水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2200種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

このエントリーをはてなブックマークに追加

深層水素水 Cellcia セルシア

名称:深層水素水 Cellcia セルシア
採水国:日本
採水地:岡山県和気郡和気町
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:24mg
カリウム:0.2mg
カルシウム:20mg
マグネシウム:0.4mg
溶存水素量:0.7ppm~1.5ppm
酸化還元電位:-500mv~-600mv

販売者:株式会社ウエイク

製造者:記述無し

味の感想【yooo】
中国山地南東部に位置する岡山県和気郡和気町の、
1億年以上前の地層深く(地下1000m)、
大気に触れる事のない無菌の状態で、
長い年月をかけて濾過された天然水を使用している。

その原水に独自の技術で水素を添加している。
4層アルミパウチで長期間水素を逃がさない。



販売者情報は書いてあったが、
製造者情報は書いてなかった。
ストリートビューで住所を調べると自然の多い地域であるから、
もしかすると製造販売が同じ会社なのかも。

前から機能水については思う事を書いているけど、
薬ではないから、1本2本飲んだ所で何も起こらない。
もし効能を期待するなら長期間飲まなければならないだろう。
私自身は効能など気にして飲まないから、
純粋にミネラルウォーターとして楽しむだけ。

水素は逃げ易い。
封を空ける前は逃げないかもしれないが、
空けた瞬間ぱっと消えてしまったりはしないのだろうか?
毎回グラスに注いで飲むから、気が気ではないのだ。

滑らかな舌触りで、すっと身体に入っていく感じ。
クセがなくて誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう。
1本あたりの価格が結構高いから、
飲み続けるには信じる心とある程度のお金が必要である。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

そらり



名称:そらり
採水国:日本
採水地:岡山県総社市
硬度・PH:21・6.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:5.2mg
カリウム:0.32mg
カルシウム:6.6mg
マグネシウム:1.9mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
高梁川(高梁~総社)沿線の水域で採れた地下水を、
衛生管理の厳しい工場にてフィルターで濾過し、
非加熱でボトリングしたのがこの製品である。

高梁市は1度訪れた経験があるのだが、
その頃はミネラルウォーターに興味がなかった時期だから、
観光だけをして帰って来てしまった。
次に訪れた時はしっかり水関係のエリアを見て回りたい。

余り見ない珍しい形のボトル。
ペコペコ柔らかく、強く握ると水がこぼれる可能性もある。

ラベルの字がかなり小さい。
ラベルの文字は読んで貰うためにあると思うのだが、
これでは視力的に読む事ができない人もいるだろう。

舌触りが優しくとても飲み易い水。
クセがないから誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう。
どんな場面でも活躍できる水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
吉備の天然水 きびのてんねんすい



名称:吉備の天然水 きびのてんねんすい
採水国:日本
採水地:岡山県吉備中央町
硬度・PH:13・6.4
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:57mg
カリウム:8mg
カルシウム:43mg
マグネシウム:6mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
初めて飲む岡山県吉備中央町産の水だ。
既にかなりの数を飲んできた私だが、
このような水に出会えると嬉しいな。
これで私は吉備中央町産の水を飲んだ人間として、
堂々と皆に言う事が出来る。

吉備中央町は賀陽米やピオーネワインが有名らしい。
ワインの仕込み水はこの製品の原水かな?
この水で賀陽米を炊いたら美味しいだろうねぇ。
 
ボトルギリギリまで水が入っているのは良い事だが、
注ぐ時にこぼれやすいというデメリットもある。
特に2Lは持つ時に力が入るし、
ボトル自体が結構柔らかいから、水が飛び出すのだ。
ただ、できる限り劣化スピードを抑えたいと言う、
工場側の願いもあるから、
注意しつつ注ぐしかない。

サッパリしていてとても飲み易い味だった。
お風呂上りにグイっと飲むと、
身体に染みこんで行くように感じた。
クせがなく、誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう。 
どんな場面でも活躍できる水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

福島県大沼郡金山町 天然炭酸井戸』(動画)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全
桃太郎天然水

名称:岡山・高梁生まれの天然水 桃太郎天然水
採水国:日本
採水地:岡山県高梁市成羽町坂本
硬度・PH:130・7.8
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:11mg
カリウム:1.3mg
カルシウム:42mg
マグネシウム:6.2mg
その他特筆すべき成分:セレン 白金 ゲルマニウム等微量

味の感想【yooo】
岡山県高梁に降り注いだ雨は、
長い年月をかけて地層深く染み込み、
しっかりと磨かれた後に湧き出し、
清らかな水となって人々の暮らしを支えている。
その原水を衛生環境の整った工場にて
ボトリングしているのがこの製品である。

ラベルには岡山のシンボルともいえる
桃太郎が描かれているが、
果たして高梁市には関係があるのだろうか?
高梁と言えば思い出すのがベンガラだが、
その町並み等を描いた方が良かったのでは?と、
私個人的には思っている。
備中高松城もね。

採水地の高梁市には実際に訪れた事がある。
歴史もあり自然もありでとても良い所だった。
駆け足で彼方此方回ったから、
今度訪れる時はしっかり色々見て回りたい。

国産水としては硬度が少し高めだが、
硬水を苦にしない私にとっては飲み易い水であった。
硬水が苦手な人の意見も聞いてみたいな。
赤ちゃんの調乳用としては、
メーカー推奨が硬度50以下だから使わない方がいい。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

岡山・高梁生まれの天然水 桃太郎天然水

2016年6月 再入手したから載せておく。
ラベル・成分ともに変わった点はない。

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
岡山生まれの天然水 あっぱれ 桃太郎の水

名称:岡山生まれの天然水 あっぱれ 桃太郎の水
採水国:日本
採水地:岡山県高梁市成羽町坂本
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:11mg
カリウム:1.3mg
カルシウム:42mg
マグネシウム:6.2mg
その他特筆すべき成分:セレン0.01mg以下

味の感想【yooo】
この製品は岡山県倉敷市の『くらしき美味処』のオリジナル。
ラベルには昔絵本で見たような桃太郎と、
雉・犬・猿の絵が描かれている。
岡山と言えば他県人はすぐに桃太郎を連想するから、
わかりやすくていいと思う。

そして童謡の歌詞を少しだけ変え、
“ももたろうさん ももたろうさん お腰につけた天然水
一つ私に下さいな”と書かれているのが可笑しい。

採水地の高梁市成羽訪れた経験がある。
採水地まで行った訳ではないが、
自然が豊かで良い水が出るのは当然と思える地区があった。
私のように採水地付近まででいいから行ってみるのがオススメ。
その地の雰囲気を感じるだけで親近感が違ってくる。

成分表示は出ているものの、硬度・PHは書かれていない。
計算すると、42×2.5+6.2×4.1=130.42となり、
国産としては硬度の高い水と言えるだろう。

舌触りが滑らかでスルスル身体に入っていく感じ。
硬水が苦手という人でも楽しめると思う。
ただ調乳やペットに与える水としては注意が必要。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

岡山生まれの天然水 あっぱれ 桃太郎の水 2016

2016年2月 最入手したから載せておく。
ラベル・成分に変化はない。

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから