2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2400種以上の市販水製品の実飲レポート

2018/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/08

このエントリーをはてなブックマークに追加

NABEGHLAVI ナベグラヴィ

名称:NABEGHLAVI ナベグラヴィ
採水国:日本
採水地:ジョージア(グルジア)
硬度・PH:376・7.25
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:660mg
カリウム:8mg
カルシウム:66mg
マグネシウム:53mg
その他特筆すべき成分:重炭酸イオン2500mg

販売者:ナベグラヴィジャパン株式会社

輸入者:株式会社ネイチャープラス

味の感想【yooo】
ビンに貼ってあったシールには情報がしっかり書かれていたが、
文字が小さくて読みづらかったから、
数値はホームページを参考にした。

この製品はジョージア(グルジア)産の製品で、
日本に入ってくる水の製造国としては珍しい部類に入る。
未だジョージアと言う呼び方に慣れず、
グルジアの方がしっくり来る私である。

ジョージアと言う国の存在は勿論知っているが、
どのような国なのかがイマイチ良くわかっていない。
ただ、現在は栃ノ心・臥牙丸 両力士が活躍しているから、
ジョージアのイメージは2人のイメージである。

源泉はヨーロッパで大コーカサス山脈から流れる伏流水で、
地下2000m~3000mの深さの帯水層を通り過ぎる際に濾過され、
ミネラル分もたっぷり含んで湧き出してくる。

酸化した細胞を元に戻す作用があると言われる、
重炭酸イオンが豊富に含まれている。
1本飲んでも何も起こる事はないが、
この製品を長く飲み続ければ良い効果が現れるかもしれない。

CMに起用されているのは野口倹太さん。
研ナオコさんの息子さんである。
どう言った経緯でジョージア産のミネラルウォーターに、
野口倹太さんが起用されたのか知りたいなぁ。
何かジョージアか製品に関わりがあったのかな?
ホームページを見ると研ナオコさんが載っているから、
きっかけはそちらだったのかもしれない。

ビンのミネラルウォーターはいいね。
注ぐ時の音も楽しめる。

炭酸はきめ細かく、口の中で弾けた後、
スッと消える感じが心地良い。
硬度が少し高めだから何か入っているな感はあるが、
後味がサッパリしていて飲み易いと思った。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
BORJOMI ボルジョミ

名称:BORJOMI ボルジョミ
採水国:グルジア
採水地:ボルジョミ
硬度・PH:202.5・記述無し
炭酸の有無:炭酸あり
成分(/1000mL)
ナトリウム:750mg
カリウム:18mg
カルシウム:65mg
マグネシウム:27mg
重炭酸塩:1960mg
塩化物:190mg
サルフェート:6mg以下

味の感想【yooo】
この製品の生まれ故郷はグルジア共和国のボルジョミ。
コーカサス地方にある長寿村と言われる地で、
古くから人々に愛飲されてきた天然微炭酸水である。
長寿の村に素晴らしい水があるのは偶然ではない。

水が飲まれて来た歴史は16世紀に遡る。
ロマノフ王朝ロシア皇族ご用達の水としても有名で、
ロシア・グルジア・CIS諸国ではポピュラーなミネラルウォーター。

ビンをしっかり見ると、デザインも良く、
そう言う意味でも楽しめる製品である。

ちなみに2011年6月現在で、
在日グルジア人の人数は45人。
まさかその人達の為だけに輸入している訳ではないだろうが、
一体どのようなキッカケでこの製品を輸入したのか、
担当者に会って話を聞いてみたいものだ。

炭酸が意外と強いと感じた。
それ故に口当たりも良く、クセを感じず楽しめた。
色々な成分が無理なく飲めるのはとても良い事で、
継続して飲む事によって、採水地付近の人々と同じように、
無く生きられるかもしれない。
勿論普段どのように生活するかも重要だから、
この水を飲んだだけでは駄目だが。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

掲示板はこちら

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

メールマガジン まぐまぐ:ID 0001145093
電子書籍 もう一つのミネラルウォーター大全


Twitter「つぶやく」ボタン