水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

Ramava ラマヴァ

名称:Ramava ラマヴァ
採水国:ラトビア
採水地:ラマヴァ
硬度・PH:282.5・7.2
炭酸の有無:炭酸あり
成分(/1000mL)
ナトリウム:35mg
カリウム:8mg
カルシウム:65mg
マグネシウム:30mg
その他特筆すべき成分:サルフェート85mg

味の感想【yooo】
まずこう言う珍しい国から採水した水を飲む時、
いつも書く事なのだが、今回も書こうと思う。
ラトビアの水をわざわざ輸入して、買う人がいるのか?
私のような事をしている人間は買うだろう。
しかし、それ以外の人には多分興味が無いだろうし、
もし買ったとしてもリピーターにはならないだろう。
そのような状況下で果たして儲けは出るのだろうか?

例えば在日ラトビア人向けに輸入したとしよう。
しかし在留邦人は外務省のサイトによれば
2006年10月1日現在でたったの22人である。
22人が毎日何本も飲んだって、
流石に採算には合わないだろう。
だとすると輸入元はどのような考えをもって
この水を日本に持ってきたのか、非常に気になる所だ。

北東ヨーロッパのバルト海に面し、
森林が多く、自然が豊かなちラトビアに降った雨や雪が、
大地に浸透し磨かれ、地下に溜まったモノを採ったのがこの水。

硬度が日本のものよりは結構多いのだが、
バチバチ系の炭酸の為か、非常に飲み易い味である。
クセも無いし、強い炭酸が好きな人なら挑戦して欲しい水だ。
後味もスッキリしていて口の中からサッと消える感じ。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします