FC2ブログ
2005年8月から活動を始め16年目に突入 水製品及びミネラルウォーターを追い求め日本全国をウロウロしている 2700種類以上の市販水製品の実飲レポート ミネラルウォーターのカタログ データベースとして使っていただければ伊藤はとても嬉しいです
三十五萬石の清水 しょうず

名称:彦根 鈴鹿山系天然水 三十五萬石の清水 しょうず
採水国:日本
採水地:滋賀県彦根市西今町509番地
硬度・PH:73.8・7.1
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:11.8mg
カリウム:0.6mg
カルシウム:25mg
マグネシウム:2.7mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この水の名称は漢字で書くと清水だが、
しみずではなく、しょうずと読む。
滋賀の方では皆そのように言うのだろうか?

彦江は江戸時代から井伊大老三十五萬石の城下町。
名水として知られる十王村(現 西今町)の水は
お茶会などに重宝されて来た。
鈴鹿山系の大自然から母なる湖“琵琶湖”に注ぐ間
地下の幾重にも重なる地層フィルターを通った
伏流天然水は良質なミネラルを含み、
とても美味しい水となって完成するのだ。

円やかで舌触りが良く、美味しいと感じた。
クセもないし、滑らかに身体へ入っていく感じが良かった。
硬度も高くはないから、どのような用途にも使えるだろうが、
そのままグイっと飲むのが一番と思った。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
皆さんはミネラルウォーターをどのように楽しんでいるだろうか?

飲んで楽しむ?

ボトルのデザインを楽しむ?

人それぞれ色々な楽しみがあって、
それを1人1人聞いて回るのも面白そうだが、
私の楽しみ方を1つ紹介したいと思う。

ミネラルウォーターには採水地というものが大概記入されている。
幣ブログでも必ず記述する重要データの1つだ。
採水地は日本各地あちこちに散らばっていて、
見た事も無いような地名が沢山である。

そこで・・・

その採水地の住所を地図で検索し、
周辺の状況や名物等を調べる
のが私の楽しみになっている。
水を飲んで記事を書く度に地域情報に詳しくなっていく。
とんでもない山の中の場合もあるが、
逆にこんな街の中に採水地があるのか!なんて驚く事もある。
1種の机上旅行のように毎回楽しんでいる。

私なんぞは47都道府県全ての水を飲んでいるから、
頭の中では日本全国を旅行してしまっているのだ。

これからも水を飲む度同じ事をし、楽しむだろうが、
他にもどんどん楽しい事を見つけ、やって行こうと思う。

皆さんももっと水を楽しみましょう!!

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします