FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2650種以上の市販水製品の実飲レポート

2009/101234567891011121314151617181920212223242526272829302009/12

毎年ミネラルウォーター協会の資料を見るのが楽しみだ。

特に楽しみなのは都道府県別の生産量推移
どこ産の製品が増えているのか、
逆に減っているのかを確かめ、
なぜ増えたのか減ったのかを考えるのが好きだ。

2007年から2008年の値を見ると、
激増しているのが鳥取県。
サントリー・コカコーラと言う大メーカーがあるから、
その数値は納得がいく。

山梨の減りと静岡の増え具合に興味津々。
富士山・富士・バナジウムを製品名に入れた品で、
富士吉田産が減り、富士宮産が増えている証拠なのだろうか?

北海道産は意外にも減っている。
ただ2009年になるとコカコーラのいろはすが登場するから、
生産量は増えているかもしれない。
水彩の森などの製品も全国で頑張っているから、
増えていると思ったんだけど意外だ。

富山の数値が減っていると言うのも予想外。
ただ2009年の躍進は凄いから、
来年出る統計では違った結果が出ると思う。
入善産の製品は各地でかなり出回っているから。

鹿児島産は頑張っている。
垂水・志布志等の有名採水地があり、
知名度の高い製品が多いし、
かなりの製品が各地にで売られているから、
堅調なのだと予想している。

都道府県別の生産量についてはこれ位にして、
もう一つの興味深い資料である、
容器別生産量を見て色々書いてみよう。
ペットボトル生産量割合は前年に比べ変化は無い。
その他の容器についてもそれ程大きく動いていないが、
来年発表の資料ではペットが微減しBIBが増えると予想する。
エコを目指す世の中がそうさせるだろうから。

軽く見た限りで書けるのはこれ位かな。
もっと細かく書きたいけど、
そうなると馬鹿みたいに長くなるからここまでと言う事で。

皆さんも資料を見つつ、色々想像し、予想してみて、
裏づけを取る為あちこちに質問をしてみると良いだろう。

色々な話題を色々な人が色々な角度から眺める事により、
業界は発展して行くと私は考えている。
せっかく無料でこのような資料を提供して貰えるから、
ミネラルウォーター業界の未来の為にも、
考える事・想像する事を止めないで欲しい。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします