水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

スワロフスキーをガラスボトルに散りばめ、
見た目も値段も高級なFILLICO フィリコから、
この度ペットボトルバージョンが出たとの事。

FILLICO フィリコのホームページはこちらから

正直私は残念に思っている。

話題性はあるし売れるかもしれないが、
イメージを損なったでしょ。

24本で5940円だから、
普通の製品に比べれは高いけども、
250円程度では高級品とは言えない。

いくらラベルに凝ってゴージャスな感じにしてもね。

お求め易い製品を作るなら、
ビンで更に小さなものを作って欲しかったな。
150mlくらいで。

恐らくだけど、その内ペットボトルバージョンにも、
豪華なキャップ等のオプションが出るはず。
逆に出て欲しい。

中身は神戸の水なのだから、
高級感を保つには値段が重要になってくる。
安く買えては駄目なのだ。
勝手な考えだけどね。

ちなみに、FILLICO フィリコは既に買って飲んだ
勿論自分のお金で。

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近始めたSNS tsū(スー)で、
意識的にミネラルウォーターの情報を流しているし、
せっせとハッシュタグもつけている。

だが、今日気づいた。

私以外にMinerarlwaterのハッシュタグ(#)を付けている人がいないのだ

tsū(スー)はまだ日本語に対応していないけど、
日本人の利用者が結構増えていると言う情報はあるのに、
私以外にいないのは残念だなぁ。

文中でミネラルウォーターには触れているけど、
ハッシュタグをつけていないだけかな?

いつも思うけど、
情報の拡散は無料で出来る事から始めるのが一番。
SNSやブログは必須だと考えている。
メジャーなTwitterやFacebookが優先されるのはわかるけど、
少しでも多くの情報を流し、知名度を上げていけるよう、
努力していく事も重要だと思うんだよなぁ。

私は商売でミネラルウォーターをやっている訳ではないけど、
1人でも多くの人が水に興味を持ち、
将来的には資源としての水を考えてもらえるよう、
私なりのペースで彼方此方に、
ミネラルウォーターの情報を書いていくしかないな。

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

FOODEX JAPANとは、
毎年3月1週目の火曜日~金曜日に、
幕張メッセにて開催される大きな食の展示会である。

今回はFOODEX JAPANの注意事項を書いてみる。
今年に限った事ではなく、
毎年の事だから覚えておくといいかもしれない。

服装は商談の場である事を忘れずに

業界によって様々ではあるが、
スーツ縛りではないが、カジュアルすぎるのはNGだと思う。
基本的には商談の場であるから。

ただ、会場では普段着の人も見かける。
(その人たちはビジターかも)

春が近いとは言え、まだ3月の初旬だから、
結構な厚着をしてくる人も多いだろう。
だがしかし会場は暑い。
上着を脱いだら軽めの服装と言うのが理想かも。

靴は履きやすい物で

会場は馬鹿でかい。
気合を入れて全て見てやる!!と言う人は、
なるべく歩き易い靴を履いてきた方がいいと思う。

特定のブースのみ訪れ、
直ぐに帰ると言う人はその限りではない。

名刺を用意する事

何度も書いている通り、基本的には商談の場である。
サンプルを頂くのに名刺がないと失礼になるし、
そもそも会場入りする時に2枚必ず必要になるから、
名刺を持っていない人は何でもいいから用意する事。

例えば個人の料理研究科でも何でも構わない。

帰る時は閉会ギリギリは避ける

当然の事だが、会場は混雑している。
海浜幕張駅は大きな駅ではあるが、
閉会直後はかなり混雑する。
早めに帰る事も快適にFOODEXを楽しむコツになる。

御礼は忘れずに

サンプルを頂いた後は、
礼儀としてお礼のメールを入れた方がいいと思う。
今後その会社の人と交流をしたいのであれば絶対に。
商品の感想を添えると尚良いだろう。

サンプルを沢山頂こうと考えている人は大きなかばんを

気合を入れてサンプルを求めれば、
結構な数が手に入る。
会場で袋を配っているから、それに入れればいいのだが、
持ち帰る時にきついと思う。
会場から宅配で送れるサービスもあるが、
持って帰りたいと言う人は、
持ちやすいバッグを持参するのがいいだろう。

以上かな。

TSU(スー)を始めたい人はこちらからどうぞ

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから

大きな地図で見る

広島県呉市に上蒲刈島という島がある。
私もミネラルウォーターをやっていなければ、
存在に気づかなかったかもしれない。
呉市の中心部からは車で1時間弱かかるだろうか。
島とは言っても橋が架かっているから(有料 片道720円)、
車で行く事が出来る。


大きな地図で見る

広島県呉市 上蒲刈島 【桂の滝】 再訪&再入手

その上蒲刈島には【桂の滝】と言うビンのミネラルウォーターがある。
原水は平成の名水百選に選ばれている。
上蒲刈島に渡って買う以外は、
市のイベント等の少ない機会で手に入れるしかない、
他の地域に住む人間にとっては幻とも言える製品。
ネット上にもあまり情報は存在しないし、
通信販売すらしない激レアミネラルウォーターだ。

私は既に島に渡るのが5回目で、
当然5回製品を手に入れている。

始めて訪れたのはあるTV番組の撮影でだった。
ディレクターさんが“伊藤さん どこか行きたい所ありますか?”
そう聞かれたから“蒲刈島に行きたいです”と答えた。
まさかその案が企画として採用されるなんて思っていなかったし、
元々自分で行く気満々だったから、
“撮影で行ったらゆっくり見られないかも・・・”
などと心配したのも今は昔だな。



撮影時は特別に工場見学もさせて貰ったし、
ゆっくり見られない不自由さはあったけど、
それなりに良い事もあった。



そんな幻の製品が生まれた、
原水の前まで行ってきた。
やはり製品の故郷である場所を訪れるのは最高。
現場主義の私はこのような活動を繰り返して行く事に喜びを感じる。

広島県呉市 上蒲刈島 【桂の滝】 再訪&再入手

いつも人の姿が見えず、
ゆっくり自分だけの時間を過ごす事ができる。
水が流れる音、木々が揺れる音、鳥が囀る声を聞きながら、
美味しい水を飲む・・・これ以上の贅沢があるだろうか!

ミネラルウォーター以外にも藻塩や魚介類・みかんなど、
魅力的な産物も沢山あるし、
景色がとてもいい所だから、
皆さんも是非上蒲刈島を訪れて欲しい。

広島県呉市 上蒲刈島 【桂の滝】 再訪&再入手

ただし、桂の滝へ向かう道は結構狭く、
カーブも多いから大型車の人は注意が必要。
軽自動車やコンパクトな車なら大丈夫だと思うが、
レンタカー等で慣れていない車の場合は気をつけて!

広島県呉市 上蒲刈島 【桂の滝】 再訪&再入手

桂の滝への表示板は小さいけど、
要所要所で導いてくれるから、迷う事はないと思う。

私は機会を見つけてまた行くつもりだ。
何回でも行くつもりだ。
それほど好きな場所である。

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID:0001618230
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全
いぶすきのみず 開聞山麓天然軟水 オー・ド・イブスキ



名称:いぶすきのみず 開聞山麓天然軟水 オー・ド・イブスキ
採水国:日本
採水地:鹿児島県指宿市開聞
硬度・PH:37・7.5
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:8.8mg
カリウム:2.5mg
カルシウム:9.3mg
マグネシウム:3.3mg
その他特筆すべき成分:特に無し

味の感想【yooo】
薩摩富士と呼ばれる開聞岳の麓、
池田湖の地下数百メートルから湧き出る天然水を、
衛生管理の厳しい工場にて、
1本1本丁寧にボトリングしたのがこの製品。

鹿児島県には何度も訪れた経験があるが、
指宿市まではまだ行った事が無い。
いつか無理をしてでも訪れたい。
そして開聞岳と池田湖をこの目でしっかり見て来たい。

白露酒造と言う酒蔵が発売している水で、
当然酒造りにも使われている。
それだけで質の良さが保障されたようなものだ。
マザーウォーターでウイスキーを飲むように
この水で造られたお酒をこの水で割るのは乙である。
そんなこだわりを持った人は何だか格好良い。

ラベルには丸に三つ柏の紋が描かれている。
丸に三つ柏と言えば土佐の山内家が有名。
そして製造者の白露酒造の代表者は岩崎さん。
岩崎さんと言えば三菱。
三菱のマークは出身藩である土佐山内家の紋が元。
さて、この製品の紋は三菱に関係あるのだろうか。

口当たりが軽く、大変飲み易い味だった。
誰もが愛す事のできる水と言える。
クセが無いから老若男女が楽しめる。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID:0001618230
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全