FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2650種以上の市販水製品の実飲レポート

2009/101234567891011121314151617181920212223242526272829302009/12

2009.11.28土曜日。
このブログを通じて知り合った方に誘われ、
日本酒の美味しいこだわりの店に連れて行ってもらった。

私は基本的にお酒を必要としない人間で、
誰かと一緒でなければ1滴も口にしないが、
その店は美味しい呑み方や、
色々な情報まで丁寧に教えてくれて、
最初から最後まで沈黙も無く、話通しで、
勉強になると同時に心から楽しめた時間だった。

ご存知の通りお酒と水は切っても切れない仲で、
水の良し悪しでお酒が決まると言っても良い程、
重要な役割を担っている。
まず良い水を求めて、そこに酒蔵を建てると言う事が、
普通である位だからね。
そりゃそうだ、お酒は8割近くが水だから、
水が悪けりゃ酒も悪くなって当たり前なのだ。

最近では酒蔵の仕込水をボトルに入れ
売っている製品も何種類かあるが、
何となく“酒蔵が売り出している水ならば良いだろう”と
無条件に感じてしまう事もある。
それ位に酒蔵の水=良い水と言うイメージが、
人の心にはあるのだと私は考える。

お酒の魅力・水の魅力を再確認したと同時に
その店で学んだ事が1つある。
それは何歳になっても求め続ける事を忘れるな、
知識と言うのは終わりのない道のようなものだと言う事。
ご主人はお酒の事に関して本当に色々な角度から調べ、
体験しつつ、知識欲は留まる事を知らないと言った。
こう言う書き方をすると大変失礼になるが、
私よりかなり年齢が上なのに、
自分はまだ何も知らない まだまだ学ばなければ!
そう言う姿勢がとても格好良いと思った。
私も知りたいと思う気持ちが強い人間なので、
これから何歳になっても水について知っていこう!
改めて心に誓う自分がいた。

お金がなければ無いなりに、
時間がなければ無いなりに、
それぞれ出来る範囲で道を歩いて行けばいい。
終わりの無い旅は心臓が止まるまで続くのだ。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします