水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

このエントリーをはてなブックマークに追加

water supplement NEW DRESS CODE 水素水

名称:water supplement NEW DRESS CODE ミネラルウォーター
採水国:日本
採水地:石川県白山市水島町
硬度・PH:59.8・8~9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:6.7mg
カリウム:0.8mg
カルシウム:18mg
マグネシウム:3.5mg
その他特筆すべき成分:水素

販売者:株式会社エス・エープランニング

製造者:記述無し

味の感想【yooo】
ニュードレスコードは、天然水『霊峰白山の水』を、
アクアセーラー装置で処理、
還元水素水生成機で電気分解。
水の分子を小さくしたイオン水である。

採水地の白山市へは何度か訪れた経験があるが、
水のスポットを回った事が無いから、
いつかしっかり見て回りたいものだ。

550mlの大容量ボトルを採用。
50ml多くなると持った感じでわかる。
1本だけだとそれ程お得感が無いが、
24本をケースで買うと1.2Lも違うから、
大容量ボトルのお得さ加減を感じられるだろう。

透明ラベルに黒の文字は、
シンプルだが売り場で良く目立つ。

特許取得製法だ、水素水だと言われても、
どれ位の量を、どれ位の期間飲めばいいかわからないから、
例え効果が出る水だとしても、
今まで飲んでいる製品から、この製品に変え、
定期的に飲み続けて貰うのは難しいだろう。

だが、普通にミネラルウォーターとして飲む場合、
クセが無く非常に飲み易い。
日常使いには向くと感じた。
あれこれ効能を気にするより、
その水自体が自分にとって合うか合わないか、
それだけを判断基準にすればいいと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加


野々市市では、飲むのも、ゴハン炊くのも、きまってこの水です。3



名称:野々市市では、飲むのも、ゴハン炊くのも、きまってこの水です。
    あたりまえです。白山からの伏流水ですから。
採水国:日本
採水地:石川県野々市市
硬度・PH:85・7.6
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:13mg
カリウム:1.5mg
カルシウム:21.2mg
マグネシウム:7.7mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:野々市市水道事業

味の感想【yooo】
まず誰もが感じるのは製品名が長過ぎると言う事。
タイトル枠に全て入らなかった。
この製品を皆どう呼んでいるのだろうか?
どう考えてもフルネームではないと思う。
もしかするとフルネームを記憶している人も少ないのでは?
でも長い名前の水と言う事で記憶されるかもね。

・・・などと書いている時にホームページを確認したら、
名前がどうしてもおぼえられない時は、
“のっティの水って呼んじゃいましょう”と書いてあった。
しかも野々市市のホームページTOPには、
正式名称ではなく【のっティの水】としてバナーが貼られていた。

ちなみにのっティとは最初コミュニティバスの愛称で、
後に市のキャラクターに昇格したそうだ。
この製品ではラベルではなくキャップに姿が描かれている。

霊峰白山を源とする伏流水が手取川扇状地から湧き出し
深井戸から採取した地下水を、
衛生管理の厳しい工場にてボトリングしている。

ボトルの形状を見ると、
黒部名水株式会社のものと似ている気がする。
野々市市から黒部市まで原水を運び、
ボトリングしているのだろうか。
調べてみよう。

野々市市では、飲むのも、ゴハン炊くのも、きまってこの水です。

野々市市では、飲むのも、ゴハン炊くのも、きまってこの水です。2

私は野々市市まで行って手に入れてきた。
役所の自動販売機で売られているのは素晴らしい!
わかり易い所で売られていると、
外部から来た人間も手に入れるのが簡単だから。
他にも市内各所で売られている。

野々市市の水道事業では、
水源の森づくり活動を支援しているとの事。
1本買ったら○○円寄付みたいなものなのか、
詳しい事は書かれていないが、
このような寄付の形はとてもいいと思う。

滑らかな舌触りで、スルスルっと身体に入る感じ。
クセがなくてとても飲み易かった。
このようなおいしい水がある野々市市民の皆様が羨ましい。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

霊峰 白山の水 天然水 北陸新幹線W7系バージョンボトル



名称:霊峰 白山の水 天然水
採水国:日本
採水地:石川県白山市水島町
硬度・PH:55.1・7.1
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:6.5mg
カリウム:0.8mg
カルシウム:14mg
マグネシウム:3.8mg
その他特筆すべき成分:特に無し

製造者:クリーンライフ株式会社

味の感想【yooo】
日本三名山の一つである白山に降り積もった雪が融け、
大地にしみ込んで行く内に磨かれ、
大地のミネラルを含んだ水として生まれ変わる。
その原水を衛生管理の厳しい工場にてボトリングしたのが、
この【霊峰 白山の水 天然水】である。
ちなみに三名山の残りは富士山と立山。

採水地付近ではなかったが、
石川県まで行って手に入れてきた。
地元もしくは地元近くで手に入れる、
その事にこだわって活動を続けている。

私は何度か採水地である白山市を訪れた経験があるが、
じっくりと見て回った事が無いのが残念。
次に訪れる時はしっかり時間を使って楽しみたい。

2015年 平成27年3月4日
東京―金沢間を結ぶ北陸新幹線が開業した。
金沢はともかく富山の人は中京・関西圏ではなく、
東京の圏内に入るのではないかと思われる。
観光だけではなく経済等の流れが変わるだろうなぁ。
その開業を記念してW7系が描かれたラベルが売られている。
いつまでW7系バージョンが売られるかはわからないから、
手に入れたい人は早目がいいと思う。

近頃は普通になってきた大容量ボトルを採用している。
内容量は550mlである。
50mlとは言えお得感がある。
1割増量だからね。
小さなボトルは350ml。

サッパリしていてクセがなく、大変飲み易い。
特にミネラルウォーターにこだわりがない、
北陸新幹線で北陸を訪れた観光客も喜ぶだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

霊峰 白山の水 天然水 201611172

霊峰 白山の水 天然水 201611171

2016年11月 再入手したから載せておく。
ノーマルラベルに加えて【ひゃくまんさん】ラベルも購入した。
ひゃくまんさんとは石川県の公式マスコットキャラクター。
成分に変化はない。
キャップが青から白に変わった。

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
海洋深層水 能登はやさしや水までも

名称:海洋深層水 能登はやさしや水までも
採水国:日本
採水地:石川県能登町小木沖3.7km 水深320m
硬度・PH:0・7.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:0.8mg
カリウム:0.1mg未満
カルシウム:0.2mg
マグネシウム:0.1mg未満
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
能登町小木3.7km 水深320mから汲み上げた、
能登海洋深層水は清浄性・冨栄養性・低温安定性
ミネラル特製に富み、大海へと出て行かない水、
日本海固有水と呼ばれている。
なるほど、太平洋側の深層水は流れてくるが、
能登の深層水はそうじゃないって事だね。

能登は海洋深層水を使ったお酒造りも盛んな事から、
その原料である水にも注目し、製品化が決まった。
製品化前は取水施設にまで行かないと手に入らなかったが、
ペットボトルになったおかげで、
全国どこでも誰もが飲めるようになった。
私自身も東京でこの水を飲んでいる訳だし。

1つだけ疑問に思うのは硬度を0に近づけた事。
海洋深層水は硬度が高くなるにつれ、
独特のエグ味が出て飲みにくくなるが、
ミネラルの種類・量の豊富さが魅力の一つであり、
それを完全と言えるレベルにまで消してしまうのは
なにやら勿体無い気がするんだけどなぁ。

さっぱりしていてとても飲み易い。
海洋深層水っぽいクセが感じられない。
この味ならばどんな用途にも使えるだろうし、
誰もがグイグイ飲めるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

海洋深層水 能登はやさしや水までも

2012年12月 再入手したから載せておく。
成分・ラベルに変わった点は無い。

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

ミネラルウォーター大全で紹介した製品で
通信販売が可能な製品を紹介するブログ
ミネラルウォーター大全で紹介した製品通販はこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全

金沢の水

名称:金沢の水
採水国:日本
採水地:石川県金沢市末町
硬度・PH:23・7.6
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:3.6mg
カリウム:0.3mg
カルシウム:6.3mg
マグネシウム:1.5mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
神々の座、白山のぶな原生林に源を持つ犀川。
詩人室生犀星が美しい川と謳うその流水を、
ゆっくりと濾過しボトリングしたのがこの製品。

採水地である末浄水場の緩速濾過施設は、
昭和5年から現在まで長く市民の渇きを癒して来た。
その施設は有形文化財に登録され、
市民を始め足した人々に愛され続けている。

ちなみに緩速ろ過とは簡単に書くと、
一度川から取水した水を緩速ろ過槽に貯め、
薬品を一切使わず、砂や微生物の力を狩りてろ過する方式。
薬品を使わない他に、コストが低く済むメリットがある。
しかし、広大な土地が必要な事、ろ過に時間がかかる事、
激しい汚染に弱い事等のデメリットがある。
逆に言えば緩速ろ過を採用している都市は、
水が綺麗な場所と言えるのではないだろうか。

金沢の水

この製品は現地まで行って手に入れてきた。
金沢駅他、兼六園等でも販売が確認され、
ある程度の範囲で売られている事がわかった。

ラベルは兼六園雪吊りが描かれている。
シンプルだが美しい。
金沢の雰囲気に合っている気がする。

後味がスッと引く感じが良い。
何も邪魔しない感じで美味しく飲める。
料理にも名物のほうじ茶にも、
勿論そのまま飲んでも覆いの楽しめる水と言えるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

ミネラルウォーター大全で紹介した製品で
通信販売が可能な製品を紹介するブログ
ミネラルウォーター大全で紹介した製品通販はこちらから。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全