FC2ブログ
2005年8月から活動を始め16年目に突入 水製品及びミネラルウォーターを追い求め日本全国をウロウロしている 2700種類以上の市販水製品の実飲レポート ミネラルウォーターのカタログ データベースとして使っていただければ伊藤はとても嬉しいです
赤ちゃんの やわらか天然水

名称:赤ちゃんの やわらか天然水
採水国:日本
採水地:高知県高岡郡津野町不入山渓谷
硬度・PH:10・記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:3mg
カリウム:0.3mg
カルシウム:3.3mg
マグネシウム:0.5mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
硬度が低く質の高い水を赤ちゃんように特化させた水。
調乳・離乳食用に向く。
加熱殺菌している為、湯冷ましとしても使用可能である。

環境省の名水百選に選ばれている四万十川。
日本最後の清流と言われ、全長は196kmある。

採水地は四万十川の源流であり、
そこから湧き出る水は特別な源泉で、生産量が限られる。
貴重な水と言えるのではないだろうか。

地元以外の人が赤ちゃんにこの水を飲ませるのは
何かこう非常に贅沢な感じがするが、
小さな頃にこそ、育っていく過程にこそ良い水が必要であり、
健やかな成長を期待するのに必要とも言える。

赤ちゃん用の水だからと言って、
大人が飲むのを遠慮する必要は無い。
硬度が低いからサッパリ感があり、グイグイ飲める。
癖が全くと言って良い位無く、口の中でスッと消える感じ。
これなら料理等に使っても味付けの邪魔をしないだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
自分で言うのも妙な話だが、
私みたいに種類多くの水を飲んでいる人間は
一体どうやって自分の持っていない水の存在を知るのか?
そのように思っている人がいると思う。

勿論行き当たりばったりと言うのもある。

だがやはり、常日頃の調査が大事なのだ。

方法は実に簡単で無料。
検索サイトでイメージ検索すれば良いだけの話。
googleだろうがyahooだろうが百度だろうが構わない。
例えばシンプルに『ミネラルウォーター』と入れれば
激しい数のミネラルウォーター画像が出てくる。
勿論他のキーワードだって構わない。
それらを1つ1つチェックし、
知らない水があればそのHPを読み、製造元の住所を確認する。
持っていない水はリスト化し、ある程度記憶し、
旅に出た時、街に出た時に役立てる。

あとは楽天等のネットショッピングサイトで
売っている水を一々チェックしていけば
新製品等にも対応できるし、知識も広がる。
何度も持っている水と持っていない水を確認できる為、
ダブって買う事が少なくなるメリットもある。

このように私は意外と努力しているのだ。わはは
単に飲んで記事書くだけだと、どうしても行き詰るから。
持っていない水がどれ位あるのか知る事が出来、
目標に繋がるのも大いなる利点の一つ。

これからも水の事については貪欲に
時間を惜しまず知り、伝えていこうと考えている。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします