FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート
BUNA水

名称:BUNA水 世界自然遺産白神山地の水
採水国:日本
採水地:秋田県山本郡藤里町
硬度・PH:14・7.1
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:5.4mg

味の感想【yooo】
ナトリウム以外の主要ミネラル成分が
ラベルに記述されていないのが残念である。

ラベルには雪の白神山地が描かれていて、
その鮮やかで美しい自然に憧れる私がいる。

ブナは秋になると葉を落とし、地表を腐葉土で覆う。
白神に降った雨はスポンジのような腐葉土に染み込み、
その養分を一杯に吸い取る。
冬に降った雪は春に雪解け水となり、
白神の山に吸い込まれていく。
長い年月を経て地中深く蓄えられた水を
外気に触れる事無く採水し、
特殊最近フィルターを使用して採水地にて直詰めする為 
一切の加熱処理をしていないのが特徴である。

この水の売上金の一部は
白神山地の保全活動資金として使われるようだ。
美味しい水をただ飲むだけで、
それがその水をつくる環境保全に役立つなら言う事は無い。

円やかでクセが無く、実に飲み易い水だった。
採水地がブナ林に関係している水は私に合っている。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
NIKKEI.NETの記事からである

清涼飲料各社は2007年の販売計画で
高い成長が続くミネラルウォーターの拡販に
力を入れていくと言う事だ。
ヒットの目安と言われる1000万ケースを超えるものが
全く無かったと言うのが一因と見られる。

健康志向というものが人々にあって、
余り砂糖が入ったものが売れなくなっているのでは?と
私は思うのだが、どうだろうか。
であるからお茶やミネラルウォーターが売れ、
その人気に各社が注目と言った流れになったんだと思う。

大手がこのような流れになれば
中小・零細企業も後を追いかける訳だから、
この先ドンドン新製品が出るって事なのかもしれない。
と言う事は・・・私が飲む水が増えると言う事だ。
既に600種達成は確実となっていて、
その先がどうなるか?なんて考えていたけども、
700種 800種と続けていけるかもしれないな。

スーパーやコンビニで水を置くコーナーが
今よりも更に大きくなって、
色々な種類を飲むのには良い環境になる可能性が高い。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします