FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

DyDo ダイドー リラックマの炭酸水 無糖

名称:DyDo ダイドー リラックマの炭酸水 無糖
採水国:日本
採水地:記述無し
硬度・PH:75・不明
炭酸の有無:炭酸有り
成分(/1000mL)
食塩相当量:0g
カリウム:2mg
カルシウム:19mg
マグネシウム:6.6mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:ダイドードリンコ株式会社

製造者:記述無し

味の感想【yooo】
ダイドードリンコとリラックマのコラボ製品。
可愛くデザインされたラベルが目立つ!
全4種それぞれが魅力的で、
1本手に入れたら全て買いたくなる事間違いなし。

私はこのようなキャラクターとのコラボを歓迎している。
なぜなら水に興味がない人が、
興味を持つきっかけになるかもきっかけになるかもしれないから。

採水地が不明。
天然水使用である事は間違い無いから、
どこの水を使っているのか書いた方がいいと思うのだが、
何かしらの約束事があって、それが出来ないのだろうか?

無糖とわざわざ書く意味があるのだろうか?
炭酸水は無糖でしょと思ったけど、
なるほど最近はフレーバー系も多いし、
中には甘いのもあったりするから区別の為か。
フレーバー系はあまり買う事が無いから妙に感じてしまった。

ゆるゆる癒し系ののリラックマではあるが、
炭酸はビシッときいている。
口に入れた瞬間に刺激が走り回り、
水分補給と同時に気分をスッとさせる効能がある。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

CAINZ カインズ 炭酸水 天然水でつくった

名称:CAINZ カインズ 炭酸水 天然水でつくった
採水国:日本
採水地:不明
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸有り
成分(/1000mL)
食塩相当量:0g~0.4g

販売者:株式会社カインズ

製造者:記述無し

味の感想【yooo】
この製品はカインズオリジナルの炭酸水。

天然水でつくったと書かれているのだが、
採水地や製造工場が書かれていないから、
どこの水を使っているのだろう?と思う人がいるかもしれない。
ただ、私は大体どこで製造されているかがわかる。
責任が取れないから書かないが。

成分表記も食塩相当量のみで、
硬度の計算に必要なカルシウムと
マグネシウムの値も書かれていないから困る。
ホームセンターで炭酸を買って、
硬度が知りたいなどと思う人はいないかもしれないが、
私自身の意見としてはしっかり書いておいて欲しい。

炭酸は結構強め。
口に入れた瞬間刺激が駆け回る。
その刺激が消えた後には気分がスッキリする。
水分補給だけでなく気分転換にも良いだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

天然水使用 Sparkling Water 炭酸水

名称:天然水使用 Sparkling Water 炭酸水
採水国:日本
採水地:不明
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸有り
成分(/1000mL)
食塩相当量:0g

販売者:記述無し

製造者:株式会社友桝飲料

味の感想【yooo】
天然水使用と言う事は明記してあるが、
採水地が書かれていない為、不明の水として紹介する。
製造者が株式会社友桝飲料と言う事で、
佐賀県小城市か長野県木曾郡木曽町産の水を使っている。

佐賀県小城市の工場は見学した事がある。
現場を見る事はとても重要で、
どのような場所に工場があるか、
社内はどのような環境なのか自分で確かめるだけで、
その水に対する理解度と愛情度が高まる。

炭酸水は私が水を始めた頃にくらべて、
売り場で見る製品の種類が本当に多くなった。
もはや文化として根付いたと言ってもいいだろう。
その一翼を担ったのが友桝飲料だと思っている。

製品名をもうちょっと他と区別し易くすればいい、
そんな風に思ってしまう。

口に入れた瞬間バチバチとした刺激が広がり、
サッパリするし、気分もスカッとする。
水分補給だけではなく、リラックス効果もある気がする。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

暮らしをサポートする くらサポ 強炭酸水

名称:暮らしをサポートする くらサポ 強炭酸水
採水国:日本
採水地:記述無し
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸有り
成分(/1000mL)
食塩相当量:0g

販売者:グローバル流通機構株式会社

製造者:記述無し

味の感想【yooo】
この製品は埼玉県川口市にある、
物流コンサルティング会社のオリジナル。
どのような経緯でこの製品を売ろうと思ったのか、
担当した方に聞いてみたい。

採水地は不明だが、
鉱水+炭酸と言う事で採用した。
水の産地は書いておいて欲しかった。

炭酸水はブームから文化になった気がする。
どんな店に行っても何種類か売られていて、
消費者は選ぶ楽しさも得られるようになった。

強炭酸と書いてある割には、
強い刺激を感じることはなかった。
クセがなく、後味がスッと引くのが心地良い。
そのまま飲んでも、お酒や果汁を割るのに使っても楽しめる。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

SEVEN & I そのまま飲める炭酸水 天然水仕立て

名称:SEVEN & I そのまま飲める炭酸水 天然水仕立て
採水国:日本
採水地:記述無し
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸有り
成分(/1000mL)
食塩相当量:0mg

販売者:株式会社セブン&アイ・ホールディングス

製造者:アサヒ飲料株式会社

味の感想【yooo】
この製品はセブンアンドアイのオリジナル炭酸水。
コンビニエンスストア セブンイレブンや、
イトーヨーカ堂で販売されている。

そのまま飲める炭酸水と言う製品名は妙だと思う。
私だけだろうか?
そのまま飲めるのは当たり前でしょう。
そのまま飲んでも美味しいよって言いたいのかな?

あt製造者がアサヒ飲料だから、採水地は想像ができるが、
ラベルに書いていないから不明としておく。

原材料名がナチュラルミネラルウォーターになっているから、
製品名通り天然水+炭酸なのだろう。
炭酸水には色々タイプがあって、
それぞれの好みに応じて買い分けられる位、
最近は様々な製品が世に出ている。
選ぶ楽しみもある状況が私は嬉しい。

後味がサッパリしていて爽やかな気分になる。
炭酸水は水分補給だけではなく、
リラックス効果があると思うからオススメ。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)