FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート
比良水 ヒラスイ 未来へつづく比良の水

名称:比良水 ヒラスイ 未来へつづく比良の水
採水国:日本
採水地:滋賀県大津市北比良
硬度・PH:20.3・6.7
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:6.8mg
カリウム:0.9mg
カルシウム:7.3mg
マグネシウム:0.5mg
サルフェート:3.8mg

酸化還元電位:208mV

味の感想【yooo】
この製品は株式会社 江洲比良の水様から頂きました。
担当者の方と随分メールのやり取りをしましたが、
水に対する情熱を強く持った方であり、会社だと思いました。
素人のブログなのに良くして下さって感謝しています。
本当にありがとうございました。

比良水 ヒラスイ 未来へつづく比良の水

株式会社 江洲比良の水
本来サーバーによる販売をしている会社で、
ペットボトル製品はあくまでサンプルなのだが、
もしサーバーを導入する前に味見がしたいよなぁ・・・
なーんて考えている人は是非一度相談してみると良い。
ちなみにサーバーは床置きタイプと卓上タイプがあり、
ガロンボトル(12L)1本1575円である。

かなりの部分が琵琶湖国定公園に入っている、
比良の山々に降った雪や雨が長い時間をかけ地に浸透し、
余計なものは取り除かれ、磨かれ、
湧き出た水をボトリングしているのがこの製品。
非加熱と言う事にこだわり、
なるべく自然の味に近付けるようにしている。

キャップをあけると、本当にギリギリまで水が入っていた。
その姿勢や良し!!
空気が少ないと言う事は細菌が繁殖しづらいと言う事。
そして容量的におまけがあると言う事。
小さな事だが、素敵な心遣いだと思う。

主要ミネラルの他にサルフェートが入っている。
欧州の水には良く含まれる成分だが、
日本の製品にはそれ程無い。
サーバーを導入し、毎日無意識に摂れれば最高だ。

琵琶湖周辺には何度か行っているのだが、
西側の琵琶湖大橋で渡った所よりも北は
行った事がないんだよなぁ・・・
一度どんな所か確かめに行きたくなっている私がいる。

サッパリしていて、後味が爽やか。
飲んだ後すっと消えていくような感じがした。
クセもなく非常に飲み易い水と言えるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします