FC2ブログ
2005年8月から活動を始め16年目に突入 水製品及びミネラルウォーターを追い求め日本全国をウロウロしている 2700種類以上の市販水製品の実飲レポート ミネラルウォーターのカタログ データベースとして使っていただければ伊藤はとても嬉しいです
バレンタインは未だチョコを送る習慣が根強い。
しかし、バレンタインとチョコは元々関係ない。
であるなら、何を送ったって構わないだろう。
甘いのが苦手な人にはチョコ以外を送る人もいるだろう。
ワイン等のお洒落なお酒を送る人も結構いる。
だったら水を送った所で何も問題は出ないはずだ。

そこで私は主張したい。

バレンタインに水を送る習慣を根付かせよう!!と。

水が嫌いな人ってのはいないだろう。
硬水・軟水で好みが別れる事はあるが、
軟水ならばまず間違いなく万人好みと言える。
アルコールが苦手な人・甘いものが苦手な人がいると
お酒・チョコを渡す事はできないが、軟水ならOKだ。

最近はお洒落な水もドンドン登場して来ているし、
ラベルで選んでプレゼントしたり、
相手の出身地にちなんだ水を渡したり、
相手が好きな国、好きな場所の水を渡したり、
水に想いを込める事は充分に可能である。
その思いに相手が気づいてくれるかが問題だけども。
水がわかっている相手なら、
ホワイトデーの際、水で会話すると言う、
ロマンティックな事も可能である。

その他にも利点はある。
一般的な水は安いと言う事だ。
義理にも対応できる位の値段だし、
例外的に高くても5000円 一般的に高くて1000円
通常なら100円位でゴロゴロ売っているから、
経済的に苦しくても何とかなると思う。
更には身体に負担が無いという事だ。
好きな人が最近太ってきた・・・
チョコなら追い討ちをかける訳だが、水ならオールOK。

しかし当然駄目な点もある。
重量だ
500ml1本で当然0.5kg+ペットボトルの重量がある訳だから、
義理で何本も配っていては大変な事になってしまう。
それこそバレンタインの当日は数キロの荷物を抱えて
通勤しなければならない事態となるのだ。

このように色々と書いてみたが、
バレンタインに水と言うのは結構良いのではないかと思う。
既にどこかがやっているのかはわからないが、
各水メーカーは少しでも売り上げを伸ばす為に
キャンペーンを展開してみたらどうだろうか。
もしその習慣が根付いたら最高ではないか!

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします