FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート
今まで数多くのミネラルウォーターを飲んできて
一番多かったのが山梨県の水である。
その中でもダントツなのが
富士吉田市(富士吉田市新屋含む)で採水した水なのだ。

私の住む東京からも近く、
こんなブログもやっているのなら行かない訳には行かない!
と言う訳で車を走らせ行って来た。

富士吉田市までは東京から中央道で行き、
河口湖I・Cで降りるのが多分一番近い。
降りれば直ぐに富士急ハイランドが見えるはずだ。

南側から南西方面に富士山が控え、
富士五湖も近いと言う観光には最高のシチュエーションで、
まともに観光地を回ったら1日ではとても足りないだろう。

だが私は遊びに来たのではなく、
富士吉田市新屋地区の採水できる場所と
林立しているだろう工場群を見に来たのである。
道の駅富士吉田
道の駅富士吉田
道の駅富士吉田
しかし、調べ足りなかったのか、
元々ないのかわからないが、工場は見当たらず、
地元の酒屋さんに聞いてやっと採水できる場所がわかった。
何とそれはたったの1ヶ所である。
道の駅富士吉田敷地内に水が湧いている所があり、
車でポリタンクを持った人で大賑わいであった。

イメージ的には
ミネラルウォーター産業だけで成り立っているのかな?
想像していた私にはちょっと物足りなかったが、
富士山の裾野に広がる景色と雰囲気を味わえただけで嬉しかった。

もう一度今度はしっかり工場等の住所を調べて、
もし出来ればその中の一つでも見学できたら・・・
などと思っているのだが果たしてどうなるか。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
薩摩のかくれ水

名称伝説の湧水 薩摩のかくれ水
採水国:日本
採水地:鹿児島県志布志町
硬度・PH:37・6.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:12mg
カリウム:5mg
カルシウム:10mg
マグネシウム:2.6mg
その他特筆すべき成分:特に無し
味の感想【yooo】
南九州地方特有のシラス台地で
長年にわ渡り自然濾過された湧水をボトリングした水。
鹿児島は垂水の他この水が採れる志布志も採水地として有名だ。
山梨の富士山が良い水をつくり続けてくれるように、
シラス台地が良い水を我々に提供してくれるのだろう。
さっぱりとしていてクセが無く常飲に向く。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
ベルニーナ

名称BERNINA NATURALE ベルニーナナチュラーレ
採水国:イタリア
採水地:ピウロ
硬度・PH:22・7.3
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:0.93mg
カリウム:0.78mg
カルシウム:7.7mg
マグネシウム:0.68mg
その他特筆すべき成分:特に無し
味の感想【yooo】
イタリアでは赤ちゃん用にも使うらしい。
何世紀も前から、スイス国境のほど近く、
標高625mのアルプス山脈で採れる品質の良い水。
炭酸入りはちょっと飲みにくかったが、
炭酸無しの方は硬度が少ない為かスッキリしていて
何の抵抗も無くグイグイ飲めた。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

炭酸ありバージョンはこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
ミネラルウォーターを飲んだ感想等のHPやブログを
直ぐ様始めたい!と言う人に、
集められる場所のアドバイスが出来ます。
恐らく1日100種は楽勝ですよ。
アドバイスだけではなく、付き合う事も出来ます。

確実に1100種以上のボトルやラベルを見ているので、
特徴的な水について詳しいです。

とにかく自分で殆どやって来たので、
知らず知らずの内に色々知な識が増えました。
その知識を生かし色々アドバイス等できると思います。

何か知りたい事等あれば遠慮なく連絡下さい。
北アルプスの自然水 しみず

名称:北アルプスの自然水 しみず
採水国:日本
採水地:富山県中新川郡立山町
硬度・PH:42.5・記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:8mg
カリウム:2mg
カルシウム:13mg
マグネシウム:3mg
その他特筆すべき成分:特に無し
味の感想【yooo】
北アルプス連峰の立山山麓で
花崗岩層からなる自然の濾過装置によって
長い時間をかけ磨かれながら出来た水である。
立山町産の水もかなり多く、
相当水の綺麗な場所なんだなぁと言う事が想像できる。
サッパリとクセの無い味は誰にでも愛されるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします