FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート
富士山麓の水
名称:味のクオリティ 富士山麓の水
採水国:日本
採水地:山梨県富士吉田市新屋
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:4.6mg
カリウム:0.7mg
カルシウム:6.4mg
マグネシウム:2.6mg
その他特筆すべき成分:バナジウム62μg

味の感想【yooo】
標高930mの富士吉田市の清水。
地下150mから汲み上げられた水温9.5℃の
清冽な地下水をその場でボトリングしている。

数あるミネラルウォーター製品の中で
一番多いのではないかと思うのが富士吉田産。
とにかく数がやたらと多い。
勿論、同採水地という製品も多いだろうが、
それだけ湧水量が安定しているという証明でもある。
当然質も保たれていると言う事だ。

現在の富士山の下には古富士火山と
小御岳火山と呼ばれる古い火山が埋まっていて、
富士山に降った雨や雪どけ水が内部に浸透し
旧地表面を流れる地下水となるのである。

バナジウムは高血圧や糖尿病に良いとされる。
勿論過信してはいけないが、
水であるが故副作用も無いから、
治療の一環として導入するのも1つの手だと思う。

サッパリしていてクセが無く、
誰が飲んでも不味いとは感じない味だと思う。
グイグイ飲む為の水のような気がする。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします