FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート

2019/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/02

Mt.Fuji Natural Water 富士山天然水 GRAND HYATT TOKYO

名称:Mt.Fuji Natural Water 富士山天然水 GRAND HYATT TOKYO
採水国:日本
採水地:山梨県南都留郡山中湖村
硬度・PH:32・8.2
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:4.5mg
カリウム:1.1mg
カルシウム:8.1mg
マグネシウム:2.8mg
その他特筆すべき成分:バナジウム68μg

問い合わせ先:グランドハイアット東京

製造者:株式会社ミツウロコビバレッジ

味の感想【yooo】
東京都港区六本木ヒルズ内にある、
高級ホテルとして名高い、
グランドハイアット東京オリジナルのミネラルウォーター。

最近はホテルがオリジナルウォーターを作り、
ウェルカムウォーターであったり、
オリジナルグッズとして提供される事が当たり前になってきた。

高級な所ほどデザインはシンプルと言う、
私が考えた法則にピッタリの製品。

採水地の山中湖村には50度以上訪れた経験がある。
富士山の存在を間近に感じられる場所で、
良い水が出るのは当たり前と思える雰囲気がある。
周辺にも水スポットが豊富に存在し、
日本の水を考える上で外せない場所の1つである。

ボトルが特長的な形をしていて、
どこで製造したのかがすぐにわかる。

サッパリしていてとても飲み易い。
これなら老若男女人種問わず楽しめるだろう。
ホテルの水としては最適な水の1つだと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)


JAPAN WATER From Mt.Fuji アンダーズ東京

名称:JAPAN WATER From Mt.Fuji アンダーズ東京
採水国:日本
採水地:山梨県南都留郡山中湖村
硬度・PH:32・8.2
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:4.5mg
カリウム:1.1mg
カルシウム:8.1mg
マグネシウム:2.8mg
その他特筆すべき成分:バナジウム68μg

お問合せ:アンダーズ東京

製造者:株式会社ミツウロコビバレッジ

味の感想【yooo】
アンダーズ東京のオリジナルミネラルウォーター。
ハイアットホテルアンドリゾーツの1つである。
虎ノ門ヒルズに入っている。
運営は森ビルグループの、
森ビルホスピタリティコーポレーション。

富士山に降った雪や雨が地に浸透して行く内に磨かれ、
様々な成分が溶け込み、清らかな水となって湧き出す。
その原水を衛生管理の厳しい工場で、
1本1本丁寧にボトリングしている。

採水地の山中湖村付近へは、
大袈裟でも嘘でもなく50回以上訪れているが、
富士山の存在を間近に感じられる場所で、
良い水が出るのも当たり前と、
行くだけで納得してしまう雰囲気がある。

バナジウムは高血圧や糖尿に良いとされるが、
ミネラルウォーターは薬では無い。
故に1本飲んだだけでは当然何も起こらない。
沢山飲んだからと言って効く補償も無い。
しかし、水をこまめに飲む事自体は身体に良いから、
成分的な効能が一切無かったとしても、
飲み続ける事で結果的に+になると私は考えている。

特徴的な形のペットボトルで、
見た瞬間に製造者がわかってしまう。

サッパリしていてとても飲み易い。
クセが無いから、国籍・年齢・性別を問わず喜ばれるだろう。
ホテルのオリジナルとしてはとても良い水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)


自主創造 日本大学 富士川源流天然水

名称:自主創造 日本大学 富士川源流天然水
採水国:日本
採水地:山梨県甲州市塩山竹森
硬度・PH:52・記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
食塩相当量:0g
カリウム:2.1mg
カルシウム:15mg
マグネシウム:3.5mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:株式会社日本大学事業部

製造者:株式会社サーフビバレッジ

味の感想【yooo】
日本大学のオリジナルミネラルウォーターは一度紹介している
パッと見この製品は同じものではないのだろうか?と思うが、
よく見ると製品名が微妙に違い、採水地も変っている。
つまり中身が違うのだ。
と言う事で新種として採用する事になった。

この製品は中学時代の同級生が入院中に買ってくれた。
私自身が手に入れる事も出来るのだが、
大変な状況の時に水の事を気にしてくれた彼に敬意を表し、
甘えさせてもらう事にした。

採水地の甲州市塩山は50回位訪れている。
東京から近い所に水の一大産地があるとは驚きだが、
自然が多く残り、実際に訪れてみると、
なるほどここなら良い水があるだろうなと納得できる。
産地を自分の目と身体で感じる事はとても重要だと思う。

母校と母校で学ぶ学生や生徒、働く教職員、
そして100万人を超える校友と、
その営む社会を強い絆で結ぶオフィシャルウォーターとして、
母校と日大人に愛される商品として共育し続けたい。
そう書かれている。

なぜ日本大学が山梨県の水を選んだのか、
静岡県産から山梨県産にしたのか、
その理由があって欲しいと私は望む。
強い理由があっての事であれば嬉しいが、
そこにこだわりが無かったのなら残念に思う。

サッパリとしていて飲み易い。
クセが無いから誰にでも愛されるだろう。
広く活躍できる水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

富士山天然水 バナジウムたっぷり富士山の天然水

名称:富士山天然水 バナジウムたっぷり富士山の天然水
採水国:日本
採水地:山梨県南都留郡山中湖村
硬度・PH:55・7.7
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:4.4mg
カリウム:1.6mg
カルシウム:14mg
マグネシウム:5.2mg
その他特筆すべき成分:バナジウム53μg

販売者:記述無し

製造者:株式会社蒼天

味の感想【yooo】
日本一の山富士山に降った雪や雨が、
地に浸透する内に磨かれて清らかな水として生まれ変わる。
その原水を衛生管理の厳しい工場にて、
1本1本丁寧にボトリングしているのがこの製品である。

採水地の山中湖村には50回以上行った事がある。
富士山の存在をごく近くに感じることが出来る場所で、
なるほどここなら良い水が出るのは当然と実感できる。

そして、私は製造工場の見学もした事がある。
こだわりを持つスタッフ、しっかりと管理された製造ラインが、
質の高い水を世に提供し続けている。

安価で売られていることが多い。
思い切って使えるのが嬉しい。

バナジウムは高血圧や糖尿に良いとされるが、
水は薬では無いから、過度な期待は持たない方がいい。
効けばいいなぁ位の気持で長く定期的に飲めば、
成分的な効果は無くても、身体には+になるだろう。

サッパリしていてとても飲み易い。
グイグイ飲むのに適した水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

Keio University 慶應義塾大学 ミネラルウォーター

名称:Keio University 慶応大学 ミネラルウォーター
採水国:日本
採水地:山梨県富士吉田市
硬度・PH:38・8
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:5.4mg(食塩相当量0.01g)
カリウム:1.3mg
カルシウム:9.5mg
マグネシウム:3.6mg
その他特筆すべき成分:バナジウム60μg

販売者:記述無し

製造者:富士ミネラルウォーター株式会社

味の感想【yooo】
この製品は慶應義塾大学オリジナルミネラルウォーター。
私は東京都新宿区信濃町にある、
慶応大学病院にて購入して来た。

製造者はミネラルウォーター業界の先駆けとも言える、
富士ミネラルウォーター株式会社が担当し、
歴史ある学校のオリジナルをしっかり作りこんである。

採水地の富士吉田市には50回以上訪れた事がある。
富士山の存在を近くに感じられる場所で、
ここなら良い水が出るのは当然と思わせる雰囲気がある。
水スポットも豊富で、彼方此方回って楽しむ事ができる。
富士山に降った雪や雨が地に浸透し、
約30年を経て磨かれつつ湧き出した原水を、
1本1本丁寧にボトリングし世に出している。

売り上げは塾生の奨学金として活用されるそうだ。

実はこの製品には思い出がある。
別ブログに書いてみたから、そちらを読んでいただきたいのだが、
そのエピソードが記憶に強く刻まれた。

ラベルはシンプルだが、とても力強いデザイン。
キャップにもペンマークが描かれている。

サッパリしていてとても飲み易い。
クセが無く誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう。
広く活躍できる水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)