FC2ブログ
2005年から活動を始め 水製品及びミネラルウォーターを求め全国をウロウロ 2550種以上の市販水製品の実飲レポート

2019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/01

KIRKLAND spring water コストコ

名称:KIRKLAND spring water コストコ
採水国:アメリカ合衆国
採水地:ワシントン州 スペリアースプリングス
硬度・PH:115・記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:3mg(食塩相当量0.07g)
カリウム:1mg
カルシウム:28mg
マグネシウム:11mg
その他特筆すべき成分:特に無し

輸入者:コストコホールセールジャパン株式会社

味の感想【yooo】
コストコで売られているミネラルウォーター。
以前も紹介した事があるのだが、今回改めて。
なぜかと言うと、水道水からミネラルウォーターに変ったから。
(2018年4月上旬から コストコに質問し直接確かめた)
以前の製品はPURIFIED DRINKING WATERだった。

水道水からミネラルウォーターに変ったのに、
アメリカから日本に持って来ているのに、
激安である事に変りは無いのがすごい。
私は自販機で単品購入したから30円だったけど、
纏めて買えばもっと安いと思う。
売価がこんなに安いとは・・・原価どれくらいだ?

外国産のミネラルウォーターを飲む度、
申し訳ないなと思う事がある。
国内に限って言えば私は日本全国彼方此方旅をし、
かなり詳しいエリアもいくつかあって、
採水地を見れば、あぁあの近くだみたいに、
その場所の事を想像する事が出来、
いくらでも話を膨らませる事ができる。
しかし外国には行った事が無いし、
関心も薄いからそれが出来ないのだ。

柔らかいペットボトルで、
普通に持っただけでも潰れてしまいそうな感じ。
キャップもハーフサイズくらい。
飲んだ後に潰しやすいのは良いと思う。

サッパリしていてとても飲みやすかった。
正直言って水道水だった時代の製品は好きじゃなかった。
しかしこれならば備蓄用に1ケース買っておいてもいいかな、
そう思えるレベルだった。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

CASTLE ROCK WATER キャッスルロックウォーター

名称:CASTLE ROCK WATER キャッスルロックウォーター
採水国:アメリカ合衆国
採水地:シャスタ水源
硬度・PH:43・7.4
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:8.1mg
カリウム:2.1mg
カルシウム:9.8mg
マグネシウム:4.5mg
その他特筆すべき成分:特に無し

販売元:マウントシャスタアンドシャスティーナ

製造者:キャッスルロックウォーターカンパニー

味の感想【yooo】
2005年の8月に1本目を飲み、
2018年12月27日 遂に製品紹介数2500種に到達した。
最近までは特に本数にこだわってはいなかったけども、
2018年内に2500種に到達させる事、
将来的には3000種に到達させる事を、
これからの目標にする誓いを立てた。

カスケード山脈の南端、
カルフォニア州北部にあるシャスタ水源は、
豊富な水量を誇り、その水質の高さは広く知られている。
その原水をボトリングしたのがこの製品である。

ビン入りの製品はそれだけで質が高く感じられるし、
グラスに注ぐ時の音も楽しむ事が出来る。
そのまま口をつけて飲んでもペットボトルとは明らかに違うし、
変りは無いのかもしれないが美味しく感じる。

この製品で驚いたのがべらぼうに高い価格である。
500mlで確か1000円位だったと思う。
水ばかり買っている私でも一瞬買うのを躊躇ってしまった位だ。
ただ、その値段ゆえ印象に残る故、
2500種目に紹介する水として選ばれたのだ。

驚くほど軽い口当たりと舌触り。
口の中からスッと引いていくような感覚。
硬度的に考えても日本人に合うし、
広く活躍できる水だとは思うが、
いかんせん値段が高すぎて日常使いには向かない。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

CLEAR ALASKAN GLACIAL クリアアラスカングレイシャル

名称:CLEAR ALASKAN GLACIAL クリアアラスカングレイシャル
採水国:アメリカ合衆国
採水地:アラスカ州エクルートナ氷河湖
硬度・PH:79・7.4
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:3mg
カルシウム:25mg
マグネシウム:4mg
その他特筆すべき成分:特に無し

輸入者:アラスカ物産株式会社

製造者:記述無し

味の感想【yooo】
厳密に言うとこの製品はミネラルウォーターではなく、
ボトルドウォーターに分類される。
原水に何らかの処理をしているのだろうか?

毎年アメリカ大使公邸や領事館で行われる、
アメリカ独立記念日のレセプションの飲料水として選ばれている。
日本で言えば富士ミネラルウォーターみたいな感じかな。

25000年もの長い年月を経て形成された、
エクルートナ氷河から採水している。
保護され守られている環境汚染の無い自然からの贈り物。

透明感がありシンプルなボトル。
洗練された雰囲気で思わず手にとってしまう。

日本人の口にも合う、とても飲み易い味。
クセが無くグイグイ飲む事ができる。
広く活躍できる水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

MAKANA WAI FROM THE ISLAND OF Hawaii マカナワイ

名称:MAKANA WAI FROM THE ISLAND OF Hawaii マカナワイ
採水国:アメリカ合衆国
採水地:ハワイ州 オアフ島西部
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
食塩相当量:0mg

輸入者:株式会社シーエフシージャパン

味の感想【yooo】
いつも外国製の製品を飲む度に申し訳なく思う。
なぜなら外国に行った事も行く気もないから、
採水地がどんな所でどのように行ったらいい場所なのか、
想像さえできず、頭の中で書く事が浮かんで来ない。
国産ならばそれが出来るから、
余計な事も含め色々書く事が出来るのだ。

ボトルドウォーターなのはなぜだろうか。
天然水を純水化しているのか、
そこら辺が記されていないからわからない。

成分がしっかり書かれていないのが残念。

薄い緑色のボトルと、
ラベルのプルメリアが印象的。

ハワイの言葉でマカナは贈り物、
ワイは水の意味である。

サッパリしていて大変飲み易い。
日本人に合う水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

aloha water アロハウォーター

名称:aloha water アロハウォーター
採水国:アメリカ合衆国
採水地:ハワイ州 オアフ島
硬度・PH:記述無し
炭酸の有無:炭酸無し
成分(/1000mL)
ナトリウム:0mg
カリウム:0mg
カルシウム:0mg
マグネシウム:0mg
その他特筆すべき成分:特に無し

輸入者:株式会社モーガンファイブ

味の感想【yooo】
ミネラル成分が全て0。
原材料名が深井戸水で、
名称が清涼飲料水(ピュアウォーター)だから、
天然水から成分を抜いているのだろう。

ホームページにはこう書かれていたけど、
【既存商品のように「何かが入っている」ということは
それが「安全である」ことを証明しなくてはなりません。
「何も入っていない」ということは、証明する必要もありません。】
何も入っていない事を証明しなければならないんじゃないかな?と、
思ったりした。

海外に行った経験が無い私は、
採水地がどのような所なのか想像すらできず、
その点外国産の水を飲む時は申し訳なさを感じる。
手を抜いている訳ではないが、
どうしても簡単な記事になってしまうからだ。

サッパリしていてサラサラ感が強く、
ぐいぐい飲める。
どんな場面でも活躍できる便利な水だと思う。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから