FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート
富士山麓 水彩の森

名称:富士山麓 水彩の森 すいさいのもり
採水国:日本
採水地:静岡県富士宮市
硬度・PH:100・8.2
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:99mg
カリウム:3.5mg
カルシウム:18mg
マグネシウム:14mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
水彩の森と言う文字を見て
“あんた前に水彩の森紹介してるじゃんか!”
そう思った人はかなりの読者様である。
本当にありがとうと言いたい。
実は水彩の森は2種類あったのだ。
1つはメジャーな?北海道産で、もう一つがこの製品。
販売店の前を通る時、文字の違和感に気づいて良かった。

日本一の麗峰富士山に降った雨や雪が
数十年の歳月をかけ地に浸透し、磨かれ、
育まれた水を殺菌処理し出来たのがこの製品だ。
つまりこの水を飲むと言う事が
数十年前と繋がる事ができると言えるのではないだろうか。

富士山周辺の採水地としてはメジャーな富士宮市。
西桂・富士吉田と同じく、世に出ている品は多い。
この品も成分を見た時“あ、見た事ある”と思った。
中身が同じと言う水は沢山あるもんだ。
しかしそれは豊富な湧水量と質の良さの証明でもある。

硬度は100とやや高目。
そのせいかわからないが、円やかさを感じた。
これ位の硬度の水はミネラル補給にも
料理等にも幅広く使えるのでは無いかと言う気がする。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
ミネラルウォーターブームで
水を買うと言う事が当たり前になった昨今でも、
大きな企業で宣伝費が潤沢にある所は別として、
ミネラルウォーター・水の製造会社は知名度アップ
・売り上げアップに必死だと思う。

Water Life水来・テポーレ 等、
販売して貰える会社に売り込みをかけたり、
個々に販売してくれる店を探したりで大変だろう。
地元の水は地元で売ると言う事さえ
困難な状況ではないだろうかと私は考えている。

大手企業が製造する水は大量と言う事もあり、
1本のコストが低くなり、当然販売価格も抑えられる。
同じような成分の水、同じ採水地の水でも、
中小企業の水は高くなってしまうのが現実だ。
いくら水に対する意識が変わったからと言って、
一般の人達が日常手を出すのは安価な大手の水である。

しかしそれはある程度仕方の無い事と言えるだろう。

私だってこれだけ水に関わり、大量に飲んでいるが、
普段飲む水は手に入り易くて安いものが多いから。

だとしたら中小の新規参入企業は
極小さなエリアで厳しい戦いをし続けなければならないのか?
いや、それは違うだろう。
厳しい戦いは続くかもしれないが、
無料で出来る宣伝活動は沢山ある。
まずそれらを可能な限りやってから
諦めるなり次のステップに行くべきだろう。

では無料でできる宣伝とは何か?

個人HPやブログへの書き込み&TB

mixi等に自社製品のコミュニティを作る

HP・ブログで日常の風景を伝える

最低限これだけでもやってもらえばと思う。

HPやブログへの書き込みは
運営者にとって意外に嬉しいものだから、
もしかすると特別に記事を書いてくれるかもしれないし、
人に色々話してくれるかもしれない。
サンプルなどを送ってみるのも手だと思う。
上手くすれば周囲の人に宣伝してくれるからだ。
現に私がアチコチに存在を知らせ、ばらまく様に。
書き込む時の注意としては、テンプレートではなく、
毎回真心を込める事と言うのが大事。
他の所で全く同じ書き込みを見るとガッカリするものだから。

mixiは馬鹿に出来ないと思う。
コミュニティを作って他の水関係コミュニティと交流し、
知名度をアップさせて行く事は可能だろう。
こまめな書き込みや手広い交流が条件だが、
それも営業活動の1部と思えばできる筈だ。

ブログ等で採水地周辺の環境や、
簡単なエピソードを書くのも良い。
親しみを感じた所から買おうと言うのは
恐らく誰もが持っている感情だから。
毎日書かなくたって構わないのだ。
やると言う姿勢が大事なのだと思う。

他にも色々書きたい事があるのだが、
長くなってしまうからここら辺で止めておこう。

とにかくもっと水の売り上げが伸び、
色々な水が売れるようになる事を私は願っている。
その為には微力ではあるが頑張って行きたいと思う。
桜田温泉『山芳園』の 療養飲泉

名称:桜田温泉『山芳園』の 療養飲泉
採水国:日本
採水地:静岡県賀茂郡松崎町桜田
硬度・PH:618・9.4
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:304mg
カリウム:8mg
カルシウム:247mg
マグネシウム:0.1mg
メタケイ酸:75mg
硫酸イオン:1087mg

味の感想【yooo】
この水は東京ビッグサイトで開催された
ビジネスサミット2007で手に入れた。

源泉脈かけ流しの温泉宿 山芳園は、
西伊豆・松崎の田園にある桜田温泉の一軒宿。
泉質はナトリウム・カルシウム・硫酸塩温泉
アルカリ性で泉質74.3℃、
毎分552Lの多量の温泉が自噴している。
この上質な源泉を地下深い源泉脈から直接
加水しない・空気に触れない・圧力も抜かない
と言う独創的な装置で地下深層源泉のまま湧出させ、
浴用にも飲用にも使用している。

この水はまだ販売範囲がそれ程広くないから、
手に入れるのはナカナカ難しいと思うが、
1度飲んでみる価値はあると私は思う。

高硬度・高PHの水で、飲む前にそのデータを見たから、
味がどうなのかと言う事に物凄い興味があった。
飲んだ瞬間確かに軟水ではないとわかるが、
エグさ渋みは大して感じなかった。
ナトリウム・カルシウムは多いのに、
マグネシウムが少なからだろうか。
エヴィアンとコントレックスのちょうど中間
と言う位置であると私は感じた。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします