水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

このエントリーをはてなブックマークに追加


尚仁沢の水 Shojinzawa no Mizu



名称:尚仁沢の水 Shojinzawa no Mizu
採水国:日本
採水地:栃木県塩谷郡塩谷町
硬度・PH:23・7.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:3mg
カリウム:0.9mg
カルシウム:7.3mg
マグネシウム:1.3mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:株式会社ティー・シー・シー

商品企画:テレビ朝日映像株式会社

味の感想【yooo】
尚仁沢は奈良時代精進沢とも呼ばれ、
人々が高原山に参拝の折、
湧水で身体を清める為に必ず立ち寄ったと言われている。
また民話『河童の雨乞い』には、
ある夏日照りが続き村人が雨乞いの祈りを続けても効果がなく、
それを見ていた河童が同情して雨乞いをすると、
たちまち大雨が降ったとある。

日光連山の一角をなす、
栃木県塩谷郡塩谷町に位置する尚仁沢湧水は、
自然水が長い時間をかけて地上に湧き出した天然湧水で、
1日65000トンと言う湧水量は、
環境省選定名水百選の中では日本一を誇る。

昭和60年 当時の環境庁から名水百選に認定される。

平成9年 岐阜県揖斐川町主催の『全国きき水大会』で、
名水の中でも特に美味しいと、1位に成った事がある。

私は何度か湧水を訪れた経験がある。
関東の人間の中での知名度は高いと思う。
汲みに来ている人も結構多くて、
生活と密着しているんだなぁと感じた。

商品企画にテレビ朝日映像株式会社の名が書かれている。
どのように関わったのか知りたいな。

ラベルには『放射能検査実施済』の文字がある。
まだ東日本大震災は終わっていないのだ。
原発事故は収束していないのだ。

サッパリしていてぐいぐい飲む事ができる味。
クセがないから誰にでも愛されるだろう。
硬度が低いからどのような場面でも活躍できる。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

尚仁沢の水 Shojinzawa no Mizu 20161129

2016年11月 再入手したから載せておく。
ラベルデザインが大きく変わった。
成分に変化はない。

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
象の鼻カフェ オリジナルミネラルウォーター



名称:象の鼻カフェ オリジナルミネラルウォーター
採水国:日本
採水地:栃木県塩谷郡塩谷町
硬度・PH:23・7.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:3mg
カリウム:0.9mg
カルシウム:7.3mg
マグネシウム:1.3mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この製品は横浜 象の鼻テラス内にある、
象の鼻カフェオリジナルミネラルウォーター。
え!伊藤、象の鼻カフェのオリジナルは、
以前も紹介しただろう!!と思ってくださった方は、
このブログの読者様ですね、ありがとうございます。

象の鼻カフェ オリジナルミネラルウォーター

横浜はミネラルウォーターの定期チェックポイントになっていて、
象の鼻カフェもコースの中に入っている。
先日もう何度目かわからないが、行って見ると・・・
どうもラベルに違和感があり確認してみると、
果たしてその通りだった。
以前は富山県産で、今回紹介しているのは栃木県産である。
中身が違えば新種認定する事にしているから、
堂々と別種として紹介したのだ。

採水地の塩谷町はまだきちんと訪れた経験が無い。
私の住む東京からは大した距離でも無いのに、
まだ訪れた事が無いのは良くないと自分でも思っている。
近い内にバイクで向かい、雰囲気を確かめてくるつもりだ。

象の鼻とは妙な名称だが、実は歴史がある。
明治中期に象の鼻波止場と言うものが実際にあったのだ。
その波止場を復元し、周辺をテラスとして整備し、
その敷地内にあるのが象の鼻カフェになる。

なぜ横浜の象の鼻カフェが、
以前は富山、今回は栃木と、
神奈川県産ではない水を選び続けるのか、
私は良くわからないのだが、
ロットの問題や価格の問題があるのだろうなと想像はできる。
ただやはり、神奈川県内に良い水が無い訳ではないから、
少し残念に思う伊藤である。
勿論だが、富山や栃木の水が駄目と言っているのでは無い。
質が高くておいしい水なのはわかっている。
地元で地元の水を売ってほしいと言う、
私自身の強い願いがこういう文章を書かせているだけなのだ。

サッパリとしていて大変飲み易く、
後味もスッキリしているから、飲んだ後心地良い。
クセが無いから誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう。
どんな場面でも活躍できる素敵な水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID:0001618230
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全

TOCHIGI BREX 那須のおいしい天然水 美玉の水



名称:那須のおいしい天然水 美玉の水
    リンク栃木ブレックス
採水国:日本
採水地:栃木県那須郡那珂川町小砂
硬度・PH:44・8.6
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:27mg
カリウム:1.3mg
カルシウム:16mg
マグネシウム:0.7mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
実は以前【那須のおいしい天然水 美玉の水】を紹介し、
この製品を新種として採用するか否かを迷ったけども、
リンク栃木ブレックス TOCHIGI BREX
オリジナルウォーターであるから、
新種でOKという結論に達した。

ちなみにTOCHIGI BREXはNBA フェニックスサンズで、
日本人初のNBA所属選手としてプレーした、
田臥勇太さんが所属するチームである。

那須山麓を源とする清流那珂川。
そのほとり八溝山系の地層でゆっくりと濾過された天然水は
衛生管理の厳しい工場にて、1本1本丁寧にボトリングされ、
製品として市場に並び、消費者を楽しませている。。

採水地の那須郡那珂川町までは行かなかったが、
製造工場のある芳賀郡茂木町まで行って手に入れてきた。
地元で地元チームのオリジナルが売られていて、
応援しているのはとても素晴らしい事だと思う。

採水地の地名に小砂(こいさご)と書いてあるが、
このような地名を読めるようになるのも、
ミネラルウォーターをやっていて良かったなと思う事である。
砂をいさごと読む事については前から知っていたけども、
このような地名があると言う事は知らなかったし、
どんな所にあるのか地図で位置を確認したから、
いつか採水地訪問としゃれ込もうかなと考えている。

ラベルには栃木ブレックスのチアリーダである
ブレッキーが描かれている。
このようなキャラクターを描いている製品が最近多いが、
私はとてもいい事なのではと考えている。
例えば全く水・ミネラルウォーターに興味が無い人が、
ブレッキーのグッズだからと言って購入し、
美味しいと感じた事から水に興味を持ったりする可能性も
0ではないと思うからね。

滑らかな舌触りと、スッと引くような後味が心地良く、
グイグイ飲むのに適した水だと感じた。
バスケットボールプレイヤーの方々も
きっとこの水を気に入っているだろうなぁ。
硬度が44と低めだから色々な場面で活躍できると思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

福島県大沼郡金山町 天然炭酸井戸』(動画)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID:0001618230
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全
日光連山龍穴水 自然水



名称:日光連山龍穴水 自然水
採水国:日本
採水地:栃木県鹿沼市草久
硬度・PH:記述無し・6.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:2.1mg
カルシウム:3mg
マグネシウム:0.5mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
中国に伝わる風水では、
『土地の気は山に生じ、龍脈によって運ばれる』と考えられている。
この気が流れ込む場所を龍穴と呼び、
大地のパワーが集中する開運の土地とされている。
本製品の原水が龍穴水と呼ばれ、
日光連山の気をはらむ霊水として珍重されてきた由来である。

採水地の鹿沼市あたりは何度も訪れた経験があり、
充填工場のある草久は、古峯神社が近く自然が豊かで、
ここなら良い水が採れて当然だろうと思える土地だ。
残念ながら工場見学した経験は無いのだが、
近くまで行って雰囲気を知るだけでも意義がある。
水に対する愛情がグッと増すのだ。

採水地は草久と書いてくさぎゅうと読む。
ミネラルウォーターをやっていると地名にも強くなる。
難読地名が結構多いからね。

硬度が書いていないから計算してみよう。
公式はカルシウム(/L)×2.5+マグネシウム(/L)×4.1だから、
3×2.5+0.5×4.1=9.55と言う結果が出た。
かなりの軟水だと言う事がわかる。

サッパリしていて口当たりも軽くグイグイ飲める。
クセがないから誰からも愛されるだろうし、
硬度が低い分使い勝手も良いだろう。
赤ちゃんのミルク作り・離乳食作り
・ペットに与える水としてもOKだ。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

福島県大沼郡金山町 天然炭酸井戸』(動画)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID:0001618230
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全
那須のおいしい天然水 美玉の水



名称:那須のおいしい天然水 美玉の水
採水国:日本
採水地:栃木県那須郡那珂川町小砂
硬度・PH:44・8.6
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:27mg
カリウム:1.3mg
カルシウム:16mg
マグネシウム:0.7mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
那須山麓を源とする清流那珂川。
そのほとり八溝山系の地層でゆっくりと濾過された天然水は
美玉の水として1本1本丁寧にボトリングされ、
消費者を楽しませているのだ。

採水地の那須郡那珂川町までは行かなかったが、
製造工場のある芳賀郡茂木町まで行って手に入れてきた。

採水地の地名に小砂(こいさご)と書いてあるが、
このような地名を読めるようになるのも、
ミネラルウォーターをやっていて良かったなと思う事である。
砂をいさごと読む事については前から知っていたけども、
このような地名があると言う事は知らなかったし、
どんな所にあるのか地図で位置を確認したから、
いつか採水地訪問としゃれ込もうかなと考えている。

舌触りが優しく、スルっと身体に入る感じ。
クセが無いから誰が飲んでも嫌いとは言わないだろうし、
硬度が低めだから使い勝手もいい。
どんな用途にも向く水といえるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

福島県大沼郡金山町 天然炭酸井戸』(動画)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID:0001618230
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全