FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2400種以上の市販水製品の実飲レポート

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

長期保存水 DEEP SEA WATER 332 6YEARS 佐渡海洋深層水

名称:佐渡の元気水 佐渡海洋深層水 硬度50
採水国:日本
採水地:新潟県佐渡市多田沖(佐渡海峡)水深332m
硬度・PH:50・6.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:72mg
カリウム:3mg
カルシウム:3mg
マグネシウム:11mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:株式会社ユニーク総合防災

製造者:新潟県佐渡海洋深層水株式会社

味の感想【yooo】
海洋深層水を長期保存用にした製品。
6年の保存期間は数ある保存水の中でも長い方で、
一度購入すれば長い間買わずに済むから楽でいい。
勝った事を忘れてしまう可能性はあるが・・・

災害用だから、ラベルに災害用伝言ダイヤルのやり方が書いてある。
こう言うのがとても大事だと思う。
水を飲んでスッと気持ちを落ち着かせた後に、
冷静になった所でやる事をラベルで知るのはいいと思う。

佐渡島の下側真ん中辺りにある、
多田沖の水深333mから原水を採り、
成分を調整し仕上げボトリングしたのがこの製品。
まだ新潟の海洋深層水については現場に行ったこともないし、
色々調べなければいけない事が多い為、
今後勉強していくつもりである。

海洋深層水と言うと高知の室戸沖や
富山県の富山湾沖 神奈川の三浦沖がメジャーだが、
佐渡もかなり有名な取水地になっている。。
日本は四方を海に囲まれている訳だから
よく考えてみると製造できる資源には恵まれている訳だ。
これからの世界は水を求めて戦争が起きたりするだろう。
海洋深層水を作る技術があれば世界を救えるかもしれない。
大袈裟ではなくそう思う事がある。

硬度を50まで落としているから、
海洋深層水独特のクセは何となく感じつつも、
グイグイ楽しんで飲むことができた。
海洋深層水のクセが苦手な私が大丈夫なのだから、
広く人に愛される水と言ってもいいだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

Cupo クリオネポイント 海洋深層水

名称:Cupo クリオネポイント 海洋深層水
採水国:日本
採水地:新潟県佐渡市多田沖3.7km 水深332m
硬度・PH:300・7.4
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
食塩相当量:0mg
カリウム:3mg
カルシウム:14.6mg
マグネシウム:65.2mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:株式会社ラムラ

製造者:新潟県佐渡海洋深層水株式会社

味の感想【yooo】
Cupo クリオネポイントとは、
安食材を食べてポイントをためるシステムで、
お金を使えば使うほどお得になる。
詳しくはこちらを見て欲しい

厳密に言えばミネラルウォーターではなく、
海洋深層水である。
品名もボトルドウォーターになっている。

取引先の方が居酒屋で、お酒の割り水として出てきたのを、
頼んで持って帰り私にプレゼントしてくれた。
とても嬉しい。
最近ごく近い存在の人だけでなく、
取引先の方までもが私のミネラルウォーター活動を
面白がってくれて協力してくれる事がある。

海水由来の水だけあって、マグネシウムが多い。
通常の国産水と比較すれば違いがわかるだろう。

正直海洋深層水独特のクセみたいなものが苦手で、
この製品にも少しそのクセを感じた。
そのまま飲むより割る為の水とするのが私には合っている。
酸味の強い珈琲を淹れる時に使うのもいいだろう。
飲みやすさ:★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

matsukiyo マツモトキヨシ 谷川岳の名水 天然水

名称:matsukiyo 谷川岳の名水 天然水
採水国:日本
採水地:新潟県南魚沼市長崎
硬度・PH:24・記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:4.5mg
カリウム:0.8mg
カルシウム:6.6mg
マグネシウム:1.9mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:株式会社マツモトキヨシ

製造者:テーブルマーク株式会社

味の感想【yooo】
谷川連峰に降った雪がとけ、
長い年月をかけて地へと浸透する内に磨かれ、
清らかな水となって湧き出す。
その原水を衛生管理の厳しい工場にて、
1本1本丁寧にボトリングしたのがこの製品である。

採水地の魚沼市長崎地区は1度だけ訪れた事があるが、
じっくりみて回った経験がないから、
次に訪れた際には水スポットを重点的に楽しむつもりだ。

米どころである新潟県南魚沼市で生まれた質の高い水を、
衛生管理の厳しい工場にて
1本1本丁寧にボトリングしたのがこの製品。

この水で南魚沼市産のコシヒカリを炊いたら、
さぞや美味しいだろうなぁ・・・
米と水の産地を合わせるのは一番の贅沢だと思う。

サッパリとしていてとても飲み易い。
誰が飲んでも嫌いとは言わないだろうと思う。
硬度が低いから活躍の場は広い。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の豪雪地 新潟・妙高山麓が育んだ雪解け天然水

名称:日本の豪雪地 新潟・妙高山麓が育んだ雪解け天然水
採水国:日本
採水地:新潟県妙高市
硬度・PH:約52・6.1
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:7mg
カリウム:2.8mg
カルシウム:15mg
マグネシウム:3.4mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:記述無し

製造者:須弥山合同会社

味の感想【yooo】
ボトルが球状でオランダ産のOGOを思い出す。
容量は330ml。
印象に残るという意味では良いだろう。
飲んだ後も使いたくなる。

ラベルには記されていなかったが、
サルフェートやシリカも含まれているとの事。
長い間定期的に飲み続ければいい事があるかもしれない。

2015年度 iTQi(国際味覚審査機構)において最優秀味覚賞受賞。
賞をとったから絶対に良いという訳ではないが、
駄目なものが最優秀味覚賞はとれないから、
それなりの判断基準にしてもいいと思う。

ラベルに書いてある文字が読みづらい。

妙高市までは行く事ができなかったが、
新潟県新潟市まで行って手に入れた。
いつか製造工場まで行って、
そこがどのような所なのか見てきたい。

サッパリとしていてクセが無く、
誰が飲んでも嫌いとはいわないだろう味。
変り種のボトルだし、プレゼントにしてもいいだろうと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

日本の豪雪地 新潟・妙高山麓が育んだ雪解け天然水 20180821

2018年8月 再入手したから載せておく。
成分・ラベルデザイン共に変わった点はない。

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

翡翠伝説 ひすいウォーター

名称:翡翠伝説 ひすいウォーター
採水国:日本
採水地:新潟県胎内市・糸魚川市
硬度・PH:36・6.7
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:4.7mg
カリウム:0.8mg
カルシウム:2.2mg
マグネシウム:1.1mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:株式会社三共セラミックス

製造者:記述無し

味の感想【yooo】
かつて古志の国(越の国)と呼ばれ、
賢く美しい奴奈川姫(ヌネガワヒメ)が治めていた。
その美しさは全国にも知られ、
大国主命とのラブロマンスが言い伝えられている。
そうラベルには書かれているが、
この水とどう繋がるのかはよくわからない。

採水地が2つあり、
2つの原水をブレンドして製造している。
珍しいケースだと思う。
胎内市と糸魚川市はかなり離れているが、
なぜその2つの水を混ぜようと思ったのか、
担当者に話を聞いてみたい。

胎内市と糸魚川市両方を訪れた経験はあるが、
水関係の何かを見に行ったりした事が無い。
いつか次に訪れた際には、ゆっくり見て回ろうと考えている。

なぜ製品に翡翠ウォーターという名を付けたのかは、
少し調べるとわかるのだが、
日本海側には翡翠が採れる場所が多い。
その中でも糸魚川市は有名であり、
それに因んで付けたのだろうという事が推測できる。
ミネラルウォーターをやっていると、
日本全国の地理的な知識が身についていく。

サラリとしていてとても飲みやすい。
クセが無く、誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう。
硬度が低めだから広く活躍できる水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから