FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート

2019/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/09

東京アドベンチャーラインウォーター 奥多摩天然水

名称:東京アドベンチャーラインウォーター 奥多摩天然水
採水国:日本
採水地:東京都西多摩郡奥多摩町
硬度・PH:66・8.3
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:3.1mg
カルシウム:23mg
マグネシウム:1.9mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:奥多摩総合開発株式会社

製造者:記述無し

味の感想【yooo】
この製品はJR東日本 青梅線の、
青梅駅~奥多摩駅間の愛称
東京アドベンチャーラインのオリジナル。
私は奥多摩駅まで行って、
奥多摩駅2階にあるPORT Okutamaで購入した。
現地まで行って製品を買う喜びはいつになっても変らない。

奥多摩には大袈裟でも嘘でもなく50回以上訪れた経験がある。
水に触れるにはとても良い場所で、
彼方此方に湧き水があって楽しむ事が出来る。
都心部から2時間ちょいで行く事が出来る都内に、
これほどの自然があるのは嬉しい。

東京の水源、奥多摩の山々に降った雨や雪が、
古生層と石灰岩の地層にゆっくりとしみ込み、
やがて湧水となって流れ出た原水を、
衛生管理の厳しい工場にてボトリングしたのがこの製品。

東京アドベンチャーラインの名称はイマイチ浸透していないと思う。
もっとネットやテレビを使って大々的に宣伝するか、
高尾山のように観光客が劇的に増えなければ難しいかもしれない。

サッパリしていてとても飲みやすい。
クセが無いから誰にでも愛されるだろう。
青梅・奥多摩方面への観光時に、渇きを癒す水として最高だろう。
東京にも素敵な水はあるのだ。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

武蔵野の地下水深井戸250mから 水・好き

名称:武蔵野の地下水深井戸250mから 水・好き
採水国:日本
採水地:東京都武蔵野市 第26水源
硬度・PH:93・7.7
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:9.8mg
カリウム:1.9mg
カルシウム:25mg
マグネシウム:7.4mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この製品は東京都武蔵野市水道部が販売している水である。
武蔵野市と言うのは全く行かない地域だが、
この水を買う為に初めて吉祥寺と言う街に行った。
駐車場がナカナカ見つからず、帰ろうかとも思ったが、
我慢して買って来て良かったと思った。

市制施行当時のつるべ井戸で汲まれていた水が、
60年後の今でも地下250mからの美味しい水として、
今でも武蔵野市の水道水に70%含まれている。

自治体系の水でも街で売られているのが嬉しい。
しかも100円と言う価格が魅力的。

飲んだ瞬間、硬度が高いんじゃないか?と思ったら、
まさしくその通り!日本の水の中では結構高い方だ。
それでも円やかさがあり、クセが無く飲み易かった。
武蔵野は水が良い所だと認識でできた。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
まろやかなおいしい水 水はむら



名称:まろやかなおいしい水 水はむら
採水国:日本
採水地:東京都羽村市 羽村市浄水場
硬度・PH:54・7.2
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:3mg
カリウム:1mg
カルシウム:19mg
マグネシウム:1mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
この水は羽村市水道事務所から発売されている製品である。
正直羽村と言う所は東京であっても
殆ど行く事のない地域だったが、
今回この製品を手に入れる為、
市内をアチコチ走り回り、かなり地理がわかるようになった。

羽村では昔から綺麗でおいしい水が豊富だった。
承応2年(1653年)に玉川上水が開削され、
羽村から江戸への飲み水供給が始まり、
江戸発展の礎を築いた。
羽村の井戸は現在も水が豊富に湧いており、
市民の飲料水として供給されている。

リサイクルにご協力下さいと書いてあるが、
ラベルをボトルからペリペリっと剥がす時に便利な
点々の切れ目も存在せず、
剥がれ易いシールも採用されていない。
小さな事だが、そこら辺に気づいて欲しかった。
はさみを使用しなければならない手間がある為、
ラベルを剥がさない人って結構いるはずだから。

円やかな味でスーっと身体に入る感じだった。
硬度も低いから、色々な事に使えるが、
このまま飲みたい水だと感じた。
水道の水として考えれば高いが(100円)、
水製品として考えれば安価だから、ガブガブ飲みたい。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

まろやかなおいしい水 水はむら

2012年9月 またもや羽村市まで行って手に入れてきた。
成分は変わっていないがラベルは大きく変わった。

水道事業50周年と書かれている。

まろやかなおいしい水 水はむら

2013年7月 またもや羽村市まで行って入手したから載せておく。
成分・ラベル共に2012年9月から変更は無い。

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

福島県大沼郡金山町 天然炭酸井戸』(動画)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全
さわやかな水

名称:さわやかな水
採水国:日本
採水地:東京都稲城市
硬度・PH:63・記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:7mg
カリウム:3mg
カルシウム:17mg
マグネシウム:5mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
まず驚くのは東京都稲城市と書いてある採水地。
綺麗な水が採れるような所だったっけな?
なんて想像してみたけど、嘘吐く訳無いから本当なのだろう。
稲城市のどこら辺で採水しているのか是非確認したい。

稲城市と言えば私が小学生の頃
梨もぎに行った事もあるから、緑もあったんだろうが、
今も残っているのか?と思い、市のHPを調べると・・・
しっかり特産品に梨等の果実が載っていた。
成る程一定の自然が残ってはいるみたいだ。

大自然で磨かれた清らかな地下水を
深井戸で汲み上げて、過熱殺菌し、
美味しい水に仕上げた製品である。

硬度はそれ程高くないが、円やかな味だった。
これならそのまま飲むのにも良いし、
料理等色々な事にも使えるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします
奥多摩天然水




名称:奥多摩天然水
採水国:日本
採水地:東京都西多摩郡奥多摩町
硬度・PH:66・8.3
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:3.1mg
カルシウム: 23mg
マグネシウム:1.9mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
市販されている東京の水の多くは
島の水だったり海洋深層水だったりするが、
この製品は奥多摩と言う自然豊かな地域からの採水だ。
奥多摩には10度以上訪れているのだが、
現地で見た事は一度も無いのはどうしてだろう?

東京の名湧水57選の1つ
古くから青梅街道を行きかう人々を潤している
『境の清泉』を原水とした多摩川水系唯一の製品である。

山々に降った雨や雪が古成層と石灰岩の地層に
ゆっくりゆっくりと染み込み、
やがて湧水となって流れ出る。
森が育んだ水は清らかで質が高いのだ。

サッパリとしていて、後味が軽い。
それ故にどの様な用途にも使えそうである。
東京の水は不味いと言う概念を吹っ飛ばすのに
使える水だと私は考える。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

奥多摩天然水

2012年9月 現地まで行き再入手して来た。
成分・ラベル共に変化はない。

奥多摩天然水

2013年4月 再入手したから載せておく。
勿論奥多摩町まで行って手に入れてきた。
ラベル・成分に変化はない。

奥多摩天然水 20190620

2019年6月 またまた奥多摩まで行って購入してきた。
ラベルデザイン・成分ともに変わった点はない。