューを見ている時、ふとあるものの存在に気付いた。
“当店オリジナル スパークリングウォーター”
なんだって?!
もしかしたらオリジナルラベルの製品かもしれないしと、
早速注文してみた。

店員さんが持ってくるまでの間、
私は料理が出てくるよりもワクワクしながら待っていた。

スルジーヴァ

運ばれてきたのはスルジーヴァで、
“あぁ、オリジナルじゃないのか・・・”と
がっくり肩を落としつつも、
なぜスルジーヴァなのだろう?と言う疑問も出てきた。
その場では聞けなかったが、今度質問メールを出してみよう。

カニの鍋とスルジーヴァの相性は
それ程良いとは思えなかったが、
新宿で食べるカニとイタリア産のミネラルウォーターの
組合せがユニークで楽しかった。

興味のある方は是非かに道楽新宿本店へ。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
KKind'a Blue カインダブルー

名称:KKind'a Blue カインダブルー
採水国:日本
採水地:富山県下新川郡入善町
硬度・PH:57・8.2
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:7mg
カリウム:1.5mg
カルシウム:19mg
マグネシウム:2.3mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この製品は新宿のアスティナホテル東京で手に入れた。
いわゆるウェルカムドリンクとして置いてあった。
最近ではそのようなホテルも多くなり、
オリジナルを作っている所もあるから、
色々なホテルに泊まってチェックするのも、
水探しの一環として大切に事になっている。

原水は日本名水百選にも選ばれた
名水の里 富山県入善町で採水され、
北アルプスの清流を集める黒部川が作った、
日本でも屈指の美しさで知られる黒部扇状地の、
豊かな自然が生んだ天然水である。
私も実際入善に行ってみたが、
なる程、そこにいるだけで良い水が出るだろうと、
想像できる土地であった。

ちなみにこのボトルの形を見たら、
“あ、入善産だ!”と思ってもらって間違いない。
下部の凸凹が特徴的である。

サッパリとしていて、スルスル身体に入る感じ。
クセが無くどんな用途にも使えるだろうし、
誰が飲んでも嫌いとは言えない味だと思う。
故にウェルカムドリンクとしては最適かも。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
いろはす

名称:おいしい+環境にいい い・ろ・は・す I LOHAS
採水国:日本
採水地:富山県砺波市東保
硬度・PH:31.5・6.7
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:8.6mg
カリウム:0.7mg
カルシウム:9.3mg
マグネシウム:2mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
またまたいろはすの紹介である。
おいおい伊藤、い・ろ・は・す I LOHASは既に紹介しただろう!
そう思ってくれた方 ありがとうございます。
このブログを読んで下さっている方ですね。
以前紹介したのは静岡産・鳥取産で、これは富山産。
同じラベルで中身は全くの別物なのである。
最近大きな企業はエリアごとにブランドが同じでも
中身が違う形で製品を世に出す事が多くなった。

富山県・石川県に旅する機会があった為、
現地に行ってキッチリ手に入れて来た。

いろはす

源流・岐阜県烏帽子岳から、
採水地である富山県砺波市に至るまでの間、
花崗岩の層を通り抜け、磨かれ、
自然の恵みを溶け込ませてるのがこの製品の原水。

520mLと、通常よりも多く入っていて、
お得感があるのが嬉しい。
20mLなんてほんのちょっとなんだけども、
人間の感覚って面白いものだね。

毎回同じような事を書いているが、
“い・ろ・は・す I LOHASって美味しいよね!”
そう思っていても、実は違うものを飲んでいる可能性がある。
美味しいは美味しいでも同じ“美味しい”ではないのが面白い。
例えばずーっと富山県産のものを飲んでいた人が、
他の地方に行って、他の採水いろはすを飲んだ時、
果たしてその違いに気づくのかどうか興味がある。

サッパリとしていて口当たりも良く、
クセも無いため飲み易い。
自販機やコンビニで売るには最適の水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

おいしい+環境にいい い・ろ・は・す I LOHAS

2012年9月 再入手したから載せておく。
デザインは変わっていないが、成分が変わったから記しておく。
容量が520ml→555mlに増えた。

硬度・PH:29.8・6.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:8.1mg
カリウム:0.5mg
カルシウム:8.8mg
マグネシウム:1.9mg
その他特筆すべき成分:特に無し

ちなみにこの製品を再入手したのは、
福島県大沼郡金山町。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

ミネラルウォーター大全で紹介した製品で
通信販売が可能な製品を紹介するブログ
ミネラルウォーター大全で紹介した製品通販はこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全

2009年12月20日は、
ここ最近じゃ珍しい位の新種発見をした日だった為、
順を追って日記形式で書きたいと思う。

アクアストア

まずは日比谷線で広尾へ。
アクアソムリエの山中亜希さんから
“伊藤さんマニーヴァのペットボトルが入りました。
それ程多く仕入れてないのでお早めに!”
と言う連絡が入った為、アクアストアへ買いに行った。
11時の開店に合わせ店内に入り、目当ての製品を見つけ、
他にも数本買って直ぐに店を出た。
いつも“山中さんはいらっしゃいますか?”と
聞けばいいのに、恥ずかしさもあって、
聞かずに店を出てしまうのだが、
来年は“山中さんはいらっしゃいますか?”と、
普通に聞ける人間になりたい。

マニーヴァ×2・ロスバッハー・ルソを買った為、
その時点で荷物重量は2kgとなってしまったが、
ビニール袋で食い込む手が痛むのを
気にしないようにし、広尾駅の方に戻り、
ナショナル麻布スーパーマーケットに向かった。

ナショナル麻布スーパーマーケット

アクアストアに徒歩で行く時はいつも
戻るついでにナショナル麻布マーケットに寄るのだが、
意外と距離がある為に面倒臭いなと思う事も多い。
外国の方々も多く歩いているその町は、
私の住むエリアとは明らかな違いがあり、煌びやかで、
とても素敵な雰囲気である。

店内に入り他の売り場には目もくれず、
ダイレクトにミネラルウォーター売り場を目指す。
パパパっと製品をチェックすると・・・
未入手製品が3種もあったではないか!!
“ええええ!!”っと思わず声が出そうになった。
その3本を売り切れるわけでも無いのに
急いでカゴに入れレジへと向かった。
私にとって新種は宝同然だからね。

成果

無事手に入れ、ホクホク顔の私だったが、
アクアストアから出た時よりも重い荷物が
片手に大いなる負担をかけ、
“送ってしまおうか”とさえ思った。
500mL×2 1.5L×1本が+されたから。
少しでも負担を経減らす為、ロスバッハーをがぶ飲みし、
500gを減らし、何とか地下鉄に乗り込んだ。

おいしい山形プラザ

広尾から日比谷までは1本だから楽。
日比谷から有楽町、そして銀座方面へ移動し、
山形のアンテナショップ『おいしい山形プラザ』へ。
定期的な巡回リストに入っている店だったが、
読者の方から未入手品情報を頂き、
(ジンさん本当にありがとうございました)
販売商品が変わっている事に気付いたのだ。
このような情報提供は本当に助かるし嬉しい。
月山深層 白露垂珠 天然波動水をゲット。
ゲットした事により720mL&ビンの重量が
かなり厳しく私の手に負担をかける。

おいしい山形プラザを出た後は東銀座へ。
最後に『いわて銀河プラザ』に寄る為だ。

残念ながらいわて銀河プラザでは収穫無しだったが、
“そう言えば群馬のアンテナショップが出来たんだっけ”と思い出し、
少しだけ戻り『ぐんまちゃん家』をチェック。
何とそこでも1本発見し、新種が5本に・・・
凄い!!凄過ぎる収穫だ。
最近では旅をしても5種見つかる事は少ないのに。
ただし当然手にかかる重量はUP!

大きな発見があって嬉しかったが、
これからも油断せずにチェックしないと駄目だと、
改めて気を引き締めた日曜日だった。

家にか戻って手を見ると、
赤くなって少し腫れていたのが痛々しかった。

おしまい

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
海洋深層水 能登はやさしや水までも

名称:海洋深層水 能登はやさしや水までも
採水国:日本
採水地:石川県能登町小木沖3.7km 水深320m
硬度・PH:0・7.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:0.8mg
カリウム:0.1mg未満
カルシウム:0.2mg
マグネシウム:0.1mg未満
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
能登町小木3.7km 水深320mから汲み上げた、
能登海洋深層水は清浄性・冨栄養性・低温安定性
ミネラル特製に富み、大海へと出て行かない水、
日本海固有水と呼ばれている。
なるほど、太平洋側の深層水は流れてくるが、
能登の深層水はそうじゃないって事だね。

能登は海洋深層水を使ったお酒造りも盛んな事から、
その原料である水にも注目し、製品化が決まった。
製品化前は取水施設にまで行かないと手に入らなかったが、
ペットボトルになったおかげで、
全国どこでも誰もが飲めるようになった。
私自身も東京でこの水を飲んでいる訳だし。

1つだけ疑問に思うのは硬度を0に近づけた事。
海洋深層水は硬度が高くなるにつれ、
独特のエグ味が出て飲みにくくなるが、
ミネラルの種類・量の豊富さが魅力の一つであり、
それを完全と言えるレベルにまで消してしまうのは
なにやら勿体無い気がするんだけどなぁ。

さっぱりしていてとても飲み易い。
海洋深層水っぽいクセが感じられない。
この味ならばどんな用途にも使えるだろうし、
誰もがグイグイ飲めるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

海洋深層水 能登はやさしや水までも

2012年12月 再入手したから載せておく。
成分・ラベルに変わった点は無い。

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

ミネラルウォーター大全で紹介した製品で
通信販売が可能な製品を紹介するブログ
ミネラルウォーター大全で紹介した製品通販はこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全

私は日本中で売られている水製品を
全て紹介する意気込みで、
毎日アチコチの店をチェックしているが、
いつも不思議に感じていることが1つある。

それは小さな店が珍しい製品を扱っている事。

なぜこの水が?と思うような、
他ではあまり扱っていない製品を販売しているのを見て、
色々考えてしまう事もある。
他の製品展開を見ても、扱いを見ても、
水に力を入れているとは思えないのになぜ?と思うのだ。

営業が頑張った成果だろうか?
店主(または店員が)が好きだから仕入れたのだろうか?
適当に仕入れた結果なのだろうか?
付き合いで断りきれなかったのだろうか?

そう言う店に入った時は、
“この水を売る事になった経緯を教えて下さい”と
思わず店の人に聞きたくなってしまうが、
流石に素人の身ではそれは出来ない。
いくらブログの名刺を出した所で、
“怪しい”“図々しい”と思われるのがオチだろうから。
そう言う時には本業で水に関っていない悲哀を感じる。
記者だったら・・・ライターだったら・・・
自分はもっと積極的になるんだろうなと思うけど、
逆に言えば素人の立場を貫く事も大切な事だと思う。

これからも私は日本全国各地を走り回り、
アチコチの店に寄ってチェックするだろうけど、
細かくどうでもいいと皆が考えるような情報を
せっせと集めて書いていこうと思う。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
LAWSON 立山黒部のおいしい水

名称:LAWSON 立山黒部のおいしい水
採水国:日本
採水地:富山県下新川郡入善町
硬度・PH:57・記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:7mg
カリウム:1.5mg
カルシウム:19mg
マグネシウム:2.3mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この製品はローソンオリジナル。
お買い得な値段で系列店でにて展開していて、
消費者としてはありがたい。

立山連峰を流れる名水百選黒部川がつくりだす、
大きな扇状地に位置する入善町。
私も実際訪れた事があるが、
“いい水が採れそうだな”と感じられる雰囲気だ。
水の町としても県内外にアピールし、
最近では入善産の製品もかなり増えている事から、
その試みは成功していると私は考えている。

ローソンはミネラルウォーターの販売に
力を入れているのが嬉しい。
ナチュラルローソンを始めとし、販売種類が多いし、
他社とのタイアップで色々キャンペーンもやっている。

サッパリしていてクセがなく、
何の抵抗もなくグイグイ飲める味で、
コンビニで売る水としては最適だと思う。
硬度的にも色々な用途に使えるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
新企画を思いついた。
『あの人が愛するミネラルウォーター』と名づけ、
その企画名の如く、色々な方にメールを出して、
愛するミネラルウォーターを聞いてみるという企画。

無礼にもいきなりメールを送るものだから、
返事が来なくて当たり前と言う状況の中、
ありがたい事に数人から返答を得、
ブログに載せてもOKと言う許可も貰い、
やっと実現できると喜んではいるのだが、
この先どうなっていくかは全く読めない。
尻すぼみになり消滅する可能性すらある。
しかし、始める事が大事とし、
出来る限り続けていこうと思っている。

読者の方々にわかり易いのは、
芸能関係の人を登場させる事なのだろうけども、
芸能関係の方々はスポンサー等の関係があり、
素人のブログに好きなミネラルウォーターを教える事は、
恐らく無理だろうと言う事。
教えてくれたとしても記事には出来ないと思うし。
勿論私みたいな人間に返答してくれる可能性も少ないしね。

であるから少し視点を変えて、
有名だけど芸能人ではない人達に的を絞った。
まぁそのような方々でもスポンサーとの関わりがあって、
上手く答えられない場合も多いのだろうけど、
芸能人よりはハードルが低いかなと勝手に思い込み、
パッと頭に浮かんだ人物や、
話題の人物にせっせとメールを送る事にした。

焦る事は無いのだ。
このブログのメインは製品紹介であるから。
その合間に書く記事としての企画だからね。

いざメールを送ろうと思っても、
意外に送り先を思いつかないもので、
無謀にも自治体の長に送ったりもしてみたが、
良く考えたら特定の製品を応援する事になっちゃまずいから、
答えてくれる訳は無いんだよなぁ・・・
ミネラルウォーターメーカーの社長宛にも
“自社製品を飲んでいらっしゃるのでしょうか?”
などと言う失礼極まりないメールを送ったりもした。
今では反省している。

この企画を続けていくには、
私が適した人物を頭に浮かばせる事から始まる為、
アチコチにアンテナを立てて、
常に“この人に送ってみよう”“この人ならば”
と考えていなければならない。
その為の情報収集も大切だ。
とにかく油断せず生活していかなければ。

取りあえず何回か分は記事を用意しているが、
さてさてどうなる事やら・・・

恐らくいないとは思いますが、
著名人でこのブログを見て下さっている方、
是非愛するミネラルウォーターを教えて下さい。
勿論記事にしても良いと言う前提で。

宜しくお願いします。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
金沢の水

名称:金沢の水
採水国:日本
採水地:石川県金沢市末町
硬度・PH:23・7.6
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:3.6mg
カリウム:0.3mg
カルシウム:6.3mg
マグネシウム:1.5mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
神々の座、白山のぶな原生林に源を持つ犀川。
詩人室生犀星が美しい川と謳うその流水を、
ゆっくりと濾過しボトリングしたのがこの製品。

採水地である末浄水場の緩速濾過施設は、
昭和5年から現在まで長く市民の渇きを癒して来た。
その施設は有形文化財に登録され、
市民を始め足した人々に愛され続けている。

ちなみに緩速ろ過とは簡単に書くと、
一度川から取水した水を緩速ろ過槽に貯め、
薬品を一切使わず、砂や微生物の力を狩りてろ過する方式。
薬品を使わない他に、コストが低く済むメリットがある。
しかし、広大な土地が必要な事、ろ過に時間がかかる事、
激しい汚染に弱い事等のデメリットがある。
逆に言えば緩速ろ過を採用している都市は、
水が綺麗な場所と言えるのではないだろうか。

金沢の水

この製品は現地まで行って手に入れてきた。
金沢駅他、兼六園等でも販売が確認され、
ある程度の範囲で売られている事がわかった。

ラベルは兼六園雪吊りが描かれている。
シンプルだが美しい。
金沢の雰囲気に合っている気がする。

後味がスッと引く感じが良い。
何も邪魔しない感じで美味しく飲める。
料理にも名物のほうじ茶にも、
勿論そのまま飲んでも覆いの楽しめる水と言えるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

ミネラルウォーター大全で紹介した製品で
通信販売が可能な製品を紹介するブログ
ミネラルウォーター大全で紹介した製品通販はこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全
三陸鉄道がお歳暮にもなる非常食を発売している
とのニュースをネットで見た。

一体どんな内容なんだろう・・・と興味を持ち、
確かめてみると、何と私が欲していた製品が
セットになって入っているではないか!!
その製品とは岩手山のバナジウム天然水。
過去に2度も記事にしている程欲しい。
http://joooyooo.blog28.fc2.com/blog-entry-1441.html
http://joooyooo.blog28.fc2.com/blog-entry-1351.html
だが販売している八幡平トラウトガーデン
東京からだとかなり厳しい距離だ。
ましてや水1本の為に行くには辛い。
でも通販は出来る限り利用したくは無いから、
いつか他の用事を作って行くしかないかな。
前は盛岡に友人がいて、20回位岩手には行ったのに、
水をやってからは落ち着いて観光できていない。
わんこそばも食べた事が無いし、
来年あたり行ってみようかな。

ミネラルウォーターとは関係ない話題になるが、
三陸鉄道は車両が魅力的だ。
こたつ列車・お座敷列車・レトロ列車など、
鉄道ファンじゃなくても乗ってみたくなる感じ。
厳しい冬の雪国で電車に揺られながら旅をするのも、
贅沢で素敵なんだろうなぁ・・・

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
ロスバッハーの輸入元として大いに頑張っている阪神酒販が、
クリスマス特別WEB企画として、
WATER FOR SMILE ウオーター・フォー・スマイルを
1ケース購入すると、なんともう1ケースついて来るとの事!!
更にその2ケース分の送料が無料と言うのだから、
これはお得としか言いようがない。
私は阪神酒販と何の関係も無いが、
ニュースで見たら書かずにはいられなくなった。

このWATER FOR SMILE ウオーター・フォー・スマイルだが
1本あたり(137円)の内の10円が、
世界の子供たちを支援する為、
国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパン寄付される。
無料で得られる1ケース分も寄付の対象になると言う事だから、
1ケース買えば自分には1ケース+送料が得となり、
世界の子供たちには24本×2ケース×10円=480円も渡る訳だ。
うーん・・・素晴らしい。

ちなみに、2ケースも要らないけど飲んでみたいと言う人は、
ITS'DEMO イッツデモや西麻布のアクアストアで売っている。
まず単品で味を確かめたりして購入するのも有りだろう。

それにしてもこのような大盤振る舞いをして
阪神酒販は大丈夫なのだろうか?
大きなお世話か。 

阪神酒販のHPはこちらから

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

通天閣の水

名称:通天閣乃水 つうてんかくのみず
採水国:日本
採水地:滋賀県 比良山系
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
記述無し

味の感想【yooo】
水のデータが書かれていないのは悲しい。
スペース的に書けなかったのだろうが、
成分・採水地・情報が全て無しと言うのは、
水への関心が高まってて来ている現在、
改善しても良い点ではないかと思う。
ボトルに付いている将棋型の紙には書いてあるんだけど、
落ちる事もあるし、気づかない事もあるからね、
中に何かが書いてあるって事を。

比良山系の地下水を逆浸透膜で純水に近づけた。
純水に近づける意味と言うのがイマイチわからないが、
何らかの考えがあっての事なのだろう。
私自身は勿体無いなぁと思っている。

通天閣の水 東京タワーの水

容量は400mlで、東京タワーの水290mlよりも多い。
せっかくだからボトルを並べてみた。

確かに変わったデザインで面白いのだけど、
最初に東京タワーの水を見てしまっている為、
私にはインパクトが薄かったなぁ。
大阪らしく度肝を抜く色使いとか、
そう言うのも期待したけど、意外に普通で逆に驚いた。

滑らかな口当たりで、グイグイ飲める感じ。
クセが無いため、誰が飲んでも嫌とは言わないだろう。
ボトルはとって置いて使う事もできるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

通天閣乃水 つうてんかくのみず

2012年12月 再入手したから載せておく。
相変わらず成分は書かれていない。
ラベル・ボトルに変化は無い。

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

ミネラルウォーター大全で紹介した製品で
通信販売が可能な製品を紹介するブログ
ミネラルウォーター大全で紹介した製品通販はこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全

立山連峰のしずく

名称:谷川連峰のしずく
    山々に磨かれた天然の雫たち
採水国:日本
採水地:群馬県利根郡みなかみ町
硬度・PH:69・6.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:13mg
カリウム:1.5mg
カルシウム:19mg
マグネシウム:5.3mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この製品は羽田空港内で発見したのだが、
なぜに群馬の水が羽田空港に?と思ったら、
製造会社がコーヒーショップと関係が深いと言う事がわかり、
なる程と納得できた私である。
何事も調べ納得すると気持ちが良い。

シンプルなデザインで目立つ。
私も冷蔵庫に入っている製品を見、
“あ!”と、直ぐに気付いた位だから。

ラベルにデータはきちんと書いてあるものの、
水自体の説明が無いのを残念に感じた。
コーヒーを飲みに来た人が水の説明なんて
一々求めないのだろうけど、
昨今水に対する関心は高まっており、
水に対する安心感・親近感を出す為にも
何かしら書いて欲しかったなぁと思っている。
売っているのはコーヒーショップだけではないだろうし。

みなかみ町産の製品は去年あたりから随分増えてきた気がする。
元々水の良い所ではあるが、力を入れ始めているのかな?
それとも私の勘違いだろうか。
群馬県の工場見学に行かねばならないか・・・

舌触りが優しく、スルスル身体に入る感じ。
クセがなくそのまま飲んでも抵抗感が無い。
硬度的に色々な用途に使えそう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

谷川連峰のしずく

2012年2月 再入手したから載せておく。
自販機で購入した為、ボトルが円柱状だが、
成分・ラベルに変わった点はない。

谷川連峰のしずく

2012年10月 また手に入れたから載せておく。
ボトルは2012年2月に手に入れた時と同じ円柱状。
成分・ラベルに変化はない。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

ミネラルウォーター大全で紹介した製品で
通信販売が可能な製品を紹介するブログ
ミネラルウォーター大全で紹介した製品通販はこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全

ふくしま荒川の湧き水 土湯の水

名称:ふくしま荒川の湧き水 土湯の水
採水国:日本
採水地:福島県福島市土湯温泉 山水荘
硬度・PH:17・7.2
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:2.6mg
カリウム:1mg
カルシウム:5.6mg
マグネシウム:0.8mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この製品は土湯温泉観光協会の方から送って頂きました。
急な問い合わせにも親切に対応して頂けて、
心から感激しています!ありがとうございました。

秀峰吾妻山のふところに抱かれ、
清流荒川のたもとに佇む山間の温泉地。
春夏秋冬が織り成す自然の宝庫であり、
神代の昔からの長い歴史と、自然の恵み豊かな湯が、
今も変わらず温かく包んでくれる。
それが土湯と言う温泉なのである。

福島県にはそれこそ何十回も行った事があるが、
正直な話、土湯温泉を今回初めて知った。
位置的には福島西I・Cから15分だから、
首都圏からも遠くなく、行き易い場所だと思う。

荒川上流の源泉をボトリングした製品との事だが、
私は最初関東の荒川だと勘違いし、
“荒川って福島から東京に流れてきているんだっけ?”と、
思わず地図を手にしてしまった。
ここで言う荒川は阿武隈川水系の一級河川で、
全国対象河川(166河川)の中では、
平成16・19・20年と水質一位をとった、
全国でも有数の清流なのである。
昔から愛されている素晴らしい原水を
安全な環境下でボトリングしたのがこの製品。

パンフレットを見ていて源泉探訪に興味を持った。
蒸し料理・温泉玉子作り体験など、
“やってみたい!!”と思うものばかりで、
いつか行ってみたいなぁ・・・と、
思わず週末のスケジュールを確認してしまった。

スッキリとしていて爽やかな味。
スススっと入っていく感じが心地良く、
後味のサッパリ感が強く感じられた。
温泉に入った後にグイっと飲むのもいいだろうなぁ。
硬度的にはそのまま飲む以外にも何にでも使える。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
最近体調が完璧ではなかった為、
製品を飲んで記事にする作業は控えていたのだが、
その体調もやっと完璧になり、
そろそろ製品紹介を再開しようと思っている。

新製品を手に入れるペースも
かなり落ちていて、辛い状況ではあるが、
アチコチ行って探す事に手は抜いていない。
寧ろ前よりも気合が入っている位だ。
スーパー・コンビニ・ドラッグストアは勿論、
オシャレなパン屋や、酒屋にも入り、
水製品をチェックしている毎日である。

そんな努力もあり、先週は6種程ゲットできた。
紹介数が1250を超えている今、
6種増やすと言う事がどれだけ大変か、
ナカナカ理解してはもらえないだろうけど、
血の滲むような努力・・・とまで言っては大袈裟だが、
それ位に苦労しているのだ。
協力して下さる方々もいて、優しくされた上に、
水を送って貰ったりすると泣きそうになってしまう。
心から嬉しい!だから記事に気合が入る。ははは
そこら辺現金なものだけど仕方ない、人間だもの。

以前は旅に出れば2桁は確保できたものだが、
今は1本見つかれば御の字と言う状況。
それでも動き続けなければいけない私は鮫にも似ている。
とにかく“探せ探せ!!”“時間を惜しむな!”である。
焦る必要は無いけども、なるべく早く達成したいものだ。
人生は一度きり 今この瞬間は二度と帰って来ない。
だからこそ出来る時にやるのがベストだ。
寝転んでいても平等に時は過ぎていくからね。

7月1日に1200種到達し、既に5ヶ月が過ぎているが、
1300種目を紹介できるのはいつになるかなぁ。
その時が1秒でも早く来るように頑張るぞ!!

これからもミネラルウォーター大全及び、
伊藤善久を宜しくお願いします。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
実はここ数日体調が完璧ではなく、
紹介できる製品があるものの、
ただでさえ味覚が鋭くない人間が評して
申し訳ないと思っているいるブログなのに、
体調が悪ければ失礼だと思い、
それじゃ何か他の事でもと、
新企画の構想を練る事にしたのだ。

とは言っても私は1人。
会議等をして意見を戦わせ、企画を練る事はできず、
自問自答を繰り返すのみである。
頭が良い訳でもなく、発想力に優れている訳でもない為、
馬鹿みたいな企画ばかり思いついて、
自分が嫌になってしまった瞬間もあった。

だがしかし、これなら面白いかもと言う考えが浮かび、
早速実現するための行動を起した。
決めてから早いのが私の特徴でもある。
データを集めて発表する種類の企画だから、
直ぐに公表できないのが辛い所だが、
きっと皆さんにも楽しんで貰えると思う。
しかし所詮素人の身であるから、
企画自体が同にもならず、没になる可能性もある。
そこら辺は頑張って行くとしか言えないなぁ。

個人のブログってのは始めるのは簡単だが、
書き続けていくのが本当に大変だと思う。
最初は毎日書いていても、次第に週1回更新になったり、
その内アカウントのパスワードさえ忘れ、
自分で自分のブログに書き込むことも出来なくなり、
その内存在すら忘れていくような監事が多いのかも。
私は幸い水に物凄く大きな魅力を感じ、
周囲の皆さんに良くしてもらったりして、
毎日のようにネタに困る事無く書けているが、
振り返ると“よくもまぁ一人でこんなに・・・”
なーんて思ったりする事もある。

これからも自身が楽しみつつ、
皆さんを少しでも楽しませる事ができれば、
少しでも役立つことが出来れば幸いである。

さぁ張り切っていこう!!!

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
横浜市水道局が販売している はまっこどうし が、
リニューアルし、はまっこどうし The Water として
12月1日から販売開始をしたとの事。

私が最初に手に入れた時から、
これで2度のラベルチェンジをし、
今回は名前まで変えてしまったか。

横浜市水道局は力が入っているなぁ。
展示会にも積極参加してきたし、
その甲斐あって横浜=水のイメージが
段々と浸透してきた感じもする。

製品売り上げの一部が水道水の水源林保全や
アフリカの水環境整備支援に充てられるとの事で、
買うだけで何となく良い事をした気分になれる訳だ。
はまっこどうしの売り上げはかなり大きいはずだから、
寄付の額もそれなりなはず。

販売ボトルサイズは280・500・2000mlの3種。
女性職員を中心にしたスタッフが関わった事もあり、
オシャレで親しみ安いデザインとなっている。
逆に漢(おとこ)バージョンも見てみたい気がするが・・・

製品を買う場所はそこらじゅうにある。
神奈川に行って町をウロウロしたら見つけられるだろう。

私は実際に採水地の道志村まで行ったが、
周辺環境を見れば美味しい水が採れる地だなと
実感できる所である。
何か水製品を手にしたらその採水地を訪れるのも
水を楽しむ秘訣だと思う。
道志村は横浜からだと少し遠いが、
名物のクレソンを使った産物でも楽しみつつ、
ゆったりと時を過ごすのも良いだろう。

さてさて、私もリニューアルボトルを手に入れないとなぁ。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
フィジー産のミネラルウォーターと言えば、
FIJI WATERと言う製品が過去には売られていたが、
輸入の段階で何か問題が起きたのだろう、
暫くすると市場から姿を消していった。
イメージも良かったし、味が好きな人も多かっただけに、
その再販を望まれてはいたが、
販売されないまま今に至っている状況。

そんな中、再びフィジー産が売られる事になった。
FIJI WATERとは違う製品ではあるが、
Island Chill アイランド チルと言う、
硬度が117のミネラルウォーターだ。
栗本産業(株)が輸入元になるとの事。

シリカを含んでいる水として、
女性の美容にも良いと言う感じでアピールしつつ、
順を追って店舗展開していくのだろう。
私が手に入れるのはいつになるかわからないが、
いつかこのブログにも登場するだろう。

iTQi 国際味覚審査機構の優秀味覚賞を、
2年連続で受賞していると言う実績もある。
つまり味・性質は国際的に保障されているようなものだ。

ラベルもオシャレな感じだし、
早く手に入れて飲んでみたいな。
発売は12月7日だ。

ソース:ValuePress!

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします