水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2200種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

このエントリーをはてなブックマークに追加

AQUA Pacific アクアパシフィック



名称:AQUA Pacific アクアパシフィック
採水国:フィジー
採水地:記述なし
硬度・PH:158・8.1
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:17mg
カルシウム:32mg
マグネシウム:19mg
その他特筆すべき成分:シリカ 61mg

輸入者:株式会社オーヤマ

味の感想【yooo】
熱帯雨林地帯に降った雨が長い時間をかけて地に浸透し、
特別な水となって生まれ変わる。
その原水をボトリングしたのがこの製品となる。
フィジーは工業地帯を持たず、環境保全にも力を入れているから、
清らかな水が汚されずにずっと生まれ続ける。

ボトルに水の説明が書かれていないのが残念。
330mlのボトルでスペースが乏しいとは言え、
数行でもいいからフィジーの事、水の事を書いて欲しかった。
昨今ミネラルウォーターに興味を持つ者は多く、
ボトルから情報を得たいと考える人もいるからね。

シリカが含まれている。
日本では南九州地方産に多く見られる。
美容・健康に良い作用があると言われているが、
1本飲んだだけでは何も起こらない。
効能を期待する人は長く飲み続けるといいだろう。
例え全くの期待ハズレだとしても、
水をこまめに飲む事自体が身体には良いから、
結果的に+効果となるはずだ。

iTQi インターナショナル・テイスト・アワード受賞。

私は外国に行った事がない。
行く予定も全くない。
国内産であれば大体あそこはこんな所だ、
あそこまで行くにはあの道を通ったらいいという感じに、
少しの情報から色々な情報に結びつける事が出来るのだが、
外国産についてはラベルに書いてある情報や、
ホームページから得る情報意外に何もない。
だから外国産の製品を紹介する時は、
少し申し訳ない気持ちになる。

330mlのペットボトルは持ち歩くのに便利。
特に女性には受けるサイズだろう。

舌触りが滑らかで、口の中をスススーっと滑っていく感じ。
クセがなくてとても飲み易い水。
フィジーの水を日本で飲める不思議さに、
妙な感動を覚える。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
Iland Chill アイランドチル

名称:Iland Chill アイランドチル
採水国:フィジー
採水地:VITI LEVU島(ビティレヴ)
硬度・PH:117・7.5
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:37mg
カリウム:2.4mg
カルシウム:26mg
マグネシウム:13mg
その他特筆すべき成分:シリカ97mg

味の感想【yooo】
採水地のビティレヴ島は国際空港もある
フィジーの中心となる島で、平地よりも山が多い。
降り注いだ雨が長い長い時間をかけて地に浸透し、
たまった所を天然掘り抜き方式で採水している。
天然掘り抜き方式とは、
穴を掘ってたまった水の圧力にて湧き出させる方式。

シリカが豊富に含まれている。
知りかを含む水は宮崎や鹿児島に見られるが、
これだけ量がまとまって入っているのは少ない。
シリカはコラーゲンの生成を助ける為、
常飲していれば美容に良い効果が出る可能性がある。
女性には嬉しいミネラルウォーターと言えるだろう。

Iland Chill アイランドチル

裏のラベルがキラキラ光る。
フィジー産と言うだけでゴージャスな感じがするのに、
そう言う細かい所にまで気を配るのは凄い。
ただボトルに貼っているシールに、
空気が入っている部分があったりするのは少し残念。

ベルギーのブリュッセルにあるiTQi(国際味覚審査機構)の
2006・2007年度『優秀味覚賞』を連続受賞。
国際的に認められた品質と言えるだろう。

滑らかな舌触りで口の中をスルスル過ぎていく。
一般的な日本の軟水とは違う味が楽しめる。
とても飲み易く、この味が苦手と言う人は少ないだろう。
遠い島で育まれた水を、日本で楽しめるなんて、
これ以上の贅沢は無いと私は感じる。
食事時、さり気なくテーブルに置き、
会話のきっかけにも出来るアイテムだと私は思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
FIJI water フィジーウォーター

名称:FIJI water フィジーウォーター
採水国:フィジー
採水地:記述無し
硬度・PH:記述無し・7.5
炭酸の有無:特に無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:18mg
カリウム:4.9mg
カルシウム:17mg
マグネシウム:13mg
その他特筆すべき成分:シリカ85mg

味の感想【yooo】

FIJI water フィジーウォーター

まず最初に書いておきたい。
セレブに人気の水と言う触れ込みがある水だが、
ボトルにシールがしっかり貼られていなかったり、
よれていたりするのが残念だ。
気にしない人もいるだろうが、セレブにと言うのであれば、
そう言う所はしっかりし、高級感を保たなければならない。

南太平洋の楽園フィジーで採水された水。
フィジーは工業地帯を持たず、環境保全にも力を入れているから、
清らかな水が汚されずにずっと採れる訳である。
人の手が触れないようにボトリングされ、
自然の味そのままを楽しめるのだ。

熱帯雨林に降った雨が火山岩層に浸透する内に、
骨・爪・毛髪に良い影響を与えるシリカを含ませる。
味を円やかにする働きもあるという事。

上にも書いたが、確かに円やかな味で飲み易い。
これはそのまま飲むのに適した水である。
冷やさずに常温で飲むと味が良くわかって良いと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

FIJI water

記事中で“シールがしっかり貼られていなかったり、
よれていたりするのが残念”と書いたが、
最近かなり改善されているような気がする。
今日も店舗で買ったついでにチェックしてみたら、
全ての製品キチンと貼られていたし。
まさかこのブログを読んだ???
それは自惚れ過ぎだな。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします