FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート
オロフレ山渓水

名称ELM オロフレ山渓水
採水国:日本
採水地:北海道登別市富浦町
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:9.5mg
カリウム:2.5mg
カルシウム:11.3mg
マグネシウム:2.8mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この水はずーっと欲しいと思っていて、
やっと手に入れた。
なぜ欲しかったかと言うと・・・
特に成分がどうのとかではなく、
名前に惹かれただけなのだが。わはは
北海道っぽくて素敵だと思いませんか?

まずオロフレ山という山がどこにあるのか、
それを確認せずには要られなかった為調べてみた。
登別から洞爺湖に向かう途中と言う感じか
実はこの辺り3度程行っているのだが、
その頃は全く水に関心が無かった為素通りした。
今思えば非常に勿体無かったなぁ・・・

この水ビートたけし氏の『奇跡体験アンビリーバボー』で
世界一美味しい水”として紹介されたらしい。
世界一美味しいと言うのがどの様な根拠から来ているのか
そこら辺が番組を見ていない為わからないが、
少なくとも皆が不味くは感じない水なのだろう。

人が余り入らず、自然を豊かに残したオロフレ山は、
山頂に夏まで雪が残り、
その雪等が長い年月をかけ地に浸透し、磨かれ、
美味しい水になって行くのである。

硬度が40前後(自己計算値)と低い為、クセが無く、
サラサラ感があって身体に染み込む感じがした。
サッパリとしている為どの様な用途にも使えるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします