水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2200種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282017/03

最初にipadを使い始めた時は、
私自身が使うと言うよりも、
家族がパソコン代わりに軽く使うつもりだった。

その内家族がパソコンを購入し、
使わないのは勿体無いからと私が使い始めたのだが、
今では私の水活動に無くてはならない存在となり、
毎日持ち歩き利用している。

旅をする時もツーリングに行く時も手放せない。

そんなipadだが、The Daily Dotの記事中で、
10月21日に新しいモデルが出ると書かれていた。
より大きい画面サイズのモデルも出るという話もあるし、
使用して2年になる私の物も、
買い換える機会が来たという事かな。
日本にいつ入ってくるかはわからないけど。

ちなみに、私がどのようにipadを利用しているかと言うと、
主にSNSへミネラルウォーターの関連情報を伝えている。

街に出てミネラルウォーター関連の気になる場所や物があれば
直ぐに撮影してTwitterやFacebookに投稿する。
最近ではInstagramも使っている。

私がSNS等に投稿するのは、
少しでも多くの製品の存在を知ってもらいたい事、
少しでも水に対して興味を持ってもらいたい事だから、
気になった物をこれからもどんどん伝えていくつもりだ。

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
先日twitterで何となく皆のつぶやきを見ていたら、
面白いコピペがあったから、それを元に書いてみようと思う。
少し政治的な事に触れる為、
ここに書くのは相応しくないような気もするが、
まぁいいだろう。

麻生太郎 鳩山由紀夫 両名が通う
バーのミネラルウォーターについて書こうと思う。

麻生太郎前首相が通っていると報道され、
庶民の敵だ的に叩きに叩かれた、
ホテルオークラ内の『バー・ハイランダー』は、
値段を調べてもわからなかったのだが、
ハイランドスプリングスが出て来るとの事。
スコティッシュバーと言うだけあって、
しっかりとスコットランド産が出てくる。
そう言うこだわりは素晴らしいと思う。

一方鳩山由紀夫現首相が通うバーは
北青山の会員制クラブ『ウラク アオヤマ uraku青山』である。
入会金1575000円 年会費378000円と言う
庶民は一生行けないような価格設定で、
ミネラルウォーター(500ml)は3500円もするらしい。
3500円って・・・
3500円もするミネラルウォーターの銘柄はなんだろう?
高い安いよりもそれが気になる私。
誰か情報を持ってはいないだろうか?

政治的観点から2人を比較してもいいが、
ミネラルウォーターから比較すると
違った楽しみ方ができるだろう。
テレビや新聞・雑誌を見ていても、
ミネラルウォーターの事ばかり気になる
ある意味病気に近い私であった。

麻生太郎・鳩山由紀夫両氏が好きなミネラルウォーター、
両氏がよく飲んでいるミネラルウォーターは何なのか、
選挙区産の製品なのか、こだわりは無いのか、
直接聞いてみたいなぁ。
問い合わせをしても公の立場の人で、
宣伝活動になってしまうから、
絶対返事は返ってこないだろうし、
こう言う事を知りたい時はどうすればいいのだろう?

おしまい

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
ミネラルウォーターを飲んでいる時に、
各製品の状況はどうなっているのだろうと思い、
メジャー商品のラベル剥がし事情を比較してみた。

ラベル剥がしってのは水自体には関係ないけど、
ゴミを出す時に実に面倒な一手間。
エコロジーの観点から協力しているけども、
出来るなら簡単に剥がせた方が良い。
簡単に剥がせないから諦めようと思う人も
きっと沢山いるだろうから。

エビアン ボルビック

六甲のおいしい水 天然水南アルプス

コントレックス クリスタルガイザー

今までの主流はミシン目。
ミシン目無しの製品もあった。
しかし有名商品と言われるものを買ってみたが、
何と全てがシールで、ペリペリ剥がすタイプに。
エビアン・ボルビック・コントレックス・クリスタルガイザー
・天然水南アルプス・六甲のおいしい水、
100%の確率である。

最早ミシン目は主流じゃないのだろうか?

確かにミシン目だとラベルの状態によっては
剥がしにくく、わざわざ鋏を使う事もある。
力が要る時も有る。
シールタイプであれば子供でも力が無くてもOKだ。

ただ弱点は平面、もしくは平面に近い所しか使えない事かな。
例えば極端な例だけど『ひょうたんから水』のように、
超個性的なボトルには向かないと思う。
ミシン目タイプのように蒸気の熱でボトルにフィットさせないから。

となるとこれから先は、
大手各社の動きに合わせ、通常タイプのボトルはシールに、
個性的なボトルはミシン目を維持と言う感じになるのかな。
水だけではなく、ラベル剥がしにも注目していきたい。

2009.5.18 検証追加

アクアセラピーミナクア

あ!大事な製品を忘れていた。
コカコーラのアクアセラピーミナクア。
アクアセラピーミナクアのみミシン目だった。
自販機タイプじゃないボトルはどうだろうか?
更に検証を進めなければならない。

ラベル剥がしの方向にも注目してみた。
つまり親指で向こうに向かって剥がすか、
人差し指(もしくは中指・薬指・小指)で手前に剥がすかを。

手前に剥がすタイプ
ボルビック 六甲のおいしい水 エビアン

向こうに剥がすタイプ
天然水南アルプス コントレックス クリスタルガイザー

ヴィッテル

方向が違うのは製造機械の違いだろうか。
天然水南アルプスとコントレックスはサントリー扱いだから、
同じ方向なのは何となく納得できるけど・・・
サントリー扱いのビッテルも同社製品と同じ方向だった。
これからも注目していきたい。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
アクアセラピーミナクア

コカコーラナショナルビバレッジ(株)から発売されている
アクアセラピーミナクアの採水地について書く。
皆さんも自販機・店頭で良く見る製品だろう。
かなりの販売数を誇っている。

アクアセラピーミナクア

アクアセラピーミナクア

アクアセラピーミナクアは、
ミナクアと言う製品の後継だと思う。
だから山梨県北杜市白州産と、
富山県砺波市東保産の2つの採水地製品が
全国に展開していたのだと考えていたが、
つい先日静岡採水の製品を発見し、愕然とした。
ボトルの形も2種類あって、
多分だが、店舗用と自販機用を分けているのだろう。

静岡産の製品は駿東郡と言う所の水で、
紹介した事が無かった為、後日こちらでも書く事にするが、
富山県産の製品はどこに行ってしまったのだろう?

同じミナクアだからと油断していると、
このような発見を逃す事になる。
日々色々な所をチェックする心構えを忘れず、
これからも水製品を探し、確かめて行こうと、
改めて気合を入れる私であった。

よし、富山県産はどうしたのか問い合わせしてみよう。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
最近少し興味が出てきたのが
スーパーに置いてある水のスタンドである。
少し規模の大きい店舗なら、いまや確実に設置されている。
ボトルを買えば水は無料と言う感じで、
買い物客が充填しているのを良く見る。

さて、私が何に興味を持ったかと言うと、
その安全性と質についてである。

まずフィルターを使っているタイプの水は、
キチンとフィルター交換がされているのかと言う疑問。
例えば大盛況で利用者が想定より多くなり過ぎた場合、
定期交換と言う形で清潔さが保てるのか、
定期的ではなく、汚れ具合で交換している店はあるのか、
そう言う事を細かく知りたい。

逆浸透膜を使用しているタイプは、
安全そうに見えるが、塩素まで除去する訳だから、
スーパーから持って帰った後、清潔さを保てるのかも疑問だ。
塩素が残っていれば一応消毒にはなるから。
調理用で加熱すると言う前提ならOKだと思うけど。

麦飯石タイプやマイナスイオンタイプもあるけど、
効能が良くわからない。
マイナスイオン水ってのは本当に何か効能があると
証明されているのだろうか?
麦飯石で濾過したものならば多少はミネラルが出るだろうが、
そもそも塩素は全て除去できるのだろうか?

元となっているのは全て水道水と言う事で間違い無いと思うが、
(毎日どこからかタンクローリーで水を運んで来る訳無いもんね)
お得に見えるスーパーの水スタンドも、
飲料水と考えると色々疑問も出てくる。
勿論ペットボトル等の製品でも疑問はあるけど、
私はわざわざ利用したいと思わないな、今の所。

知識が乏しい為、推測的な事しか書けないが、
これから少しずつ知り、考えて見たいと思う。
素人考えの疑問を並べただけだから、
もしかすると根本的な間違いがあるかもしれないが、
間違っていたら指摘して頂きたいと思う。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします