2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2400種以上の市販水製品の実飲レポート

2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07

このエントリーをはてなブックマークに追加

北里大学 北里研究所 ミネラルウォーター

名称:北里大学 ミネラルウォーター
採水国:日本
採水地:長野県安曇野市穂高
硬度・PH:14・6.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
食塩相当量:0mg
カリウム:1mg
カルシウム:5mg
マグネシウム:0.4mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:北里ライフサービス株式会社

製造者:東京アート株式会社

味の感想【yooo】
北里大学 北里研究所オリジナルミネラルウォーター。
最近は学校系のオリジナルが増えてきている。
大学の製品は大学に入らずとも大学系の病院で手に入る。
大概売店か自動販売機で売られている。

なぜ北里大学が長野県の水を選んだのだろうか?
北里柴三郎博士は熊本県出身だし、
特に繋がりはないと思うのだが。
製造者側の営業成果なのだろうか。

日本名水百選に選ばれた安曇野の天然水。
長い時間をかけ、北アルプスの豊かな地層で磨かれた原水を、
1本1本丁寧にボトリングしたのがこの製品。

特徴的なボトル形状。
見た瞬間に採水地と製造者がわかる。

ラベルには北里柴三郎博士と思われる人物が、
白衣姿・背広姿で描かれている。

サッパリしていてクセが無い、万人向けの味も勿論だが、
硬度が低いのも病院で売る水としては良いだろう。
薬を飲む時等あらゆる場面で活躍できる。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

信州安曇野天然水 あずみ AZUMI

名称:信州安曇野天然水 あずみ AZUMI
採水国:日本
採水地:長野県安曇野市穂高有明
硬度・PH:約36・約6.5
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:7.5mg
カリウム:1.2mg
カルシウム:12mg
マグネシウム:1.5mg
シリカ:20mg
炭酸水素イオン:32mg

販売者:株式会社トップホテルズマネイジメント

製造者:株式会社トップホテルズマネイジメント

味の感想【yooo】
日本名水百選に選ばれた安曇野の天然水。
長い時間をかけ、北アルプスの豊かな地層で磨かれた原水を、
1本1本丁寧にボトリングしたのがこの製品。

採水地の安曇野市に何度か訪れた経験があるが、
私の住む東京23区内とは時の流れ方が違うのでは?
と思ってしまう位ゆったりとした雰囲気で、
これ以上済んでいるものは無いのではないか?
と思うくらい清らかな水がそこかしこに流れていた。
そんな土地から採れた水だ、良い物に決まっている。

スリムなボトルが特徴的。
容量はしっかり500ml入っている。
とても持ちやすいが、
ボトルや手が濡れていると滑り易くもある。

このような特徴的なボトルの形だと、
ボトルの形とラベル両方でアピールできるのが素敵だ。

注ぎ口の直径が大きめで、
グラスに注ぎ易いのが嬉しい。

スルっと身体に入っていくような感じの水。
スッキリした味でクセが無く飲み易い。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

くらしモア 強炭酸水 天然水使用

名称:くらしモア 強炭酸水 天然水使用
採水国:日本
採水地:長野県木曽郡木曽町開田高原
硬度・PH:約11・記述無し
炭酸の有無:炭酸有り
成分(/1000mL)
ナトリウム:10mg
他の成分は記述無し

販売者:記述無し

製造者:株式会社友桝飲料

味の感想【yooo】
天然水を利用した炭酸水と言えば友桝飲料
・・・そこまで書いてしまうと大袈裟だが、
かなりのシェアがあるのではないかと思える程、
日本全国あちこちで製品を見かける。

友桝飲料の炭酸水には2種類あって、
佐賀県小城市産と長野県木曾郡木曽町産がある。

強炭酸 開栓注意と書いてある。

炭酸水をそのまま飲む文化は、
やっと日本に定着した気がする。
昔はペリエ位しかなかったのに、
今は店でどれにしようか選べる位だ。
昔からそのまま飲むのが好きな私には嬉しい状況。

炭酸は確かに強めではあったけど、
ラベルで開栓注意を促すレベルではなかった。
ペットボトルだから抜けてしまったかな?
製造直後の製品を飲んでみたい。

スカッと爽やかな刺激が口の中を駆け巡り、
後味もサッと引いて心地が良い。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

信州たのめの里 森が育てた天然水 生活クラブ

名称:信州たのめの里 森が育てた天然水
採水国:日本
採水地:長野県塩尻市大字北小野字三才山 3740-2
硬度・PH:48・8
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:5mg
カリウム:2.1mg
カルシウム:12mg
マグネシウム:4.4mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:生活クラブ・スピリッツ株式会社

製造者:信州エコプロダクツ株式会社

味の感想【yooo】
この製品は水を愛する知り合いから送って頂きました。
生活クラブの製品の為、会員でなければ入手が難しい為、
とても感謝しております!!

子孫に手渡す共有財産として、
地域の人々が森の保全・育成に努め、
大切に守ってきた水源地にて、
地下250mの水量豊かな地層から汲み上げた原水を、
衛生管理の厳しい工場にて、
1本1本丁寧にボトリングしたのがこの製品。

私は実際に採水地付近まで何度か行った事がある。
自然が豊かに残る地域で、
良い水が採れるのは当たり前と言う感じだった。
例え工場見学は出来なくとも、
採水地付近に行く事は決して無駄にならないと思う。

最推知付近は分水嶺である。
南側に降った雨や雪は天竜川経由で太平洋に。
北側に降った雪は犀川(信濃川 千曲川)経由で日本海に。

舌触りが滑らかで、とても飲み易かった。
クセがないから誰にでも愛されるだろう。
硬度も低めで広く活躍できる水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

TKP Total Kukan Produce オリジナルミネラルウォーター

名称:TKP Total Kukan Produce オリジナルミネラルウォーター
採水国:日本
採水地:長野県安曇野市穂高
硬度・PH:14・6.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
食塩相当量:0g
カリウム:1mg
カルシウム:5mg
マグネシウム:0.4mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:株式会社ティーケーピー

製造者:東京アート株式会社

味の感想【yooo】
この製品は全国に貸会議室を展開する、
株式会社ティーケーピーのオリジナルミネラルウォーターである。
会議等している人がリラックスできるよう、
ミネラルウォーターを提供するのは良いサービスだと思う。

以前同じTKPの製品を紹介したが、島根県浜田市産だった。
長野県産と島根県産の両方を採用しているのか、
島根県産から長野県産に変ったのが情報がないのだが、
今度調べてみようと思う。

ボトルの形を見ただけで、
あ!長野県安曇野市産のミネラルウォーターだとわかる。
特徴的な形をしている。

採水地の安曇野市は何度か訪れた経験があるが、
私の住む東京23区内とは違う時間の流れを感じ、
そこにいるだけでリラックスできる雰囲気があった。
そんな自然豊かな環境の中生まれ出る名水は、
衛生管理の厳しい工場にて、
1本1本丁寧にボトリングされ製品として完成される。

クセがなく、とても飲み易い味だから、
会議中に飲んだりするのは最適な水だと思う。
水を飲むと人は落ち着くから、
会議室が水を提供するのは理にかなっている気がする。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから