水製品及びミネラルウォーター評論家 伊藤善久 2300種以上の市販水製品の実飲レポート

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

このエントリーをはてなブックマークに追加

飲んだ水の数

2017.8.21までに2347種の水を紹介しています。
外国の水305種 日本の水2014種 採水地不明19種 番外編3種

2017.3.6 2300種到達しました!!

ホームページ作ってみました【ミネラルウォーター馬鹿


区切りに飲んだ水

100本目:広島だいわ天然水 白竜水 はくりゅうすい
200本目:ICE WATER アイスウォーター
300本目:富士山麓銘水 ふじさんろくめいすい
400本目:プリズムウォーター for DOG 犬専用飲料水
500本目:からだにやさしい天然水 養命水
600本目:Fine’ フィネ
700本目:fillico フィリコ
800本目:水戸の名水 黄門さん
900本目:北アルプス まろやか天然水
1000本目:五色水
1100本目:超硬水・MgNa マグナ1800 大分・長湯温泉
1200本目:ELSENHAM エルセンハム
1300本目:AGUA ANEW アクアアニュー
1400本目:瀬戸内の名水 桂の滝 かつらのたき
1500本目:酒は紀州の日本城 割水
1600本目:生命の水 夢 ハクザン温泉
1700本目:富士山麓の天然水
1800本目:横浜ランドマークタワー タワーウォーター
1900本目:酒まつり限定 和らぎ水
2000本目:EPSILON MINERAL WATER イプシロンミネラルウォーター
2100本目:北海道天然水 奥井海生堂の水
2200本目:黒部の深層自噴湧水 夢の宝石物語
2300本目:天領の仕込み水 Mother Water of Tenryo Sake



ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

水関連の気になるニュースについて簡単に書いている
ミネラルウォーター大全気になるニュースはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
[ミネラルウォーター大全 連絡事項]の続きを読む
この記事を書いているのは2017年8月3日だから、
厳密に言えばあと12日程あるのだが、
その12日間で活動を止める事は無いからいいだろう。

ミネラルウォーターを趣味として12年経った。

12年かぁ・・・

2005年にミネラルウォーターが好きでもない状態で始め、
好きになるまで2年ほどかかった。
その後好きになってからは、好きの度合いが増すばかり。
活動はエスカレートする一方である。

最初は私と友人の2人で始め、
行動範囲も2人の生活圏内+αだけだったが、
それが関東に広がって行き、ついには全国となった。

途中友人がやめてしまってから、
一人になる事で活動が弱まる、もしくは止まるかと思ったけど、
(実際やめようと思った事が何度かあった)
製品紹介数が300種を超えた辺りから、
一気に激しさを増していった。

1000種が限界だろう・・・
と考えていたが、あっさりとクリア。

2000種は流石に無理だろう・・・
と考えていたが、それも余裕でクリア。

3000種は・・・どうだろうなぁ。
新種の入手ペースは落ちているけど、
活動が止まる事は無いれべるだから、
このまま続けていれば達成できるかもしれない。

私自身は既に製品紹介数自体はどうでも良くて、
いかに多く現場を訪問するか、
現地まで行って手に入れるかにこだわりが移っている。
工場見学や製造スタッフとの会話もできる限り実施したい。

ミネラルウォーターの業界人ではなく、
研究者でもマスコミの人間でもない。
著書がある訳ではないし、関係資格だって持っていない。
そんな私がここまで活動できているのは、
皆様の協力があったからこそだと本気で思っている。
勿論私自身の努力もある。
しかし周囲の方々が活動に賛同してくれるのが嬉しい。
最近は関係の近い人だけではなく、
本業の取引先の方にも評価を頂いたりしている。
熱心に、真面目にやっていて良かったと思う。

これからも活動は伊藤らしく続けていくつもりだ。
できれば同じような考えの人と協力したり、
これから私のような活動をして行きたい人への協力もしたい。
少しずつ輪を広げる努力もするつもりである。

皆様今まで本当にありがとうございました。
こんな私ですがこれからも宜しくお願いします。

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
私はあまり自分を褒める人間ではないのだが、
ミネラルウォーター大全を運営していく上で、
いくつか“自分頑張っているなぁ”と思える事がある。

勿論長きに渡って日本全国をウロウロし、
新種を探し続けている事もそうなのだが、
それは基本中の基本活動であり、
それができないならやる意味は無いと言うレベルの物。
私にとっては特別な事ではない。

では何に対して自画自賛しているかと言うと、
既にブログで紹介した製品を、
時を経て再び手に入れ、
情報の変化や外観の変化を追っていく活動である。

全く変化せずに売られ続ける製品もあるが、
小さな変化は結構多いのだ。

【成分の違い】
基本的には自然のものであるから、
計測する度に違う数値が出るもの。
定期的な計測値をラベルに反映する製品もあれば、
10年以上そのままと言うものもある。

【ラベルデザインの違い】
お世辞にも素敵だとは言えないようなデザインだった物が、
いつの間にか洗練された物に変わる事がある。
デザインにお金を使える位売り上げが上がったのか、
製造・販売者が本腰を入れたのか、
製造・販売者が変わったのか、
どこからか出資を受けたりしたのか、
色々な状況が想像できる。

【販売者・製造者の違い】
同じ製品名でも、製造者や販売者が変わる事がある。
事業譲渡や買収等が考えられる。
ラベルデザイン等が一気に変わる場合もあれば、
ただ製造・販売者名が変わるだけの事もある。

基本的な変化は上記3点。
変化しないものも勿論載せる。

製品の変化だけではなく、
背景の変化や、カメラの変化も個人的には楽しめる。
何度か引越しをしているから、
“あぁ この製品はあの頃に飲んだのか”とか、
“最近はipad撮影だけど 以前デジカメだったな”などと、
過去の更新方法を思い出したりもする。

新着としてはSNS等で更新告知もしていないから、
ひっそりと、地味に活動を続けるだけなのだが、
そういう目立たない事の方が大切と考えているから、
これからも無理をしない程度に続けていくつもりだ。

中には何度も何度も購入して更新している製品もあり、
その製品紹介ページは、かなり縦長になってしまっている。
もう少しスマートに紹介できたらいいなとは思うものの、
一人でやっているから、そこまで手が回らない。

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
週刊文春が、食べログで有名なレビュアーだった
うどんが主食さんが店から接待を受け、
レビューを良く書いていたのでは?との疑惑を記事にした。

いわゆる文春砲である。

私はそのレビューを読んだ事は無いのだが、
これまで積み重ねて来た全てが、一瞬で消え去る形になり、
これから先ネットからの攻撃に耐えなくてはならなくなった。

Twitterも鍵をかけ、一般の人は見られなくなっている。

きっと本名や家族構成なども突き止められ、
晒される事になってしまうのだろう。

東洋水産とのコラボで、
マルちゃんから【うどんが主食 讃岐風うどん】が販売されているけど、
そちらの方にも容赦ない低評価がつけられている。

経緯が はちま起稿 に書かれているから、
興味がある人はチェック!

読む方の立場で意見を言わせて貰うと、
はっきり言って私は味に対するレビューなど全く信じない。
なぜなら味覚はそれぞれだからだ。
誰かが世界で一番美味しいと思っても、
私にとっては世界で一番不味いかもしれない。

だから私のブログを読んで頂けるとわかると思うが、
味のレビューには全く力が入っていない。
以前から何度も書いているが、
正直味を本文中に書くようになった事自体を後悔している。
鋭い味覚がある訳でもないし、1種類ずつ飲んでいると、
飲み易い・美味しい・サラサラしている・スッキリしている、
透明感がある位の表現しか思いつかないのだ。

今後も味に関して力を入れて書いていくつもりは無いし、
オススメの水を聞かれても
“わかりません”としか言わないだろう。
思い出に残る水・印象に残る水はあっても、
人にすすめられるような水は、
好みも体質もわからないから、
すすめられるわけが無いと考えているからである。

うどんが主食と言う方がこのようになった事で、
他のレビュアーに向けられる視線も厳しくなるだろう。
妙な誤解を読者に受けない為にも、
真面目に、初心を忘れず活動していった方がいいと思う。

そりゃ誰だってお金が欲しいし、
認められたいと言う気持ちがあったりはするだろうけど、
1つの間違いで全てを失う事だってあるのだから、
そこをしっかり考えた方がいい。
こつこつ積み上げてきた実績が、
ガラガラガラガラと崩れるのは一瞬だから。

そして、失った信用を元に戻すのは容易じゃない。
多少戻ったとしても、以前通りには行かないだろう。
アンチが増えてしまっているだろうし、
何をやっても疑惑の目を向けられる事を避けられないだろうから。

私は私のペースでこれからも続けていく。
何せ12年もスタイルを変えずにやっているのだから、
今更変える事なんてできないしね。

でもさ、工場見学させて頂いた所とか、
親切にして頂いた所の製品は、
レビューが甘くなる事はないけど、
SNSに度々登場させたりしてしまうよなぁ。
金銭は一切動かなくても、気持ち的にね。
それはしょうがないでしょ、人間だもの。
飲みやすさ:★★★★★(★5つが満点)

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから
国民生活センターの発表等あり、
様々なメディアや個人が取り上げた事で、
その存在の是非があちこちで議論されている。

何度かSNSやこちらのブログで書いているけど、
メッセージやメールで質問が来るから改めて。

水素水も含めた機能水について。

水素水と言ってもその種類は様々あるが、
一々分けるのも面倒なので、水素水で統一しまう。

私はそもそもそのような成分・効能を重視して製品を買う事は無い。
固有成分の効能(と言われているもの)を無視する訳ではないけど、
成分の多い少ない・有る無いで製品を評価していない。

つまり水そのものの魅力、
例えば周辺環境を含めた立地条件や、歴史など。
製品に対するメーカーの情熱等には興味があるけど、
成分量や効能(と言われているもの)には興味が無いのである。

1・自分が美味しいと感じる水
2・自分にとって経済的負担にならない水
3・自分にとって入手しやすい水


このたった3点なのだ。
他の事は重要視していない。

だから水素水の効果が無いと発表されても、
水素水に使われている水自体に魅力があれば買うし、
SNSやブログでも紹介する。

おそらくこのスタンスは一生変わらない。
何らかの成分に効果が認められ、
特保認定されるような事になっても同じ。
成分量・効能で水を選ばない。

おしまい

ミネラルウォーター馬鹿(ホームページ)はこちらから

ミネラルウォーター大全Facebookページはこちらから。

伊藤善久がyoutubeに投稿している動画はこちらから
ミネラルウォーター・湧き水・旅情報など多数。

人気blogランキングへ
もう一つクリックお願いします

伊藤善久のまとめはこちらから