水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2200種以上の市販水製品の実飲レポート
クリアプラス

名称:CLEAR PLUS Seiden Water
    クリアプラスセイデンウォーター
採水国:日本
採水地:沖縄県豊見城市
硬度・PH:記述無し・7.7
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:18.5mg
カリウム:1.2mg
カルシウム:12.5mg
マグネシウム:3.2mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
ラベルのどこが前なのか後ろなのか、
撮影する時に困ってしまった。
もう少し水の名前を大きく目立つ様にすればいいと思ったが、
販売会社も何か意図があっての事だろうから、
軽々しく私が言うべき事ではないか。

沖縄で採れた質の高い水を
クラスター(水の分子集団)を小さくする為
静電誘導記述を応用し製造された水である。
まぁ作られた水と言う事でボトルドウォーターなのだが、
日本で市販されている水と言う事で気にせず紹介した。

クラスターが小さいと言う事は
当然身体への吸収効率も良い訳で、
少量で効果的に水分を摂取できる事になる。

円やかな感じの味で実に飲み易かった。
気のせいなんだろうけど、
身体にスーッと入っていく感じがした。
ラベルの文字を読めばプラシーボ効果も期待できそうだ。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
木曽のかくれ水

名称:開田高原の湧水 木曽のかくれ水
採水国:日本
採水地:長野県木曽郡木曽開田高原
硬度・PH:13・7.1
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:4.8mg
カリウム:1.8mg
カルシウム:3.7mg
マグネシウム:0.89mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
どこかで見た記憶がある水だなぁ・・・
この水もしかしたら買ったかなぁ・・・
なんて思っていたら、同じような水があった。
どう見ても同じ会社が出しているとしか思えないデザインだが、
採水地が離れ過ぎているのが面白い。
木曽のかくれ水
ラベルには開田高原の観光情報が載っている。
何も描かれていない製品が多い中、
こう言う小さな事が消費者を喜ばせると思う。
行ってみたいなぁなんて思う人も中に入るだろうし。

コクとか甘味は無い。
しかしサッパリしていて爽やかな味である。
夏のお風呂上りに冷やしたこの製品をグイッと飲めば、
それ以上の贅沢なんて無いと思うに違いない。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
ミラースプリングス

名称:MILLER SPRINGS ミラースプリングス
採水国:カナダ
採水地:ブリティッシュ・コロンビア州
硬度・PH:3.3・7.1
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:1mg
カリウム:0.5mg
カルシウム:0.5mg
マグネシウム:0.5mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
カナダではポピュラーな採水地である
ブリティッシュコロンビア州。
日本で言えば山梨県富士吉田市か鹿児島県垂水市と言った所か。
山岳地帯から湧き出た水は質が高く
安定して多く採れるからこそ
多くの製品が世に出ている訳である。

飲む前のボトルにはしっかりと封がされていて、
少しでも風味を逃さないように工夫してある。
ペットボトルにも色付けされていて
劣化を防ぐ努力をしているのに好感が持てる。

硬度が非常に低い為ミネラル補給には向かないが、
それだけにクセがなく飲み易いとも言える。
サッパリ系で口に入れた瞬間その感触すら消える感じ。
夏に冷やしてクイッと飲んだらパラダイスだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

MILLER SPRINGS ミラースプリングス

2012年8月 再入手したから載せておく。
成分が大きく変わっているから記しておこう。

採水地:ブリティッシュコロンビア州ブライズビル
硬度・PH:118・7.6
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:8.7mg
カリウム:3mg
カルシウム:26.1mg
マグネシウム:13mg
その他特筆すべき成分:特に無し

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

ミネラルウォーター大全で紹介した製品で
通信販売が可能な製品を紹介するブログ
ミネラルウォーター大全で紹介した製品通販はこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全

酔水

名称:焼酎が旨くなる温泉水 酔水 すいすい
採水国:日本
採水地:鹿児島県姶良郡及び鹿児島県鹿児島市
硬度・PH:記述無し・7.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:160mg
カリウム:3.9mg
カルシウム:27mg
マグネシウム:3.3mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
姶良カルデラの深層777mの温泉水と、
多孔質セラミックスフィルターを通った名水岩の清水
焼酎の味をより一層旨くする。
焼酎の分子と水の分子が溶け合う究極の割り水である。
・・・そう説明書きがあるのだが、
理屈が私には全くわからない。
とにかくこの水を使えば美味しく飲めると言う事だろう。

海洋深層水の飲みにくさを解消する為
飲み易さ満点のミネラルウォーターで割る製品はあるが、
温泉水を割った製品は初めて見た。
私はお酒が飲めないから試す事が出来ないのだが、
きっと試行錯誤して水の組み合わせを決めたのだろう。

硬度は記述されていなかったが、成分を見ると軟水である。
ただ、ナトリウム数値が高目であるから、
高血圧の人は飲み過ぎに注意した方が良いかもしれない。
だが逆にそのナトリウムの多さが
焼酎の味を引き出すともいえるのだ。

サッパリ感は余り感じず、少々重いと思ったが、
甘みみたいなものを楽しむ事が出来た。
人によってはもしかすると抵抗を感じる人がいるかもしれない。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
ヒルドン

名称:HILDON ヒルドン
採水国:イギリス
採水地:ハンプシャー
硬度・PH:249.3・7.2
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:7.7mg
カルシウム:97mg
マグネシウム:1.7mg
重炭酸塩:136mg
サルフェート:4mg

味の感想【yooo】
アメリカにて開催された
発泡性ナチュラルミネラルウォーターのテイスティング大会で
見事1位に輝いた実績を持つ。

長い間地層で濾過される事によって磨かれた水が
ハンプシャーの石灰丘の下約120mから湧き出る。
余計な物は取り除かれ、ミネラル分を加えられたその水は、
大変質が良く、世界で愛されている。
そして世界で最も厳しいとされる
EUのミネラルウォーター基準をクリアーし、
世界各国の五つ星ホテルや最高級レストランでも採用され、
その名声と格式は相当に高い。

非常にあっさりした味だった。
爽やかでスーッと吸収される感じがした。
何をも邪魔しそうに無い為、
テーブルウォーターとして良さを発揮すると思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

HILDON ヒルドン

2012年3月 再入手したから載せておく。
成分に変化は無いが、ビンからペットボトルになり、
若干高級感が薄れた気がする。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
小田原宿 旅名水

名称:小田原宿 旅名水
採水国:日本
採水地:神奈川県小田原市清水新田
硬度・PH:81.5・7.5
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:8.5mg
カリウム:1.4mg
カルシウム:21.5mg
マグネシウム:7mg
その他特筆すべき成分:バナジウム39μg

味の感想【yooo】
この水の存在は結構前から知っていたのだが、
何しろ地元まで行かなければ手に入らない品だった為、
長い間ここで記事が書けなかったが、
偶然とは言えやっと手に入れた事に自身大いに喜んでいる。
小田原宿 旅名水
まず皆が興味を示すのがボトルの形だろう。
段々になっていて、あるものを想像させる。
そう、お気づきの通り提灯である。
小田原は提灯が名物であるから、それを模しているのだ。
更に書くと、伊達に提灯の形にしているのではなく、
飲み終わった後にまさしく提灯のようにたためるのだ。
たたむ事により容積が小さくなり、
ゴミを出す時に場所を取らずに住むと言う訳だ。
デザイン的な観点からだけではなく、
エコロジーにも大いに貢献しているのだ。

最後まで飲んだつもりで底を見てみると、
ギザギザの部分にたまった水を飲みきれていない場合があり、
軽く一口文程残っていたのだが、
それを飲もうとしてもナカナカ口に入って来ないのが
もどかしいやら可笑しいやら と言う状況になる事もある。

神奈川の水は他にもあるが、
小田原採水の製品は初めてだった為、
興味深々で飲んでみたのだが、
これが実に美味しい水であった。
サッパリ感が強く、少し甘味すら感じ、
スーッと身体に浸透していくような清々しさ。
夏の1本に最適な品であると言えよう。
しかし前述したが、販売場所が限られている為、
ナカナカ手に入れる機会は少ないように思われる。
ちなみに私は小田原場内で手に入れた。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
ヒルドン 発泡

名称:HILDON ヒルドン 発泡
採水国:イギリス
採水地:ハンプシャー
硬度・PH:249.3・7.2
炭酸の有無:炭酸あり
成分(/1000mL)
ナトリウム:7.7mg
カルシウム:97mg
マグネシウム:1.7mg
重炭酸塩:136mg
サルフェート:4mg

味の感想【yooo】
アメリカにて開催された
発泡性ナチュラルミネラルウォーターのテイスティング大会で
見事1位に輝いた実績を持つ。

長い間地層で濾過される事によって磨かれた水が
ハンプシャーの石灰丘の下約120mから湧き出る。
余計な物は取り除かれ、ミネラル分を加えられたその水は、
大変質が良く、世界で愛されている。
そして世界で最も厳しいとされる
EUのミネラルウォーター基準をクリアーし、
世界各国の五つ星ホテルや最高級レストランでも採用され、
その名声と格式は相当に高い。

炭酸は強めだがキメが細かい。
飲んだ後滑らかに口の中から消えていく。
後味の良さに驚いた。
サッパリとしていて硬度も意外に高い為、
美味しさとミネラル補給を同時に得られるのが素晴らしい。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
富山のみりょく

名称:Miryoku 海力 富山のみりょく
採水国:日本
採水地:富山湾
硬度・PH:35・7.5
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:5.1mg
カリウム:1.7mg
カルシウム:10.9mg
マグネシウム:1.8mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
成分以外の情報が余り書かれていない。
そこが少し残念である。

この水は確かフーデックスジャパンで
サンプルとしてもらった記憶がある。

富山湾で採水した水をRO膜処理し、
飲み易く仕上げてある。
成分的に少なくなってしまうのがネックだが、
飲みにくいものよりも飲み易い方が続けて飲めるし、
恐らくその方が売り上げが良いと思う。

せっかくの海洋深層水の成分を、
物凄く少なくしてしまうのは勿体無いなぁと思うのだが、
どこまで成分を減らすのかを誰がどう決めているのか気になる。

海洋深層水特有のクセを感じず、
サラサラと言う感じではないのだが、グイグイ飲める。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
甲州の天然水

名称:甲州の天然水
採水国:日本
採水地:山梨県甲州市塩山竹森
硬度・PH:50・7.5
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:6.9mg
カリウム:2.2mg
カルシウム:15mg
マグネシウム:3.3mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
採水地である塩山は青梅街道から少しだけ外れた所にあり、
私もその付近は行った事があるのだが、
なる程良い水が採れそうな場所である。
大菩薩峠も近く山に囲まれた環境であるから。

成分はきちんと記述されているが、
水についての説明等は一切書かれていないのが残念。

円やかな感じの味で非常に飲み易かった。
クセが無く硬度が低い為どのような用途にも使えるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
富士のバナジウム80天然水

名称:富士のバナジウム80天然水
採水国:日本
採水地:静岡県朝霧高原
硬度・PH:35.1・7.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:81mg
カリウム:3.1mg
カルシウム:13mg
マグネシウム:10mg
その他特筆すべき成分:バナジウム80μg

味の感想【yooo】
富士山麓、朝霧高原の水脈深く、
何十年もかけて地層により自然濾過され、
バナジウム・マイナスイオンを含んだ水がこの製品である。

富士山周辺地域から採水する水はバナジウムを含む事が多く、
見て楽しむだけでなく人の身体までケアしてくれる。
本当に素晴らしい山だと思う。

バナジウムは高血圧・糖尿病に良いとされ、
民間レベルでは治療の一環として使われる場合もある。
しかし過信は禁物!
患者の方はバナジウムだけに頼る事無く、
通常の治療に+α的な考えで導入すると良いと思われる。
水であるから副作用を考えなくて良いのが素晴らしい。

サッパリスッキリした味で、コクとか甘味は感じないが、
暑い時期にグイグイ飲むのに適した感じ。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
からだに温泉水



名称:からだに温泉水 karadani onsensui
採水国:日本
採水地:鹿児島県垂水市
硬度・PH:4・8.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:68mg
カリウム:1.3mg
カルシウム:1.8mg
マグネシウム:0.2mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
地下1000mから55℃の高温で涌出している
天然アルカリ温泉水。
垂水市を採水地としている製品はかなり多く、
それだけでも品質が高いと予想できる。

飲む温泉水と名が付けられている水は数あれど、
飲用として国が認められているものは少ない。
この製品はその基準をパスしており、
生産設備も国際基準HACCP(危害分析重要管理制度)
対応衛生管理システムを導入し、
徹底した品質管理を行っている。

採水地の垂水市は訪れた経験がある。
現場を訪れる事は本当に大切な事だと考えている。
なぜならその製品に対する理解も愛情も増すから。

円やかな感じの味で飲み易い。
硬度が低目の為味的な邪魔になら無い為、
料理やお茶・お酒等に使っても良いだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

からだに温泉水 karadani onsensui

2012年4月 再入手したから載せておく。
成分やラベル等に変わった点は無い。

からだに温泉水 karada ni onsensui

2013年7月 再入手したから載せておく。
成分・ラベルデザイン共に変化は無い。

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

福島県大沼郡金山町 天然炭酸井戸』(動画)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全
名水きょうごく 藻岩シャローム教会 羊蹄湧水

名称:名水きょうごく 藻岩シャローム教会 羊蹄湧水
採水国:日本
採水地:北海道虻田郡京極町
硬度・PH:18・7.3
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:8.9mg
カリウム:1.7mg
カルシウム:1.7mg
マグネシウム:2.2mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
北海道の秀峰羊蹄山の雪渓がとけ、
地下水となって湧き出したのがこの製品の中身だ。

藻岩シャローム教会オリジナルウォーターである。
聞いた事も無い教会名だったが、
何かこう水に対してこだわりがある教会なのか、
少し興味がわいてきた。

名水100選にも選ばれている水であるから
質も保たれていて、味も悪いわけが無い。

サッパリと抵抗無く身体に入っていくような水だ。
クセも無くて誰もが抵抗無く飲める味である。
教会オリジナルと言う事だが、味は教会風では無い。
当たり前だが・・・
飲みやすさ:★★★★★(★5つで満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
TOYAMA

名称:TOYAMA 立山の香りほのかに富山の水
採水国:日本
採水地:富山県富山市
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸無し

味の感想【yooo】
この製品は厳密に言うとミネラルウォーターではない。
しかし市販の水には変わり無い為採用した。

富山県の水道水をボトリングした製品である。

成分は何も書かれていない。
水道水とは言えどもナトリウム位は表示して欲しかった。
最近は健康ブームで成分を気にする人も多いから。

サッパリとしていて飲み易い。
富山県民はこのような水をいつも飲めるかと思うと
羨ましくてたまらない東京都民の私。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
スポーツサポートウォーター600

名称:MINERA HEALTHY Sports SUPPORT WATER 600
    ミネラヘルシー スポーツサポートウォーター 600
採水国:日本
採水地:鉱水・富山県富山市婦中町千里源蔵谷
      深層水・ 富山県滑川沖水深300m以深
硬度・PH:600・記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:29mg
カリウム:2mg
カルシウム:29mg
マグネシウム:130mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
富山の海の海洋深層水と北アルプスの雪解け水を
ブレンドした水である。

このシリーズは硬度別に1500・600・300と3種あるのだが、
目的に分けて飲めるようになっているのが良い。
味もそれぞれ違うから、それぞれ考えて買えばより効果的だ。

マグネシウムが結構多くて、
健康を考える上では良い水だと思う。
このような水を飲み続けていれば
きっと身体に好影響が出ると私は考える。

硬度が600にもなると、軟水とは明らかに味が違う。
クセと言うか、何か成分が濃いなと感じた。
ただこの水に関しては飲みにくさよりも
仄かな甘味を感じ、美味しく楽しむ事が出来た。
ミネラル量と美味しさのバランスが取れている水かもしれない。
飲みやすさ:★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
山河悠久水

名称:中央アルプス 山河悠久水 いさら
採水国:日本
採水地:長野県駒ヶ根市
硬度・PH:16・6.8
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:5.4mg
カリウム:0.6mg
カルシウム:4.8mg
マグネシウム:1mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
霊峰駒ケ岳(2956m)を中心に30余渓を抱く中央アルプス。
原生林に育まれ太古から眠れる花崗岩に磨かれた悠久水。
霞朝に輝く自然に明日を彷彿させる水が有る。
山麓の名刹『光前寺』でも延命水として
訪れる人の喉を潤している。

日本茶インストラクター協会推薦。
そんな協会が有る事すら知らなかったが、
なるほど、軟水であるが故お茶には良いだろう。

養命酒を造る為に欠かせない水だという事だが、
調べてみると『養命水』という水と同成分だった。
中身は同じ物だろう。

サラサラ感が強く飲み易い。
口に入れるとスーッと爽やかに喉を通っていく。
クセが無く誰が飲んでも美味しく感じるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
銀河水

名称:銀河水 GINGASUI
採水国:日本
採水地:宮崎県小林市大字南西方848
硬度・PH:55・8.6
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:7mg
カリウム:3mg
カルシウム:13mg
マグネシウム:5.3mg
その他特筆すべき成分:ケイ酸62mg

味の感想【yooo】
この製品の源水は日本で一番多い火山地帯である
宮崎県小林市『出の山公園』(霧島山麓)で取水されている。
長期間にわたり降り続いた大量で激しい雨は
20を超える複合火山の地下を巡り、
厚い火砕流堆積物テフラと
火山性岩盤を割り裂いて噴出して来る。
この湧水は霧島の裂罅水と呼ばれていて、
西日本で最も蛍が多く、
毎年30万匹が乱舞する幻想世界となる。

モンドセレクションで金賞・特別金賞を受賞していて、
その事だけでも質の高さがわかると言うもの。
更に名水百選にも選ばれている水である。
国内外で評価されている良い水なのだ。

500mlで399円 2lで1260円と非常に高価だが、
その値段を上回る満足が得られるかもしれないから
一度試して見るべきだと私は思う。

飲んだ瞬間円やかな風味が口いっぱいに広がった。
クセがなく飲みやすさは抜群である。
水割り等に使っても勿論美味しいのだろうが、
私はこのまま飲む方が良いと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
スペイサイドグレンリベット

名称:SPEYSIDE GLENLIVET スペイサイドグレンリベット
採水国:スコットランド
採水地:スペイサイド
硬度・PH:37・7.7
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:3.9mg
カリウム:0.7mg
カルシウム:12mg
マグネシウム:1.6mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
ウイスキーの聖地スペイサイドで
遥か2000年前に形成された地層を潜り抜け、濾過され、
余計な物は取り除かれつつもミネラル分を加え、
湧き出した水をそのままボトリングしている。

この水はThe water of lifeと呼ばれる
ウイスキーをつくる水の為、
スコットランドでは敬意を込めて
The Mother Waterと呼んでいるらしい。

驚く程スッキリしている。
飲んだ後口の中でサーっと引いて
何も残らない爽快感を楽しむ事が出来た。
実に美味しい。
硬度が低い為ミネラル補給には向かないが、
冷やして夏に飲んだら至福の時間を手に入れるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
スペイサイドグレンリベット

名称:SPEYSIDE GLENLIVET スペイサイドグレンリベット
採水国:スコットランド
採水地:スペイサイド
硬度・PH:37・7.7
炭酸の有無:炭酸あり
成分(/1000mL)
ナトリウム:3.9mg
カリウム:0.7mg
カルシウム:12mg
マグネシウム:1.6mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
ウイスキーの聖地スペイサイドで
遥か2000年前に形成された地層を潜り抜け、濾過され、
余計な物は取り除かれつつもミネラル分を加え、
湧き出した水をそのままボトリングしている。

この水はThe water of lifeと呼ばれる
ウイスキーをつくる水の為、
スコットランドでは敬意を込めて
The Mother Waterと呼んでいるらしい。

グラスを通して見える向こう側に見える花はアザミ。
とても素敵な演出だと思う。

口に入れた瞬間結構ピリピリ炭酸の刺激が来る。
酸味が強い感じだが、後味が驚く程スッキリしている。
サーっと引いて何も残らないと言う爽やかさ。
硬度が低い為ミネラル補給には向かないが、
ウイスキーの割り水としても良いし、
夏の盛りに冷やしてレモンを入れたりしたら
物凄く美味しいのではないだろうかと思った。
飲みやすさ:★★★★★(5つが満点)

SPEYSIDE GLENLIVET スペイサイドグレンリベット

2011年11月 再び購入して飲んでみた。
やっぱり美味しいしお洒落で素敵な製品だと思った。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
ブルーフォレスト

名称:BLUE FOREST 富士の深層水 ブルーフォレスト
採水国:日本
採水地:山梨県富士吉田市
硬度・PH:記述無し・7.5
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:4.6mg
カリウム:0.7mg
カルシウム:6.4mg
マグネシウム:2.6mg
その他特筆すべき成分:バナジウム66μg

味の感想【yooo】
富士山に降った雨や雪解け水は地層内部に浸透し、
現在の富士山の下に埋まっている古富士火山と
小御岳火山と呼ばれる古い火山の
旧地表面を流れる地下水となる。

バナジウムはその魅力から
スカンジナビア神話に登場する
幸運と健康の女神バナディスの何由来する。

バナジウムは高血圧や糖尿病に効くとされ、
毎日飲む事によって効果が期待できるかもしれない成分だ。
しかし過信は禁物である!
バナジウムばかりに頼る事は愚かであり、
従来の治療法のサポートとして考えれば良いのではと
私は考えている。
水である為副作用が全く無いのも魅力的である。

さらさら感が強く、飲み易い。
クセがなくスーッと身体に入っていく感じ。
これなら治療のサブ的アイテムとしても無理が無いから
長く続けられるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
オリオンアクアビート

名称:Orion AQUA BEAT オリオンアクアビート
採水国:日本
採水地:沖縄本島北部国頭村
硬度・PH:36.4・7.5
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:0mg
カリウム:0~10mg
カルシウム:0~10mg
マグネシウム:0~10mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
沖縄と言う文字とオリオンと言う文字を見て
直ぐにオリオンビールを思い出した人がいただろうが、
この水はオリオンビール(株)から発売されている製品だ。

海洋深層水とやんばるの水をブレンドし、
両方の水の良さを取り入れている。
しかし海洋深層水を入れるのであれば、
もう少し硬度を高くしても良かったのでは?
そう思ったのだが、飲みやすさを優先したのかもしれない。

奥間川の天然伏流水は
与那岳の幾重にもなる地層を通り抜け、磨かれ、
数百年の時を経て湧き出したものなのである。

円やかな感じで実に飲み易かった。
海洋深層水と記述されていると思わず力が入るが、
この製品はクセもなくグイグイ飲み干せた。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
うぶやまの天然水

名称:阿蘇 名水池山水源 うぶやまの天然水
採水国:日本
採水地:熊本県阿蘇郡産山村 池山水源
硬度・PH:26・7.1
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:5mg
カリウム:3mg
カルシウム:6mg
マグネシウム:2mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
名水百選に選定された池山原水
くじゅう連山の伏流水が50年の歳月を経て
地上に涌出したものである。

毎分30トンと言う豊富な涌出量で、
水温は13.5度を保っている。
ポリタンクなどに水を入れて持ち帰る事は
地域住民はおろか遠くから来た人にも好評である。

円やかな味でスーッと身体に入っていく感じがした。
クセがなく誰でも抵抗無く飲めるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
富士山のバナジウム天然水

名称:富士山のバナジウム天然水
採水国:日本
採水地:山梨県富士吉田市新屋
硬度・PH:27・8
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:4.6mg
カリウム:0.7mg
カルシウム:6.4mg
マグネシウム:2.6mg
その他特筆すべき成分:バナジウム62μg

味の感想【yooo】
ローソンのオリジナル商品だが、
アサヒから出ている同名商品と中身は同じだと思う。
成分等が全て一緒だから。
きっと提携でもしているのだろう。

富士山に降った雨や雪が長い時間をかけ
地に浸透し、磨かれ湧き出した物を採水している。
富士山周辺のを採水地とする製品は本当に多く、
それだけ質が多く供給量も多いとの推測が容易に出来る。

バナジウムは糖尿病・高血圧に良いとされ、
水を飲むだけで摂取できる為、
治療の一環として導入するのは良いかもしれない。
しかし過信は禁物であり、水に頼るのではなく、
あくまでサブ的な形で摂取すると良いと思う。
何しろ水だ 副作用など無いのだから。

サッパリしていてクセがなくサラサラ感が強い。
誰もが飲み易いと感じる水だろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
WILDALP Baby

名称:WILDALP Baby ヴィルドアルペンベビー
採水国:オーストリー
採水地:ヴィルドアルペン
硬度・PH:154.2・7.6
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:1.97mg
カリウム:0mg
カルシウム:42mg
マグネシウム:12mg
その他特筆すべき成分:サルフェート12mg

味の感想【yooo】
アルプス山脈に降り注いだ雪や雨が
石灰石地層を長い年月をかけ通過し、
余計な物を取り除き、ミネラル分を加えられ湧き出す。
それをボトリングしたのがこの製品だ。

豊富な酸素と十分なカルシウム・フッ素を含み、
ナトリウム量が低い事も含め、
ミネラルが脳の発育をサポートし、消化を促進もする。
下痢やアレルギーを減らす効果も期待できる。
源泉はオーストリアの食品法規
規定集B17条に記載されている最高水準に達し、
その成分はすべてこの規定の限度値を超えない為、
乳幼児の調理に適すると認定されている貴重なお水でである。
長々と記述したが要するに赤ちゃんにもすすめられる
非常に質の高い水と言う事だ。

円やかで甘味さえ感じた。
クセがなく飲み易い為、赤ちゃんだけでなく、
誰が飲んでも美味しく飲めるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
稀石の癒

名称:稀石の癒 きせきのゆ
採水国:日本
採水地:長野県南佐久郡佐久穂町
硬度・PH:37.9・6.7
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:65mg
カリウム:12mg
カルシウム:106mg
マグネシウム:31mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
成分表記に少しおかしい点がある気がする。
硬度が37.9にもかかわらず、
カルシウム量とマグネシウム量が多過ぎる。
ラベルには/100mlと書いてあるから、
このブログに合わせて10倍しているのだが、
実際は/1000mlの成分量だと思うのだ。
一度メールで問い合わせてみようと思う。
稀石の癒
証拠としてラベル画像も貼っておく。

八ヶ岳から湧き出る天然水を
神秘の石バドガスタイン鉱石に浸し、
放射線ホルミンス効果をプラスしている。
・・・はっきり言って何の事かサッパリわからないが、
検索してみたから各々読んでみて欲しい。
要するに身体に良い放射線の事のようだ。

紅やと言う長野県の諏訪湖に位置するホテルが
この水を発売している。
館内に癒しを目的とした空間があり、
どうやらそこで出されている物らしい。

サッパリとしていて非常に飲み易かった。
ホルミンス効果等の実感は勿論直ぐにはわからないが、
美味しく飲める水である事だけは間違いない。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
中央アルプスの天然水

名称:中央アルプスの天然水 Well 2000
採水国:日本
採水地:長野県駒ヶ根市赤穂330駒ヶ根高原
硬度・PH:14・6.6
炭酸の有無:炭酸無し

味の感想【yooo】
成分表示は硬度とPHの記述と
色度と言う項目があるだけ(色度は1未満)。

甘露と言う言葉がぴったり。
厳しい暑さの中や運動中は
代謝の良い軟水がピタリと言う事で、
この製品は最適と言えるのでは無いだろうか。

軟水の為そのまま飲む以外の用途は広い。
赤ちゃん用食事・ミルク作り・肌着洗いや
薬を飲む用 煮炊きする時の水に良い。
赤ちゃん用にこれだけの項目を設けて書いているのは
品質に相当自信のある証拠だろう。

クセがなくスーッと身体に入っていく感じがした。
滑らかな舌触りで美味しかった。
誰が飲んでも嫌いとは言わない気がする。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

中央アルプスの天然水 Well 2000

2012年8月 再入手したから載せておく。
相変わらず硬度は書かれているが、
主要成分の記述がないのが残念。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

ミネラルウォーター大全で紹介した製品で
通信販売が可能な製品を紹介するブログ
ミネラルウォーター大全で紹介した製品通販はこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全