FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2400種以上の市販水製品の実飲レポート

2019/031234567891011121314151617181920212223242526272829302019/05

日本医科大学付属病院 NMSH ミネラルウォーター

名称:日本医科大学付属病院 NMSH ミネラルウォーター
採水国:日本
採水地:長野県安曇野市穂高
硬度・PH:14・6.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
食塩相当量:0mg
カリウム:0.8mg
カルシウム:5mg
マグネシウム:0.4mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:株式会社医大サービス

製造者:東京アート株式会社 あづみ野工場

味の感想【yooo】
この製品は日本医科大学付属病院オリジナルミネラルウォーター。
東京都文京区千駄木にある、
日本医科大学病院まで行って手に入れてきた。
ロビーにある自動販売機で買うことが出来る。

日本名水百選に選ばれた安曇野の天然水。
長い時間をかけ、北アルプスの豊かな地層で磨かれた原水を、
1本1本丁寧にボトリングしたのがこの製品。

何度か採水地付近を訪れた経験がある。
採水地を訪れて何になると思う人もいるだろうが、
水への愛情度や理解度は確実に高まるし、
語るエピソードが増えるのも良い事だと思う。

特徴的なボトルだから、
形状を見ると採水地・製造者が直ぐにわかる。

最近は病院がオリジナルの製品を売る事も多く、
病院内の売店自動販売機で買う事が出来る。
病院が選んだ水と言う事で、
安心して薬を飲む時に使えるのがいいと思う。

サッパリしていて実に飲み易い。
クセが無いから誰でも気軽に楽しむ事ができるだろう。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

SPARKLING WATER 強炭酸水 ロピアオリジナル

名称:SPARKLING WATER 強炭酸水 ロピアオリジナル
採水国:日本
採水地:長野県木曽郡木曽町開田高原
硬度・PH:約11・記述無し
炭酸の有無:炭酸有り
成分(/1000mL)
食塩相当量:0g

販売者:株式会社ロピア

製造者:株式会社友桝飲料

味の感想【yooo】
神奈川県を中心に1都3県でスーパーを展開している、
ロピアのオリジナル炭酸水。
私自身は千葉県内の店舗で購入して来た。

なぜ神奈川県藤沢市に本社のある企業が、
長野県の炭酸水を選択したのか知りたい。

採水地の長野県木曽郡木曽町開田高原には
まだ一度も訪れた事がないのが残念。
工場見学や採水地見学ができなかったとしても、
その地の雰囲気を知るだけでも勉強になるし、
水に対する愛情度が高まるから、
いつか行かねばと考えている。

炭酸水は既に文化として根付いたと思う。
ほんの少し前まではそのまま飲む人なんてあまりいなかったし、
売り場にも選ぶほどの種類はなかった。
私がブログを始めた頃はペリエくらいだったし。
今は選ぶほど製品があるし、店オリジナルも多くなった。
炭酸水を愛し続けてきた伊藤としてはうれしい限り。

サッパリとしていて、後味もスッキリ。
炭酸の刺激も強めで気分転換にも最高。
安価で売られているからグイグイ飲む事ができる。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
くらしにベルク kurabelc あづみ野の天然水

名称:くらしにベルク kurabelc あづみ野の天然水
採水国:日本
採水地:長野県北安曇郡松川村
硬度・PH:25・6.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
食塩相当量:0g
カリウム:1.6mg
カルシウム:8.8mg
マグネシウム:0.7mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:株式会社ベルク

製造者:東京アート株式会社

味の感想【yooo】
この製品は埼玉県鶴ヶ島市に本社があり、
1都6県(関東全域)に店舗展開するスーパー、
ベルクのオリジナルミネラルウォーター。
なぜ埼玉県の企業が長野県の水を採用したのか、
その経緯を知りたい。
埼玉県にも多くの水があるのになぜ?と私は思ってしまうのだが、
何かしらのこだわりがあって採用したのだろう。

雄大な北アルプスに降った雪や雨が、
地に浸透する内に磨かれ、清らかな水となって湧き出す。
その原水を衛生管理の厳しい工場にて、
1本1本丁寧にボトリングしているのがこの製品。

採水地の松川村には何度か訪れた経験があるが、
しっかり水スポットを回った事は無い。
いつか1泊してウロウロしたい。

560mlの大容量ボトルを採用している。
60ml多くなると、持った感じがかなり違う。

サッパリしていてとても飲みやすい。
硬度も低く、広く活躍できる水だと思う。
色々な人が集まるスーパーのオリジナルとしては、
このような水が最適かもしれない。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

DyDo リラックマの天然水 Rilakkuma

名称:DyDo リラックマの天然水 Rilakkuma
採水国:日本
採水地:長野県安曇野市堀金烏川
硬度・PH:21・記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
食塩相当量:0mg
カリウム:0.4mg
カルシウム:5mg
マグネシウム:2mg
その他特筆すべき成分特に無し

販売者:ダイドードリンコ株式会社

製造者:ゴールドパック株式会社

味の感想【yooo】
大人気のキャラクター リラックマラベルのミネラルウォーター。
ラベルは私が確認した限りでは4タイプあって、
取り敢えず全て購入して来た。

DyDo リラックマの天然水 Rilakkuma 2

ダイドーの水と言うと、海洋深層水のmiuを思い出すが、
こちらもレギュラー製品として売り続けるのだろうか。

北アルプス常念岳の麓に位置する、
名水が採れる事で有名な安曇野市。
私も何度か訪れた経験があるのだが、
生まれ育った東京23区とは時の流れが違う気がする位、
ゆったりとした雰囲気に心が癒された。
そんな場所で採れた原水を衛生管理の厳しい工場で、
1本1本丁寧にボトリングしている。

ラベル全体に描かれているリラックマが可愛い。
私のようなオッサンでも魅力を感じる。
ラベル目当てで買う人も多数いるだろう。
私はこう言うキャラクターとのコラボをもっと盛んにして欲しい。
水に興味の無い人が水に興味を持つきっかけになるかもしれないから。

サッパリしていてクセがなく、とても飲み易い。
キャラクター目当てで購入した人も楽しめるだろう。
硬度が低いからお子様向けにしてもいいと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

水の故郷 みずのくに 安曇野

名称:水の故郷 みずのくに 安曇野
採水国:日本
採水地:長野県北安曇郡松川村
硬度・PH:25・6.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:10.4mg
カリウム:1.6mg
カルシウム:8.8mg
マグネシウム:0.7mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:HARUNA株式会社

製造者:記述無し

味の感想【yooo】
この製品を売り場で見た時、妙な違和感があった。
水の故郷は既に手に入れブログで紹介もした事があったけど、
心に引っかかるものがあったのだ。
取り敢えず買っておこうと考えたのは正解だった。
水の故郷は確かにブログで紹介していたが、
採水地が変っていたのだ!
ペットボトルの形状に違和感があったのだ。
こう言う事に気づくのは自分で何から何までやっているから、
そう自画自賛してみる。

採水地である松川村には訪れた経験があるが、
最近訪れていないから、また行って水スポットを楽しみたい。
採水地に行く事、採水地付近で製品を買う事は、
何よりも私が重要視している。
現場を知らずして物を語ることは出来ないと考えているからだ。
勿論工場見学が出来れば最高だが、
素人活動私には限界があるから、
周辺地域に行ってフラフラするのが限界なのだ。

特徴的なペットボトル形状。
見た瞬間に製造工場がわかる。

サッパリしていてとても飲み易い。
クセが無いから誰にでも愛されるだろう。
硬度も低めだし、広く活躍できる水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから