水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

このエントリーをはてなブックマークに追加

The New Otani Aparkling Water ホテルニューオータニ

名称:The New Otani Aparkling Water ホテルニューオータニ
採水国:日本
採水地:不明
硬度・PH:0・記述無し
炭酸の有無:炭酸有り
成分(/1000mL)
ナトリウム:0mg

販売者:株式会社ニュー・オータニ

製造者:株式会社サーフビバレッジ

味の感想【yooo】
この製品は天然水を使った炭酸水ではないかもしれない。
採水地も書かれていないし、
成分もナトリウム以外記されていない。
と言う事で新種としてはカウントしない製品とした。
もし後で天然水と判明すれば移動させる。

ホテルニューオータニのオリジナル。
最近ホテルではウェルカムウォーターとしてや、
オリジナルグッズの一環として販売する所が増えている。
チェックインした時にたった一本だけでも
無料で飲んでいい水があるだけで印象が良くなる。

高級なホテルはラベルがシンプル・・・と、
勝手に法則にしているのだが、
この製品も園法則に則り、多くの色を使わず、
ラベルをシンプルに演出している。

炭酸水は各メーカーから多くの種類が販売され、
消費者側が選ぶ楽しみを得られる状況になっている。
このまま文化として根付くと嬉しいなと思っている。

それ程強くはないが、
ピリピリとた刺激が舌や口の中で心地良く広がる。
後味がすっきりとしていて、大変飲み易い。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
KIRIN Mets PLUS+ キリンメッツプラス スパークリングウォーター

KIRIN Mets PLUS+ キリンメッツプラス スパークリングウォーター2

新種としてはカウントしないけど、
コンビニで興味深い製品を見つけ、
このブログで取り上げてみようと思い購入した。


KIRIN Mets PLUS+ Sparkring Water
キリンメッツプラス スパークリングウォーター


販売者:キリンビバレッジ株式会社

2015年8月4日発売

機能性表示食品である。

炭酸水の中に難消化性デキストリンと言う、
食物繊維をプラスする事によって、
脂肪の吸収を抑え、排出を増加させる機能を持つ。

炭酸水と言う事で普段の食事に取り入れ易く、
食べ物の味を邪魔しないのがいいと思う。

今まで気体(酸素・水素)等が入った製品は多かったけど、
これからは難消化性デキストリン入りミネラルウォーターが
ドンドン出てくるかもしれないな。

大ヒットの予感も?!

何せ人間は楽して痩せよう、
楽して太らなくしたいと言う願望が強過ぎるくらい強いから。

便秘の人や糖尿病の方にもいいかもしれない。
特に便秘の人には難消化性デキストリン+水分で効果的だし、
炭酸も整腸作用があると言われているから。

この製品で少し残念だったのは、
水が恐らく天然水ではなかったと言う事。
ラベルにも水に関しての説明は無かったし、
水(鉱水)みたいな表記も無かった。

天然水+炭酸+難消化性デキストリンの製品があればいいな。

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
儲かりメッセ in 丸紅 2008

名称:儲かりメッセ in 丸紅 2008
採水国:日本
採水地:岐阜県飛騨市古川町
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
一切の記述無し

味の感想【yooo】
この水はミッキーさんから送って頂きました。
FOODEXで実際にお会いした事がありますが、
こだわりを持った素晴らしい方でした。
最近はグルメ関係にも詳しく、
おいしい店や食べ物を激しく紹介しています。
HPブログを是非訪れてみて下さい。

この水は新種としてカウントするか否か迷ったけど、
紹介するだけにとどめておく事にした。
流石に一般の人はナカナカ手に入れられなかっただろうから。

この製品の採水地は岐阜県飛騨市。
充填工場は静岡県島田市。
物凄い距離があるのだが(片道300キロ程)、
ローリーでせっせと運んだのだろう。
どう言う経緯で丸紅はこの水を選んだのか知りたい。
丸紅って水製品扱っていたっけなぁ・・・
系列の会社が扱っていたのかな?

例え企業展示会の為の品とは言え、
成分は載せて欲しかったなぁ。
まぁでもこう言う目的で作られた製品じゃ仕方ないか。

滑らかな舌触りでスムーズに入っていく感じ。
クセが無く飲みやすい味。
展示会に来たどんな人も喜ばせる事が出来た水だろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
今日もまたウォーターバーARTICAに行って来た。
これで既に5回目である。

今日は会いたいと思っていた方にも会えたし、
話も非常に盛り上がって実に楽しい時間が過ごせた。
珈琲が美味しいと言う事も発見した日だった。
オレゴンレイン
そして1つWaterLifeさんが
新たに仕入れるか否かを考える為の試飲に参加してきた。
参加して来たと言っても突発的なもので、
招待されたとか、そう言う事ではない。
その水は『Oregon Rain オレゴンレイン』と言う名で、
何と処理してない雨水と言う事である。
周囲に汚れる要素が何も無い為、
降った水をそのまま飲んでも、
処理した水よりも良い質だから安心と言うものだ。
つまり言い換えれば顔を上に向け口をあけて
雨を直接飲むのと同じ事である。

ARTICAのスタッフ3人とWaterLifeのスタッフ1人
+私で試飲してみた所・・・
不味くは無いけど美味しくも無い
水道水と余り変わらない
透明感が無い と、余り良い評判を得られなかった。
全員が全員そのような事を言った為、
恐らくそれ程美味しい水では無いような気がする。

後は仕入れ値段の問題と言っていたが、
果たしてラインナップの一つとして採用されるのか、
そこら辺の経過を見守って行きたいところである。

データ的なものを一応書いておくが。
実飲した数には入れないでおく。
硬度:4 PH:6 

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします