水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート
販売方法

私は水を探す為にとにかくアチコチの店を訪れる。
全国津々浦々小さな店か大きな店まで。
水の種類よりも訪れた店の方が多いのではないか?
訪れた店を全て記録してブログにしていたら
面白かったのでは?!とすら思っている。

そんな中には悲しい店が多くある。

それはどんな店かと言うと・・・
画像の通り直射日光に当てて水を売っている店である。
うーん・・・駄目過ぎる。
ラベルにも“直射日光に当てないで”と
保存方法と言う形で記載されている製品が多いし、
常識から考えても駄目とわかるだろうけどなぁ。

製造元も販売位置まではチェックできないのかな?
せっかく作った製品が変な位置で売られていたら、
悲しいと思うのだけど・・・
まさか私が言う訳には行かないから、
是非営業さんが頑張って欲しい。
こう言う店では水を買えないもん。

2008年最後の記事がこんな内容なのは
とても残念だけど、大切な事だ。
これからもアチコチでチェックして
現状を皆さんに伝えて行こうと思う。
皆さんも街に出た時気にして見て貰いたい。
正しく製造されるのと同時に、
正しく販売される事も大事だと知るべきだ


人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
今年も残りあと少し。
お世話になった皆様に挨拶でもと言う事で、
1つ記事を書いてみる事にした。

2008年は激しく活動したなぁ・・・
激しい活動を負担に感じた事は一度も無いけど、
冷静に振り返ってみると凄いと思う。
素人でここまでやる必要があるのか?とも。
しかし楽しいから止められない。
素人だからこそ出来る事だって沢山あるしね。

工場見学・採水地見学をさせてもらったりしたのは
本当に良い経験になったと思う。
小さい会社・工場だから駄目、
大きい会社・工場だから良いと言う事は一切無く、
現場に直接赴き、現場を肌で感じるのが大事と
知る事が出来ただけでも収穫である。
これからもアチコチ出かけて現場を知って行きたい。

展示会にも随分顔を出した
新種を得る為だけでなく、関係者と知り合う良い機会で、
名刺交換で終わりにはならず、
メールのやり取り等を通じて交流が続いているケースも多い。
展示会への積極参加はこの先も続けて行きたい。

雑誌等の取材を受けた事は新鮮な体験だった。
あくまで素人の私がなぜ呼ばれるんだ?
そう不思議に思った事もあったが、
そこから生まれた交流もあり、出て良かったと思っている。
オッサンだから顔出しは切ないんだけど・・・

飲んで記事を書くと言う本来の活動も順調だった。
協力してくれる人も随分多くなり、
私自身も休みの時間を削りに削って頑張った甲斐もあり、
何と紹介数が1100種を超えてしまった。
素人でここまで出来るなんて夢にも思わなかったもんなぁ。
500種位で限界だって考えていたし。
協力してくれる方々の為にも、
日本中の水製品を買い、飲み尽くし、
このブログが市販水の辞書に成り得る様頑張るぞ!

このブログを読んで下さった皆様
実際にお会いした事のある皆様
伊藤は伊藤らしく来年も激しい活動をして行きますので、
どうぞ宜しくお願いします!!
ご意見がある方はメールにて連絡下さい。
旅に出ていなければ基本一両日中に返事を送ります。
工場見学させて頂ける・私に会ってみたいなどと言う場合も
同じくメールにて連絡頂けたらと思います。

それでは良いお年を!

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
MINERAL WATER for slow style

名称:MINERAL WATER for slow style
採水国:マレーシア
採水地:ジョホール
硬度・PH:80・7
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:26.1mg
カリウム:5.3mg
カルシウム:30.3mg
マグネシウム:1mg
その他特筆すべき成分:サルフェート7.3mg

味の感想【yooo】
この水は(株)トレージャーアイランド様から送って貰いました。
FOODEX 2008 にてヴェスラウアーのサンプルを頂き、
その後もメールのやり取りが続き、
交流が続いている事がとても嬉しいです。

2種のラベルが存在するが、中身は同じ。
クローバーは女性 リーフは男性をイメージしている。
マレーシア国民はイメージ大事にするらしく、
そんな国民性を商品ラベルに表現した。
忙しく働きストレスの多い現代人に
すこしでも緩やかな癒し・休息を感じて欲しいとの事で、
“for slow style”の文字を加えた。
水を飲んでホッとする、そんな時間を大切にしたいものだ。

手付かずの大自然と野生動物に出会える世界屈指の楽園。
マレーシアのジョホール地方を採水地としている美味しい水。
厳格なUS企画をクリアし、
ABWA(Asian Bottled Water Association)に加盟している。
水事業運営すべてにおいて国際標準化機構ISOを取得している
世界最高水準の安全で安心な水である。
検査が通らなければライセンス剥奪にも繋がる検査も
マレーシア政府により2ヶ月毎に行われている。
更にシンガポールの米軍基地に8年間欠かす事無く水を提供し
半年後とに水質と工場設備の厳しい審査が米軍により行われ
クリアし続けている実績がある。
つまり2カ国により、年に8回も検査されている訳だ。
勿論日本の品質基準もクリアしているから、
3カ国の検査を突破していると考えて良い。

シンガポール国内では自社ブランドとOEMを含め、
水マーケットのシェアNO.1メーカーである。
OEMの供給先にはディズニーランド、ハイアットホテル、
シンガポール航空などがある。
一流が選ぶ水、それがこの商品。

サッパリしていて、さらさら感が強かった。
クセが無く日本人好みの味と言えるだろう。
日本の一般的な水よりも若干硬度が高いが、
まるで超軟水を飲んでいるような感じだった。
マグネシウムが少ないからこう言う味になるのだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
最近少し興味が出てきたのが
スーパーに置いてある水のスタンドである。
少し規模の大きい店舗なら、いまや確実に設置されている。
ボトルを買えば水は無料と言う感じで、
買い物客が充填しているのを良く見る。

さて、私が何に興味を持ったかと言うと、
その安全性と質についてである。

まずフィルターを使っているタイプの水は、
キチンとフィルター交換がされているのかと言う疑問。
例えば大盛況で利用者が想定より多くなり過ぎた場合、
定期交換と言う形で清潔さが保てるのか、
定期的ではなく、汚れ具合で交換している店はあるのか、
そう言う事を細かく知りたい。

逆浸透膜を使用しているタイプは、
安全そうに見えるが、塩素まで除去する訳だから、
スーパーから持って帰った後、清潔さを保てるのかも疑問だ。
塩素が残っていれば一応消毒にはなるから。
調理用で加熱すると言う前提ならOKだと思うけど。

麦飯石タイプやマイナスイオンタイプもあるけど、
効能が良くわからない。
マイナスイオン水ってのは本当に何か効能があると
証明されているのだろうか?
麦飯石で濾過したものならば多少はミネラルが出るだろうが、
そもそも塩素は全て除去できるのだろうか?

元となっているのは全て水道水と言う事で間違い無いと思うが、
(毎日どこからかタンクローリーで水を運んで来る訳無いもんね)
お得に見えるスーパーの水スタンドも、
飲料水と考えると色々疑問も出てくる。
勿論ペットボトル等の製品でも疑問はあるけど、
私はわざわざ利用したいと思わないな、今の所。

知識が乏しい為、推測的な事しか書けないが、
これから少しずつ知り、考えて見たいと思う。
素人考えの疑問を並べただけだから、
もしかすると根本的な間違いがあるかもしれないが、
間違っていたら指摘して頂きたいと思う。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
co-op 志布志 おいしい水

名称:co-op 志布志 おいしい水
採水国:日本
採水地:鹿児島県志布志市志布志町安楽
硬度・PH:40・記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:13mg
カリウム:5.6mg
カルシウム:11mg
マグネシウム:2.9mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
co-opには本当に水製品が多い。
しかも地域によって違う製品が売られていたりする為、
チェックが欠かせない店の1つである。
地域と密着しているイメージがあって、
水の限ってはまさにその通り売り方をしているから、
私としてはても嬉しい。

水そのものとは関係ないが、
採水地の志布志市志布志町と言う文字の並びを見ると
いつも可笑しくてクスッと笑ってしまう。
多分そんな封に思うのは私だけだろうが。

そしてその地を一目見たい!と、
実際に志布志まで行き、製造工場まで見学してきた。

シラス台地に降った雨が長い時間かけて地に浸透し、
濾過され、美味しい水となって出てきたものを、
安全な環境下でボトリングしている。
成分表には書いてなかったが、
きっとシリカが含まれていると思う。

クセが無くまろやかとラベルに書いてあるが、
まろやかと言うよりはサッパリした感じの味。
クセは確かに無く、グイグイ飲める。
スーパーオリジナルと言う事で、
価格も低く設定されているから、思い切り使える。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

co-op 志布志 おいしい水 2015年再入手

2015年に再入手したから載せておく。
成分等に少しだけ違いが有るから記しておこう。

硬度・PH:40・6.8
ナトリウム:12.6mg
カリウム:5.4mg
カルシウム:11mg
マグネシウム:2.6mg
その他特筆すべき成分:特に無し

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
立山の水 水割くん

名称:立山の水 水割くん
採水国:日本
採水地:富山県中新川郡立山町坂井沢154-1
硬度・PH:42.2・6.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:11mg
カリウム:3.4mg
カルシウム:13mg
マグネシウム:2.4mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この水はKUMAさんから送って頂いた製品です。
キャップコレクションでは有名な方で、
綺麗に分類されたコレクションの数々は見ていて飽きません。
是非一度HPブログを訪れてみて下さい。

雄大な北アルプス立山連峰が100年にも及ぶ
長い年月をかけてじっくりと自然濾過した清らかな天然水。
タイトルに大胆にも“水割の”と言う文字を入れ、
お酒を飲む人を対象に客層を絞っている。
しかし逆にこれは水割り用の水で、
普通に飲む用ではないのでは?
と思われてしまう可能性がある気がするのだが、
皆はどう感じるだろうか?

黒のラベルと言うのは目立つ。
良く見ると濃紺と言う気もするが、殆ど黒である。
黒地に白抜きと言うのはこれからラベルを作ると言う人で
少しでも目立ちたいと思う人には良いかもしれない。

滑らかな舌触りでクセも無く、
お酒があまり飲めない私でも水割りには良いのではと思った。
勿論そのまま飲んでも魅力的な水で、
色々な場面で活躍できるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
長崎県轟峡『名水の里』 水 まろやか

名称:長崎県轟峡『名水の里』 水 まろやか
採水国:日本
採水地:長崎県諫早市高来町
硬度・PH:31・7.7
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
記述無し

味の感想【yooo】
この水は愛しの牛乳パックと言うブログを運営している
朝倉2号さんから送って頂きました。
牛乳をこよなく愛し、牛乳パックを激しく愛し、
色々な製品について記事を書いているので、
牛乳に興味がある人は是非ブログを訪れてみて下さい。

日本名水百選の一つに数えられる長崎県轟峡の名水は、
多良山脈に降った雨や雪が長い歳月を費やして
自然の力によって濾過され、
奥深い峡谷から岩清水となって湧出する。
その水を安全な環境でボトリングしたのがこの製品。

長崎県産の水製品は意外と少ない。
1100種以上の製品を飲んだ私でも
この製品で3本目である。
私が発見していないだけか、それとも長崎県内各企業は
余り水の製品化に積極的じゃないのか、
そこら辺わからないが、もっとあったら良いなと思う。

硬度とPHは記述されているのだが、
主要ミネラルの数値が書かれていない。
昨今水に対する関心は高まる一方で、
意外と成分を見る人も多くなっている。
もし次にラベルデザインを変える事があるなら、
是非とも主要ミネラル数値を入れて欲しい。

タイトルにまろやかの文字があるが、
その通りで円やかな感じがした。
舌触りが滑らかでスルっと身体に入る感じ。
クセが無い為誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
立山連峰 立山の天然水

名称:立山連峰 立山の天然水
採水国:日本
採水地:富山県中新川郡立山町野村365
硬度・PH:58・6.7
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:5mg
カリウム:1mg
カルシウム:18mg
マグネシウム:3mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
北アルプスの天然水は、
立山連峰に降り積もった白雪を源とし、
長い歳月をかけて緑豊かな森と
太古の地層に研ぎ澄まされた素敵な水である。

立山の水と言うのは数多く製品化されているが、
それだけ豊かな水量と安定した質の水が出るのだろう。
自然の恵みは絶え間なく人の喉を潤しているのだ。

ラベルはシンプルながら透明感があって良い。
北アルプスのイメージが湧いてくるきがする。

サッパリスッキリした味。
サラサラ感があり、スッと身体に入っていく感じ。
クセが無い為誰が飲んでも苦手とは言わないだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
(株)ミロクに行って来た 町へ編はこちらから

柿田川湧水の見学を終え、一通りの行程が終了したが、
Dさんは駅に向かう途中にもう1ヶ所案内してくれた。
『三島梅花藻の里 みしまばいかものさと』である。

三島梅花藻

三島梅花藻

駅から近い所に三島梅花藻が生息していると言う事は
綺麗な水が駅近くにもあるという証拠。
良い水がある所では良いものが存在するのである。
そのような環境下にある三島と言う町は羨ましいと思った。
地元の人の情熱で里は整備され、
誰もが可憐な花を楽しめるようになっている。

三島梅花藻の里の見学で今回の全ては終了。
駅まで送ってもらい、1人になった。
朝から案内して頂いたDさんと(株)ミロクの皆さんに
大いなる感謝をこの場で伝えたいと思う。
本当にありがとうございました!!

(株)ミロクのHPはこちらから

お世話になったDさんのブログ
天然水太郎の天然日記』はこちらから



・・・と終わるつもりだったが、
実はこの後信じられないエピソードがあったのだ。

三島駅南口で新幹線のチケットを買い、
出発まで30分近くあった為、
そこらの店で水探しと土産探しをし、
そろそろホームに入っておくかと改札に向かった時、
改札から出てくる人の中に見覚えのある人がいた。
何とアクアソムリエの山中さんであった!!

本気で驚いた

東京で会うならまだしも、初めて行った三島で、
しかも帰りの時間も決めていた訳ではなかったから、
有り得ない低確率での遭遇でしょ。
山中さんは友達が一緒で、私は新幹線の時間があったから、
話す時間も無かったが、こう言う事があるから旅はやめられない。
また機会を見つけて水探し・工場見学に出かけるぞ!

おしまい

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
(株)ミロクに行って来た 合流後工場見学編はこちら

工場見学を終えた私達は
Dさんの行為で町を回る事になった。
その前に一度(株)ミロクの倉庫に寄り、並ぶ製品を見ながら、
箱に記されている製品名を見て、
“おお!この水は無い”なんて一人興奮していた私。
Dさんは水の関係者で私のブログも読んでくれているから、
私のはしゃぎに対し理解はあるが、
知らない人が見たら変な人だと思われるだろうなぁ。

倉庫を離れた私達はアピタと言うスーパーへ。
水チェックをしたが、新種は発見できず。
かなりの数が並んでいて売り場としては頑張っていたけど。

アピタの後は伊豆長岡京急ホテルへ。
何の為に?そりゃ水探しの為。
京急オリジナルの『K・AQUA』と言う製品があって、
それを探しに言ったのである。
フロントにその旨伝え、スタッフの方にも探して貰ったが、
過去には置いてあったものの、今は無いと言う結果。
残念だが退散するしかなかった。
ホテルの皆さん客でもない人間の為に親切にして下さって
本当にありがとうございました!

リストランテ ボッカデラベルタ

リストランテ ボッカデラベルタ

水探しの後は食事へ。
向かったのはDさんオススメの『リストランテ ボッカデラベルタ』。
何を食べるか少し迷った末、
どうせなら静岡産の何かを使ったものと思い、
静岡地鶏とキノコのペペロンチーノ?だったかな、を注文した。
シンプルな味付けながらオイル・食材のバランスが良く、
食感も楽しめて実に美味しかった。
特に鶏の柔らかさは絶品で、950円じゃ安いと感じた。
食後偶然店に現れた社長をDさんが紹介してくれた為、
名刺を渡し、暫く歓談していた。
そう言う出会いって大切!

レストランを離れた私達は柿田川湧水を見に行く事になった。
前にも私は行った事があるのだが、
素敵な場所は何度行っても素敵だからね。
季節が前に行った時とは違っていたから、
違う顔が見られるかもしれなかったし。

柿田川 豆腐アイス

駐車場に車を入れ、いざ見学。
まずは店が立ち並ぶエリアへ。
実はそこに美味しい豆腐アイスが売っている為、
2人して食べに行ったのである。
柿田川の水を使って作った豆腐のアイスクリーム。
文字だけ見ても食べたい!って感じる魅力がある。
観光客でかなり混んでいたが、上手くGET。
サッパリしていて豆腐の味を感じられ、
相変わらず美味しかった。

食べた後は湧水へ。

柿田川湧水

柿田川湧水

国道1号線の横にあるにもかかわらず、
美しい水がこんこんと湧いている所が存在するのは
何かこう不思議な感じがするのだが、
富士山は近いし、当たり前でもあるんだよなぁ。
砂の中から湧き出している青く見える水を見ていると
引き込まれるような感覚に陥る。
鮎が大量に泳いでいたり、カワセミを見られたり、
観光的には凄く良い時に行ったと思う。
暫く散策して、見学を終えた。

柿田川湧水て全のて行程が終了・・・と思ったが、
Dさんは更に1ヶ所湧水を見学できる所に寄ってくれた。
そこからはエピローグで書く事にしよう。

(株)ミロクに行って来た エピローグ

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
(株)ミロクに行って来た 合流まで編はこちらから

車に乗り込んだ我々は一路(株)ミロク本社へ!
地元の人しか通らないような裏道を走り、
それ程時間もかからず到着した。

(株)ミロク

(株)ミロク

事務所に入ると製品が並べられており、
入って来た人皆が目に出来る用になっている。
各地のパンフレットも置いてあって、
地元との繋がりが濃いんだなぁと感じた。
2階の事務所に上がり、まずは伊豆の天然水で乾杯。
話題に困る事も無く、水をテーマに話しまくった2人。
色々な裏話等も聞けるから関係者と会う事は止められない。
勿論その事は一生書くつもりなど無いし、
話してくれた事に感謝するだけだ。

伊豆の天然水

ふと事務所内を見渡すと水の並んだ棚が・・・
素早く私が反応すると、Dさんも色々説明してくれた。
現行製品から過去の製品まであったが、
新種が並んでいて涎が出そうだった。わはは
その内の何本かを頂き、未練を残しつつ棚を離れた。

いよいよその後は工場見学である。

湧水

1階入り口付近には湧水があって、
それを直に飲めるようになっている。
(株)ミロクの水は全て湧水で賄っているとの事。
その事に関するエピソードも興味深かった。
思い切った決断をする社長にも一度話を聞きたい位である。

本社から工場までは1つ山を越えて行くような感じ。
やはり地元の人しか通らないような道を走り、
山から湧き出す水を飲む為寄り道したりしつつ、
工場に到着した。

大手の工場以外で考えると規模は大きい方だ。
ISO取得の為これから色々と変わっていく最中で、
工事なども盛んに行われているが、
山の中の環境と言う事もあり、静かである。
施設は古めだが衛生関連にはキチンと気を配り、
安全な水が作られているという事が実感できた。

工場を訪ねて実際見学させて貰うと、
その企業の心構えなどが見えてきて、
愛着が一層増し、製品に対する信頼に繋がる。
だからこそ皆もドンドン工場に行くべきと私は考える。
(工場見学を了承してくれるかどうかはわからないが)
工場まで見学し安全性に納得できた水製品は
人にプレゼントする際の候補にも挙がり易いし、
定期購入に繋がる可能性もあるから、
工場側も出来る限り見学させると良いと思う。
勿論その為に人員を割いたりしなければならず、
その余裕がある企業に限られるが。

湧水 クレソン

一通り工場施設を見学した後は商談スペースへ。
ちょっとした建物があり、
その中には湧水を使って飼っている魚や蟹も。
クレソンを育てていたり、畑で菜の花を植えたりもしている。
水の豊かな所は作物や生物も生き生き育つから、
積極的にそのような活用をすると良いと私も思う。
この水で育てた作物です!なんてアピールをすれば
水にも作物にも良いイメージがつくと思うし。

納得の工場見学を終わらせた後は
Dさんの好意で町をアチコチ回る事になった。

(株)ミロクに行って来た 町へ編

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
画像は後で追加します

2008.12.13
静岡県三島市にある(株)ミロクを訪れた。

(株)ミロクのDさんとはこのブログがきっかけで知り合い、
私の持っていない水を送って貰ったり、
メールでのやり取りが続いたりしていた。
その内私が厚かましく“工場見学させて下さい”
などと頼んでみたら、快くOKがもらえた為、
今回の三島行きが実現したのである。
何でも頼んでみるものだと思った。

こだま

こだま

前々日に新幹線のチケットを買いに行った。
どれ位の時間に着いたら良いかあれこれ思案したが、
余り早く着いてしまっても仕方ないし、
先方の迷惑になると考え、
9時前に着くのが一番かなと判断し、
7時26分発・8時20分着と言う便を選んだ。
だがしかしそこで1つ問題が!!
なんと指定席が全て埋まってしまっていたのだ。
自分の席が確保できないと落ち着かないタイプだから、
自由席は出来る限り避けたい為、
仕方なくグリーンにしたが、2000円近く高くなり、
もう少し早めに確保すれば良かった・・・と後悔した。

特撰弁当東京

特撰弁当東京

朝5時50分起床。
いつも旅に出かける時は4時半頃起き、
6時前に出てしまうというのが多かった為、
朝起きるのは余り辛くなかった。
ゆっくりと洗顔・髭剃りを済ませ、
6時15分頃出発し、余裕で東京駅に到着。
先方への土産を買い、駅弁をネタの為にか買って、
構内をウロウロし、アチコチ撮影したりして、
出発の10分前頃、グリーンの席に腰を下ろした。

こだまと言うと古い車両かと思ったのだが、
700系だったのには驚いた。
のぞみ乗るのと変わらないじゃん!

定時に新幹線は出発。
品川・新横浜・小田原・熱海に停車し、
予定通り三島駅に到着した。
54分しかかからないのはわかっていたが、
あっという間に着いてしまった感じがして、
逆に旅気分は味わえなかった位だ。
駅弁食べて小説読んでいたら本当に直ぐだった。

三島駅で下りたのは恐らく初めて。
東京駅からこだまに乗る事自体が20年振り以上の事。
物珍しげに周囲を見回しながら改札を出、
待ち合わせの北口へ向かった。

Dさんは“目印に自社製品を持っています”と言っていたから
探すのは簡単だった。
直ぐに発見し、挨拶を交わし、車に乗り込んだ。

(株)ミロクに行って来た 合流後工場見学編はこちらから

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
各社からオリジナルミネラルウォーターが発売されている。
ミネラルウォーターブームに乗っかっての所もあれば、
敷地内に良い水が湧いているからと言う場合もある。

ホテル・テーマパーク・学校・飲食店・美容関連等々、
本当に色々な所で売られていて、
“へぇこんな所でもオリジナルがぁ・・・”なんて
失礼ながら思ってしまう事もある。

そんな流れは面白いと私は感じているが、
いつも思う事が1つあるのだ。
それは“こだわりを持って製品選びをしているか”と言う事。
そんなに簡単には商品が出来ないと言う事は
私も随分色々勉強して良くわかっているつもりだ。
勿論お金を莫大に持っていて、
湯水の如く使えるのならば良いのだが、
無尽蔵な資金を水に投入出来る会社は余り無いだろう。

私はオリジナルミネラルウォーターを見る度飲む度
“この水を選んだ理由が知りたい”と思う。
選定の権限を持つ人間が美味しいと思ったから?
社長がその採水地付近の出身だから?
その土地に何か会社として関わりがあるから?
どこかの会社に話を持ち込み、
その会社が製造している水のラベルを変えただけの品を
自社のオリジナルとして売っただけ?
相談した会社の言うがままに作っただけ?

そう言う理由もラベルに書いてくれたらなぁと思う。

もしかしたらドラマティックなストーリーが
そこには存在するかもしれないからね。
なかなか答えてはもらえないだろうが、
企業に質問メールを出してみようかな。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
都の水 MIYAKO NO MIZU

名称:都の水 MIYAKO NO MIZU
採水国:日本
採水地:富山県下新川郡入善町
硬度・PH:57・8.2
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:7mg
カリウム:1.5mg
カルシウム:19mg
マグネシウム:2.3mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この水はミッキーさんから送って頂きました。
FOODEXで実際にお会いした事がありますが、
こだわりを持った素晴らしい方でした。
最近はグルメ関係にも詳しく、
おいしい店や食べ物を激しく紹介しています。
HPブログを是非訪れてみて下さい。

このボトルを見た瞬間“あ、富山の水だ!”とわかった。
皆さんもこのボトルと同じ形の製品を見たら
是非採水地をチェックしてみて欲しい。
恐らくほぼ100%の確率で富山産だと思う。

シェラトン都ホテルオリジナルの水である。
港区白金台に位置し、最低料金が3万円台と、
私にとっては高級過ぎるくらい高級なホテル。
そんなホテルだからオリジナルの水がある事は
むしろ当然と思う私は変だろうか?
富山の水をなぜシェラトン都ホテルが選んだのかを
担当者に是非聞いてみたい。

日本でも有数の水の里、黒部川扇状地からの恵み。
清浄な原水に磁気活性化を加え、
クラスターを通常の水煮の半分にしてある。
入善と言うのは数々の製品を生み出している土地、
素晴らしい自然があり、安定した質の良い水が豊富なのだろう。

サッパリとしていて飲み易い。
クセが無い為グイグイ飲んでも大丈夫。
日本人好みで万人受けする味だ。
色々な人が宿泊するホテルにある水としては
間違いの無い水といえるのではないだろうか。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
超硬水・MgNa マグナ1800 大分・長湯温泉 

名称:超硬水・MgNa マグナ1800 大分・長湯温泉 
採水国:日本
採水地:大分県竹田市直入町大字長湯7649-1
硬度・PH:900・8.6
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:290mg
カリウム:55mg
カルシウム:13mg
マグネシウム:210mg
その他特筆すべき成分:サルフェート290mg

味の感想【yooo】
この水をもって紹介数は1100種となった。

(株)長湯温泉マグナ 様から送って頂きました。
インパクトのある製品を区切りの時期に手に入れられた為、
1100種目としてTOPページにリンクを残しました。
素人のブログに対し良くして下さって、
心から感謝申し上げます。

超硬水・MgNa マグナ1800 大分・長湯温泉 

実は私、マグナを既に手に入れていた。
2008年3月のFOODEX2008にて、
サンプルとして貰った分である。
しかしそのラベルは発売前のものだった為、
発売を待ち、その製品と一緒に紹介するつもりだったが、
いつになっても手に入れられず掲載できずにいた。
そんなタイミングで送って貰ったものだから嬉しかったなぁ・・・

九州アルプス山麓の長湯温泉には、
ヨーロッパの国々で古くから温泉を飲む文化
『飲泉文化』が存在していた。
源水は自然の恵みを豊富に含んだ硬度1800!!
その源泉を使い飲み易くしたのがこの製品。
1800の数字があるものだから、
私は硬度が1800だと思ったら、900で驚いた。
特徴的なのはカルシウムよりもマグネシウムが多い事。

水の中に浮遊物があって、
“えええ、これは大丈夫なのか?!”と思ったけど、
それらは温泉成分との事で問題は無いと書いてある。
しかし、その注意書きはもう少し目立つ所に書き、
消費者に気づかせた方が良いと思う。
注意書きを読まずクレームを入れる人も
客の中にはいるだろうから。

サルフェートは美容にも良いと言われる成分。
日本の水に含まれているケースは少ないから、
そう言う意味でも貴重と言えるだろう。

担当者の方から“万人受けする水ではないので”と言われ、
この硬度を見れば飲む時に警戒するのは当然だ。
マグネシウム量から予想して、
私の苦手な海洋深層水のような味がすると思ったのだが、
意外や意外!渋みみたいなものは感じられず、
スムーズに飲めた事に自分でも驚いた。
高硬度水特有のクセはあるが、
海洋深層水と言うよりはコントレックス系統の味だ。
この水ならば硬水を国しない人なら飲み続けられるはず。

温泉水と言う事で飲むだけでなく、
化粧水代わりとしても良いかもしれない。
夏の暑い時期にシュッシュと吹きかければ
爽やかさと共に肌に良い効果が生まれるかも?!
冬の乾燥した時期もまた然りだろう。

硬度300の製品はこちら
飲みやすさ:★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
天然鉱泉水 LURISIA ルリーシア スパークリング

名称:天然鉱泉水 LURISIA ルリーシア
採水国:イタリア
採水地:ルリーシア温泉(ピエモンテ州)
硬度・PH:?・6.9
炭酸の有無:炭酸有り
成分(/1000mL)
ナトリウム:3mg
カリウム:0.9mg
マグネシウム:0.35mg
重炭酸塩:18mg
シリカ:14.4mg

味の感想【yooo】
この水は友人がわざわざ買って来てくれたもの。
同じ東京とは言え行かない地区もある訳で、
そのちくをカバーしてくれるのだからありがたい。
皆に支えられているという事を忘れず、
これからも激しく頑張って行きたい。

ラベルには水の説明が無い為、
色々考えて書かなければならないのがきついが、
この製品は存在すら全く知らない水であった。
思わずこう言う水があるんだけどと言う電話を貰った時、
“何それ?”って言ってしまった位だから。
私は検索やショッピングサイトで水の情報を集め、
新種について情報を集めているから、
手に入れて無くても知っている水が多いのだが、
まだまだ勉強不足だなと思ってしまう。

この製品はイータリージャパンが独自輸入している。
代官山に店があるから、
手に入れたい人は行ってみると良いだろう。

天然鉱泉水 LURISIA ルリーシア スパークリング

ラベルのカンテラを持った工夫?が良い味を出している。
キャップにもその姿が描かれている。

炭酸はピリピリ系。
少し酸味が強いかなと言う感じはしたが、
後味はスーッと引いていくような感じで心地良い。
脂っこいものを食べた後飲むには良いかもしれない。
口の中がリセットされる感じ。

天然鉱泉水 LURISIA ルリーシア スパークリング

硬度の書き方が良くわからない単位だった為、
成分表には?と書いたが、
マグネシウム量と味から推測するとかなりの軟水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
2008年12月8日現在私が紹介した水製品は
国産・外国産 炭酸・無炭酸 合わせて1098種である。
部屋にはまだ数種の製品が残っているから、
1100種到達は確実であるが、
その先を目指す為に調査は欠かせない。
自分で自分を褒めるのは馬鹿らしい事だが、
日々の地道な努力が今の数に繋がっていると思う。

何度か書いているが、
私は自分の足で集める事に喜びを感じるタイプの為、
遠方に水探しだけの為に行く事がしょっちゅうある。
そんな時、未だ飲んだ事のない商品の姿形を記憶している事が
街で新種を見逃さない事に繋がるのだ。

店の外からちょこっと冷蔵庫を覗いたり、
車の窓から自販機のラインナップを見たりした時、
新種の姿形が頭に入っていれば
“ん?あの柄はもしや・・”と言う事になる。
友人・知人から送られてくる画像つきのメールにも
“それ持ってる それ持ってない”と即答できるし。

記憶する為にはどうしたら良いか?
簡単である。
検索サイトのイメージ検索を利用するのだ
ミネラルウォーター』と言うキーワードだけでも
激しい数の画像がヒットする。
それを1つ1つ丁寧にチェックし、
見た事のない品はサイトを開き、シッカリと記憶する。
キーワードを変え、検索サイトを変えて何度か調べれば、
記憶の中にはかなりの水製品がインプットされるはず。
あとは楽天やヤフーのショッピング検索を使い、
新商品が出ているかどうかのチェックも必要だ。

これからも努力を怠らず、全国を行脚し、
新製品発掘に努めたいと思う。
思いもかけない所で新種を発見した時の喜びが
このブログを続ける原動力にもなっているからね。
1円も収入が得られる訳ではない事を
なぜにそんな一生懸命にやれるのかわからないけど、
これはもう好きだからとしか言いようが無い。
好きだからこそ無償の頑張りが続くのだ。
これまた何度か書いているが、
究極の目標は『水製品の辞書』である。
どんな水製品の名で検索してもこのブログがヒットするよう、
これからも激しく活動して行くつもりである。

ちなみに調査の結果、
まだ手に入れていない国産製品が
少なくとも40以上ある事がわかっている。
と言う事は50や60どころか100以上はまだあるはずだ。
だから私は1200種まで紹介数を伸ばす事が可能だろう

協力して頂いている友人・知人、それに業者や自治体の方々、
本当に本当に感謝しています。
私に協力してもそれ程得になるとは思えないのですが、
これからも受けた恩は忘れず、水にぶつかって行きます。

1100種を超えてからの挑戦に注目してください!

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
和歌山のアルカリ天然水

名称:和歌山のアルカリ天然水
採水国:日本
採水地:和歌山県湯浅町
硬度・PH:4.6・9.5
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:47mg
カリウム:0.35mg
カルシウム:2.4mg
マグネシウム:0.025mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この水はKUMAさんから送って頂いた製品です。
キャップコレクションでは有名な方で、
綺麗に分類されたコレクションの数々は見ていて飽きません。
是非一度HPブログを訪れてみて下さい。

雄大な紀州長峰山系地下200mの地層から汲み上げた清水を
熱処理せず0.01UF膜(超精密濾過膜)で濾過し、
無菌室にて常温充填している為、
自然に近いありが楽しめる水であると言える。
加熱殺菌よりも大変な常温充填は大変なだけに
製造元のこだわりがビシッと感じられる。

失礼ながら和歌山には水所と言うイメージを持たなかったが、
水に関わってそれが間違いだと気づいた。
湧水も多いし、地形的にも良い水がでて当たり前だ。
実際温泉水を含め結構な数の製品が出ている。
東京で余り見かけないだけだ。

和歌山のアルカリ天然水

ボトルの中央部に凹みがある。
簡単な工夫だが、持ち易さが段違いだ。
非加熱のペコペコボトルにはありがたい。

サッパリとした味で透明感がある。
クセが無く気軽にグイグイ飲める。
恐らく硬度・PH的にお茶を入れるに良い水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
かねてから思っている事がある。
駅弁とミネラルウォーターはセットで売るべき”と。

白神

秋田旅行した際、駅に白神の文字が入った駅弁が売っていて、
その横には白神の文字が入ったミネラルウォーターがあった。
白神とは勿論世界遺産の白神山地の事で、
旅情をかきたてられる良いネーミングだ。
その駅弁とミネラルウォーターを目にした人は
思わず両方を手に取ってしまうに違いない。
実際私もセットで買う事が当然のように、
買ってしまったからなぁ・・・

地元を象徴するような名前の駅弁と、
同じキーワードが入ったミネラルウォーターを
一緒に売る事を考えてみてはどうだろうか?
大手雑誌の特集とか、ガイドブックにも載せれば、
双方の売り上げがアップすると思うけどな。
電車に乗っている時間って長い事が多いから、
ラベルなんかもシッカリ読んじゃったりする事が多くて、
地域PRにも活用できそうだし。
極端に言えばセットで売ってしまっても良いと思う。

これから水業界に新規参入する所は、
そう言う方面から駅弁会社と協力してみるのも面白いだろう。
駅弁は鉄道ファンにも喜ばれる品。
最近鉄道ファンは増えているみたいだから、
そのファン層を抱きこむにも良いのでは無いだろうか?

駅弁資料館と言うサイトがある。
参考にして貰いたい。

素人が勝手に意見を書いているから、
“そんな簡単には行かないんだよ 馬鹿!”
そんな風に思う業者もいるかと思うが、
大手メーカーが圧倒的な強さを見せる中、
どのように生き残っていくか、
どのように売り上げ数・知名度を高めていくには
難しい事を乗り越えていくのが大事だと思うのだ。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
12月の予定はそれ程キツキツでは無い。
週末に水関係にかける時間でと言う意味だが。

今の所確定しているのは
13日に静岡県三島にある(株)ミロク様を訪問する事だけだ。
工場見学をさせてくれるから楽しみである。
私はとにかく現場を見るのが好きだから。

今週末6日は電車で少し遠い街に行こうと思う。
駅前にあるスーパー等に寄って水チェックをするのだ。
そう言う地道な調査がこのブログを支えている。
あるとわかって行った店で水を得るのも良いが、
予想外で新種を発見できた時の喜びは計り知れない。

20日辺りになると雪の降る地方は車で行けなくなるから、
行動範囲は狭くなるだろうな。
サントリーの白州工場見学も年内にまた行きたいし、
北関東方面の自治体発売水も手に入れておきたい。
やりたい事がいっぱいだなぁ・・・

来年は更に水に対して激しくぶつかっていくつもりだ。
時間が空いてさえいれば水関係の人に会いたいし、
逆に会いたいと言ってくれる人には全て応じたい。
工場見学してもいいよと言う企業の方は是非連絡下さい
余りに遠方だと辛いですが、
行ける範囲であれば積極的に訪問したいです。
3月にはFOODEX2009もある。
更にはブログを始めた頃に飲んだ水をもう一度飲み、
記事を書き直す事もやって行きたい。
メジャーな採水地にも訪れたいなぁ。
(富山県の入善 鹿児島の垂水 北海道の京極町
新潟の南魚沼 大分の日田 宮崎のえびの 等々)

とにかく休みの日は水で忙しすぎると言う状況にしたい位。
私がまだ水に関わって3年程だけど、
ここまで水が面白いとは思わなかった。
交流も広がってきたし、面白い体験が沢山出来そうだ。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
Karizoku 狩足 バナジウム あずさ山の家

名称:Karizoku 狩足 バナジウム あずさ山の家
採水国:日本
採水地:静岡県下田市須原
硬度・PH:30・8
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:9mg
カリウム:1mg
カルシウム:9.3mg
マグネシウム:1.6mg
その他特筆すべき成分:バナジウム6μg

味の感想【yooo】
この製品は(株)ミロクの方に送って頂きました。
ブログ『天然水太郎の天然日記』も読んでみて下さい。
ミネラルウォーター大全を読んで何かの参考にした
そんな事で感謝され水を沢山送って貰えるなんて
なんて幸せなんだろうと思いました。
いつか表敬訪問し御礼を直接伝えたいと思います。
本当にありがとうございました。

『しずおかの水を育む森50選』に選ばれた狩足の森水系。
伊豆半島最古の地層(湯ヶ島層郡)
超硬質石英安山岩破砕帯150mからの深層水。

黒字に赤字のラベルはインパクトあるなぁ。
フォントも良い感じで朴訥な力強さを感じる。

あずさ山の家とは下田の宿泊施設で、
陶芸体験や食堂で美味しいものが楽しめる。
食堂のメニュー全てにこの水が使われているそうだ。

サッパリとしていて、飲んだ瞬間軽いと感じた。
スッと引くような後味と相まって爽やかである。
クセが無い為万人向けの水と言えるだろう。
料理・お茶・コーヒー等色々な用途に使える。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
ICEBERG アイスバーグ

名称:ICEBERG アイスバーグ
採水国:イタリア
採水地:エミリアロマーニャ洲 サンロレンゾ モンテ
硬度・PH:420・7.2
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:32mg
カリウム:2mg
カルシウム:127mg
マグネシウム:25mg
重炭酸塩:445mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この製品はファッションブランドの
『ICEBERG』とのコラボレーションで誕生した。
日本でもこのような試みをどんどんやれば良いのに。
ファッションブランドだけではなく
色々な業界が水をプロデュースすると面白そう。
水とどう関係が?!と言うような感じでもね。

ICEBERGを見る度思うのは、良いネーミングだと言う事。
直訳すれば氷山で、直ぐに澄んだ涼しげな水が頭に浮かぶ。
ネーミングって滅茶苦茶大事だなって思わせてくれる。
シンプルだけどそれが良いという典型だと思う。
デザインもゴテゴテしておらず素敵だ。
テーブルに置いておくだけで空間が演出できるだろう。

水源地は古代ロー名人に発見されたと言われている。
遠い昔より飲み継がれて来た歴史ある水。
パラディーゾと呼ばれ重宝されてきた。
パラディーゾとは天国の事。
古代の人にとっても余程魅力的な水だったのだろう。

硬度が高目だが飲み易い。
クセは感じずスルっと入って行く感じだ。
鉱水が苦手な人でも意外と平気かもしれない。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
ビーナスウォーター 海洋深層水配合 久米島銘水

名称:ビーナスウォーター 海洋深層水配合 久米島銘水
採水国:日本
採水地:鉱水 沖縄県久米島町阿嘉
      深層水 沖縄県久米島北東部海域水深612m
硬度・PH:50~60・記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:12.4mg
カリウム:0.5mg
カルシウム:2.4mg
マグネシウム:11.1mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この水はKUMAさんから送って頂いた製品です。
キャップコレクションでは有名な方で、
綺麗に分類されたコレクションの数々は見ていて飽きません。
是非一度HPブログを訪れてみて下さい。

海洋深層水には人の身体に必要なミネラルが豊富に含まれる。
飲む他にも美容・医療等にも幅広く使われている。
変わった所で言えば魚の養殖にも使用されている。
深層水原水(硬度6400)をメーカー独自の製法で
濃縮脱塩し、久米島の名水で程良い硬度に仕上げ、
無添加・非加熱にこだわり、生の美味しさを追求している。

海洋深層水と言うと室戸沖や、富山湾、三浦沖を思い浮かべるが、
沖縄久米島の深層水は取水量日本一である。

深層水にはラベルに書かれている以外の
貴重な微量元素も含まれている。
定期的に飲み続ける事によって、
その微量元素を身体に取り入れる事が出来るのは良い事だ。

私は海洋深層水が苦手な為、
海洋深層水の文字がある水は身構えてしまうが、
この製品はスッキリとしていて独特のクセが無く、
スッと飲めてしまうのが魅力的だ。
これならどんな用途にも使える。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
神城水 しんじょうすい

名称:神城水 しんじょうすい
採水国:日本
採水地:宮崎県えびの市
硬度・PH:記述無し・8.1
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:11mg
カリウム:3.1mg
カルシウム:13.6mg
マグネシウム:2.3mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この水は愛しの牛乳パックと言うブログを運営している
朝倉2号さんから送って頂きました。
牛乳をこよなく愛し、牛乳パックを激しく愛し、
色々な製品について記事を書いているので、
牛乳に興味がある人は是非ブログを訪れてみて下さい。

人吉球磨は相良氏が入国した鎌倉時代の初期から
今日に至るまで810年もの間、歴史と文化を形作られ、
九州の小京都と言われて来た。
神城の地の古く新城または新城原と呼ばれ、
赤池城と共に人吉城の東南を守る
外城が設けられたと言われている。
この外城を復元して人吉球磨全域の中心的シンボルとして、
また相良藩の文化と歴史を継承する為、
改めて神城と呼ぶ事にした。
神城本丸上層からの眺望は人吉球磨一帯が展望でき、
その大観は全く他の追随を許さない。
そして山麓の祠を新たに神城神社とし、
810年にわたる人吉城鎮護の歴史にあやかって、
神城ならびに地域全体の平和と幸福と、
反映と福祉の守護神として仰がれ、
今や開運招福と商売繁盛の神である。
美しい大自然に抱かれた球磨盆地。
新しく豊かな時代の招来を願い神城水と命名した。

水と地域の説明が書いてあって読み込んでしまう。
少々長い気もするが、私には嬉しかった。

透明感のある青いラベルに、
水玉の模様があって爽やかである。
どこに置いてあっても水があると知らしめる事が出来るだろう。

サッパリしていて舌触りが良い。
クセが無くスムーズに身体に入っていく感じが心地良かった。
硬度も高く無い為(計算値43程度)色々な用途に使えるだろう。
料理やお茶・コーヒーにもOKだ。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします