FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート
室戸のおいしい深層水

名称:House 室戸のおいしい深層水 100%室戸深層水使用
採水国:日本
採水地:高知県室戸沖2200m水深374m
硬度・PH:30・記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:53.4mg
カリウム:2.4mg
カルシウム:2.2mg
マグネシウム:6.6mg
リン:0.3μg
クロム:0.1μg
モリブデン:0.1μg
亜鉛:0.2μg
ヨウ素:4.1μg
味の感想【yooo】
私の苦手な海洋深層水であるが、
塩分除去して硬度が30になっている為飲み易い。
しかし逆にそれでは海洋深層水の良い所も奪ってしまい
中途半端な水になってしまうような気がする。
身体を思って飲む人のプラシーボ効果を期待するには、
ある程度の不味さ加減がないと駄目なのかも
なんて無責任な事を思ってしまっている私である。
不味ければ不味いとか書く癖にだ。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
湧水の里

名称:湧水の里 黒岳の天然水
採水国:日本
採水地:山梨県塩山市
硬度・PH:48・7.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:11mg
カリウム:1.5mg
カルシウム:17mg
マグネシウム:1.2mg
その他特筆すべき成分:特に無し
味の感想【yooo】
甲府盆地の東に位置する秩父奥多摩国立公園の一角
黒岳の深成岩の岩間を数十年かけて滲み浸ってきた自然水を
大菩薩峠において地価深度より採水した
ミネラル分が溶け込んだ美味しい天然水。
スッキリとしたクセの無い味で美味しい。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
日経新聞

7月の終わり頃日本経済新聞の取材を受けた。

急にメールが入り、
夏休みの特集として水の事について
11回にわたり特集として連載し、
その中の1回がミネラルウォーターで、
何もわからないので話を聞かせて下さいとの事だった。

はじめはメールか電話での取材だと思ったら、
会って話したいとの事だった為、
新宿で待ち合わせる事にした。

2人で喫茶店に入り、30分を予定していたのだが、
大いに盛り上がってしまい、1時間程になってしまった。
記者の方はスポーツを良く書く人で、
殆ど水の事について知らなかった為、
一つ一つ説明し、ミネラルウォーター専門店や、
採水地の事など細かく話したのである。

その後私は新宿高島屋の地下で水を仕入れに行くと
記者の方も私に洗脳されたのか
5本程水を買っていたのが可笑しかった。

ちなみにその記事は8月10日に載り、
私の話した事 紹介した店 採水地について
流石にうまくまとめてあり、面白い記事となっていた。

今私の家にも日本経済新聞から送って頂いた記事があるが、
興味がある人は図書館に行って見て欲しい。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
日本ミネラルウォーター協会のHP
都道府県別生産数量の推移と言うデータが公開されている。
2001年~2005年までのデータがずらりと並んでいるが、
文字通り県別の生産量推移である。

このデータを元に私の飲んだ水(左カテゴリー参照)を見ると
なる程と思ってしまうものもあるから面白い。
例えばダントツに本数の多い山梨県産は
データを見ても圧倒的な量を生産している。
その割合何と全国で41.1%を占める。

そう言う事を踏まえつつデータを眺めると、
やはり入手困難な都道府県の水は生産量も低い事がわかる。
例えば千葉・茨城など割合は0%で
生産量も激しく少ない。
千葉など生産量0となっているが、
千葉産のミネラルウォーターは確か存在しているはず。
一体どう言う事なのだろうか?
もしかすると去年は生産せず、
今出回っているのは一昨年以前の生産品なのだろうか?
賞味期限が長い製品が多いから
もしかするとそう言う事なのかもしれない。

他に意外だったのは兵庫県の生産量が多い事。
全国の11%を占めている。
兵庫の水といえば代表的な【六甲のおいしい水】があるが
その売り上げが相当なもので、
この割合は六甲のおいしい水に依存していると言う事か。

とにかくデータだけ見ていても飽きない。
ミネラルウォーターの世界は奥が深く楽しい。
悲しいのはこの楽しさを語り合える人が余りおらず、
一人遊びとなっている点である。
どこかに度を越したレベルで
ミネラルウォーターに興味がある人はいないだろうか?

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
ハワイウォーター

名称HAWAII WATER ハワイウォーター
採水国:アメリカ
採水地:オアフ島ハラワ水源
硬度・PH:1.05・記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:0.56mg
カリウム:0mg
カルシウム:0mg
マグネシウム:0mg
その他特筆すべき成分:特に無し
味の感想【yooo】
地下200メートルの水源から採水された水。
ハワイは雨が多い地域でこの雨が溶岩石に濾過し、
25年もの長い時間ををかけてゆっくりと地下に蓄えられ
純水に近い水へと磨き上げられていくのである。
そのハワイ天然地下水を逆浸透膜(1/1000ミクロン)で
分子レベルまで磨き上げたのがこのハワイウォーターなのである。
ダイアモンドをモチーフにしたボトルデザインも
個性的で面白く、日本の水とは違うこだわりを感じる。
ガロンボトルで売り出しているのがメインで
サーバーを使って飲んでいる人が多いのかも。
純粋に近い水の為クセが全く無くスイスイ飲める。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします