水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2200種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

水戸の名水 萬壽(まんじゅ) 健康



名称:水戸の名水 萬壽(まんじゅ) 健康
採水国:日本
採水地:茨城県水戸市 笠原水源
硬度・PH:56・6.3
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:14mg
カリウム:1mg
カルシウム:12.2mg
マグネシウム:6.3mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
水戸藩2代目藩主である水戸光圀(水戸黄門)に縁のある、
笠原水源の湧水が原水になっている。
水戸市水道部が提供している製品だが、
中身は水道水ではない。
勿論塩素も添加されてはいない。

ラベル萬壽(まんじゅ)という文字は、
健康と長寿を願う意味がある。

この製品も茨城県まで行って手に入れてきたが、
千波湖や水戸偕楽園の売店でも扱われていた。
道の駅でも見かけたことがある。

サッパリしていてグイグイ飲むのに向く味だ。
クせがなく誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう。
水戸市民はこのような水があることを誇りに思っていいと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

福島県大沼郡金山町 天然炭酸井戸』(動画)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全
筑波山麓の良水使用 酒蔵のおいしい水 筑西 ちくせい

筑波山麓の良水使用 酒蔵のおいしい水 筑西 ちくせい

名称:筑波山麓の良水使用 酒蔵のおいしい水 筑西 ちくせい
採水国:日本
採水地:茨城県筑西市村田1682番地
硬度・PH:31・6.2
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:5.2mg
カリウム:1.3mg
カルシウム:8mg
マグネシウム:2.3mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
原水供給者である来福酒造は、
1716年(享保元年)お生み承認が筑波山麓の良水の地に創業。
創業当時からの銘柄『来福』は俳句の
“福や来む 笑う上戸の 門の松”に由来するもので、
原料米と水にこだわりを持ち、
品質一本真っ向勝負を経営理念に、
伝統技術を駆使して磨き重ね酒造りをして来た。

お酒を造ると言う事は、
まさに良い水を探すと言う事でもある。
お酒造りに使われている=良い水であると言えるだろう。

この製品は茨城県産だが、
購入した場所は長野県小諸市の懐古園内売店。
長野県の観光地の売店で茨城県の酒蔵の水が?
その時も不思議に思ったけどなぜなんだろう?

サッパリとしていて後味が軽い。
グイグイ飲めるその味は万人に愛されると思う。
硬度が低いからどんな場面でも活躍できるはず。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

ミネラルウォーター大全で紹介した製品で
通信販売が可能な製品を紹介するブログ
ミネラルウォーター大全で紹介した製品通販はこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全
ひたちの水

名称:ひたちの水
採水国:日本
採水地:日立市企業曲十王浄水場
      茨城県日立市十王町友部808
硬度・PH:22・7.5
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:8mg
カリウム:0.9mg
カルシウム:6.4mg
マグネシウム:1.7mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
2007年最後に飲む水である。
なぜこの水を選んだかと言うと、
ブログを始めてから種類を飲む事の他に
全都道府県の水を飲むという目標を掲げ続けてきたのだが、
茨城県産の水がずっと手に入らず、
やっと現地まで行って2種見つけた内の1つだからだ。
1つは記念の800本目に飲み、記録と記憶に残した。
だからこっちも2007年最後に飲んでみようと考えたのだ。

日立市企業局から発売されている。
いわゆる自治体から発売されている水だ。
最近は水道水の源水や塩素抜きを
PR込みで積極的に売る自治体が増えた。
私は実に良い事だと思う。
製造し、一般販売していない水もドンドン売れば良いと思う。

ラベルを見ると軽い説明は入っているが、
水道の情報ばかりで少し勿体無い。
せっかくPR用に作ったのならば
日立市の観光情報等も入れるべきだと私は思う。

自然豊かな日立市北部の十王川の水を浄水し、
水道水にしたものをペットボトルに詰めたのがこの製品。
アンケートを実施した結果も良好で、
質の良さを証明した結果が出た。

コクがある感じの水ではないが、
サッパリしていて後味が良く、
夏にグイグイ飲んだら最高だろうなぁと感じた。
硬度も低い為どのような用途にも使えるだろう。
2年間保存が可能であるから備蓄用にもOK。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
黄門さん

名称:水戸の名水 黄門さん
採水国:日本
採水地:水戸市米沢町404-2 笠原水源
硬度・PH:53・6.4
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:12.4mg
カリウム:1mg
カルシウム:11.5mg
マグネシウム:5.9mg
その他特筆べき成分:特に無し

味の感想【yooo】
初茨城県産の水である。
そして記念すべき800本目の水でもある。
47都道府県産の水を飲むと言う事も達成できた


水戸市水道部から発売されてされている。
江戸時代から延々と続く笠原水源の水を原料にしている。
観光用のPRと共に水道事業のORも兼ねている。

水戸だから徳川光圀(黄門様)と言うのが
私的にはチョット安易な気がするのだが、
逆にそう言う有名過ぎる位有名なキャラを出した方が
わかり易いと言う利点もあるのかもなぁ。

この水は現地で手に入れたのだが、
茨城県産の水が欲しいと言う人は千波湖に行くと良い。
湖畔にある『好文茶屋』と言う店で売られているから。

いつもと画像の背景が違うと思うが、
1人で飲むのは勿体無くなり、
代々木にあるウォーターバーに行き飲んで来た。
茨城県民以外は茨城に行かなければ
茨城県産の水を手にいれられないと思う。
もしこの水が実際に見たい人はARTICAに行くべし!

滑らかな感じの舌触りで、大変飲み易かった。
一緒に飲んだ人達の反応も上場だった。
この味を苦手だという人は少ないと思う。
どんな用途にも使える水だと思う。
自治体が出す水も侮れないと言う事が証明できる。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

水戸の名水 黄門さん 2016

2016年3月 再入手したから載せておく。
ラベルデザインが変わった。

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから