FC2ブログ
2005年8月から活動を始め16年目に突入 水製品及びミネラルウォーターを追い求め日本全国をウロウロしている 2700種類以上の市販水製品の実飲レポート ミネラルウォーターのカタログ データベースとして使っていただければ伊藤はとても嬉しいです

2020/081234567891011121314151617181920212223242526272829302020/10

戸隠の湧水 超軟水の天然水 長野市産のミネラルウォーター

ミネラルウォーター大全 詳細版の記事はこちらから

名称:戸隠の湧水 超軟水の天然水
採水国:日本
採水地:長野県長野市戸隠
硬度・PH:36・7
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:9mg(食塩相当量0g)
カリウム:1mg
カルシウム:11mg
マグネシウム:2mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:記述無し

製造者:有限会社戸隠岩戸清水

味の感想【yooo】
採水地は長野県長野市戸隠。
戸隠神社や修験者の霊場として全国に名を知られる場所である。
豊かな自然が多く残る地で生まれた質の高い水は、
空から降った雨や雪がゆっくりと地に浸透するうちに、
地の成分を溶け込ませながら清らかな水へと生まれ変わる。
その原水を丁寧にボトリングしたのがこの製品である。

私は実際に1度だけ行った事があるのだが、
水を始める前だったし、かなり前になってしまったから、
いつかしっかりと周辺環境等を見て回りたい。

戸隠は蕎麦でも有名。
戸隠蕎麦は日本三大蕎麦の1つらしい。
(他は岩手のわんこ蕎麦 島根の出雲蕎麦)
美味しいものがある所に良い水有り。
良い水があるからこそ美味しい蕎麦が食べられるのだ。

口に入れた瞬間、口当たりの軽さを感じた。
スッと入って来る感覚が心地良かった。
後味もサッと引いていくようでとても飲み易かった。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)




信州 松本の水

ミネラルウォーター大全 詳細版の記事はこちらから

名称:信州 松本の水
採水国:日本
採水地:長野県松本市島内
硬度・PH:56・7.3
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:5.6mg(食塩相当量0g)
カリウム:1.5mg
カルシウム:18mg
マグネシウム:2.6mg
その他特筆すべき成分:特に無し

提供:長野県松本市上下水道局

製造者:奥長良川名水株式会社

味の感想【yooo】
この製品は長野県松本市まで行って手に入れたかったが、
家の近くでイベントをうやっていて、
そこで松本市に関するアンケートに答えたら貰えた。
ただ、次に手に入れる際には松本市内で何とかしたい。

松本市には5回くらい訪れた経験がある。
蕎麦の里としても有名で、
美味しいそばができるのは良い水があるからだと私は信じている。
他にも水がおいしい要素が沢山あり、
周辺も含め水でずっと遊ぶことができる場所である。

松本市の水道水源として使われている、
島内第一水源地の水が原水。
自治体系の製品は水道水から塩素を抜いた後、
ボトリングしている者も多いが、
この製品はナチュラルミネラルウォーターである。

松本市のマスコットキャラクターである、
アルプちゃんがラベルに描かれている。
帽子は北アルプスで、緑の服は豊かな自然を表し、
楽都イメージしたバイオリンを持ち、
花いっぱい運動の発祥地であることから花の飾りを頭につけたとの事。

非加熱にこだわってボトリングしている。
非加熱だから良い、加熱だから悪いと言う事は無いが、
より自然に近い味が楽しめるのが非加熱である。

2017年モンドセレクション金賞受賞している。
モンドセレクションの価値は正直下がっていると感じるが、
全くダメな製品が金賞をとれるわけがないから、
一定の判断基準にはなると思う。

舌触りが滑らかで、スルっと身体に入っていく感じ。
クセが無いから誰にでも受け入れられる気がする。
広く活躍できる水だと感じた。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)



AMAN アマン東京 オリジナルミネラルウォーター

名称:AMAN アマン東京 オリジナルミネラルウォーター
採水国:日本
採水地:長野県北安曇郡松川村
硬度・PH:25・6.9
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
食塩相当量:0g
カリウム:1.6mg
カルシウム:8.8mg
マグネシウム:0.7mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:記述無し

製造者:東京アート株式会社 松川工場

味の感想【yooo】
この製品は東京都千代田区大手町1丁目にある、
大手町タワーの33階から38階にある、
アマン東京のオリジナルミネラルウォーター。
運営会社のアマンリゾーツは世界展開しており、
日本では東京・三重・京都の3か所に存在する。

北アルプスの雪どけ水が地に浸透し、
ゆっくりと時間をかけて磨かれた後、
地下にたまった原水をくみ上げ、
衛生管理の厳しい工場にて丁寧にボトリングされる。

高級な所ほどラベルデザインはシンプルになると言う、
伊藤が勝手に考えた法則に合致している。
白を基調としていて文字が見やすいのも良いと思う。

ボトルの形状が特徴的で、
私は見た瞬間に産地(製造工場)がわかった。

550mlの大容量ボトル採用。
50ml違うと握った感じ、持った感じが全く違う。
お得感はあるが、持ち帰りを考えると、
女性受けがどうかと言う所が気になる。

サッパリしていてとても飲み易い。
クセが無いから、老若男女人種問わず楽しめるだろう。
広く活躍できる水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)


木曽のわくわく天然水

ミネラルウォーター大全 詳細版の記事はこちらから

名称:木曽のわくわく天然湧水
採水国:日本
採水地:長野県木曽郡木曽町新開上小川
硬度・PH:約20・7.7
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:1.7mg(食塩相当量0g)
カリウム:0.7mg
カルシウム:5.9mg
マグネシウム:1.4mg
その他特筆すべき成分:溶存酸素9.5ppm

販売者:記述無し

製造者:株式会社21インコーポレーション 水源水事業部

味の感想【yooo】
霊峰御嶽山に連なる山々は、
龍脈と呼ばれる大地の強い気が流れている。
そこに降り注ぐ雪や雨は大自然の力でゆっくり濾過、
しっかり熟成され、自然の気を溜め込み、
麓の自然保護林の中に湧き出してくる。
その原水を安全な環境下でボトリングしたのがこの製品。

長野県には50回どころじゃない回数訪れているが、
未だ採水地の木曽郡に足を踏み入れたことはない。
水を求めている身としてはぜひ一度行っておきたい。
無理にでも時間を作って水スポットをまわるべきだろう。

TVCMなどを製作している映像関連の会社が
ミネラルウォーターを製造しているのが面白い。
だからだろうか、ラベルがシンプルに見えて良いデザイン。
水を感じさせる爽やかさ。

ITQI国際優秀味覚賞の三つ星を連続受賞している。
賞については色々な意見があると思うが、
良い品質でなければ受賞などできないのだから、
一定の判断基準にはなると私は考えている。

さっぱりしていてとても飲みやすい。
後味も軽くすっと体に入っていく感じ。
クセが無いから誰が飲んでも嫌いとは言わないだろう。
秘匿活躍できる水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

木曽のわくわく天然湧水 木曽郡木曽町産ミネラルウォーター 20200926

2020年9月 再入手したから載せておく。
ラベルデザイン・成分共に変わった点は無い。





万代選品 強炭酸水 天然水使用

名称:万代選品 強炭酸水 天然水使用
採水国:日本
採水地:長野県木曽郡木曽町開田高原
硬度・PH:約12・記述無し
炭酸の有無:炭酸有り
成分(/1000mL)
食塩相当量:0g
カリウム:2mg
カルシウム:3mg
マグネシウム:1mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売者:株式会社万代

製造所:株式会社友桝飲料 木曽開田工場

味の感想【yooo】
万代は大阪府東大阪市に本社がある、
大阪府 奈良県 兵庫県 京都府 三重県に店舗展開する、
スーパーマーケットのチェーン店である。
東大阪市の本店も訪れた経験があるが、
今回は兵庫県川西市の店舗で購入した。

採水地の木曽町は、
国土交通省が選定する水の郷百選にも選ばれている。
標高3067m 御嶽山の山麓がはぐくんだ天然水は、
外気に触れる事無く、衛生管理の厳しい工場にて、
1本1本丁寧にボトリングされている。

採水地の長野県木曽郡木曽町開田高原には
まだ一度も訪れた事がないのが残念。
私の住む東京からは結構距離があるけど、
行く事ができない場所だし、有名採水地だけに訪れておきたい。
工場見学や採水地見学ができなかったとしても、
その地の雰囲気を知るだけでも勉強になるし、
水に対する愛情度が高まるから。

炭酸水は既に文化として根付いたと思う。
かなり前からそのまま飲むのを楽しんで身としては嬉しい状況。
売り場でどれにしようかなと選ぶほどの種類が並べられているし。

口に入れた瞬間弾ける炭酸の刺激が心地良い。
後味がスッキリしていてとても飲み易い。
何かを割っても、そのまま飲んでも大いに楽しめる。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)