水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

阿波の天然水



名称:阿波の天然水
採水国:日本
採水地:徳島県勝浦郡勝浦町
硬度・PH:43・7.7
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:3mg
カリウム:0mg
カルシウム:14mg
マグネシウム:2mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:株式会社徳島珈琲

味の感想【yooo】
採水地の勝浦郡勝浦町はとても自然が豊かな地であり、
質の高い水が生まれるのは当然。
その知に降った雪や雨が地に浸透し、
ゆっくりと長い時間をかけて磨かれる。
原水を衛生管理の厳しい工場でボトリングし、
消費者の元にやってくる。

徳島珈琲

この製品を購入したのは徳島県鳴門市にある、
四国八十八箇所霊場 第一番札所【霊山寺】である。
製造会社である徳島珈琲の自動販売機があり、
そこで売られていた。
存在すら知らなかった製品だった為、狂喜した。
しかも今まで飲んだ事が無い採水地の製品だったから。

すだちくん

ラベルには徳島県のマスコットキャラクターである
【すだちくん】が描かれている。

ラベルデザインがとても爽やかで素敵だと感じた。
他の製品と並べてみても目立つだろう。

滑らかな舌触りで、とても飲み易い。
クセがないから誰からも愛されるだろう。
硬度も低めで、広く活躍できる水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

阿波の天然水 2回目

2015年12月 再入手したから載せておく。
成分に変化はないが、
ラベルに阿波踊りのシルエットがプリントされた代わりに、
すだちくんが消えた。

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

福島県大沼郡金山町 天然炭酸井戸』(動画)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID:0001618230
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全
PAINDUCE パンデュース ミネラルウォーター



名称:PAINDUCE パンデュース ミネラルウォーター
採水国:日本
採水地:徳島県美馬郡つるぎ町一宇
硬度・PH:26.4・記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:16.4mg
カリウム:1.2mg
カルシウム:9.4mg
マグネシウム:1.2mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
大阪でこだわりのパンを焼いている、
PAINDUCE パンデュース】オリジナルミネラルウォーター。

なぜ大阪のパン屋さんが徳島の水を選んだのか気になる。
スタッフの中に徳島の方がいたからか、
色々な水の中から徳島の水を気に入ったからなのか、
小ロットボトリングをしてくれる所が限定されていたからか、
製造者側の営業実績によるものなのか、
知りたい気持ちが頭の中を渦巻いていて苦しくなる。

水自体の情報がラベルに書かれていないのが残念だが、
デザイン等の事を考えると仕方ないのかもしれない。

パンとミネラルウォーターは一見合わないように見えるが、
実はとても良い組み合わせなのだ。
私自身がパンとミネラルウォーターで楽しんでいるから、
間違いないと自信を持って言う事が出来る。
バケットやカンパーニュ系のが特に良いと思う。

パン作り自体には、この水が使われているのかな?

ボトル注ぎ口の直径が少し広い。
グラスに注ぐ際コポコポはねづらいのがいい。

とても飲み易い味だと感じた。
ソフトな舌触りと後味のスッキリさで、
誰もが楽しめる水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

福島県大沼郡金山町 天然炭酸井戸』(動画)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID:0001618230
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全
四国キヨスクで売っている、剣山山系でとれた天然水。

名称:四国キヨスクで売っている、剣山山系でとれた天然水。
採水国:日本
採水地:徳島県美馬郡つるぎ町一宇
硬度・PH:26.4・記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:16.4mg
カリウム:1.2mg
カルシウム:9.4mg
マグネシウム:1.2mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この水はミッキーさんから頂きました。
FOODEXで実際にお会いした事がありますが、
こだわりを持った素晴らしい方です。
最近ではおいしい店や食べ物にも詳しく、
その方面でも活躍されています。
HPブログを是非訪れてみて下さい。

ボトルとラベルを見た瞬間“あ、あの水だ!”と気づいた。

四国限定である。

剣山は徳島県の最高峰である。
周辺一帯が国定公園に指定されている為、
環境がしっかりと保たれている事もあり、
素晴らしい水が延々と湧き出している。
圧倒的とも言える巨木が残る所でも有名で、
その事からも自然が守られている事がわかる。

注ぎ口の直径が広いのが嬉しい。
グラスに注ぐ時コポコポ言わない。

ボトルはかなり柔らかくペコペコしている。
飲み終わった後に潰し易いだろう。

サッパリしていてサラサラ感がある。
後味がスッキリしていて爽やか。
クセが無いから誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

毎日のニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全

四国剣山 天然水

名称:四国剣山 天然水
採水国:日本
採水地:徳島県美馬郡つるぎ町
硬度・PH:26.4・記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:16.4mg
カリウム:1.2mg
カルシウム:9.4mg
マグネシウム:1.2mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この水はKUMAさんから送って頂いた製品です。
キャップコレクションでは有名な方で、
綺麗に分類されたコレクションの数々は見ていて飽きません。
是非一度HPブログを訪れてみて下さい。

四国は水の良い所で、アチコチ探して回りたいのだが、
気軽に行ける距離ではない為、手薄になってしまう。
一度2泊くらいで行って来ようかと計画中。
地理的・環境的なものと水がどのように関わるか、
文字・画像・伝聞だけでなく、実際感じて来たい。
現地に行ってわかる事は本当に多いから。

ボトルのデザインがよく見ると珍しい。
かなりの数のボトルを見てきた私だが、
このタイプは初めてだと思う。
販売会社の独自デザインなのか、
それとも製造工場がこのタイプを使っているのか、
派手さは無いがシンプルなラベルと合わせ、いい感じである。

剣山は徳島県の最高峰。
周辺一帯が国定公園に指定されている為、
環境がしっかりと守られている事もあり、
素晴らしい水が延々と湧き出している。
巨木が残る所でも有名で、
その事からも自然が守られている事がわかる。

注ぎ口の直径が通常のタイプよりも広く、
グラスに注ぐ時コポコポならないのが嬉しい。
ちょっとした事だが好感度アップである。

四国剣山 天然水

成分表に書かれている数値が/100mlとなっていたが、
/Lの間違いだと思い、そのように記述しておいた。
/100mlで硬度計算をすると280を超えてしまう。

後味にサッパリ感を強く感じた。
それゆえ爽やかな印象であった。
夏の暑い時期にグイっと飲みたい、そんな味。
クセが無く誰が飲んでも嫌とは言わないだろう。
硬度的に色々な事に使えると思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
名水 おいしい天然水 徳島発

名称:名水 おいしい天然水 徳島発
採水国:日本
採水地:徳島県勝浦郡勝浦町
硬度・PH:45・7.2
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:4mg
カリウム:0mg
カルシウム:15mg
マグネシウム:2mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この水はKUMAさんから送って頂いた製品です。
キャップコレクションでは有名な方で、
綺麗に分類されたコレクションの数々は見ていて飽きません。
是非一度HPブログを訪れてみて下さい。

シンプルなラベルにシンプルな名称。
珍しい徳島産の水と言う事もあり、興味津々だったが、
成分の記述はあっても水自体の説明が無く、
そこが残念だと私は感じてしまった。
HPにすら書かれていないし・・・
ボトルキャップにデザインを付けてまでいるのに、
もうちょっとだけ頑張って欲しかったなぁ。
ラベルに空いているスペースがあるだけにね。

ネタが無いから勝浦町の事を少し書こうと思う。
位置的には徳島市の南で隣接自治体になっている。
人口は6千人とちょっと、平均年齢は50歳を超す。
町の名物は四国八十八ヶ所の1つ、国宝・鶴林寺があり、
個人的に気に入ったのは『ビッグひな祭り』。
ひな祭りに英語のビッグを付けてしまうのが面白い。
まるで冠二郎の『炎』の歌詞のようだ。
・・・まるで違うか?
成る程、平成元年から始まった祭で、
それ程長い歴史が無いからこその名称か。

googleの地図で見ると、
この水の製造会社が思い切り記述してあった。
ヤフーやライブドアの地図には記述が無い。

サッパリとしていて飲み易い。
後味の爽やかさが凄いと思ったが、気のせいかもしれない。
硬度を考えると何にでも使えるだろう。
メーカーHPで確認すると、1本100円以下で買え、
思い切って使うには良い製品と言えるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします